スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 緊張の源泉
2011 / 01 / 17 ( Mon )
発表会って、どうしてあんなに緊張するんでしょう?

練習会で緊張練習をと思うのですが、実際のところ、
最近は、練習会ではほとんど緊張しなくなってしまいました。

メンバーと打ち解けてしまってるからだろうかと考えてみると、
実際、tsukupia☆の第一回目では、ほとんど初対面の方ばかりだったうえに、
発表タイムはトップバッターだったにもかかわらず、
緊張はそれほどではありませんでした。
(もちろん、緊張がなかったとは言いませんが)

それじゃ、もう緊張が克服できたのでは?と言うと、さにあらず!
3か月前のふれあい発表会では、初めの音がどこか分からなくなる
というぐらいの恐ろしい緊張感に襲われました!

いったい、練習会と発表会での、この違いは何なんだろう?

スポットライト?
ステージの存在?
司会の紹介コメント?

いろいろありえますが、よくよく考えてみると、
練習会は、あくまで練習の途中経過という位置づけなのに対して、
発表会は、今までやってきた練習の集大成なので、
今までの練習成果を発揮して、「うまく弾かなければ!」と思ってしまうので、
そのプレッシャーで緊張してしまうのではないかと。


練習会では、周りみんなうまい人たちばかりだし、
頑張ってかっこつけてみたところでうまく弾けないしという
よい意味での開き直りがある気がします(僕の場合は)

そう考えると、発表会でなくても、
ピアノを弾かない知人の前で演奏するような時の方が、
逆に緊張する気がします。
ピアノやってるって話だけど、この程度なの?って思われないかなとか思って、
(ピアノやってたら、みんなCDの演奏みたいに弾けると思われたら困ります・・・笑)
うまく弾かなければと思ってしまいますよね。
(かえって、緊張してしまって、うまく弾けないんですけどね)

発表会でもよい開き直りをした方がいいのかな・・・
と思う今日この頃です。
早くも上昇をあきらめて、軟着陸をめざすような
こんな態度ではだめでしょうか・・・(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 26 : 29 | ピアノ雑感 | コメント(2) | page top↑
<<♪ 脱力以外に必要なもの | ホーム | ♪ シューベルトのヒミツの曲 (1)>>
コメント
--確かに…--

発表会では、一番上手に弾きたいと思ってしまいます(^^ゞ

トリプルアクセルの確率が、100%でなくても飛んでみる~みたいな…

やはり、発表会前にこれだけ練習したから大丈夫…っと思える位に練習するしかないのでしょうか!?

私の知り合いは、「私はできる!!」っと暗示かけるそうですが…

これ、日頃からマイナス思考な私みたいなタイプには向かないようです(^^ゞ

舞台上での深呼吸は(余分に力が抜けるのか)少し効果あったですよ♪

頑張ってください♪
by: anis * 2011/01/18 00:08 * URL [ 編集] | page top↑
--anisさんへ--

失敗覚悟でトリプルアクセルに挑むか、
ダブルアクセルで手堅く行くかですよね。
いつも前者で力が入りすぎて、緊張につながってる気がするので、
少し落ち着いて、できないことに欲を出さないように
した方がいいのかなとも思ってしまいます。

自己暗示・・・効くのかもしれませんが、
今想像しただけで、その気合いで緊張してきました(笑)
深呼吸は落ち着かせる意味でよさそうですね。
試してみようと思います。
by: dyne→anisさん * 2011/01/19 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。