スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 音名を意識するために (5)
2012 / 04 / 01 ( Sun )
前記事での「気づいたこと」について。

今までは、楽譜を何度か見ているうちに、
パターン認識になってしまい、
前の音からの相対で弾く癖がついて、
音名を喪失してしまっているのだと思っていたのですが、

初見の段階で既に、音名を意識していないことが多い
ことに気づきました。

左手コードで、右手はメロディライン(単音)を初見で弾く練習をしていたのですが、
基本的に知っている曲で練習しているので、
メロディはよく知っているため、無意識のうちに
その音の記憶の上がり下がりの相対で弾いてしまうようで、
気づいたら楽譜を見てないんです。

どれだけ、相対が好きなんだよ!と思ってしまいますが(汗)
そういえば、小学生の頃の九九も、たとえば9の段ならば、
前の数に9をどんどん足して言っていたような・・・(笑)
(今はさすがに暗記してますが・・・)

ひょっとしたら、メロディなら、音の上がり下がりだけで弾くのは
ごく普通のことなのかもしれないですが、
piyoneに聞いてみたら、そういう弾き方自体、
思いつきもしなかったそうです(笑)
(piyoneは、楽譜から瞬時に絶対音名を読んで弾くごく一般的なタイプ)

別に、ちゃんとした音感をもっているのなら、
これでも問題ないのかもしれないのですが、
たいした音感など持っていないので、
少し音程が離れると、間違った音を弾いてしまうし、
絶対音名を意識しているわけではないので、
#や♭を忘れて弾いてしまうのも問題です。
(ちゃんとした音感さえあれば、#や♭も弾く前に分かるんでしょうけど・・・汗)

ただでさえ、楽譜を読むのが苦手なうえに、
両手を読まないといけないとなると、左手譜(ヘ音記号)がとくに苦手なので、
視線が左手に集中して、右手は音の記憶だけで弾く
というのが習慣づいてしまってるのかもしれません(汗)
今回の練習では、コード弾きなので、左手は見てないのですが、
それでも、癖で右手も見なくなってしまってます(汗)

というわけで、ゆっくりでもいいので、
楽譜の音符の位置をしっかり認知→音名に変換→弾く
という手順をきちんと踏むよう意識して、練習中です。

#や♭があると、そこを間違えないために、
音名を意識しようという意欲が出てくるので、
適度に#や♭がある調がよさそうです。
あまりにたくさんあると、つっかえすぎて、進まないので(笑)、
D durあたりがちょうどよさそうです。

それから、知ってることは知ってるけど、
メロディの細部はうろ覚えの曲の方が
楽譜を見ないと弾けないので、よさそうです。
(まったく知らない曲は、ハードルが高すぎるので・・・)

あとは、コード弾きだと、左手の練習ができないので、
左手の方の練習としては、
メロディを歌詞で歌いながら、
左手を音名を意識しながら弾く
練習をしています。
弾き語りみたいな感じですね。
好きな歌だと、気持ちいいです(笑)

こういうのは、バッハなどでもよくある練習だと思いますが、
バッハなどは主旋律が右へ行ったり、左へ行ったり、複雑すぎて、
すぐにはできないんですけど、
その点、ポップスだと、ずっと右手が主旋律ですし、
歌詞が楽譜に書いてあるから、すごくやりやすいです。

ただ、コードネームが目に入ってしまうので、
かなりそれに助けられて、読みやすくなってしまってる面があるので、
そこは問題なのですが。。。

とにかく、楽譜の音符の位置と音名を瞬時に1:1で対応させることが目標!

考えてみれば、ηとかζとかξとかいうギリシャ文字なんか、
文系の人はギリシャ文学科の方を除けば、普通、読めないですよね。
僕も高校まではたいして読めなかったと思うんですけど、
大学に入って、物理や数学に登場する文字を読んでいるうちに、
ほぼすべてのギリシャ文字を瞬時に読めるようになりました。

いや、まあ理系の世界では、ごく普通の能力ではあるのですが(笑)、
楽譜だって、ずっと読んでれば、きっと瞬時に読めるようになりますよね!
(そう期待しています・・・)
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 12 : 01 | ピアノ雑感 | コメント(2) | page top↑
<<∫ 汎関数微分 | ホーム | ♪ 音名を意識するために (4)>>
コメント
----

そうそう、理系の世界ではギリシャ文字頻出してますよね。
でも、私 文系(法学部出身)ですが、ギリシャ文字読めますよ♪ ギリシャ文字をローマ字に移すことだったらできます。(逆は無理)
(でもギリシャ語は話せないです)

大学の教養部で「西洋古典語」(ラテン&古典ギリシャ語)を1年半勉強したからです。
どちらも言語としては「死語」なので、ほとんど何の役にも立たないですね~。そのくせ格変化がハンパなくて大変でした。

西洋古典語は学年で(すべての学部をあわせて)10人ちょっとしか受講生がいないという超不人気科目でした。文学部でもないのにこんな科目を選択した私はやっぱり当時から珍しいもの好きだったかも。

以上ピアノとは関係ないコメントで失礼しました~
by: 私はタワシ * 2012/04/01 19:32 * URL [ 編集] | page top↑
--タワシさんへ--

>でも、私 文系(法学部出身)ですが、ギリシャ文字読めますよ♪ ギリシャ文字をローマ字に移すことだったらできます。(逆は無理)
(でもギリシャ語は話せないです)

読めましたか!?それは失礼しました^^;
物理では記号として使ってるだけなので、
ローマ字に移すなんて、できません!(汗)
明らかに、時間tのかわりに、τ(タウ)を使ってたりすると、
分かりますけどね。

>大学の教養部で「西洋古典語」(ラテン&古典ギリシャ語)を1年半勉強したからです。

おお、ラテン語にギリシャ語ですか!?
確かに、これは実用目的ではありえないですね(笑)
でも、僕も昔は哲学が好きでしたので、非常に興味あったかも。

>西洋古典語は学年で(すべての学部をあわせて)10人ちょっとしか受講生がいないという超不人気科目でした。文学部でもないのにこんな科目を選択した私はやっぱり当時から珍しいもの好きだったかも。

タワシさんらしいという感じですね(笑)
タワシさんの場合は、キリスト教関係の興味で、
古い神学関係の文献を読みたいという動機もおありだったんでしょうね。

>以上ピアノとは関係ないコメントで失礼しました~

ピアノと関係ないコメントは、むしろ大歓迎ですので、
よろしくお願いします(笑)
by: dyne→タワシさん * 2012/04/01 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。