スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 音の設計仕様
2012 / 05 / 23 ( Wed )
先生にダメだしされる場合のパターンは、3種類に分類できそうです。

設計仕様は正しいけど、性能が仕様を満たしていない

自分では、「ここはフォルテ!」のつもりで弾いているけど、
全然、フォルテになっていないとかいうパターン。
どういう音にしたいかという楽譜からの読み取りは合っています。

設計仕様が間違っている

そもそも、楽譜からの読み取りが間違っているケース。
内声で抑えないといけない音を思いっきり出そうとしているとか。

そもそも、設計仕様が定義されていない

その場その場で適当な音で弾いているけど、そもそも、
その音に対して、どういう風に弾こうという指針すらない(汗)



で、今回、ノクターンで指摘されている箇所は、
考えてみたら、この3番が多いのではないかということに気づきました!

そして、ひょっとすると、
この第3のパターンが最も重症ではないか
ということにも気づいてしまいました(汗)

もちろん、全体的な音楽の流れや、ところどころの音には、
それなりの思いやこだわりを持って、練習してきているつもりなのですが、
考えてみたら、鳴らす「すべての音」に対して、事前に仕様を確定していなければおかしいですよね!
(この「すべての音」というのがポイントな気がします・・・^^;)

でも、強く鳴らすのか弱く鳴らすのかさえ確定させていない音がたくさんあるんです(汗)
そういう音は適当に鳴らすので、全然その場にそぐわない強すぎる音になってたりして、
往々にして、注意されます(笑)

第1のパターンなら、仕様を満たすように頑張ればいいし、
第2のパターンなら、仕様を変更すればいいだけだし、
やっぱり、第3のパターンが一番、重症ですよね。

考えてみれば、当然のことなのですが、今頃気づいてしまいました。。。

プログラミングで変数の初期化を忘れて、
当然、0が入ってるだろうと思いこんでいると、
前のメモリの残骸でとんでもない値が入っていて、
デバッグに頭を悩ませるというのが昔、よくありましたが、
それと似てるかも(笑)

とはいえ、つい面倒なので、譜読みをいい加減にやる癖は、
すぐには直りそうもないですが。。。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 04 : 55 | ピアノ雑感 | コメント(2) | page top↑
<<♪ 一番とニ番の弾き分け | ホーム | ♪ tsukupia21☆第21回練習会~虹コンリハーサル>>
コメント
----

相変わらずの緻密かつ冷静な分析&分かり易い文章ですね~笑

ピアノブログでこんな分析する方、たぶんdyneさんくらいでしょうね。^^

1番については、自分の音を冷静に聴くお耳を育てないといけませんね。私の場合は、リズム感に難ありなんですよね。3番の問題という気もしなくもないですが。。汗

2番は、乱暴に言っちゃうとセンスを磨く必要があるのかなぁ。明らかに指示と違うことをしてるのはアレですが、内声のバランスとかって好みもありますよね。

3番は、、、耳が痛い・・・!いや、でも全く何も考えていないってことは無いと思うんですけどね。でもイメージが貧弱なまま譜読みを始めてしまい、とりあえず楽譜通り弾いているという状態ってこれですよね。

うーん、なるほど。
でも、どれか1つってことは無いような気もします。例えば設計仕様が間違っていて更に実際にはそれにも合ってない弾き方になってしまっているとか。。。(どんだけ悲惨?汗)

けど、完全に0か1かみたいな間違いってしないし、ほんのちょっとずれてるみたいな間違いとかセンスのずれみたいなものの組み合わせなんでしょうけどね。

こう考えてみると、音楽って本当に複雑ですね。。。(強引な結論)
by: Sleeping * 2012/05/24 13:20 * URL [ 編集] | page top↑
--Sleepingさんへ--

>相変わらずの緻密かつ冷静な分析&分かり易い文章ですね~笑
>ピアノブログでこんな分析する方、たぶんdyneさんくらいでしょうね。^^

ありがとうございます^^
そんなに分析しているつもりはないんですけどね。
なかなか時間が取れなくて、気づきがあっても、
その時にすぐに記事にできないことが多いので、
ネタを温めているうちに、頭の中が整理されていくのかもしれません(笑)

>1番については、自分の音を冷静に聴くお耳を育てないといけませんね。私の場合は、リズム感に難ありなんですよね。3番の問題という気もしなくもないですが。。汗

やはり、Sleepingさんのようにこまめに録音をするというのも
よい方法でしょうね。
ただ、フォルテの音量などは、録音聴いても、
生の音量って分からないんですよね。

>2番は、乱暴に言っちゃうとセンスを磨く必要があるのかなぁ。明らかに指示と違うことをしてるのはアレですが、内声のバランスとかって好みもありますよね。

そうそう。
好みの自由度の範囲と、音楽的に明らかにおかしい
というのとありますよね。
まさに、センスですね~(笑)

>3番は、、、耳が痛い・・・!いや、でも全く何も考えていないってことは無いと思うんですけどね。でもイメージが貧弱なまま譜読みを始めてしまい、とりあえず楽譜通り弾いているという状態ってこれですよね。

僕も、曲に対するイメージがまったくないということはないんですよ。
まあ、たまに、全くイメージが持てない曲もありますが、
そんな曲を弾きたいとは思わないので、選びません(笑)

ただ、今回、気づいたのは、イメージはあっても、
それに従って、細かい音まで含めて、全部の音に
設計を立てなければいけないということなんですよね。
僕の場合は、あちこちに寸法を書き忘れた設計図みたいな感じで(笑)
一応、全体の形は分かるけど、ここは何cm?みたいな・・・笑

>でも、どれか1つってことは無いような気もします。例えば設計仕様が間違っていて更に実際にはそれにも合ってない弾き方になってしまっているとか。。。(どんだけ悲惨?汗)

ああ、そういうこともありますね。
設計を間違えて、製作の段階でまた間違えて、
偶然うまくいった!
・・・なんてことはまずないですよね(--:

>こう考えてみると、音楽って本当に複雑ですね。。。(強引な結論)

まさに、おっしゃるとおり・・・笑
まとめ方、さすがです!
by: dyne→Sleepingさん * 2012/05/24 23:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。