スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 音名を意識するために
2012 / 03 / 08 ( Thu )
前回の「音名唱」の記事に多数の貴重なコメントをいただき、
ありがとうございました。
ほとんどの方が音名を思い浮かべて弾いていらっしゃるというのを知って、
正直、かなりびっくりしてしまったのですが、
とても参考になりました。。。

あれから、ツェルニーの音名唱、頑張ってます!

通勤途中に歩いている時とか、仕事の合間などに
音名で唱えてみてますが、やっぱり難しい・・・(笑)

czerny30-11-sharp01.jpg

こんな楽譜なのですが、こういうスケールで構成されているような曲は、
僕は初めの一音しか意識してないんですよ。。。
あとは相対的に上がる下がるでやっちゃってます。

この楽譜だと、初めの2小節はすべて、1オクターブのスケールなので、
ソ、シ、レ、ソ だけ覚えてます。
さらに、ソシレソは、Gコードの構成音なので、
究極的には、認識している情報としては、「G」一文字だけかもしれません(笑)
(幸い、左手コードもGなので・・・)

その状態から、ソラシドレミファソ シドレミファソラシ ・・・・って唱えるのは、
圧縮された情報を解凍するような作業で、すごく大変なのです。

さらに、やってみて気づいたのは、かなりの部分を
鍵盤上の視覚パターン記憶に依存しているということでした。

脳内鍵盤の視覚イメージ記憶と音の記憶(精度の悪い相対音感)と
要所要所だけ覚えている音名を使って、
音名をほぼすべて、復元できることが分かりました。
ただ、そんなことやってると、かえって時間がかかっちゃいますし、
そもそも、音名→鍵盤のリンクを身につけるという目的と真逆なので、
本末転倒であんまり、意味がないですよね。

やっぱり、楽譜→音名を身につけないといけないのですが、
これがものすごく時間がかかるんです。

で、原因を考えたのですが、
譜読みの時に原因があるのではないかと。。。

譜読みの時に、すぐに鍵盤の視覚イメージに置き換えてしまって
そちらの記憶に頼って、弾き始めるので、
楽譜→音名の意識がないまま終わってしまうのではないかということです。

今の曲は、かなり覚えてしまっているので、
次の曲の譜読みから、一音一音、音名を唱えながら読んでいく
ということを実践すれば、少しは、音名を意識できるようになるかなと
思っているのですが、どうなんでしょう?

今のままでも、十分ピアノは楽しめているので、いいような気もするんですが、
やっぱり、この先へ進むには、かなり抜本的改革が必要なのかな・・・
ちょっと悩み中です。。。

スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 47 : 40 | ピアノ雑感 | コメント(16) | page top↑
<<∫ 特殊ローレンツ変換 | ホーム | ∫ テンソルの縮約>>
コメント
--こればかりは--

慣れるしかないですよね。
私は小さいときからソルフェージュをやらされてたので、今でも楽譜?音名のクセがついてますが、弟はそういうのをやらない先生についていたのと移動ドで考えるタイプらしく、楽譜を読むのが苦手なようです。
ちなみに、歌詞でラララ~と歌ってるときに音名もラになると、途中から音名唱になることがよくあります(笑)
by: ごま * 2012/03/09 07:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

素人がこんなこと書いていいのかって思いますけど、これって本当に矯正しないといけないものなんですかね~。先生がそうおっしゃっている以上、やらないわけにもいかないかとは思うんですけど、ツェルニーが弾けないっていうのは、リズムが合わないってことでしょ。たとえば音名じゃなくて、タタタで歌いながら拍の頭で手を叩くとかで克服できませんかね。

だってね、私が今さら、音をドレミに変換するな!って言われても無理だし、これをイロハで歌えって言われても無理だと思うんですよね。dyneさんが要求されていることって、それと同じハードさでしょ。いくら正しくても、音大目指しているわけじゃないし、これまでこんなに難しい曲を弾いて来れたのに、本当に矯正すべきものなのかな~って。普通そうだからってそれが唯一絶対の方法とは思えないし、ツェルニーを弾くためにそこまでしなくちゃいけないの?って思うんですよ。

認知の仕方に視覚優位型とか聴覚優位型、触覚優位型ってあるの、ご存じですか?私もけっこう視覚優位型なんですけど、認知の仕方は生まれ持った性質に関わることだから、その性質をうまく利用する方向にもって行かないと、ハードルばっかり上げても…って気がします。

piyoneさんもピアノ弾かれるんですよね?奥様なんておっしゃってます?
by: トマト * 2012/03/09 07:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

なんか、よく考えたら、私もどちらかといえば、音名唱派じゃないのかも・・・と思います。

私の場合は、自分の頭に浮かぶドレミの音と、ピアノの鍵盤上のドレミで出る音が完全に違ったので、矯正しないととても違和感があったので、そこは必死で直しましたが、

dyneさんの仰るような意味での音名でいつも浮かべているか、といわれたら、私は鼻歌派です。ららら~とか、ふふふ~とか、ジャジャーンとか、そういうのですw

譜読みをするときには、ドレミ付きで浮かべていることが多いと思いますが、目で見てどこを弾けばいいかすぐわかる時には多分浮かんでないと思います。
完全に暗譜しちゃった曲なんかも、たらりらたらりら、とか、勝手な節をつけて脳内再生していることが多いですよ~。

あんまり悩み過ぎなくてもいいのでは、と思います~~~!!
by: めめ * 2012/03/09 09:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

dyneさんは、電話帳もといポピュラーの楽譜をじゃんじゃん遊び弾き出来るほどの力がついたわけですから、ピアノを習いはじめたばかりの頃に抱いていた目標はある意味達成しているのかもしれませんね。ショパンの前奏曲や即興曲やノクターンのいくつかも弾けるようになりましたし、それって、8年前のdyneさんからしてみたら物凄く羨ましい状態だと思います!
ただ、もっとクラシックで弾いてみたい曲がまだまだおありだと思うので、やっぱり、ドレミで歌えるようになったほうが、譜読みや演奏の手助けになると思います。
dyneさん、音名唱が苦手なのではなくて、もしかしたら単に、今までの音名唱の練習回数が絶対的に少なかっただけの話かもしれませんよ^^

数年前に私はちょっとだけ声楽のグループレッスンを受けていました。楽譜が全く読めない人も何人かいたので、新曲の都度、↓の方法で譜読みの練習をしました。声楽の先生曰く、楽譜を目で追いながら声を出して読めるスピードが速くなると、楽譜に慣れてきますよとのこと。
===
数小節の場面ごとに区切って、
①音程・リズムをつけずに音だけ読み
②リズムをつけて音だけ読み
③音程・リズムをつけて音読み
の3段階を各声部ごとに行う
===
このようなレッスンを受けてみて、そういえば、同じような事をピアノの導入期にやっていたことを思い出しました。以来、ピアノでうまく弾けないなどの問題を感じた時には、この方法で「目で楽譜を追いながら弾きたいスピードで声に出して歌えるか」チェックするようになりました。(20120310追記:これはバッハでおもにやる方法です。速いテンポの曲を、速いテンポで歌ったり速いドレミで認識するのには限界があります・・・^^;)
ご参考まで!

201230追記:
dyneさんは、

> かなりの部分を鍵盤上の視覚パターン記憶に依存している

とのことで、これからも曲を仕上げるうえで最終形はそれでも良いんじゃないかなと思います。ただ、譜読みを始めてから仕上げるまでの様々な過程のなかで、音名唱が出来れば役に立つことがあると思うんです。細かい音符の連なる曲、ゆったりした曲・・・、曲の特徴や時代によっても、その役立ち方は様々と思いますが、今なさっている努力は無駄にならないはずですよ♪
by: ruvhana * 2012/03/09 10:53 * URL [ 編集] | page top↑
--私はよ~~~く理解できます!--

私もそういわれれば「ドレミ」では歌っておりません。
もっといえば、ハ長調でならドレミは一瞬で判断できますが、他は「ド」だけが意識できす程度です。
鍵盤上の視覚パターン記憶に依存しているとのことは説得力があります(鍵盤を見ていなくても)。
譜読みが辛いのはこの原因かもですね~~~~~~~全調スケールが必要(@_@;)
ぎゃ~~~~~~~~~中級者への壁でしょうか!!
by: kassii3 * 2012/03/09 14:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

Gスケールを「G」だけで認識するというのは、十分ありだと思います。というか、そんなものいちいち一つ一つ読んでられませんよね(笑)。ぱっと見て「あ、1オクターブ上がるスケールだ」と分かれば、それで十分ですから。

読譜というのはつまりはパターン認識ですから、それで認識できれば全く何の問題もありません。例えば、和音なんていちいち場所を確認して読んだりはしません。形を見て「これはあの和音だ」と判断するのです。そしてそれを判断する材料が、全調のスケールとかの知識な訳でして。

なので、dyneさんの場合、ドレミで歌えなくても、全調のスケールを完全に覚えられれば、案外スムーズにいけるのではないかな、なんて思っているのですが、どんなものでしょうか。ドレミで歌う事より、むしろそちらの方がdyneさんには合っているような気が、今回の記事を読んで思いました。
by: NaGISA * 2012/03/09 22:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

あ~、この間のお話はよくわからなかったのですが、今回の説明でようやく納得しました。そうだったんですか…。
コードが分かってしまうのが逆にクラシックに邪魔になってたのかもしれませんね。
それで臨時記号に対応できないとか、音が飛ぶと大変だとかって…ふむふむ。

じゃぁどうしたらいいのかって…^^;逆にコードが分からなくて四苦八苦している身としてはよくわからないです。
ごめんなさ~い。
お会いした時に分かるかも?(^_-)
by: 金魚 * 2012/03/11 01:21 * URL [ 編集] | page top↑
--ごまさんへ--

>--こればかりは--
>慣れるしかないですよね。

そうですよね。慣れるしかないんでしょうね。

>私は小さいときからソルフェージュをやらされてたので、今でも楽譜?音名のクセがついてますが、弟はそういうのをやらない先生についていたのと移動ドで考えるタイプらしく、楽譜を読むのが苦手なようです。

やっぱり、ソルフェージュのようなことを基本的に
やっていないのが原因だと思います。
そりゃ努力もしないで得られないですよね^^;
僕は音感が皆無なので、固定ドでも移動ドでもないですが、
どちらかといえば、移動ドになってしまう時もあって、
音名唱しようとすると、ほんとに困ります。。。

>ちなみに、歌詞でラララ~と歌ってるときに音名もラになると、途中から音名唱になることがよくあります(笑)

勝手に音名唱になるなんて、僕には想像もできない世界ですけど、
非常にうらやましいです(笑)
by: dyne→ごまさん * 2012/03/11 13:47 * URL [ 編集] | page top↑
--トマトさんへ--

>素人がこんなこと書いていいのかって思いますけど、これって本当に矯正しないといけないものなんですかね~。先生がそうおっしゃっている以上、やらないわけにもいかないかとは思うんですけど、ツェルニーが弾けないっていうのは、リズムが合わないってことでしょ。たとえば音名じゃなくて、タタタで歌いながら拍の頭で手を叩くとかで克服できませんかね。

僕もそういう疑問を持ったりもしたのですが、
あれからまたレッスンで先生と話して、
やっぱり矯正する必要があるなあと感じました。
また、あらためて記事にしていきたいと思うのですが、
視覚パターンでやっていると、多声には対応できないそうです。
確かに、視覚パターンだと、「縦読み」しかできないんです。
その通りだと、納得しました。
多声に対応できないと、クラシックをやる以上、
どこかで先へ進めなくなりますよね^^;

>だってね、私が今さら、音をドレミに変換するな!って言われても無理だし、これをイロハで歌えって言われても無理だと思うんですよね。dyneさんが要求されていることって、それと同じハードさでしょ。

そうなんです!
普通の人がイロハで歌えとか、
ツェーデーエーで歌えとか、
言われている状況に近いです(笑)

>いくら正しくても、音大目指しているわけじゃないし、これまでこんなに難しい曲を弾いて来れたのに、本当に矯正すべきものなのかな~って。普通そうだからってそれが唯一絶対の方法とは思えないし、ツェルニーを弾くためにそこまでしなくちゃいけないの?って思うんですよ。

ツェルニーを弾くためだけではないんですよ。
ツェルニーを弾くためだけなら、100%やりません(笑)
唯一絶対の方法ではないと僕も思いますし、
矯正を試みてみて、どうしても苦痛だったらあきらめると思います。
ピアノが苦痛になってしまっては、趣味のピアノとしての
存在意義がなくなってしまいますもんね^^
そういう意味で、あせらず、継続課題でやっていこうかなと。。。

>認知の仕方に視覚優位型とか聴覚優位型、触覚優位型ってあるの、ご存じですか?私もけっこう視覚優位型なんですけど、認知の仕方は生まれ持った性質に関わることだから、その性質をうまく利用する方向にもって行かないと、ハードルばっかり上げても…って気がします。

そんな認知パターンがあるんですね。
僕もその中では、視覚優位型なんでしょうね、きっと。
ハードルあげるのは、そもそも僕自身が嫌いなので、
上げませんので、ご安心ください^^

>piyoneさんもピアノ弾かれるんですよね?奥様なんておっしゃってます?

piyoneは、ごく一般的なタイプのピアノ弾きなので、
楽譜を見ながら、音名で弾いてるようですよ。
ただ、覚えこんでくると、音名認知が薄れるようですけど、
それは普通によくあるパターンですよね、きっと。
by: dyne→トマトさん * 2012/03/11 13:58 * URL [ 編集] | page top↑
--めめさんへ--

>なんか、よく考えたら、私もどちらかといえば、音名唱派じゃないのかも・・・と思います。

めめさんも、音名唱派じゃないんですね。
ツェルニーをあれほど流ちょうに弾けるめめさんが音名唱ではないのでしたら、
ツェルニーに必須ではないかもしれませんね。
ただ、先生と話してみて、多声にはやはり必要みたいです。

>私の場合は、自分の頭に浮かぶドレミの音と、ピアノの鍵盤上のドレミで出る音が完全に違ったので、矯正しないととても違和感があったので、そこは必死で直しましたが、

しっかりとした音感がおありなんですね!
僕は、音感がないため、どんな音に違う音名を想像しても、
違和感がまったくなくて、逆に音名唱がやりにくいんですね。
どんな音名を言っていても、しっくりこないというか・・・汗

>dyneさんの仰るような意味での音名でいつも浮かべているか、といわれたら、私は鼻歌派です。ららら~とか、ふふふ~とか、ジャジャーンとか、そういうのですw

たとえ、らららーとかでも弾いているときに歌っているかどうかで
違うような気もするんですけどね。
でも、音名の方が絶対位置が分かっていいってことなのかな?

>譜読みをするときには、ドレミ付きで浮かべていることが多いと思いますが、目で見てどこを弾けばいいかすぐわかる時には多分浮かんでないと思います。

譜読み中はドレミを意識されているんですね。
そこが僕と違って、重要なポイントかもしれません。
僕は、譜読みの段階から音名をあまり意識していないので、(ほとんど、相対で読む)
ほとんど音名認知をしないで終わってしまうんです。

>あんまり悩み過ぎなくてもいいのでは、と思います~~~!!

はい^^
前向きには考えますが、思い悩まないようにしたいと思います。
by: dyne→めめさん * 2012/03/11 14:06 * URL [ 編集] | page top↑
--ruvhanaさんへ--

>dyneさんは、電話帳もといポピュラーの楽譜をじゃんじゃん遊び弾き出来るほどの力がついたわけですから、ピアノを習いはじめたばかりの頃に抱いていた目標はある意味達成しているのかもしれませんね。ショパンの前奏曲や即興曲やノクターンのいくつかも弾けるようになりましたし、それって、8年前のdyneさんからしてみたら物凄く羨ましい状態だと思います!

そうなんですよ。
今の状態でも、十分ピアノを楽しんでいるので、
難しい曲を弾けなくても、十分楽しめるとは思うんですけどね。

>ただ、もっとクラシックで弾いてみたい曲がまだまだおありだと思うので、やっぱり、ドレミで歌えるようになったほうが、譜読みや演奏の手助けになると思います。

先生と話して、多声をやるには、どうしても不可欠みたいでした。
確かに、視覚パターンでは縦読みしかできないので、無理ですね。
(BMPやJPGでは・・・MPEGにすれば対応できるかな?笑)

また、記事にしようと思ってますが、ちょうど今やっている
ショパンのノクターン19番が多声の部分が多いので、
これを一声ずつ、音名唱しながら、弾いていると、
すごくいい練習になるなあと気づきました。

>dyneさん、音名唱が苦手なのではなくて、もしかしたら単に、今までの音名唱の練習回数が絶対的に少なかっただけの話かもしれませんよ^^

絶対的に少ないというより、ほとんど皆無ですね^^;
そりゃ、まったくやってなかったら、できるわけないですよね。
皆さん、努力されているわけだから、努力が必要だと思います。

>
数小節の場面ごとに区切って、
①音程・リズムをつけずに音だけ読み
②リズムをつけて音だけ読み
③音程・リズムをつけて音読み
の3段階を各声部ごとに行う

声楽の練習で、こういうことやるんですね!
すごく参考になりました。
確かに、いきなり、音程とリズムを気にしながらだと、
難度が上がりすぎるので、初めはリズムも音程も気にしないで
という方法はよいと思いました。
それなら、気楽に始められますね。

>以来、ピアノでうまく弾けないなどの問題を感じた時には、この方法で「目で楽譜を追いながら弾きたいスピードで声に出して歌えるか」チェックするようになりました。

ほんと、いい方法ですね。
僕もやってみようと思います。

>ただ、譜読みを始めてから仕上げるまでの様々な過程のなかで、音名唱が出来れば役に立つことがあると思うんです。細かい音符の連なる曲、ゆったりした曲・・・、曲の特徴や時代によっても、その役立ち方は様々と思いますが、今なさっている努力は無駄にならないはずですよ♪

ほんと、そうですね!
無駄にならないなら、やる元気もわいてきます。
ちょっと、頑張ってみます^^
by: dyne→ruvhanaさん * 2012/03/11 14:17 * URL [ 編集] | page top↑
--kassiiさんへ--

>--私はよ~~~く理解できます!--
>私もそういわれれば「ドレミ」では歌っておりません。

おお、理解者が現れました(笑)

>もっといえば、ハ長調でならドレミは一瞬で判断できますが、他は「ド」だけが意識できす程度です。

ハ長調なら、一瞬で判断できる・・・って、
それだけでも僕から見ると、すごいです。

>鍵盤上の視覚パターン記憶に依存しているとのことは説得力があります(鍵盤を見ていなくても)。

そうそう。鍵盤見てなくても、鍵盤上の視覚記憶が
よみがえってきて、それで認識しちゃうんですよね。

>譜読みが辛いのはこの原因かもですね~~~~~~~全調スケールが必要(@_@;)
ぎゃ~~~~~~~~~中級者への壁でしょうか!!

いやー、中級者への壁は手ごわいですよ!
全調スケール、これは必要だと常々思ってます。
kassiiさんもご一緒に、音名唱、全調スケールやりましょう。。。
いつも、ストイックな部分練習や片手練習をされているkassiiさんなら、
なんてことないかもしれませんね(笑)
by: dyne→kassiiさん * 2012/03/11 14:22 * URL [ 編集] | page top↑
--NaGISAさんへ--

>Gスケールを「G」だけで認識するというのは、十分ありだと思います。というか、そんなものいちいち一つ一つ読んでられませんよね(笑)。ぱっと見て「あ、1オクターブ上がるスケールだ」と分かれば、それで十分ですから。

初見での認知だと、もちろん読んでられないから、
それでもOKなんだと思います。
譜読み後にきちんと弾けるようになる過程で、
すべての音が音名で歌えて、頭の中でなっている状態が
必要なんだということだと理解しています。

>読譜というのはつまりはパターン認識ですから、それで認識できれば全く何の問題もありません。例えば、和音なんていちいち場所を確認して読んだりはしません。形を見て「これはあの和音だ」と判断するのです。そしてそれを判断する材料が、全調のスケールとかの知識な訳でして。

僕も和音を形で瞬時に読めた方がいいんじゃないかと思って、
最近はそういう読み方を訓練していましたが、
もちろん、これも初見の時などの話で、
弾きこんできちんと弾ける状態にするには、
やはりそれぞれの音を音名で認知しておいた方がよいと
いうことなのかなと思っています。

先生には、和音であっても、ちゃんと「ドミソ~」「ドファラ~」というように、
音名が鳴るようにしてくださいと言われました(汗)
まあ、やり方は唯一ではないので、「C」とか「F」とかコードネームでも
それで音がすべて認知できるのなら、それでいいと思うんですけどね。
要は、すべての音を完全に音名認知した状態にするように
ということだと思います。

>なので、dyneさんの場合、ドレミで歌えなくても、全調のスケールを完全に覚えられれば、案外スムーズにいけるのではないかな、なんて思っているのですが、どんなものでしょうか。ドレミで歌う事より、むしろそちらの方がdyneさんには合っているような気が、今回の記事を読んで思いました。

全調スケールをちゃんと音名で認識できれば、いいんでしょうね。
今のように、相対で弾いているだけだと、意味がない気がしてきました。
by: dyne→NaGISAさん * 2012/03/11 14:31 * URL [ 編集] | page top↑
--金魚さんへ--

>あ~、この間のお話はよくわからなかったのですが、今回の説明でようやく納得しました。そうだったんですか…。
>コードが分かってしまうのが逆にクラシックに邪魔になってたのかもしれませんね。
>それで臨時記号に対応できないとか、音が飛ぶと大変だとかって…ふむふむ。

コードがそんなに分かるわけでもないんですよ。
どちらかといえば、パターンで弾いてしまうということです。

たとえば、有名なハノンの1番で、「ドミファソ・ラソファミ・・・」ってありますが、
次は「レファソラ・シラソファ」(あってるかな?)なんて、読んでません(汗)
単純に「平行移動」してるだけです。

ハノンは指の練習だから、それでいいかもしれませんが、
他のすべての曲に対して(たとえば、インヴェンションでも)、
そういう読み方をしているということなんです。

>じゃぁどうしたらいいのかって…^^;逆にコードが分からなくて四苦八苦している身としてはよくわからないです。
ごめんなさ~い。
お会いした時に分かるかも?(^_-)

たぶん、金魚さんは絶対音感がおありだと思うので、
(440Hzと441Hzを聴きわけるとかそういう意味ではなくて、
単純にドレミが分かるという意味で)
僕の状況は想像しにくいかもしれませんね(笑)

先生もときどき、このブログを読まれているんですけど、
前記事の金魚さんの「理解不能!説明求む」
ってコメントにうけていらっしゃいました(笑)
金魚さんはきっと相当、上級者でしょうね。
って、おっしゃってましたよ^^
by: dyne→金魚さん * 2012/03/11 14:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

もしかしたらですが、ドレミで考えなくても、とりあえず楽譜をみているときに頭の中で音が鳴るようになれば、何かが変わるのかな?とも思います。
実は音名唱の記事を読んでから、「私ってどうやってピアノ弾いてるんだろう」って夜な夜な考えていたんですが(笑)
ちょっと前に、天声人語とかの書写が流行ったことがあったと思うのですが、ああいうのってお手本の文章を黙読して文脈をつかむのと同時に指先に神経がいって文字を書きますよね。
般若心経の写経だと文節すらわからず、一文字ずつ書き写すからすごく時間がかかりますが、考えるまでもなく理解できる文章であればすらすらと書けると思うんです。
楽譜をそれに置き換えてみると、 1音とか1小節ずつ目で追っているうちはやっぱり弾けなくて、フレーズを理解できて初めて音楽として形になるのではないでしょうか。
文字を書くのと違って、指が回るかどうかっていう技術的な問題は残りますが、とりあえず楽譜→鼻歌に変換できるようになればひとつ道が開けるのかな…
なーんてことをずっと考えてました。
文章にするとわかりづらいのですが、こういう感覚、dyneさんならきっと理解してくれるんじゃないかと思い、コメントしてみま~す!
by: ごま * 2012/03/11 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
--ごまさんへ--

何度もアドバイスをいただき、ありがとうございます^^

>もしかしたらですが、ドレミで考えなくても、とりあえず楽譜をみているときに頭の中で音が鳴るようになれば、何かが変わるのかな?とも思います。

ドレミでなくても、頭で音が鳴るだけで確かに違うと思います。
僕も弾く時は、心の中で歌うということは心がけているつもりではいますが、
やっぱり音名でないので、そういう意識が希薄になっているのかもしれません。

>実は音名唱の記事を読んでから、「私ってどうやってピアノ弾いてるんだろう」って夜な夜な考えていたんですが(笑)

もしや、睡眠不足の原因になってませんか?(汗)
なんだか、申し訳ないような・・・汗汗

>ちょっと前に、天声人語とかの書写が流行ったことがあったと思うのですが、ああいうのってお手本の文章を黙読して文脈をつかむのと同時に指先に神経がいって文字を書きますよね。
般若心経の写経だと文節すらわからず、一文字ずつ書き写すからすごく時間がかかりますが、考えるまでもなく理解できる文章であればすらすらと書けると思うんです。

なるほど、文章の意味が分かっているか分かっていないかってことですよね。

>楽譜をそれに置き換えてみると、 1音とか1小節ずつ目で追っているうちはやっぱり弾けなくて、フレーズを理解できて初めて音楽として形になるのではないでしょうか。
文字を書くのと違って、指が回るかどうかっていう技術的な問題は残りますが、とりあえず楽譜→鼻歌に変換できるようになればひとつ道が開けるのかな…
なーんてことをずっと考えてました。

なるほど・・・おっしゃってること、よくわかります。
ただ、楽譜を見て、それを瞬間的に音楽として理解して弾くというのは、
かなり上級者の世界ですね(汗)

tsukupia☆のメンバーさんは、ごまさんの他にも上級者の方が多いので、
いろいろお話していると、やっぱり上級者は楽譜の見え方(世界観)が
全然違うんだなあといつも、思わされています。
(前に、記事にもしたことがありますが)

そこには、僕のような初心者から見ると、
大きな壁がたちはだかってるんですよね(笑)
「楽譜を見たとき、音楽が鳴る」ってことがそもそもないので、
何をどうすればいいのかが分からないんです^^;
(決して、初心者のひがみではなくて、
現実に感じているという意味ですよ^^)

そういう意味で、「音名唱」があるのかなと思っています。
音名唱というのは、とりあえず、具体的にやるべきことが
「とにかく音名で歌う」ということで、はっきりしているので、
初心者でも何をやったらよいかが分かりますからね。
by: dyne→ごまさん * 2012/03/11 23:40 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。