スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ ふれあい発表会2010
2010 / 11 / 07 ( Sun )
大変遅くなりましたが、先週末のふれあい発表会のご報告です!
今回は、tsukupia☆のまるおさんとともに出場。

まずは御礼を。
tsukupia☆のくにえさんが仕事の後、応援に駆けつけて下さいました!
さらに、今回は、piyoneの他にも、piyoneの両親も聴きに来てくれ、
先生からは、応援のメールをいただきました。
また、ブログコメントやメールなどでも、応援をいただきました。
ありがとうございました!

さて、いよいよ、本番。
直前まで、あまり緊張しませんでした。
2年前の前回発表会以来、練習会経験がどっと増えたからかも。
これは、いい兆しかななんて、期待していたのですが・・・

舞台に上がって、おじぎをして、拍手をされた後、
リハで確認していた通り、椅子の高さを合わせ、
椅子に座った瞬間、
初めに弾く音の位置が完全に飛んでしまいました

両手ともにミ♭ということは分かっているのですが、
どの高さのミ♭だったかが全く思い出せません!

頭がパニックでもはや思考停止状態なので、とりあえず、
二択で高い方を弾いてみることに。弾いた瞬間・・・
高っ!
次のまるおさんが弾く予定のエオリアンハープの最初の音のような高いミ♭が・・・(笑)
低い方が正解でした。クイズ番組ならここで退場です(笑)

練習ではそんなこと経験したことなかったですし、
冷静に考えれば分かることなのですが、もう頭がパニックになっていると、
何も考えられなくなってしまいますね。

とにかく、鍵盤が左右に無限の海のように続いていて、
どこが中央ドかすら分からないのが印象的でした(笑)

子供さんが一オクターブ高い状態でずっと弾き続けてしまう
という話をよく聞きますが、
まさか、自分がやってしまうとは、驚きですね。
本番って、何が起きるか分かりません。
これからは、中央ドの確認方法(YAMAHAの文字とか)と
中央ドに対する初めの手の位置を直前におさらいしておこうと思います。

(いや、笑いごとではなくて・・・)

とりあえず、苦笑して、弾き直し。
もうちょっと派手に間違えたら、うけたのかもしれませんが、
ウケを狙う精神的余裕はさすがにありませんでしたね。

さて、演奏の方ですが、主部は比較的練習成果が発揮できた気がします。
今回、直前まで曲の表情をつけるという意味で、
fとpの差をつけることを重点的に練習してきました。

「深いフォルテ」なんて、難しいことはできないので、
とにかく満身の力を込めて、鍵盤の奥まで入れるように打鍵する練習をしていました。
中間部の強弱は、いまだ難しいので、主部のffやffzの和音だけでもなんとかしようと。
あくまでも当社比ですが、その部分は本番も練習通りにうまくいった気がします。

さて、中間部。
無難にではなく、思い切って弾こうと心に決めていました。
と、いきなり、長調で上がっていくところで、
途中一足お先に短調に転調してしまうという失態を!

ファがファ♭になるだけで、音型が似ているので、練習でもよく間違えるんですよ。
どこの音が違うかもよく知っているので、一小節程度弾き直して、なんとか修正

その後、短調になって、グッと盛り上がっていって、
さらに転調して、ffアルペジオで降りてくるところ。
予想通り、崩壊しました!

ミスタッチを繰り返しながら、命からがら下山まではできたのですが、
盛り上がりが収束するところの印象的な左トリル。
ここが一番好きなところなのですが、
崩壊して、台無し!
ここは練習でもそんなに失敗してなかったんですけどね(上手ではありませんが)

ここからは、ショックのあまりしばらく、記憶がありません(笑)
覚えているのは、主部に戻って、気を取り直していこうと思ったこと。
とりあえず、終わりよければ・・・ってやつですね(爆)
そのせいか、録音を聴いてみると、一回目の主部よりもよかった気がします。
(うまく弾けたわけではなく、あくまでも当社比です)

あらためて、録音を聴いてみると、中間部はほんとに焦っていて、
全部、フレーズの最後がいい加減になったまま、あわてて次へ行ってる感じですね。
次回こそは、もう少し余裕を持って、優雅に弾いてみたいものです。。。

僕の演奏が終わると、次は、まるおさんのエオリアンハープの演奏でした。
まるおさんは、子供の時から何度も発表会に参加されているので、
技術もありますし、さすが舞台慣れしているというか、安定した優雅な演奏でしたね。
傷だらけの演奏の後のお口直しって感じでした(笑)



ところで、今回の発表会、実は演奏の場という以外にも、
僕にとっては、とても有意義でした。
いつも参加しているのは大人だけの楽しい雰囲気の発表会ですが、
今回は、いろいろなピアノ教室で日夜練習に励んでいる子供さんがほとんど。

演奏レベルの高さにビックリしました。
打鍵のコントロールが完璧で、さらに表現もすばらしい演奏に圧倒されました。

さらに、子供の演奏はミスして弾き直すことはあっても、
弾き直せばちゃんと弾けてますし、
基本的に、ごまかして弾くというのを前提にしていませんね。
楽譜に書かれている通りに、きちんと演奏するのが基本です。
当然のことなのでしょうけど、身につまされました(笑)

次回こそは、そんな風にきちんと弾きたいと思うのですが、
結局、無理めな選曲をしてしまうので、そうもいかないんですよね(苦笑)

というわけで、大失敗はしましたが、参加してよかったと思える有意義な発表会でした。
応援を下さった方々、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

19 : 32 : 15 | ピアノ発表会 | コメント(14) | page top↑
<<♪ なぜ、「変」な長調が多いのか? | ホーム | ♪ ひとりぼっちのリハ>>
コメント
--お疲れ様でした--

人前演奏は、一番のエネルギーになりますね。
いつもベストの演奏ができるとは限らないのは
私も同様ですが、日頃の練習を続ける意欲は
何かと考えてみるに、「次こそは」という思い
だったりする気もします。楽しみながらきつい
練習を続けられるのは、そういう経験があるから
じゃないかと私は思いますし。

発表会、お疲れ様でした。
by: NaGISA * 2010/11/07 21:35 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした^^;--

発表会、お疲れ様でした^^;
ちょっと残念な結果だったようですが、
良い経験になったようで良かったですね。
本当に、人前でいつもどおり演奏するのって難しいですよね(-"-)
私もいつも痛感してますi-201
次の発表会ではいつも通りの演奏が出来ると良いですね!
またtsukupiaの方もあったりするのでしょうし、お互い頑張りましょう(^^♪
by: エラニユース * 2010/11/07 22:04 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れさまでした!--

おぉー。臨場感あふれる記事。ドキドキしながら拝見させていただきました。
少し残念な結果だったご様子ですが、人前で演奏する難しさって別物なので、その中でよい部分も発揮できたというのはとてもよい経験になったと思うし、失敗したこともまたひとつの経験になったのではないかと思います!

ちょっとお休みしたら、また前に向かってスタートしてくださいね!

・・・といいつつ・・・私もあと一ヶ月なんですよね・・・緊張してきたぁ・・・。
by: yu-ki * 2010/11/08 06:50 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/08 16:32 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/08 16:34 * [ 編集] | page top↑
--NaGISAさんへ--

人前演奏の機会があるということは、
本当にモティベーションにつながりますよね。

聴いてもらえるということで、できれば少しでも魅力のある演奏をしたいと
思うことによって、練習に意欲がわきます。

練習の原動力になりますね。
次回こそは・・・と思って、がんばろうと思います。
by: dyne→NaGISAさん * 2010/11/08 19:40 * URL [ 編集] | page top↑
--エラニユースさんへ--

エラニユースさんには、いつもコメントで応援していただいて、
とても励みになりました。

残念な結果でしたが、でも自己満足できた部分もあって、
どちらかといえば、満足感の方が残っています。

次回は、もっと余裕を持った演奏をしたいものですね。
いつもどおりの演奏・・・というのは、恐らく何度経験しても、
無理な気はしますが(笑)

エラニユースさんも来年に向けて、選曲が決まりましたね。
僕も選曲、決まりましたので、お互い頑張りましょう!
by: dyne→エラニユースさん * 2010/11/08 19:44 * URL [ 編集] | page top↑
--yu-kiさんへ--

いつも、発表会はドキドキさせる記事になってますよね。。。
(我ながら、進歩がないなあ・・・笑)

今回は、失敗もかなりありましたが、よい部分を発揮できたところもありましたので、
一勝一敗という感じの満足感が残っています。
厳密には、一勝100敗ぐらいだとは思いますが・・・(汗)

yu-kiさんも、まもなく本番なんですね!
頑張ってください!応援しています^^

僕も一休みしたら・・・と言いたいところですが、
3ヵ月後の発表会に無理気味の新曲を持ってきてしまったので、
さっそく格闘しているところです(トホホ)
by: dyne→yu-kiさん * 2010/11/08 19:50 * URL [ 編集] | page top↑
--ruvhanaさんへ--

公開コメにするおつもりでいらっしゃったということでしたので、
公開でお返事させていただきますね!

> お疲れ様でした!
> Op.142-2の舞台デビュー、おめでとうございました
> シューベルト先生の晩年のこの名作を舞台で弾き切ったというのは、本当に素晴らしいことだと思います。

> 特に中間部は微妙な音の違いで暗譜しづらくもありますが、dyneさんは音を外した後も冷静に弾きなおされたのは凄い!日頃から丁寧に練習をされていた賜物ですね

> どうかこれからも、大切に弾き続けてくださいね。いつか生演奏を聴かせて頂くのを楽しみにしています


今回は、念願のシューベルト・デビューできて、嬉しい限りです。
シューベルトの即興曲といい、遺作ソナタといい、
晩年の作品はほんとに重みのあるすばらしいものばかりですね!
僕ごときがペラペラの軽薄な演奏をしてていいものか
という気がしなくはないですが・・・(汗)

この曲は、今後も弾き続けて、またいつか舞台で
演奏できる機会があったら弾きたいと思っています。

今回は、発表会に臨んで、つくづく丁寧に練習できて
いなかったなあと感じています。
次回は、もっと、丁寧に積み上げていきたいものです。
と言いつつ、時間がないので、無理っぽいのですが・・・(汗)

ruvhanaさんの生演奏もいつか聴かせて下さい。
シューベルト即興曲全曲コンサートなど、いかがですか?
by: dyne→ruvhanaさん * 2010/11/08 20:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

dyneさん、お疲れ様でした。

発表会って、緊張していないかも~と思っていても、いざ舞台に行って弾いてみると、いろいろハプニングが起こってパニックになること、私もよくあります。
なので、dyneさんの記事、すご~~く共感しながら読んでました^^

発表会でミスしても崩れることなく乗り越える子供の演奏を聴くと「立派だなぁ」と感心してしまいますよね。
私はミスがミスをよび、大崩壊!!ってことが多いので^^
その点dyneさんはうまく立て直スことができたので、素晴らしいと思いました。

dyneさんのピアノ、また聴かせていただくのを楽しみにしてますね~~♪
by: EKKO * 2010/11/09 09:39 * URL [ 編集] | page top↑
--EKKOさんへ--

EKKOさんも、そういうことありますか~?
本番って、何が起きるか分かりませんね。
共感していただけて、恥さらしな記事を書いた甲斐がありました(笑)

確かに、子供はミスがミスを呼んで、崩壊に至る
という現象があまり見られない気がします。
ミスの連鎖を防ぐメカニズムを知りたいところです(笑)
by: dyne→EKKOさん * 2010/11/09 19:01 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/09 19:51 * [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした--

発表会、お疲れ様でした♪
大人になると、どうしてあんなに緊張してしまうんでしょう…?

子供の頃が緊張してなかった訳じゃないんですが、大人の緊張は半端ないです…

バイオリンの場合は立って弾く為、ピアノよりも酷くて「緊張して足がガクガクする」を体験しました(^_^;)

もう、次の発表会の曲なんですねぇ…早い…

何を選ばれたんでしょ~(^_^;)
by: anis * 2010/11/10 11:39 * URL [ 編集] | page top↑
--anisさんへ--

子供の頃から楽器をされている方でも、
大人になってからの方が緊張してしまうんですね。
バイオリンの場合は、立って弾く分、さらに大変とは知りませんでした。

僕の教室の発表会では、バイオリンの演奏もあるのですが、
緊張による手の震えで音にビブラートがかかってしまう方もいらっしゃって、
弦にすべて伝わってしまう分、ピアノ以上に大変ですよね。

次の発表会の選曲、もう決まってますので、
近いうちに記事にしますね^^
by: dyne→anisさん * 2010/11/10 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。