スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ ワルツ7番 (5)
2011 / 01 / 04 ( Tue )
今月末に発表会を控えたワルツ7番の進捗。
(年末にいただいた注意点を中心に)

全体的に、ワルツのリズムの左手、2拍目、3拍目が
大きすぎるそうなので、もっと弱める。
年末年始で修正したつもりですが、まだまだかな。

ペダルは、piu mossoでは、3拍目を上げるようにしていますが、
初めのところでは、普通の伸ばすペダリングで。

「たらっ、たら~ん」のところは相変わらず、難航中。
chopinvalse7-difficult01.jpg

もっとさらっとした感じで弾きたいのに、
気合いが入ってしまって、全体的に音量が大きすぎ。
やたらと目立ってしまってます^^;

さらに、短前打音は添え物のはずなのに、そっちの方が目立ってたりします。
後ろの音の方を少し伸ばすぐらいの気持ちで弾いてはみてるのですが、
なかなか難しいです。

ペダリングは、「たらっ」と「たら~ん」の間で休符を生かすために、
一度離してますが、次の「たらっ」のところでもう一度踏み替えるのを
忘れてしまうので、注意。
一応、年末年始で修正したつもりですが、直ってるかどうか分かりません。

piu mossoのところ(速い部分)は、スケール練習がほんとに効きますね!
「スケールを120で弾けないとだめ」と言われた意味がよくわかりました。
別にこの部分を120で弾こうというわけではないですが、
4,5指を速く動かす時の安定性がものすごく効いてきます。
朝一番に弾くのと、スケール練習をしてから弾くのでも、だいぶ安定性が違ってきますね。

つかむように弾くようにと言われて、意識したらだいぶ弾きやすくなりました。
6つの音を一つの和音みたいに考えて、全体をつかむ感じで手の位置を決めて、
その状態から、パラパラと弾くというイメージで勝手に理解しているのですが、
合ってるかどうか分かりません^^;

2回目は、ppと書かれているので、1回目より弱く弾きたいところなのですが、
弱く弾こうとすると、とたんに安定しなくなりますね。
弱音で速く弾くと言うのは本当に難しいです。
といっても、まだまだ全然速く弾けてないんですけどね。
今は無理に速く弾くより、確実に弾ける速度で弾こうと思っています。

あとは、1回目だけ休符とか2回目だけ休符になっているような箇所が
いまだに、どうしても間違えてしまいますね。
本番でも間違ってしまいそうな気が・・・
「きちんと弾く」路線が全然、実践できてませんね(汗)

piu lentoのところ(ゆっくりの部分)の暗譜も一応、出来ましたが、
まだ完全でなくて、たまに間違えてしまいます。
しっかり覚えこませないと。。。
このページだけの楽譜を用意するというのもなんだか恥ずかしいですしね。

とりあえず、年末から録音をピアノルームにアップしてました。
年末のは、piu mossoのところで何度何度もつっかえすぎですが、
今は、もう少しましにはなってると思います・・・^^;

録音は、わりと気合が必要なので、
また、そのうち、ましなのが録音できたら、差し替えるつもりです。
録音は、緊張練習にも効果的なので、ふれあい発表会の二の轍を踏まないように、
もっとやった方ががいいかもしれませんね(笑)

追記(1/5)
再録しました!(たいして変わり映えしないですが・・・)
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 36 : 14 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(6) | page top↑
<<容疑者Xの献身 | ホーム | ♪ 発表会打ち上げ>>
コメント
--遅くなりましたが…--

明けましておめでとうございます。
練習、発表会、打ち上げ…と、
とても充実したピアノライフを送っていらっしゃいますね。
私は今日やっと新年初ピアノです。
しかも触った程度で…お恥ずかしい^^;
ワルツ7番は私も弾いてみたい曲ですが、
「たらっ、たら~ん」が難しくて避けてきたんです…
演奏も聴かせていただきましたが、
ここまで仕上げられているとは、地道な練習の賜物ですね。
本番も頑張ってください!
by: フウ * 2011/01/05 22:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは。今年もよろしくお願い致します。

録音、聴かせていただきました。今の時点でこれだけ弾ければ、本番が期待できるんではないでしょうか。

例の装飾音のところは確かに難しいですが、あそこを完璧に弾こうとするより、ワルツの「強弱弱」のリズムと、ワルツらしいペダリングを心がけ、全体としての流れというか、波を感じて弾かれれば、より素敵な演奏になると思います。

右手に注意が行きがちですが、左手とペダルに気をつけてみてください。きっとより完成度が高まるはずです。
by: NaGISA * 2011/01/05 22:45 * URL [ 編集] | page top↑
--フウさんへ--

あけましておめでとうございます。

気づいてみれば、ピアノ生活、充実してますよね。。。
今はピアノ熱が最高潮なので、こんな感じですが、
これが下がっている時は、一週間出張などで触れなくても、
全然、禁断症状が出なかったりするんですよ(笑)

拙い演奏も聴いてくださって、ありがとうございます。
piu mossoの速い部分は難しいんだろうなあと想像してたのですが、
「たらっ・たら~ん」の部分がこんなに難関だとは聴いていただけのときには
思いもよりませんでした(汗)

本番まであと少し、頑張ります!
フウさんもリストイヤー頑張ってくださいね!
今年もよろしくお願いします。
by: dyne→フウさん * 2011/01/07 19:26 * URL [ 編集] | page top↑
--NaGISAさんへ--

あけましておめでとうございます。

拙い演奏をいつも聴いてくださって、ありがとうございます。
今日、今年の初レッスンでしたが、ワルツの強弱のリズムについて、
言われました。
もう少しワルツらしく大胆に行った方がいいかもしれませんね。
左手とペダルに注意・・・心に留めておきます。

>今の時点でこれだけ弾ければ

ですが、僕の場合、「今の時点」から伸びが少ないと思われるので、
どうなることやらですね^^;

今年もよろしくお願いします。
by: dyne→NaGISAさん * 2011/01/07 19:31 * URL [ 編集] | page top↑
--お気に入りを…--

今月末が発表会なんですねぇ。

頑張ってください♪

ピアノルーム聴かせて頂きました…

dyneさまらしい、きちんと感が出ていました♪

そして、なんとなく、ああしたいんだろうなぁ…っというのも文字と音でわかったような気がしました…

もし、弾きすぎて煮詰まってきた時は、何処かでお気に入りの映像なんかを探してみてはどうでしょう?

それを真似て弾いてみる…
と、大げさに手首を使ったり、指をあげたり…

そこまで大げさにやらなきても、なんとなくやる意味というか、やると音がどう変わるとか、分かるかも知れないですね…(^^ゞ

発表会は楽しんでください♪
by: anis * 2011/01/11 02:20 * URL [ 編集] | page top↑
--anisさんへ--

お聴きいただき、ありがとうございます!

きちんと感、出てましたか。
きちんと弾こうとばかり練習していたので、
恐る恐る弾いている感もあって、
ワルツっぽさがあまりないですよね(汗)
かと言って、ワルツっぽくと思い切って弾こうとすると、
今度は「きちんと」が完全に崩壊してしまうし、
あちらを立てればこちらが立たずですね^^;

お気に入りの映像ですね。
プロの音源はいつも参考に聴いているのですが、
映像だと、手の動きなども分かっていいですね。
先日、初レッスンで先生に一部弾いていただいて、
なんとなく雰囲気分かりました。
いろいろ有意義なアドバイスありがとうございます^^
by: dyne→anisさん * 2011/01/11 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。