スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 能動性と集中力
2012 / 01 / 29 ( Sun )
だいぶ以前から、「能動的に弾く」ことの重要性を感じています。
最近、その意味がかなり、自分の中でつながってきたかなという気がしています。

ここで、「能動的に弾く」と言っている意味は、
すべての音を鳴らす前に、どんな音を鳴らすかを考えて弾く
という意味で、先生にも言われてきました。

僕が思うところでの「考えて弾く」というのは、
この音を大きく小さくとかいう論理的なことではなくて、
音を鳴らす直前に必ず、頭の中でその音楽が流れている
という意味です。
よく、ブログ仲間の方々から、あれこれ考えすぎという指摘をいただきますが、
そういう意味の「考える」ではありません(笑)

これが出来ていると、どんな音でも必ず鳴るはずだと思うんです。
逆に、音抜けするのは、能動的に弾けていない箇所なのだと思います。

どうしても頭が追いつかなくなると、
記憶している手の動きに流されて、受動的に弾く箇所が出てきますが、
そういう場所で、音抜けが発生しているなあと感じます。

そして、ミスについても同じではないかと考えています。
僕はほんとにミス(違う音を弾く)が多く、
どんな短い曲でも確実にミスする自信があるのですが(笑)、
なんで、こんなにミスするんだろう?
と、先生に聞いたことがあります。

その時、言われたことが
「集中力が足りないんですよ」
というお言葉。

その時は、その意味が分かりませんでした。
集中してたって、ミスはしますよね・・・

でも、最近、意味が分かってきた気がします。
能動的に弾いていれば、ミスはかなり減るんじゃないかと思うんです。

というのは、インヴェンションなどをやっていて、
片手練習をするときは、意外とそれほどミスはしないんです。
ところが、両手で弾くと、びっくりするぐらいミスをします。

これは、頭が左右についていけてなくて、
左右の音楽をきちんと頭の中で鳴らして、左右をちゃんと聴きながら、
能動的に弾けていないからですよね。

左右の音をすべて漏らさず、能動的に弾こうとすると、
すさまじい集中力が必要です!

つまり、集中力が足りなくて、ミスをするというのは
こういうことなのではないでしょうか。

今、インヴェンション8番をやっていて、
とにかく、左右をすべて漏らさず、能動的に弾こうとすると、
かなり消耗するぐらいの集中力が必要ですね。

まさに、「狂い弾き」の世界がここにあるんではないかと・・・
「狂い弾き」で集中力を鍛えたいですね(笑)

とりあえず、トマトさん命名の「高速コテコテおじさん」(本名トン・コープマン)
のこの恐るべき集中力を見習いたいところです(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 08 : 28 | ピアノ雑感 | コメント(16) | page top↑
<<∫ ゲージ | ホーム | ∫ 場の量子化>>
コメント
----

あ、そうですそうです!
頭の中で音楽が鳴ってないと弾けないです。
カプースチンやってた時、レッスンの予定がなかったのにいきなり弾けと言われて大崩壊しました^^;あの時は楽譜を渡されてもダメだったんですね。全く頭の中に音楽がなかったので。

高速おじさん、あんな風になっちゃう理由がちょっと分かった気がします。足のペダルのせいが大きいんじゃないかと。
ダンスしてるみたいにパカパカ踏みながら両手も動かすって、大変ですよね~。
私はいやだなぁ、というかできないです~^^;
by: 金魚 * 2012/01/30 14:27 * URL [ 編集] | page top↑
--ふむふむ--

なんとなくですが、私も感じてる時があります。
少し違うかもしれませんが、先を意識して弾いてるか!
まあ、先に行き過ぎても破たんしますが(笑)
あと集中力ですがメンタルの話で「集中しなくちゃ!」は集中できてない証拠だと言うような話を聞いたことがあります(爆)
by: kassii3 * 2012/01/30 15:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

>どんな音を鳴らすかを考えて弾く

これは私もとっても重要な事だと思いますね~。

>音を鳴らす直前に必ず、頭の中でその音楽が流れている

これがいまいち・・・う~~ん、え~~カエルの歌みたいに輪唱状態になっちゃうじゃないですか~。

>「集中力が足りないんですよ」

子供みたい・・笑笑
dyneさんはある意味、集中力なさそうですよね~笑
だって弾きながら、その曲に対してあれこれ考えるでしょ?
私はあまり頭は使わないかな。
その代わり、最近は”お耳”を重要視してます。
どんな風に自分の音が聴こえてくるのか、聴こえてこないのかって。
by: らべんだ~ * 2012/01/30 19:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

集中力、と言っても、その時その時で若干ニュアンスが異なってきますよね。
私が得意なのが、持久力的な集中力。
苦手なのが、瞬発力的な集中力。

dyneさんにあてはめて例えて言えば、
前者は、大好きな(?)物理の勉強に寝食忘れて夢中になるイメージ。
後者は、バドミントンで、フットワークとかノックのトレーニングで磨いて行く類の能力というか・・・。あるいは試合で、対戦相手がハイクリアで奥に返してくるかと思いきや、ネット際にドロップしてくる、そんな時にもとっさに反応出来る集中力というか・・・^^。

私は最近、後者の集中力の向上を意識しています。
演奏上で、必要な時があるんですよね。。
ほんと、ニガテなんですよね~^^;


0131追記:
「瞬発力的な集中力」の補足です。ちょっと言葉足らずだったので・・・。
ピアノの場合、そもそも楽譜があるので、クリアーで返ってくると思ったらドロップだった、という不意打ちは即興演奏でもない限り無いですが、瞬間的な集中から生みたい音とか休符ってあるなぁと思っていまして。(たとえば、インヴェンション8番だったら、右手の出だしの休符とか・・・)
by: ruvhana * 2012/01/30 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

音のイメージを持つってのは大切そうですよね。そのためにもインプットを増やして、音楽の幅を広げることが必要かなあ、と最近思います。

>片手練習をするときは、意外とそれほどミスはしないんです。ところが、両手で弾くと、びっくりするぐらいミスをします。

これと似ていて、実際はもっともっと基本的な(私の)話を今日のレッスンレポに書きました。ミスどころか手が動かないのですよ…。弾き始めることすらできなかったんです。脳の指令が手に伝わってないんです。今日ほど自分の手が「性能の悪いボディスーツ」のようにもどかしく感じたことはありませんでした。単なる集中力というより、注意の配分(右にも左にも相応の注意を払う)がうまくいかないってこともあるんじゃないかと自分では思ってます。で、どうやれば注意の配分がうまくいくのか?そこはまだ分かりません(>_<)
by: トマト * 2012/01/30 21:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

生まれながらのぶきっちょだし、音楽的才能(センスとか)も本当に足りないなあと思う私ですけど、「弾く前から音のイメージを持つ」ということだけは不思議とできているかなあ、と思います。受けた指導がよかったから?
私の場合、イメージを持たずにただ音だけ並べるということが、しようとしてもできないんですよね~。
なので初見の段階から、それなりに曲想つけています。それを見て感心するヒトがいたりしますが、私の場合、音をはずさず正確に弾く作業がそのあとにしっかり残っていて、こちらがすさまじく大変なわけでして・・・(汗)

「高速コテコテおじさん」
すごいネーミングですが気に入っています。
首の動きがハンパないですね。なんだか見ているだけで肩が凝ってきそう・・・(爆)
by: 私はタワシ * 2012/01/31 07:57 * URL [ 編集] | page top↑
--金魚さんへ--

>頭の中で音楽が鳴ってないと弾けないです。
>カプースチンやってた時、レッスンの予定がなかったのにいきなり弾けと言われて大崩壊しました^^;あの時は楽譜を渡されてもダメだったんですね。全く頭の中に音楽がなかったので。

やっぱり、そうですよね!
カプースチンなんて、音楽を頭に流すのも一苦労だから、
それだけでも既に、ハードル高いですよね~

>高速おじさん、あんな風になっちゃう理由がちょっと分かった気がします。足のペダルのせいが大きいんじゃないかと。
>ダンスしてるみたいにパカパカ踏みながら両手も動かすって、大変ですよね~。
>私はいやだなぁ、というかできないです~^^;

確かにすごい足芸ですよね(ーー:
昔、エレクトーンでベースは踏んでましたが、
足でメロディ弾くって・・・笑

ただ、この光速オジサンはそれだけじゃないと思うんですよ。
足ペダル入れると、4声か5声か知りませんが、
全部の声部をすべて聴きとって演奏しているんでしょうね。

耳で聞くというよりは、脳みそ全体で聴いてるというか、
脳の中に各声部に対応した小さい部分脳があって,
脳内空間のすべてに意識を分散させながら弾いてるんでしょうか。
そんな感じでああいう頭の動きというか表情になるんでしょうね(笑)

らべんだ~さんなら、きっと、この表現よく分かって下さると思うんですが・・・
by: dyne→金魚さん * 2012/01/31 12:50 * URL [ 編集] | page top↑
--kassiiさんへ--

>なんとなくですが、私も感じてる時があります。
>少し違うかもしれませんが、先を意識して弾いてるか!

そうですよね。
kassiiさんもそれを感じてらっしゃいますか。

>まあ、先に行き過ぎても破たんしますが(笑)

そんなに先じゃなくていいと思うんです。
ほとんど同時かほんの一瞬だけ頭の方が早いぐらいかな?
さすがに自分の弾いているところと違う音楽の部分を想像したら、
混乱しちゃって、まともな音楽にならないですもんね(笑)

>あと集中力ですがメンタルの話で「集中しなくちゃ!」は集中できてない証拠だと言うような話を聞いたことがあります(爆)

え!?そうなんですか?
確かに、集中しているときはそんなこと考えませんもんね。

集中と言えば、僕は昔はよく、電車で読書に集中しすぎて、
降りる駅で降り忘れたり、目の前の電車に乗り忘れたり・・・
というのがありました(笑)

それから、計算が好きなので、計算に没頭してしまって、
昼ごはんを食べ忘れたことも・・・
夕方ぐらいに気づきました(笑)

そんな時は言われなくても集中できてるんでしょうね。
by: dyne→kassiiさん * 2012/01/31 12:57 * URL [ 編集] | page top↑
--らべんだ~さんへ--

>>音を鳴らす直前に必ず、頭の中でその音楽が流れている
>これがいまいち・・・う~~ん、え~~カエルの歌みたいに輪唱状態になっちゃうじゃないですか~。

カエルの歌の輪唱・・・笑
それは、きっと前すぎます!

僕が思っているのは、ほとんど同時か、ほんの一瞬前に
頭の中で音楽が流れていて、それにドライブされるように
弾いていくといいんじゃないかなと思っています。
あんまり前過ぎると、今弾くべき曲想と別のイメージを
頭に浮かべてしまうので、弾けないですよね。

>>「集中力が足りないんですよ」
>子供みたい・・笑笑

汗汗汗(笑)
でも、ある意味、子供以上に手がかかるかもしれません^^;
変な個所でハマって、なかなか抜け出さなかったりするので、
先生から見ても不思議な生徒かもしれません(汗)

>dyneさんはある意味、集中力なさそうですよね~笑
>だって弾きながら、その曲に対してあれこれ考えるでしょ?

いや、弾いているときはそんなに何も考えてませんよ~
ただ、集中力がないのは当たってるかも(汗)

なんというか、自分が弾かなきゃ音楽にならないのに、
どこかで他人が弾いてるのかなという他人事みたいな状態になったりして、
結局、メリハリが全然なかったり、ミスしたりしちゃうんですよね。

>その代わり、最近は”お耳”を重要視してます。
>どんな風に自分の音が聴こえてくるのか、聴こえてこないのかって。

これ、たぶん、僕の言わんとしていることと同じことで、
能動的に弾くというのは、よく聴くということでもあるんです。
聴こうとする意識は、頭の中で音楽が流れている意識と同じですよね。
聴いている=頭の中で音楽を認識しているということなので。

たぶん、よく聴きなさいと言われるのは、
聴いてから音を修正できるわけではないのですが、
聴くという意識が頭の中で音楽を認識している
ということにつながるから重要
ってことなんじゃないかなと思っています。
まあ、素人の勝手な仮説ですが・・・汗
by: dyne→らべんだ~さん * 2012/01/31 18:25 * URL [ 編集] | page top↑
--ruvhanaさんへ--

>dyneさんにあてはめて例えて言えば、
>前者は、大好きな(?)物理の勉強に寝食忘れて夢中になるイメージ。
>後者は、バドミントンで、フットワークとかノックのトレーニングで磨いて行く類の能力というか・・・。あるいは試合で、対戦相手がハイクリアで奥に返してくるかと思いきや、ネット際にドロップしてくる、そんな時にもとっさに反応出来る集中力というか・・・^^。

すごく分かりやすいたとえで、よくわかりました(笑)
そうですね。
僕はどちらも苦手ですけど、どちらかといえば、僕も後者がより苦手ですね。

瞬発力的な集中力・・・必要ですよね。
特に音楽にメリハリをつけるのに、これがないと、
のっぺりした音楽になってしまいますよね。

運動能力的要素も多少はあるとは思うのですが、
やはり、これも頭の中で音楽を鳴らして、
それにドライブされるように弾くという要素が
かなり重要だと考えています。
作曲家の気性の激しい部分みたいなのが
体に乗り移って、それを弾くことで再現するみたいな・・・笑

そのドロップショットにしても、
「あ、前に落とされる!」と思ってからでも、
「絶対に取れる!」と信じて、大きく一歩を踏み出すことが
重要な気がします。
まあ、実際には、年齢のせいで、ドロップやられると、
きついんですけど・・・笑

ちなみに、スマッシュのつもりで打った羽がカコーンという
金属音とともに見事にドロップに早変わりすることがよくありますが、
あれは確実に決まりますね(笑)
・・・って、それは本題とは全然関係ありませんが・・・

>ピアノの場合、そもそも楽譜があるので、クリアーで返ってくると思ったらドロップだった、という不意打ちは即興演奏でもない限り無いですが、瞬間的な集中から生みたい音とか休符ってあるなぁと思っていまして。(たとえば、インヴェンション8番だったら、右手の出だしの休符とか・・・)

分かります分かります。。。
緊張感というか気迫みたいなものから生み出されないと、
音楽にならないケースってよくありますよね。
曲調がぱっと変わって、フォルテで盛り上がるとか・・・
のっぺり上がってたら全然おもしろくないですよね。
そういう瞬発力、僕にも欠けているので、鍛えたいものです。
by: dyne→ruvhanaさん * 2012/01/31 19:02 * URL [ 編集] | page top↑
--トマトさんへ--

>音のイメージを持つってのは大切そうですよね。そのためにもインプットを増やして、音楽の幅を広げることが必要かなあ、と最近思います。

そうですよね。
おっしゃるとおり、音楽の曲想イメージを自分で描くというのも重要だと
以前から思っているのですが、今回の話はそれとはちょっと違っていて、
弾くその瞬間に頭で音楽が鳴っていることが
すごく重要だと思うんですよ。

>ミスどころか手が動かないのですよ…。弾き始めることすらできなかったんです。脳の指令が手に伝わってないんです。今日ほど自分の手が「性能の悪いボディスーツ」のようにもどかしく感じたことはありませんでした。単なる集中力というより、注意の配分(右にも左にも相応の注意を払う)がうまくいかないってこともあるんじゃないかと自分では思ってます。で、どうやれば注意の配分がうまくいくのか?そこはまだ分かりません(>_<)

ほんとに、集中力の配分って、難しいです。
どっちかの方に気を取られると、どっちかが聴こえてこないんです。
そうすると、とたんにその注意が切れた方の音が
あいまいになってしまうんですよね~。

でも、譜読み中の状態では、両方の音楽を聴きとるも何も、
そもそも指がそのように動いてくれないから、
困っちゃうんですよね。
上級者はどうされるのか分かりませんが、
僕の場合は、初めのうちは徹底的に指に覚え込ませる感じで
いいのかなと思っています。
ある程度、指が勝手に動くようになってきたら、
そこから聴きとる作業に入るという感じです。
本当は、それではダメなのかもしれませんが・・・汗
by: dyne→トマトさん * 2012/01/31 19:15 * URL [ 編集] | page top↑
--タワシさんへ--

>生まれながらのぶきっちょだし、音楽的才能(センスとか)も本当に足りないなあと思う私ですけど、「弾く前から音のイメージを持つ」ということだけは不思議とできているかなあ、と思います。受けた指導がよかったから?

タワシさんは、そういうセンスがおありですよね!
楽譜を見て、事前に音のイメージを作るという作業は、
もちろん、すごく重要なことだと思うのですが、
実は、この記事で書きたかったのは、弾く、その瞬間に
頭の中でも音楽を流すということの重要性でした。

おそらく、タワシさんは、自然にできていらっしゃる気がしますけどね^^
でないと、タワシワールドのあの自然な音楽の流れは
できないと思うので・・・

先日、つぶやきで書かれていた「タメ」の話も、
弾く瞬間に音楽を頭の中に流すってことが
鍵なんじゃないかなと思っています。
タワシさんからすると、当たり前すぎて、
かえって気づかないことかもしれませんね(笑)

>「高速コテコテおじさん」
>すごいネーミングですが気に入っています。
首の動きがハンパないですね。なんだか見ているだけで肩が凝ってきそう・・・(爆)

このネーミング、いいですよね!さすが、トマトさん!
このネーミング聞くと、僕はなぜか、ちびまるこちゃんの主題歌
(踊るポンポコリンでしたっけ?)のメロディと一緒に、

♪ お~なべのなかから ボワーっと~
  コ~テコテおじさん登場~

という歌詞が浮かぶんですよ(笑)

それはさておき、確かに首の動きすさまじいですよね。
多声の曲をあれだけ高速に弾こうとすると、
頭の中がすごいことになって、
あんな動きになるのかなあと思いながら見ています(笑)
by: dyne→タワシさん * 2012/01/31 19:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

dyneさん、レスありがとうございました!
ほんと、仰っていることに共感ポイントだらけで、話が尽きない感じですね。
今度(いつ?w)、オフ会の時にでも語りましょう。

> ちなみに、スマッシュのつもりで打った羽がカコーンという
金属音とともに見事にドロップに早変わりすることがよくありますが、
あれは確実に決まりますね(笑)

↑に、爆笑&共感でした!
上級者から得点を奪うための、絶好の攻撃方法ですよね。
まぁ、これは能動的に生み出せるモノでは無いですが、ある意味、ノン上級者の特権ですよね(笑)
・・・というか、しばらくシャトルを打ってない私はそもそも、フレームにすら当たりませんから!
昨年の引っ越しの時に。押入れの奥から、怪しい色に変色したグリップのカーボネックス(ラケット)と、ボサボサのTRAINING(水鳥)が出てきましたよーv-12
by: ruvhana * 2012/01/31 22:51 * URL [ 編集] | page top↑
--ruvhanaさんへ--

>ほんと、仰っていることに共感ポイントだらけで、話が尽きない感じですね。
>今度(いつ?w)、オフ会の時にでも語りましょう。

いつものruvhanaさんの話もすごく共感できること多いんですよ。
というより、ruvhanaさんの今までおっしゃっていたことが
僕にもやっと分かってきたかなということですが・・・汗

お互い、習っている先生も似た系統ですしね(笑)
今回の記事も、ruvhanaさんには共感いただけるだろうなあと
思ってました。
ほんと、オフ会の時にでも、また語りましょう!^^

>> ちなみに、スマッシュのつもりで打った羽がカコーンという・・・
>↑に、爆笑&共感でした!
>上級者から得点を奪うための、絶好の攻撃方法ですよね。

「必殺スマッシングドロップ」と名付けています(笑)
打った直後に、決めた本人から「すみません~」という言葉が
思わず出てくるような後味の悪い技ですね!

あと、これもわざとじゃないんですが、
「顔面アタック」という必殺技もあって、
こっちも後味の悪さはかなりのものです(笑)

>・・・というか、しばらくシャトルを打ってない私はそもそも、フレームにすら当たりませんから!

いやいや、上のような必殺技は、ruvhanaさんには
きっと無縁のものでしょう。

>昨年の引っ越しの時に。押入れの奥から、怪しい色に変色したグリップのカーボネックス(ラケット)と、ボサボサのTRAINING(水鳥)が出てきましたよー

おお、カーボネックス!!!
僕が初代に使ってたラケットです^^

今は、これも20年前の「エアロータス」(Yonex)を使ってますが、
先日ガットを張り直しに行ったら、昔のラケットすぎて、
あまり、テンションかけて張れなかったです。

ちなみに、今、バド仲間で大流行なのは、
「アークセイバー」ですよ!

たとえボサボサでも、水鳥の羽までお持ちなんでしたら、
今度やるしかないですね^^b
by: dyne→ruvhanaさん * 2012/02/02 18:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

素晴らしい演奏ですね。
集中力もさることながらあの頭の上下は誰にも真似出来ないでしょうね。
演奏の終わりのあのしぐさも何とも言えませんね。
演奏は耳で聴いて目で聴かないようにしましょう。
by: 渡 弘道 * 2012/02/04 12:28 * URL [ 編集] | page top↑
--渡さんへ--

お久しぶりです^^

>素晴らしい演奏ですね。
>集中力もさることながらあの頭の上下は誰にも真似出来ないでしょうね。
>演奏の終わりのあのしぐさも何とも言えませんね。

ほんと、素晴らしい演奏ですよね!
頭の上下、終わりのしぐさ・・・恐るべき集中力から
出るしぐさでしょうね。

>演奏は耳で聴いて目で聴かないようにしましょう。

ギクッ!!!(汗)
僕は、目でよく聴いてます・・・笑
目に、聴覚機能はないはずなんですけどね(滝汗)
by: dyne→渡さん * 2012/02/06 13:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。