スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
∫ 場の量子化 (2)
2012 / 02 / 04 ( Sat )
「光の量子論」以外の教科書も参考にしてみようと思ったのですが、
「場の量子化」の載っている本をあまり持っていなくて、困ったなあと思って、
よく考えてみたら・・・
シッフの最後にちょっとだけ載ってたのを思い出しました。

それを見て、気づいたのですが、
「場の量子化」について、思いっきりアホな誤解をしてました(恥)

場の量子化って、電磁場を量子化することだと思ってました。。。

粒子系が量子化されたのがシュレディンガー方程式で、
まだ、電磁場が連続量のポテンシャルとして入ってるだけの状態が半古典論。
そこで、電磁場の方も量子化しようという話かと思ってました。

その考え方自体は正しいと思うのですが、
場の量子論というのは電磁場に限らず、もっと広範囲の「場」の話のようです。

粒子系の波動関数ψも波動場とみなして、
もう一回量子化しようという話なんですね。
だから、「第二量子化」っていうんだ。
今頃、わかりました(汗)

とりあえず、いきなり電磁場を量子化しようとするから理解できないのかもしれません。
シッフに基づいて、ちゃんと、一般的な場の量子化手法から学ぼうと思います。

それにしても、難しくて訳分からなそうです。。。
でも、物理って、この訳分からなさがワクワクするんですよね!(笑)
スポンサーサイト

テーマ:物理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 12 : 53 | 物理(量子論) | コメント(0) | page top↑
<<∫ ゲージ (2) | ホーム | ∫ ゲージ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。