スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
東京歴史散歩 ⑤愛宕神社
2011 / 08 / 23 ( Tue )
昨年末の歴史散歩記(笑)

いつまで、書いてるのかという件については、
とりあえず、あと2回ぐらいで終わる予定です(笑)
でも、その後も何回か散歩してるので、パート2がすぐに始まりますが・・・爆

バックナンバーにご興味ある方は、「歴史」カテゴリーでどうぞ。

さて、虎ノ門から愛宕神社の方に向かいます。
この愛宕神社、東京のど真ん中なのに、ちょっと小高い丘みたいになっていて、
前々から上がどんな風になっているのか、興味あったんですよね。

本当は、正面から登るべきところですが、
たまたまコース的に裏口の階段から登りました。
結構、息が切れるほど長い階段なんですが、
ようやく上まで到着!

atagoshrine02.jpg

ここは、桜田門外の変の浪士たちが大老暗殺決行の前に、
集まった場所なんですよね。
先ほど、桜田門を見てきたところなので、流れ的にもバッチリ!

atagoshrine03.jpg

こちらは、正面の階段を上から見降ろしたところ。
降りるのも、怖いですよね!

atagoshrine01.jpg

2時間サスペンスみたいに、背中からポンとやられたら、絶対に死にますよ!(笑)
思わず、背後に人影がないかチェックしてから、降りました。

atagoshrine04.jpg

ちなみに、この階段、「出世の石段」と呼ばれています。
僕みたいに降りた場合は、どうなるんだろう?(笑)

ま、それはさておき・・・
なぜ、「出世の石段」と呼ばれているかは、
江戸時代に、曲垣(まがき)平九郎という人が馬に乗って、
この急勾配を見事、駆け上がったという故事があるからなんだそうで。

昭和になってから、実際に馬に乗って、駆けあがれるか
という実験をしたことがあるみたいで、
その時の古い映像を「ブラタモリ」という番組で紹介していました。

馬は落ちそうになりながらも必死になって、駆け上がっていて、
成功したからよかったものの、
一歩間違えば、馬は骨折して死にますよね!

騎手が落馬して死のうが、そんなこと知ったこっちゃないですが、
余興のためだけに、こんな無謀なことやらされている馬が
本当に気の毒に思えました。
あ、「ブラタモリ」に怒っているのではなく、
昔、その実験を企画した人たちに怒ってるんですよ。
(「ブラタモリ」は面白い番組だと思いました。誤解ないように・・・)

さて、次回はたぶん最終回、芝の増上寺へ向かいます。
スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

00 : 11 : 18 | 歴史 | コメント(6) | page top↑
<<♪ 無謀曲D (2) | ホーム | ♪ 視奏に関する疑問>>
コメント
----

おぉ~~「桜田門外の変」の所、私も行きたいです~~行きたい~~~!
でも高い所ダメダメなのでこの階段は怖いですね・・・汗汗汗
馬って骨折すると死ぬってよく言いますが骨折すると死んでしまうのですか?
それとも骨折したら殺してしまうのですか?
その辺がよく分からなくて・・・。
by: らべんだ~ * 2011/08/23 01:12 * URL [ 編集] | page top↑
--らべんだ~さんへ--

おお、行きたいですか!?
桜田門外の変、お好きですか?(笑)

桜田門とこことをセットで行くもよし、
旧紀伊藩邸~桜田門の井伊直弼が当日たどった道を
実際に歩いてみるとかもよいですね。
映画は見てないので、他にも名所があるのかもしれませんが・・・

高いところダメだとこの階段はきついですね。
でも、登りなら、大丈夫かも。
途中で後ろ振り返っちゃだめですよ!(笑)

>馬って骨折すると死ぬってよく言いますが骨折すると死んでしまうのですか?
それとも骨折したら殺してしまうのですか?

これ、僕も分かりません^^;
でも、骨折で立てないぐらいになってしまったら、
寝たままでいなければならないわけだし、
ずっと寝たままだと生きられないような気がしますよね。

苦しんで死んでいくよりは、安楽死させようということなのかな
と思ってました。
人間みたいに、松葉杖やら車椅子があれば、
足を骨折しても、死ぬことはないのかもしれません。
どなたか、馬に詳しい方のコメントを待ちたいと思います。
by: dyne→らべんだ~さん * 2011/08/23 19:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

歴史散策って感じで楽しそうですね^^;
歴史が好きで大学は史学科だったので、こういう歴史的事件に縁の場所とか行くの好きです♪
京都の大学にいた時は、新撰組に縁の場所巡り友だちとしてましたねー、懐かしいなぁ(新撰組ファンです・笑)。
と言っても専攻は西洋史学だったんですけど(笑)。
でも、こういう場所で歴史に思いをはせるって楽しいですよね!
桜田門、1度見てみたいです^^;
しかし、階段凄いですねi-201
ホントに2時間サスペンスに出てきそうです(笑)。
でも、背後に人影がないかチェックしてから降りたって、想像してちょっと笑っちゃいました~笑
いやでも、ホントにちょっとポンと押されたらやばそうですしね(汗)。
by: エラニユース * 2011/08/24 19:48 * URL [ 編集] | page top↑
--エラニユースさんへ--

えーーー!?史学科でいらっしゃったんですか!?
意外でした!(笑)
・・・というのも、あまり歴史関係の記事を拝見した記憶がなかったので。
(過去に書いていらっしゃったらスミマセン)
でも、西洋史学科と聞いて、なんとなく西洋史にお詳しそうな
イメージはあったので、ひとりで勝手に納得しました^^;

歴史散策、楽しいですよね。
桜田門、是非一度見てみてください^^
そこから、国会議事堂や霞が関の官庁街もご覧になれますし、
2時間サスペンスでよく登場する警視庁も目の前です(笑)
あ、歴史とは関係ないですね(汗)

階段、ほんとに怖かったです。
怖くて、まっすぐは降りられず、なんとなく斜め向いて降りちゃうんですよ。
下から見たら、どう見ても、変な人ですよね(笑)
by: dyne→エラニユースさん * 2011/08/24 23:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。動物愛護を勉強しているものなので、この記事が目に留まりました。
馬の骨折の治療は、何千万という大金(手術だけではなく、手術後骨がつくまでの2ヶ月ほどのリハビリもつきっきりでやらなければならないらしい)がかかるため、骨折したら処分されることが多くなります。
野生の馬の骨折は死を意味します。命を大切に思う人であれば、このような不自然なことに馬を使うことは皆反対してます。
by: 雪凪 響 * 2011/09/05 07:25 * URL [ 編集] | page top↑
--雪凪 響さんへ--

はじめまして。
コメントいただき、ありがとうございました。

馬の骨折と死との関係、教えていただき、
ありがとうございます。
そういうことだったんですね!

生物の命の尊さとこんなアホな余興とを天秤にかければ、
こんなこと実際にやろうと思いつきすらしないと思うのですが、
実際はそうはいかないようですね。

雪凪さんのブログは、前に何度か、拝見したことがあります。
動物愛護のことだけでなく、ピアノのことも書かれてますよね。
また、お邪魔させていただきますね。
by: dyne→雪凪 響さん * 2011/09/05 19:31 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。