スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ ワルツ7番 (1)
2010 / 11 / 10 ( Wed )
3ヶ月後の発表会の曲が決まりました!
期限ギリギリまで悩みました。

K545の第一楽章も、基礎をしっかりと身につけられそうな気がして、
直前まで惹かれたのですが、

ショパンのワルツ7番に決定!

ショパンの作品を勉強してみたいという欲求が勝りました。
以前、プレリュードをやったことはありますが、短い作品だったので、
あまり、ショパンの世界を体感したって程ではなかったんですね。
今回は、みっちり6ページもあり、十分堪能できそうです(笑)

3ヶ月しかないので、ツェルニーなどの他の練習は中断。
今度こそ、ハノンスケールを120までスピードアップしないと絶対無理!
と言われてしまいました(汗)
両手揃わないのはあきらめても、
とにかく転ばないように速く弾く練習をするようにとのこと。

さっそく、譜読みも進めていますが、
ショパンって、譜読み大変ですね!
今まで、譜読みの楽な作品が多かったせいか、ガツンとやられています。

暗譜も大変そう。。。
同じような繰り返しなのに、2度目には音が追加されてたり、
音があったところが休符になってたり・・・

気まぐれと言うかなんというか・・・
これがショパンの世界なんですね。

かといって、暗譜しないと、こんなの絶対に弾けるわけないので、
とりあえず、今月中に暗譜モードを目指して、頑張ります!

この冒頭の部分。
chopinvalse7-difficult01.jpg
chopinvalse7-difficult02.jpg
(パデレフスキ版)

タラッ・タラ~ンのところ、意外とというと変ですが、
聴いてた感じより、全然難しいんですけど・・・

この前打音が曲者!
リズムも難しいし、何度弾いても、
CDで聴いている感じと全然別物になってしまいます。
指番号もこんなのでは、絶対弾けないから、変えてます。

弾けるようになる気が全然しないですが(笑)
とにかく、練習するしかないですね。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 50 : 56 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(6) | page top↑
<<♪ ワルツ7番 (2) | ホーム | ♪ なぜ、「変」な長調が多いのか?>>
コメント
--ワルツ7番--

こんにちは。発表会でショパンのワルツ7番を弾かれるのですね。私も2年前に弾きました。

最初は譜読みが取っ付きにくいですが、3ページ目まで読んでしまえば、全部終わったも同然ですので、そういう意味では「まだこんなにある」的な圧迫感は少ないと思いますよ。綺麗な曲ですので、譜読みが進めば曲がだんだん形になる楽しみを味わえる曲です。

私が思うコツですが、「しっかり歌う」「でも歌う事に気をとられると、酔っぱらいのような演奏になるので、『しっかり数えて弾く』事」でしょうか。例の「たらっ・たらーん」のところなども、3拍子を半分に分けて「123456、123456」と数えながら弾くと良いです(これはワルシャワ音楽院のヤブウォンスキ教授に習った方法です)。

レッスン記録、楽しみにしています。
by: NaGISA * 2010/11/11 18:14 * URL [ 編集] | page top↑
--NaGISAさんへ--

そうでしたか。
ヤヴォンスキ教授には、この曲のご指導を受けられたんですね。

とりあえず、今、2ページまではほぼ譜読みできたので、
(ほんとに読んだだけで、スラスラ弾けるわけではありませんが)
あと1ページ(piu lentoのところ)だけですね。
それを聞いて、気持ちが楽になりました。

僕は拍感がありませんので、酔っ払いになるのは確実そうです(汗)
拍をきちんとおさえてからのほうがよさそうですね。
13456・・・やってみようと思います。
アドバイス、ありがとうございました。
by: dyne→NaGISAさん * 2010/11/11 20:20 * URL [ 編集] | page top↑
--すみません--

今思い出しました。

ヤブウォンスキ教授は、1小節を6つではなく「12」に分けてました。つまり1拍が4つですね。

そうすると例の「たらっ・たらーん」のところは、「1」「2」が八分休符、「3」「4」が最初の八分音符、「5」が前打音、「6」が次の八分音符(前打音と合わせて八分なので、本当なら前打音は1/12よりも短いのですが、最初はこれで慣れると良いです)、「7」が十六部休符、「8」が十六分音符、「9」「10」「11」「12」が最後の四分音符。

これを、左手でこんこん叩いてリズムを取りながら最初はかなりゆっくりめから練習すると、じきに慣れて来ますよ(私の時は、ヤブ教授がピアノを鉛筆で叩いていた(笑))。原始的な方法ですが、お試しを。
by: NaGISA * 2010/11/11 20:56 * URL [ 編集] | page top↑
--決まりましたね!--

おおっ、ワルツの7番i-189i-189
前にコメントで書いたとおり、この曲好きです~i-176
哀愁を帯びたメロディが素敵ですよね^^;
難しいとは思いますが、ひたすら練習あるのみ!ですよね♪
頑張って下さい!(^^)!動画待ってます~。
次はぜひテンペストを(笑)!
しかし、3ヶ月でこの曲やるってすごいですi-201
by: エラニユース * 2010/11/11 22:14 * URL [ 編集] | page top↑
--NaGISAさんへ--

前のコメントを拝見した時、16分音符があるので、
ひょっとしたら12分割かなと思っていました。
これだと完璧にタイミングを理解できますね。

ややこしすぎて、一度、表にしてから、それを見ながら
練習した方がよさそうです(笑)
by: dyne→NaGISAさん * 2010/11/12 20:43 * URL [ 編集] | page top↑
--エラニユースさんへ--

エラニユースさんのおすすめどおり、ワルツ7に決まりました!

僕はワルツ全般が、それほど好みではないのですが、
この曲はワルツの中では、わりと哀愁が漂っていて、いいですね。

動画は、恥ずかしいのと撮影環境がないので、
たぶんアップできないと思いますが、
録音はいつもどおり、ピアノルームの方にいずれアップすると思います。
(特に発表会音源は、毎回アップしてます・・・)
そのときは、覚悟の上、お聴きいただければ嬉しいです^^

ベトは、やはり入門編からやりたいなあという思いもあり、
やるなら、op.49-1からになりそうです。
(心変わりするかもしれませんが・・・)
by: dyne→エラニユースさん * 2010/11/12 20:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。