スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 発表会2010~前編
2011 / 02 / 08 ( Tue )
大変遅ればせながら、先月末のヤマハ発表会のご報告です!

今回は、午前の部だったせいもあってか、
少人数でお客さんもわりと少なめ。
おかげで、緊張感もあまり高まらずにすんだのですが、

さらに、先日のコメントでruvhanaさんに伝授いただいた
バドミントンの上腕ストレッチ半信半疑で試してみることに。
客席のわきで待つ形式なので、かなり恥ずかしかったのですが、
やってみると、すごく効果ありました!
(貴重なアドバイス、ありがとうございます^^)

肉体的なほぐれを精神的なほぐれと錯覚する効果なのでしょうか。
いわゆる告白の吊り橋理論のようなものですかね(笑)

出演時間に合わせて聴きに来る予定だったpiyoneがなかなか現れないので、
ほんとに間に合うのかな?と心配していて、
緊張する暇がなかったというのもありました(笑)
ちなみに5年前、記念すべき初発表会の時は辛うじて間に合わなくて
僕の演奏をドアの外で聴いたというエピソードもあったので、
またかと思いましたが、今回は一曲前に無事到着できたようです^^

というわけで、前置きが長くなりましたが、いよいよ本番。

本番は、初めの音が分からなくなるということもなく、
いつもよりは緊張が少ない状態で最後まで演奏し終えることが出来ました。

もちろん、練習会の時に比べると、かなり緊張しましたが、
派手に止まってしまうということはなくて、わりと気持ちよく弾けました。
ただ、指が全然まともに動いてくれませんでしたが。。。

終わった後、先生からは、
「よかったですよ~」とのお言葉をいただけました
このような一言をいただけたのは、初発表会以来です^^;

しかし、その直後・・・

「ただし、指は全然動いてませんね!
訓練しなきゃダメです!」


という追加事項もしっかりいただきましたから、ご安心を!(笑)

録音を聴いてみると、ほんとに指が動いてません!
アップするのは、非常に恥ずかしいのですが、
一応、記録的意義でいつものように、ピアノルームにアップしておきます。
(お気が向きました方だけどうぞ。十分、ご覚悟の上、お聴きくださいね!)

今回、ショパンのワルツを練習してみて、
やはりこういう曲を弾くには、ちゃんと指が動かないと無理だなあ
と、つくづく感じました。
当初から、スケール120で弾けないと無理と言われた理由が
今となっては、実感として、非常によくわかります。
付け焼刃の「除夜の鐘作戦」で頑張ってはみましたが、
間に合いませんでしたので、今後も指の訓練を続けていこうと思います。

先生、ご指導ありがとうございました。
今回、ご家族で聴きにいらして下さったまるおさんご一家、
ブログコメントなどで応援下さった方にも心より感謝いたします。

さて、後編に続きます。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 11 : 33 | ピアノ発表会 | コメント(0) | page top↑
<<♪ 発表会2010~後編 | ホーム | Realize練習会☆2011/02>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。