スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 視奏と暗譜の間で
2011 / 09 / 19 ( Mon )
本格的に視奏練習を始めて、約1ヶ月半ですが、
これまでに得るものが本当にたくさんありました!

ちょっと大袈裟かもしれませんが、
今まで、ピアノの楽しみの半分も味わっていなかった!
と思えるぐらいです。
視奏をめざし始めたのは、100%正解だったと確信しています。

視奏で得たもの・・・いろいろ、書いていきたいのですが、
その前に、まず先に、今ちょっと困っていることを。

ノクターン19番も視奏で練習しています。
これも、視奏で練習したことは、本当によかったと思っています。

ただ、前の記事にも書きましたが、音域が広くて、
楽譜ガン見ではどうしてもきついんです。
さすがに、こういう曲では、少し鍵盤をチラ見するというアドバイスをいただいて、
鍵盤を少しは見てもいいと思ってはいるのですが、
やはり、チラ見でもきついです。

分散和音一個あたり、チラ見を一回にしたとしても、
もう楽譜が全然、追えずに、なかなかスムーズに弾けません。

そもそも、冒頭で出てくるこのホ短調の基本和音すら、
かなり鍵盤見てないと弾けないぐらいなので・・・汗
(この和音の最後のシの後に、もう一度この和音の初めのミを弾く時の跳躍が特にきつい)

nocturne19-Em01.gif

知らず知らずの間に少しずつ暗譜してきていますが、
意図的に暗譜していないので、完全暗譜では弾けません。

最終的仕上げは、暗譜にしたいとは思っているのですが、
もう少し楽譜に触れていたいという思いもあるので、

もう少し頑張って、視奏を続けて、
視奏でスムーズに弾けるようになることを目指すべきか・・・

それとも、そろそろ、暗譜してしまうべきか・・・

この状態から暗譜出来るかどうか分かりませんが、
本気出せば、できるような気もします。

なんだか、今は中途半端な中間状態(まさに記事タイトルの状態・・・笑)に
なってしまって、にっちもさっちもいかないんですよね(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 30 : 58 | 視奏への道 | コメント(6) | page top↑
<<♪ 暗譜慣れ | ホーム | ♪ ノクターン19番 (3) >>
コメント
----

もう少し我慢して視奏を続けた方がいいと思いまーす。
ショパンの曲って、こういうのたくさん出てくるでしょ?
いい練習になると思うんですよ(^^♪

私の練習方法は

1.ミシソを指に覚えさせる
ミシソ、ミシソ、ミシソと繰り返し弾く。

2.ミドシを指に覚えさせる
ミドシ、ミドシ、ミドシと繰り返し弾く。

3.ミシソミを繰り返し弾いて、ソとミのつながりを良くする。

4.ミシソミドシの練習

5.最後のシから次のミへの飛躍の練習

6.ミシソミドシ ミ の練習

そんなとこです。
参考になれば…。
by: 金魚 * 2011/09/19 23:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

>今まで、ピアノの楽しみの半分も味わっていなかった!

う~~~~ん。
つまり、子供の頃から見た目で「嫌い」と思っていた食べ物を頑張って食べてみたらあまりにもおいしくて今まで損してたみたいな?
(例えが低次元すぎるって?笑)

dyneさんは視奏を始めて一番得たものって何ですか?
私が暗譜出来て鍵盤見たらdyneさんとは真逆の事で得られるものって結構ありますかね?

人によって悩む箇所って違うものですね。
正直、この左手で私はあまり困る事はありません。
まあ、最初のミぐらいはチラ見するでしょうけど。
dyneさんが今頑張って視奏してるのはきっとこの曲にすっごく役立つ気がします。
先日、ノク8の事である方からアドバイスを頂いたのですが右手の難所ではとにかく左手は何も考えずに無意識に弾けるようにする事だって。
なので一つ前の記事の右手難所にしても
この曲の飛び飛び左手を無意識に弾けるようになった時にはdyneさんはこの曲のプロですよ!(話が極端・笑)
今、視奏を頑張ってる時にこの曲に出会ったのは何かの運命かもですよ~。

金魚さんがおっしゃってるようにとにかくお指ちゃんに覚えさせてしまう事だと思います。
by: らべんだ〜 * 2011/09/20 08:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

え~、一番聞きたいところが保留ですか~~!!汗汗
視奏でdyneさんが得られたことって何だろう・・・???興味津々ですよ!

私は以前にも書いたのですが、独学中にアルペジオいっぱい練習したら視奏ができるようになって(鍵盤チラ見で楽譜みながら初見で弾けるという意味で)新しい曲に挑戦するのに敷居が下がったような気はしました。その頃の方が今よりはずっと鍵盤感覚ありましたが、譜読み能力はかなーり低かった(というか面倒くさがりでちょっと分からないと適当に弾いていた・・汗)ので、モノにはできなかった曲ばかりなんですけどね。でも適当レパートリーが増えたのは視奏のたまもの(微妙ですが)です!笑 この頃やってなかったら、あのショパンのワルツ7番とかも1から譜読みでかなり大変だったかも。実はショパンのワルツ1番もこの頃の恩恵で適当弾きならできますよ。笑 ・・・とても人前では演奏できませんけどね。。汗

dyneさんの「視奏で得たもの」、何だろう・・・?きっと整然と分析して分かりやすく説明してくれるんだろうなって、楽しみにしてます。笑 本当にいつも分かりやすくて、素晴らしいです♪
by: Sleeping * 2011/09/20 09:36 * URL [ 編集] | page top↑
--金魚さんへ--

このまま、続けた方がいいんですね!
ショパンの曲、こういうのたくさん出てきます・・・
確かに、こんなの、ましな方ですよね。
この後も、もっと激しいの出てくるし、
他の曲だと、さらに激しいの出てくるし・・・汗

練習方法、とても分かりやすく解説して下さって、
ありがとうございます。
つまり、地道に練習しろってことですね。
でも、金魚さんでもこういう地道な練習をされているわけですから、
僕がやらないで出来るわけがないですね^^;
練習意欲がわきました。
地道にやってみます。。。
by: dyne→金魚さん * 2011/09/20 19:11 * URL [ 編集] | page top↑
--らべんだ~さんへ--

>つまり、子供の頃から見た目で「嫌い」と思っていた食べ物を頑張って食べてみたらあまりにもおいしくて今まで損してたみたいな?

まさに、それです(笑)
つまり、ドリアンを食べてみなさいってことですかね(笑)
いや、食べたことないんですけど・・・

視奏で得たものについては、また記事にしますね。

>私が暗譜出来て鍵盤見たらdyneさんとは真逆の事で得られるものって結構ありますかね?

暗譜で得るものもあるかなと思います。
暗譜で弾きこんだものだと、かなり余裕を持って、
音楽に身をゆだねて、演奏できますよね。
でも、鍵盤見たら得られるものってのは
何もない気がします(汗)

この左手ぐらいだと、らべんだ~さんは全然大丈夫ですよね^^
でも、その最初のミのチラ見というのを毎回和音ごとに
やってると、忙しくて、楽譜に集中できないんですよ(汗)

>右手の難所ではとにかく左手は何も考えずに無意識に弾けるようにする事だって。

これ、分かります。
左手をかなり覚え込んじゃってる部分もあって、
その部分はかなり楽ですね。
それに、最近、左手の重要性をかなり認識していて、
これについても記事書こうと思ってます。
(そんなのばかりでスミマセン・・・笑)

何かの運命だと思って、頑張りますね!
by: dyne→らべんだ~さん * 2011/09/20 19:18 * URL [ 編集] | page top↑
--Sleepingさんへ--

保留にしてしまって、スミマセン(汗)
ほんとは一番書きたいところなので、近日中に書きますね^^
その前に困っていることを解決したかったので・・・

新しい曲に挑戦するのに敷居が下がる・・・
これは、僕の得たもののなかでも大きいです!
完全に鍵盤感覚を手に入れているわけではないですが、
かなり敷居下がりますよね!
ピアノの楽しさが倍増というのは、おもにこの理由かもしれません。
気持ち分かっていただけて、なんか嬉しいですね。

ワルツ7番は、僕の場合、鍵盤ガン見の暗譜方式でやってたので、
ほんとに、気が遠くなる作業でしたよ・・・笑
それに比べれば、今回のノク19の進み方は、
速くなったなあと感じます。
(もちろん、まだまだですけどね)

視奏で得たものなんて、当然のように視奏している人にとっては、
今更、記事に書くようなことでもないかもしれませんが、
僕と同じ鍵盤ガン見でしか弾けない人にとっては、
参考になるといいかなと思っています^^
by: dyne→Sleepingさん * 2011/09/20 19:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。