スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ ワルツ7番 (9) 注意点
2011 / 02 / 23 ( Wed )
発表会で強制終了しましたが、
発表会前のレッスンでいただいた注意点で、
特になるほど~と思った有用なものを
忘れないうちに、まとめておきます。

まずは、冒頭の部分のとらえ方。

chopinvalse7-01.jpg

「たーんたーん、 たらったら~ん、 たらったら~ん」をひとまとまりにして
これを2回繰り返すイメージでとらえていたのですが、これはむしろ、

①たんたーんたーん (>)

②たらったら~ん、 たらったら~ん(<) たーんたーん(>)

③たらったら~ん、 たらったら~ん(<) たーんたーたらたらたら・・・

というまとまりで考えた方が音楽に流れが出る。

「たらったら~ん」でcresc.していって、
その勢いのまま、「たーんたーん」に入る。

これを意識するだけで、最初の部分が音楽っぽく聞こえるので不思議。

chopinvalse7-02.jpg

半音階で降りてきた直後の「たーんたーん」は、
半音階下降でdim.しているので、そのまま弱く奏する(mp)。
その次の「たーんたーん」は、「たらったら~ん」でcresc.していった後なので、
その勢いで、強く奏する(mf)。

そうやって、流れを作っていくんですね。。。
このあたり、目から鱗でした(自分では考えられないけど)



piu lentoの歌い上げるところ。

chopinvalse7-piulento03.jpg

この大きなフレージング記号の中は、すべて一息で弾くことを心掛ける。
つまり、この長大な赤い部分は一呼吸で弾かなければならないわけなので、
あまり途中でためすぎると、息が続かない。

・・・と言われましたが、
もちろん、呼吸困難になるからという意味ではなくて、
フレーズの途中に変に間延びした部分を作らず、
ひとまとまりとして緩急をつけよという意味だと思います(たぶん)



そして、piu mosso。

chopinvalse7-piumosso-01.jpg
chopinvalse7-piumosso-02.jpg

一回目は、個別にスラーがついていますが、
二回目は、全体にスラーがついています。

言われるまで、全然、気づいてませんでした!
いったい、楽譜のどこを見てたんだろう。。。(滝汗)

赤線のところ。
ファソシドミファと上がっていった後、初めと同じソラソファレソに戻るので、
暗譜上の記憶としては、この間で切って考えてしまうのですが、
実際にはフレーズでつながっているので、切ってはいけない!
(正直、ここ、すごく難しいんですけど・・・笑)

以上、心に残った注意点をまとめておきました。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 53 : 41 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(2) | page top↑
<<♪ ソナチネ9番 (1) | ホーム | ♪ スケール・カデンツ・調性解析>>
コメント
--研究熱心なんですね--

発表会が終わったら、普通は「次の曲~v-344」って思うのに、こんな風にじっくり曲と向き合っているなんて…。
研究熱心、いや、曲に対する愛情なのでしょうか。
これからも、この曲とはずっと付き合っていきそうですねv-266
1ランクも2ランクもアップしたバージョンをまたご披露ください。
by: goldfish * 2011/02/23 10:42 * URL [ 編集] | page top↑
--goldfishさんへ--

あ、いえいえ、研究熱心ってわけじゃないですよ^^;
ただ単に、発表会前にいただいた注意点で
有用だなあと思ったものを忘れてしまうのは
もったいないので、記録しただけで、
特に今、この曲の楽譜を眺める瞬間は皆無です(汗)

忘れないように、たまに弾いてはいますので、
少しでもランクアップできるといいのですが・・・
by: dyne→goldfishさん * 2011/02/23 19:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。