スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 音名を意識するために (3)
2012 / 03 / 20 ( Tue )
まだ、どういう状況になっているのか理解できていない方も
多いかもしれません。
そこで、分かりやすい説明を思いつきました。

たとえば、有名なハノンの1番を考えます。

きちんと音名を認知して弾く方は、たぶん、

ドミファソ ラソファミ、
レファソラ シラソファ、
・・・

という風に弾くと思うのですが、
僕の場合は、そんな風に弾いてません。

初めの「ドミファソ ラソファミ」だけ覚えて、
あとはひたすら一個ずつ上へ平行移動するだけ。

最高音が「ソ」になったことを検知したら、
今度は下がってくるだけ(笑)

しかも、初めの「ドミファソ ラソファミ」すら、
音名で認知しているわけではなく、
ド+2+1+1+1-1-1-1
と、音に合わせてパターンで動かしているだけ。

プログラムにたとえると、分かりやすいですね。

音名認知をしている人の脳内プログラムは、おそらく、

Play(ド)
play(ミ)
play(ファ)
play(ソ)
play(ラ)
play(ソ)
play(ファ)
play(ミ)
・・・


という感じになっていることと思われます。

僕の場合の、脳内プログラムは、

base = ド //baseにドを設定
while( max <= ソ )  //最高音がソになるまで繰り返す
{
  a = base      //a に base音を設定
  play( a+= 2 )   // a を弾いて、2音上げる
  play( a++ )    // a を弾いて、1音上げる
  play( a++ )    // a を弾いて、1音上げる
  play( a++ )    // a を弾いて、1音上げる
  
  max = a      // 最高音をmaxにセット

  play( a-- )    // a を弾いて、1音下げる
  play( a-- )    // a を弾いて、1音下げる
  play( a-- )    // a を弾いて、1音下げる
  play( a-- )    // a を弾いて、1音下げる

  base++      // baseを1音上げる ←追加!
}


というような感じになってると思われます。
・・・って、よけいに分かりにくいですかね(汗)

要するに何を言いたいかというと、
こんなプログラムで弾いているわけなので、
途中で何の音を弾いているかなんて(変数aに何の音が入っているか)
デバッガーでも起動してみないと、分からないんですよ(笑)

まあ、ハノンは指練習だから、それでもいいかもしれませんが、
他の曲でもすべて、こういう弾き方をしているわけです。
たとえば、インヴェンションなどで、
同じ音形が一音ずつ下がってくるようなやつとか。。。
これは、問題ですよね。

というわけで、次のレッスンでもまた、先生とよく話しました。
長くなったので、その話はまたあらためて。

追記(3/22)
ゼロシンさんのご指摘で、baseをインクリメントするのを
忘れていたことに気付きました!
このままだと、無限ループで、一生、「ドミファソ ラソファミ」を
弾いてなきゃいけないところでした・・・汗

しかし、あらためてプログラムを見ると、
実際に音名が書かれている個所が「ド」と「ソ」の2か所しかないんですよね。
で、実際に認識している音名はと思い返してみると、
確かにドとソの2音だけなんです(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 36 : 26 | ピアノ雑感 | コメント(19) | page top↑
<<♪ 音名を意識するために (4) | ホーム | ∫ 特殊ローレンツ変換 (2)>>
コメント
----

ま、まだやってたんですか…(・・;)
余計わかんなくなったような…あ、あ~でも、なんかわかった~!
そうだったんですか。
最初しかないんですね。
はぁ~、そんなことって…あるんですね。
よくそれで弾けると、感心してしまいました。確かに、途中の臨時記号は入りにくいかな^^;
by: 金魚 * 2012/03/21 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
--おもろい(^_-)-☆--

よ~~~く、分かりますが笑えてきます(^_-)-☆
らべんだ~さんの突っ込みに期待(^^ゞ
by: kassii3 * 2012/03/21 17:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

ずっと拝読していてイマイチ理解できていなかったのですがv-356
今回の記事でなんとなくわかりました・・・
例えるなら・・・鳥になって景色を見てみた感じ??(笑)

dyne脳の一部をちょっぴり覗けた気がします。

今は五線譜上の音符が図形認識に近いというイメージを私は持ちました。
長く続けていき曲の難易度が上がっていくうちに、今の譜読み・・・
というか目線では、追いつかなくなると思います。
弾ける技術があるのに、譜読みがネックになってしまっては、もったいないと思いませんか??

今までやってきたことを、変えていくのは大変だと思います。
短い曲・・・例えばブルグミュラーの25の練習曲のような
見開き1枚で終わるような曲で、慣れていくのもありかな・・・と私は思います。
バッハ大先生はテーマが何回も出てきたり、音階系だったりして
dyneさんがサボっちゃいそうなのでおススメしません。
あとハノンは私もdyneさんと同じで最初の一小節しか見ません(笑) 
だって音楽的じゃないんだもん。
色々書いてしまいましたが、最終的には教えてくださる先生と対策を考えるのが一番かな・・・。
(←見捨てたわけではありません^^;)

頑張ってくださいね♪






by: はな。 * 2012/03/21 18:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

すごい!
こんなこと弾く前に毎回考えてて、しかも瞬時にそれに反応できる「知的?音楽的?運動神経」!
私からしたらほとんど超能力ですわ~
by: 私はタワシ * 2012/03/22 10:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

え~~言ってる事は分かりますけど、この場合、鍵盤ガン見だったらありえる話ですけど、楽譜見ながらって可能ですか?
ハノンのように規則性がある曲だったらいいけど、普通の曲はじゃあ、どうやって弾いてるんですか??
ツェルニーは規則性がある程度ある曲だったいいけど、そうじゃないとdyne脳が混乱して分からなくなると言う事ですよね?
何でシューベルトが弾けるのかさ~~っぱり分からないんですけど??
全部、「次の音は3度飛んで次は5度」とか瞬時に考えてるの??
いつも自分で弾く時に意識してませんでしたけど、やっぱり私はメロディーだけは頭で歌ってるんだなぁって先日分かりました。
でね、たとえばレ♯とミ♭って同じ鍵盤でしょ?
で、頭の中で「レ~」とか歌ってて、でもふと楽譜見たら「ミ」になっててびっくりしてストップしちゃったんですよ(笑)
意識してないと別に大丈夫なんですけど、dyneさんの事を考えながら弾いてたらそういう矛盾がいっぱい出てきちゃって、なんかおもしろかったです(笑)

>らべんだ~さんの突っ込みに期待(^^ゞ

突っ込めない・・笑
by: らべんだ~ * 2012/03/22 15:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして♪

もう、どんな経緯でこちらに辿りついたのかさっぱりわからないのですが、だいぶ前から度々おじゃましておりました。
私も理系頭なので物理や数学の話も楽しく読ませていただいております。
そうはいっても、専門が違うので大学レベルについては教養どまりの知識ですが・・(;^ω^)

ずっと読み逃げだったのですが、理系頭族として、ちょっとコメントしてみようかと思ったので、失礼いたします・・。

譜読みについては私はドレミでも読めるので、ドレミで読めない場合はどうなのかわからないのですが、音型で読んで弾くというのは特別修正が必要なことではないんじゃないかと思います。
ポリフォニーなどでも、ドレミで歌えなくても”ららら~~~”でも歌えるなら問題ないんじゃないと思いますよ?
極端なことを言うなら、ピアノのように、調律されている楽器の場合は、歌えなくてもなんの問題もないです。
要は、頭のなかで音程の違いが解かっていればいいことですから。
絶対音感を持っていても音痴な人もいるので、解かるのと発声できるのとは別の能力ですし。
そもそも音程にドレミと名前をつけただけなんですから、音程の違いが解かっているなら別にドレミじゃなくたっていいんだし・・・。
先生の認識は違うんですかね???

私も楽譜を見るときに音名を認識していませんが、楽譜をみながらちゃんと弾けます・・。
初見の練習をする時に、レベルアップしてくると、音符→音名→鍵盤の位置と言う認識の工程をショートカットして音符→鍵盤にする練習をしたりするんですけど、これだと最初の音すら音名で認識しないんですよ。
楽譜上の音どうしの乖離を鍵盤の位置関係に反映させているだけなので・・。
曲が複雑になってくるといちいち音名で認識していては間に合わないので、初見が得意な方は音型認識をしている方が多いのではないかと思います。

ドレミで音符を読む練習をするのでしたら、素読み(音程をつけずにドレミ読みする方法)とか、フラッシュカードを使って覚えるのが近道なので、お試しください♪
by: tukushi * 2012/03/22 19:50 * URL [ 編集] | page top↑
--金魚さんへ--

遅くなって、すみません!

>ま、まだやってたんですか…(・・;)

まだって・・・たぶん一生かかりますよ~~~(汗)
ピアノ始めてから今までずっとやってきたやり方を
完全に変えるって話なので・・・
公用語が明日から、日本語でなくて、英語に変わるって感じでしょうか?
いや、英語どころかフランス語に変わるって感じかな?(笑)

>最初しかないんですね。
>はぁ~、そんなことって…あるんですね。

そんなことって、あるんですよ。
エラニユースさんも、kassiiさんもそのタイプっぽいので、
大人から始めた人にとっては、そんなに珍しくはないと思います。

>よくそれで弾けると、感心してしまいました。
>確かに、途中の臨時記号は入りにくいかな^^;

でしょう!!!
途中、何の音弾いてるか分からないのに、
ピンポイントで臨時記号入れようがないですよね。
でも、逆に、最近、音名を歌いながら弾く練習をしているので、
「念じ弾き」の意味が分かるようになりました(笑)
確かに、音名意識しながら弾いてると、念じておくのは、効果ありますね。
by: dyne→金魚さん * 2012/03/24 00:09 * URL [ 編集] | page top↑
--kassiiさんへ--

遅くなって、すみません!

>--おもろい(^_-)-☆--
>よ~~~く、分かりますが笑えてきます(^_-)-☆

分かっていただけますよね!
今まであんまり疑問を持たなかったですが、
こんなに音名を認識してなかったとは、
我ながらびっくりです(笑)

>らべんだ~さんの突っ込みに期待(^^ゞ

↑突っ込めない・・・らしいですよ(爆)
by: dyne→kassiiさん * 2012/03/24 00:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

遅くなって、すみません!

>ずっと拝読していてイマイチ理解できていなかったのですが
>今回の記事でなんとなくわかりました・・・
>例えるなら・・・鳥になって景色を見てみた感じ??(笑)
>dyne脳の一部をちょっぴり覗けた気がします。

ようやく分かっていただけましたか?
鳥になって景色を見た感じって・・・笑
そこまで分かりにくかったんですね・・・(笑)

正直、この話題を始めたとき、そこまで皆さんに
分かっていただけないような話とは、
想像もしてませんでした。。。

>今は五線譜上の音符が図形認識に近いというイメージを私は持ちました。

まさしく、そのとおりです。
かなり、図形パターンのように認識している気がします。

>長く続けていき曲の難易度が上がっていくうちに、今の譜読み・・・
>というか目線では、追いつかなくなると思います。
>弾ける技術があるのに、譜読みがネックになってしまっては、もったいないと思いませんか??

やっぱり、このままではまずいですよね。
技術もたいしたことないですが、
譜読みがネックになるのは、もっと嫌ですね。

>今までやってきたことを、変えていくのは大変だと思います。
>短い曲・・・例えばブルグミュラーの25の練習曲のような
>見開き1枚で終わるような曲で、慣れていくのもありかな・・・と私は思います。

そうですね。
やっぱり、まずは簡単な曲でやるのがいいかなと僕も思っています。
(というより、難しいのはできない・・・)

>バッハ大先生はテーマが何回も出てきたり、音階系だったりして
>dyneさんがサボっちゃいそうなのでおススメしません。

確かに、さぼっちゃいそうですね(笑)
先生にはプレインヴェンションでやるのを勧められました。

プレは、あんまり同じテーマが何回もというタイプじゃないので、
さぼる心配もなさそうなので、いいかなと思っています。
あとは、バイエルでも効果ありそうなものを何曲か
先生に選んでいただきました。

>あとハノンは私もdyneさんと同じで最初の一小節しか見ません(笑) 
>だって音楽的じゃないんだもん。

まあ、ハノンはそうですよね!
ハノンなら、僕タイプの弾き方をしている人も多いかなと思って、
ハノンで説明してみました(笑)
でも、ハノンでもちゃんと読んで弾いてる人もいるのかな?

>頑張ってくださいね♪

頑張ります!^^
by: dyne→はな。さん * 2012/03/24 00:30 * URL [ 編集] | page top↑
--タワシさんへ--

遅くなって、すみません!

>すごい!
>こんなこと弾く前に毎回考えてて、しかも瞬時にそれに反応できる「知的?音楽的?運動神経」!
>私からしたらほとんど超能力ですわ~

全然、すごくないですよ~
毎回考えている・・・というのではなく、
楽譜から無意識に上のようなプログラムに
コンパイルされるんですよ。
考えているわけではありません。

僕からすれば、どんな複雑な楽譜でも、
楽譜→音名→鍵盤という操作をすべての音に対して瞬時に行う
という方が超能力としか思えません(笑)
by: dyne→タワシさん * 2012/03/24 16:28 * URL [ 編集] | page top↑
--らべんだ~さんへ--

遅くなって、すみません!

>え~~言ってる事は分かりますけど、この場合、鍵盤ガン見だったらありえる話ですけど、楽譜見ながらって可能ですか?

楽譜見ながらでも、ありえます。
ハノンの場合は覚えてしまって、楽譜見ないですが、
楽譜見ながらの場合も、楽譜をパターン化してしまって、
同じようなプログラムで弾いてるかもしれません。
例のインヴェンション8番は、もうさすがに覚えてしまいましたが、
以前は楽譜見ながら弾いてました。
この場合もやはり、相対の上がり下がりで弾いてることが多かったです。

>ハノンのように規則性がある曲だったらいいけど、普通の曲はじゃあ、どうやって弾いてるんですか??
>ツェルニーは規則性がある程度ある曲だったいいけど、そうじゃないとdyne脳が混乱して分からなくなると言う事ですよね?
>何でシューベルトが弾けるのかさ~~っぱり分からないんですけど??
>全部、「次の音は3度飛んで次は5度」とか瞬時に考えてるの??

確かに、シューベルトはこんな単純なプログラムにはなりませんね(笑)
でも、やはりある程度のパターン化と
(といっても、別にアナリーゼとかやってるわけでもありません)
視覚の記憶と、手の動きの記憶と、音の上がり下がりとか、
ある程度、絶対音名やコードなども織り交ぜながら、
いろんな場の雰囲気とか(笑)、わけのわからない状態
すべてを一体で覚えてるという感じかな~(笑)
確かに、こんなわけのわからない状態で弾くこと自体、
危なっかしくてしかたないですよね(汗)

>いつも自分で弾く時に意識してませんでしたけど、やっぱり私はメロディーだけは頭で歌ってるんだなぁって先日分かりました。
>でね、たとえばレ♯とミ♭って同じ鍵盤でしょ?
>で、頭の中で「レ~」とか歌ってて、でもふと楽譜見たら「ミ」になっててびっくりしてストップしちゃったんですよ(笑)
>意識してないと別に大丈夫なんですけど、dyneさんの事を考えながら弾いてたらそういう矛盾がいっぱい出てきちゃって、なんかおもしろかったです(笑)

あー、それ、ありそうですよね。
先生とこの件について話していて、先生から、
弾くと、「ドー」とか「レ―」とか言ってくれる鍵盤ないのかな?
という話になったんですよ(笑)
デジピだったら、できそうなんですけど、#と♭で違う場合に
困りますよね(笑)

今、ノクターンで音名唱やるときには、一応、頑張って、
ファ(ミ#)の鍵盤を弾く時に、ちゃんと「ミ」と言ってます。

>>らべんだ~さんの突っ込みに期待(^^ゞ
>突っ込めない・・笑

ですよね・・・^^;
by: dyne→らべんだ~さん * 2012/03/24 16:39 * URL [ 編集] | page top↑
--tukushiさんへ--

>はじめまして♪

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます^^
お返事遅くなって、すみません。

>もう、どんな経緯でこちらに辿りついたのかさっぱりわからないのですが、だいぶ前から度々おじゃましておりました。

bamamanさんのブログなどにコメントされているtukushiさんですよね。
(違っていたら、すみません)
前から読んでいただいていたなんて、ありがとうございます。

>私も理系頭なので物理や数学の話も楽しく読ませていただいております。
>そうはいっても、専門が違うので大学レベルについては教養どまりの知識ですが・・(;^ω^)

理系でいらっしゃるんですね。
それはそれは是非、理系記事にもコメントいただけると嬉しいです^^

>譜読みについては私はドレミでも読めるので、ドレミで読めない場合はどうなのかわからないのですが、音型で読んで弾くというのは特別修正が必要なことではないんじゃないかと思います。
>ポリフォニーなどでも、ドレミで歌えなくても”ららら~~~”でも歌えるなら問題ないんじゃないと思いますよ?

そうですね。
あれから、先生とも話しましたが、
「ドレミ」で鳴るのが重要ってわけではなくて、
音名を概念で認知していてもいいので、「何の音を弾いているか」
ということを認識しながら弾きなさいということのようです。
なので、tukushiさんのおっしゃるように、ららら~であっても、
声部をしっかり認識していればいいのかもしれません。

>極端なことを言うなら、ピアノのように、調律されている楽器の場合は、歌えなくてもなんの問題もないです。
>要は、頭のなかで音程の違いが解かっていればいいことですから。
>絶対音感を持っていても音痴な人もいるので、解かるのと発声できるのとは別の能力ですし。
>そもそも音程にドレミと名前をつけただけなんですから、音程の違いが解かっているなら別にドレミじゃなくたっていいんだし・・・。
先生の認識は違うんですかね???

いや、おっしゃる通りだと思います。
ただ、僕は音感にも自信がなく、音程の違いをきちんと
把握できているわけでもないところがちょっと危ないところなんですね(汗)
音程の認識がちゃんとできているならば、
ドレミ音名である必要はないと思います。

むしろ、ドレミで歌いながらとか、弾いているときに
「ドレミ」が鳴るようにというのは僕にはハードルが高すぎるので、
概念だけでも、音の位置を認知するところを目指そうと思っています。

>私も楽譜を見るときに音名を認識していませんが、楽譜をみながらちゃんと弾けます・・。
>初見の練習をする時に、レベルアップしてくると、音符→音名→鍵盤の位置と言う認識の工程をショートカットして音符→鍵盤にする練習をしたりするんですけど、これだと最初の音すら音名で認識しないんですよ。
>楽譜上の音どうしの乖離を鍵盤の位置関係に反映させているだけなので・・。
>曲が複雑になってくるといちいち音名で認識していては間に合わないので、初見が得意な方は音型認識をしている方が多いのではないかと思います。

僕もそこのところが気になっていたんです。
初見でもすべての音名が出てくるものなのか?
楽譜→音名が瞬時に出てくる人は、
初見でも全部の音名が認知できるのかもしれません。
でも、僕には無理なので、ついつい、同じように楽譜上の音形を
そのまま、鍵盤の位置に展開して弾くような癖がついたような気がします。

>ドレミで音符を読む練習をするのでしたら、素読み(音程をつけずにドレミ読みする方法)とか、フラッシュカードを使って覚えるのが近道なので、お試しください♪

素読みは、練習になりそうですね。
「フラッシュカード」というのは、どういうものですか?
by: dyne→tukushiさん * 2012/03/24 16:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

ああ、そうです、そうです!
bama様の所にも時々書き込みをしています♪
オフでも知っている数少ないブログ仲間です。

初見が得意で音名を全部拾っている人なんているんですかね?
認識のタイムラグを失くすには弾くテンポの3倍速で読まないといけませんし、速くなればなるほど、1度に認識する楽譜の範囲は広くなりますから・・・。
どれだけ先を認識しているかによって演奏の精度が全然違うんですよ。
通常の速読と同じことです。
私の友人でベトソナタクラスの曲を初見で弾ける人がいるんですけど、楽譜を丸々1ページ瞬間記憶するんです。
で、頭の中に鍵盤の位置が浮かぶそうです。
鍵盤は音名とリンクしているので、認識は楽譜→鍵盤→音名になります。
私はぎりぎりブルグ25が限界ですが、それでも認識は楽譜→鍵盤→音名ですね・・。
認識はフレーズ単位ですが、楽譜の音型をそのまま鍵盤移動にスライドさせて音名を認識するのは弾くのと同時になる状態です。
当然、見ているのは実際に弾いているフレーズの次フレーズです。
もし、音名を認識してから弾くのであれば、今弾いているところと次弾くところを同時に音名で認識しなければならないことになるので相当困難な状態が予想されます・・(爆)
バッハなどでは1つの声部を歌いながら弾いたりするので、音名で認識することもできなくはないですが、それだと通常の演奏よりかなり遅くなります・・・・。
暗譜してしまっている時はその限りではありませんが。

フラッシュカードと言うのはカルタみたいなカードで、通常は導入期の子供が使うものですが、表に音符が書いてあって裏にドレミが書いてあります。
音符を見てドレミを言ってひっくり返して確認するんですけど、メトロを使ったりしてどんどんテンポを上げていくんです。
判っても判らなくても一定のテンポで進んでいきます。
単純作業だし、あまり時間もかからなので繰り返しできて効果的です。
ネットのサイトにも似たようなのがあるんですけど、カードの方がいつでも何処でも出来るのでお勧めです。
英語の教材でも英語と日本語を交互に録音されたテープを聴くのがあったり、早期教育の言葉の教材にも同様のものがあったりで、別に目新しい方法ではないですが、単純記憶においてこれに勝る方法はないと思います♪
そうそう、基本的に人間の頭は7つ以上のものを同時に覚えられないそうなので音符の数を制限して覚えてくださいね。
要するにオクターブの範囲で覚えるとか、音域を広げてドならドだけ、ミならミだけと言う感じで。
by: tukushi * 2012/03/24 18:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメント遅くなってすみませんが、dyneさんのお話、よ~くわかりますi-229
パターンで覚えちゃってるんですよね~i-201
ハノンは顕著で、ドから始まって同じパターンで上っていく、この場所のソまできたら今度は折り返す、だけ(笑)。
確かにドとソしか認識してないですね~i-202
曲とかも同じで、こういうパターンで下がっていく、ここは1オクターブ上で同じ動き、みたいな感じで覚えてたりしますねi-201
音名の認識が全く出来てませんi-202
一応、視唱やってますけど、週一とかじゃあまり効果期待出来ないかもなので、やっぱりもうちょっと頑張ろうかなと思ってるところですi-230
でも、素読みやフラッシュカードなんてものもあるんですね!
これもちょっとやってみようかなぁ。
確かに子供用のカードみたいなのありますよね、効果あるのかも^^;
by: エラニユース * 2012/03/25 00:38 * URL [ 編集] | page top↑
--おひさしぶりです--

おひさしぶりです!

とても興味深いテーマですね。
dyneさんの楽譜に対しての感覚がなんとなくわかりました。
(以前は、その感覚が自分と似ているのかな?と思っていたのですが、
少し違っているような気がしました・・・。)

音名を読めるようになるには、個人差があると思うのですが、
「シンプルな楽譜で数をこなす」のがベストかな・・と思っています。
できるだけ集中的にやったほうが効果があるような気がします。
でも、時間が取れる方でないと難しいですよね・・・。

私は、ピアノ開始当時は楽譜は読めず、
暗号や模様のようにしか見えませんでしたが、
とにかく数はこなしてきたような気がします。
ハノンもやりましたが、自分が何ををやっているのか、
どこを弾いているのかさっぱりわかりませんでした。

非常に大変でしたが、最近になって、大分読めるようになってきました。
調号が多いもの、和音などは瞬時に読めませんが、単音だったら大丈夫です。

大人レスナーの場合、時間は相当かかると思います。
でも、根気強く続けるうちに、いつか道はひらけるのではないでしょうか?
あきらめなければ、前に進めると思います。

by: つるり * 2012/03/25 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントいただいている方々へ--

貴重なコメントをいただき、ありがとうございます。
お返事が大変、遅くなっていて、申し訳ありません!
なかなか、まとまった時間が取れないでいます。
きちんと、お返事をしたいと思っていますので、
時間が取れるまで、もう少しお待ちいただければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いします。。。
by: dyne→コメントいただいている方々 * 2012/03/27 00:26 * URL [ 編集] | page top↑
--tukushiさんへ--

>ああ、そうです、そうです!
bama様の所にも時々書き込みをしています♪
オフでも知っている数少ないブログ仲間です。

あ、やはり、そうでしたか。
オフでも、bamamanさんとお知合いなんですね!

>初見が得意で音名を全部拾っている人なんているんですかね?
>認識のタイムラグを失くすには弾くテンポの3倍速で読まないといけませんし、速くなればなるほど、1度に認識する楽譜の範囲は広くなりますから・・・。
>どれだけ先を認識しているかによって演奏の精度が全然違うんですよ。
>通常の速読と同じことです。

この先読みという芸当ができることが信じられません。
確かに、先を読んでいると、音名など認識していられない気もしますね。

おそらく、初見の話と今回の音名認知の話は別の話なんだと思います。
曲として仕上げるためには、すべての音を何の音を鳴らしているか
理解していなければならないということなんでしょうね。

>私の友人でベトソナタクラスの曲を初見弾ける人がいるんですけど、楽譜を丸々1ページ瞬間記憶するんです。

丸々一ページを瞬間記憶って、いったいどうしたら
そんなことができるんでしょうね(笑)

>で、頭の中に鍵盤の位置が浮かぶそうです。
>鍵盤は音名とリンクしているので、認識は楽譜→鍵盤→音名になります。
>私はぎりぎりブルグ25が限界ですが、それでも認識は楽譜→鍵盤→音名ですね・・。
>認識はフレーズ単位ですが、楽譜の音型をそのまま鍵盤移動にスライドさせて音名を認識するのは弾くのと同時になる状態です。
>当然、見ているのは実際に弾いているフレーズの次フレーズです。
>もし、音名を認識してから弾くのであれば、今弾いているところと次弾くところを同時に音名で認識しなければならないことになるので相当困難な状態が予想されます・・(爆)

確かに、そうですよね。
ただ、読譜が速い人というのは、楽譜の音符を見た瞬間に
日本語の文字を読むように、音名が瞬時に出てくるのかなと思ったりもします。
そうすると、それを音名として記憶するかどうかは別として、
読んだ瞬間に一度は音名として認知しているのかなと。。。
楽譜→鍵盤と楽譜→音名が同時に起きているということは
考えられないですか?

>フラッシュカードと言うのはカルタみたいなカードで、通常は導入期の子供が使うものですが、表に音符が書いてあって裏にドレミが書いてあります。
>音符を見てドレミを言ってひっくり返して確認するんですけど、メトロを使ったりしてどんどんテンポを上げていくんです。
>判っても判らなくても一定のテンポで進んでいきます。
>単純作業だし、あまり時間もかからなので繰り返しできて効果的です。
>ネットのサイトにも似たようなのがあるんですけど、カードの方がいつでも何処でも出来るのでお勧めです。
>英語の教材でも英語と日本語を交互に録音されたテープを聴くのがあったり、早期教育の言葉の教材にも同様のものがあったりで、別に目新しい方法ではないですが、単純記憶においてこれに勝る方法はないと思います♪

教えていただいて、ありがとうございます。
なるほど、そういう便利なものがあるんですね。
ちょっと、検討してみます。

>そうそう、基本的に人間の頭は7つ以上のものを同時に覚えられないそうなので音符の数を制限して覚えてくださいね。
>要するにオクターブの範囲で覚えるとか、音域を広げてドならドだけ、ミならミだけと言う感じで。

そうなのですか?
7つ以上のものは覚えられないのですか。。。
では、少しずつですね。。。

いろいろ、教えていただき、ありがとうございます。
参考にさせていただきます^^
by: dyne→tukushiさん * 2012/03/29 00:54 * URL [ 編集] | page top↑
--エラニユースさんへ--

>コメント遅くなってすみませんが、dyneさんのお話、よ~くわかります
>パターンで覚えちゃってるんですよね~
>ハノンは顕著で、ドから始まって同じパター ンで上っていく、この場所のソまできたら今度は折り返す、だけ(笑)。
>確かにドとソしか認識してないですね~

やっぱり、エラニユースさんもそうでしたか!
お仲間がいて、ほっとしてます(笑)

>曲とかも同じで、こういうパターンで下がっていく、ここは1オクターブ上で同じ動き、みたいな感じで覚えてたりしますね
>音名の認識が全く出来てません

やっぱり、そうですよね~
認識の仕方が、エラニユースさんと僕で似てるんですね。

>一応、視唱やってますけど、週一とかじゃあまり効果期待出来ないかもなので、やっぱりもうちょっと頑張ろうかなと思ってるところです
でも、素読みやフラッシュカードなんてものもあるんですね!

「素読み」という言い方は知りませんでしたが、
この音名をメロディなく読んでいくのは、最近、気が向いた時にやっています。
フラッシュカードもよさそうですが、こういうストイックな練習は
長続きする自信がないんですよね(汗)
by: dyne→エラニユースさん * 2012/03/29 00:59 * URL [ 編集] | page top↑
--つるりさんへ--

>おひさしぶりです!

お久しぶりですね^^

>とても興味深いテーマですね。
>dyneさんの楽譜に対しての感覚がなんとなくわかりました。
>(以前は、その感覚が自分と似ているのかな?と思っていたのですが、
>少し違っているような気がしました・・・。)

違ってましたか・・・お仲間になれなくて、残念です(笑)
・・・って、こんなお仲間になんか、ならない方がいいですよね(汗)

>音名を読めるようになるには、個人差があると思うのですが、
>「シンプルな楽譜で数をこなす」のがベストかな・・と思っています。
>できるだけ集中的にやったほうが効果があるような気がします。
>でも、時間が取れる方でないと難しいですよね・・・。

やっぱり、数をこなすことですよね。
でも、数をこなしても、僕みたいに音名への意識が足りなければ意味がないので、
これからは音名意識を持ちながら、数をこなさないといけないですね。
確かに、こういうのは、集中的にやった方がいい気がします。

>私は、ピアノ開始当時は楽譜は読めず、
暗号や模様のようにしか見えませんでしたが、
>とにかく数はこなしてきたような気がします。
>ハノンもやりましたが、自分が何ををやっているのか、
>どこを弾いているのかさっぱりわかりませんでした。
>非常に大変でしたが、最近になって、大分読めるようになってきました。
>調号が多いもの、和音などは瞬時に読めませんが、単音だったら大丈夫です。

それはよかったですね!
僕は、まだ模様に見えることが多いですが(特に左手)、
頑張れば克服できるということがわかったので、
頑張ってみようと思います。

>大人レスナーの場合、時間は相当かかると思います。
>でも、根気強く続けるうちに、いつか道はひらけるのではないでしょうか?
>あきらめなければ、前に進めると思います。

ありがとうございます!
あきらめずに、頑張ってみます。
by: dyne→つるりさん * 2012/03/29 01:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。