スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 全調スケール (1)
2011 / 04 / 15 ( Fri )
ハノン38番(除夜の鐘)に加えて、
最近は、39番の全調スケールも少しずつ、始めています。

今のところ、ハ長調、イ短調、ヘ長調、ニ短調まで。
ハ長調、イ短調は、少しずつ覚えてきましたが、

ヘ長調が難しい!!!
左手指くぐりの3と4をなぜか、間違えてしまうんです。
ハ長調と同じはずなのに・・・
むしろ、右手の方が変則なんだけど・・・
右手の変則性に左手がつられてしまうのでしょうか。

まあ、もっと難しいのがこの先たくさん出てくるだろうから、
こんなんで、めげてる場合じゃないですよね(汗)

それはそうと、長調と短調だと、やっぱり短調がいいですね!
和声的短音階、旋律的短音階と続けて、最後にカデンツ!
この短調の響きがなんともたまりませんね(笑)

最近は、曲なら、しっとり長調も好きですが、
スケールはやっぱり短調に限る!(笑)
短調が混ざってるから、この練習、頑張れます!

ところで、今日のレッスンでは・・・
38番と39番のハ長調で、
ビックリするほど、良くなってますよ~」
と、こっちがビックリするようなおほめの言葉をいただけました(笑)

「相当練習しましたか?」と聞かれましたが、
最近は、物理熱≫ピアノ熱で、あんまり身を入れて練習してないんですよね。
なにしろ、行列の対角化ぐらいしかやってませんから(笑)
結局、練習の効果が出るのは意外に遅い!?
って結論になりましたが、本当かな。

まあ、でも、往々にして、次のレッスンでは元に戻っていて、
ぬか喜びに終わってしまうケースも多いので、
この感覚をなるべく離さないようにしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 21 : 46 | 脱力への道 | コメント(0) | page top↑
<<♪ プレインベンション修了 | ホーム | ∫ エルミート行列のユニタリ変換による対角化>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。