スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
大地震①
2011 / 03 / 16 ( Wed )
まずは、大切な命を失ってしまわれた方々、
家を失って、避難所での生活を余儀なくされている方々、
いまだ、ライフラインが復旧せず、不便を強いられている方々、
心よりお見舞い申し上げます。

僕たちは、そのような方々に比べれば、被害はたいしたことありませんが、
地震直後からの停電・断水でここ数日間、右往左往する毎日が続き、
ようやく生活が安定してきましたので、
記録の意味で、淡々と状況を綴りたいと思います。
特に、防災の上で、いろいろ気づけたことも多いので、
それについても触れていきたいと思います。
(本日は、まだ職場のインフラが復旧せず、自宅待機しています)

つくばは、震度6弱でした。
地震の時は、僕は職場、piyoneは家におりました。
高い棚から本がバサバサ降ってくる状態で、
いまだ体験したことのない揺れで、身動きできませんでした。
(これよりすごい震度6強や7とは、想像できません)

揺れがいったん収まったところで、
非常用ヘルメットをかぶり、カバンを持って、建物外へ避難。
その後、建物内は怖いので、入れませんでした。

携帯は全くつながらないので、家のpiyoneが心配で、
いったん帰宅することに。
街は停電になっていて、信号機が消灯してましたが、
みんな、うまく譲り合いで、通行してました。
ただ、お互い譲り合いの精神を持っていても、
お互いの意思疎通ができないので、やはり危険ですね。

家に着くと、piyoneも無事で、目立った大きな損傷もなく、一安心。
家も停電してました。
再度、職場に戻ると、建物は既に閉鎖されていて、
交通機関がなく、帰宅できない同僚がいたので、
帰宅難民を受けいれる職場の宿泊施設に送り届けました。
その宿泊施設も停電でしたが、食糧・水の備蓄はあるようでした。

その後、信号に気をつけながら、家に帰宅。
懐中電灯で夜を過ごしました。
日頃から備えていないので、まともに動く懐中電灯は一つだけ。
でも、あるだけましですね。
手回し式で充電できるタイプで、ラジオも聴けるので、重宝しました。
事態が収束したら、懐中電灯はたくさん常備しておきたいと思いました。

この段階で、水は出ていたので、トイレはタンクの上のカバーを開けて、
手回しレバーを使って、流せる状態でした。
飲料水は、piyoneが常時、10本程度備蓄しており、
ちょうど新しい水に買い替えたところで、
古いペットボトルが10本程空いていました。

水が出るうちにと、piyoneがそのペットボトルに
水を蓄えておいたのが不幸中の幸い。
その夜から、水が出なくなりました。

お風呂には残り湯がたまっていたのですが、
満水にまでためていなかったことに大後悔。
水が出るうちに、お風呂に水をためておくべきでした。

断水で、一番困るのがトイレ。
うちは、災害時のことを考えて、タンクありのトイレにしたので、
タンクにお風呂の水をためて、流すことが出来ます。
当時最新の節水タイプで6リットルですむのですが、
その6リットルというのが洗面器3~4杯分で意外と食うんです。

節約しようと、少し減らしめに入れて流してみましたが、
全く流れてくれなくて、逆に無駄になります。
この分だと、あと10回もトイレに行けない状態。
トイレにいけないこと考えると、食べる気もしなくなってきます。

その夜は、電気も水もないので、
非常食のカンパンを少し食べて、寝ました。

長くなるので、続きは次の記事で。

ネットは、この記事の報告と必要な災害情報の取得に限定したいため、
コメントはオフにさせていただきます。
スポンサーサイト
14 : 21 : 10 | 東日本大震災 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。