スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
登城
2010 / 10 / 19 ( Tue )
以前、こちらの記事でご紹介したお隣の常総市(旧石下町)にある豊田城。

toyotacastle02.jpg

平成4年に建てられた新しい城なのですが、
決して、怪しい建物ではなく、「地域交流センター」という公共施設です。

先日の三連休は・・・
3日連続で登城しました!

というのも、中に図書室があるんです。
piyoneは今、ある勉強をしていて、毎日、図書館通いしています。
僕の仕事も、勉強が不可欠な類のものなので、
三連休は、連日登城して、一緒に勉強してました(笑)

ただ、図書室へ行くだけなのに、このたたずまいを見てしまうと、
なんだか妙に、身が引き締まるんですよね!

ド~~ンド~ンドンドンドン・・・と太鼓の音が聞こえてきそうです。
かみしもで着て、裾を手で引っ張り上げながら、
直角に曲がって、入って行った方がいいでしょうか?(笑)
筆と墨で勉強した方がいいですかね?(爆)
昔、筆で理系の博士論文を書いた強者がいたという噂がありましたが・・・

それはさておき、さすが城だけあって、小さなスペースにも関わらず、
歴史関係の書物が充実していて、僕にとっては、かなりの誘惑です。

茨城県の郷土史料がずらりと並んでるし・・・
源氏物語や平家物語などの原典版も揃ってるし・・・
今年分の「歴史読本」は全巻置いてあるし・・・
極めつけは、源氏と平家の全系図!(マニアックすぎ!)

思わず、誘惑に負けて、目の前にあったジェームス三木の
「葵徳川三代」の本をしばらく読んでしまいました・・・
城で読むと雰囲気出ますよね。

それにしても、この図書館、本を借りに来る人が全くいません。
一日勉強していても、借りに来る人は一人か二人程度(笑)
そのせいか、上下巻の本は必ず上下とも揃っていて、
シリーズものも必ず、第一巻から揃っています。

天主からは、全方向が一望できるようになっています。
見渡す限りの田園風景!向こうに筑波山が見えます。

toyotacastleview01.jpg

でも、この天主は、有料の資料館に入らないと行けないのが残念!
(この写真は、無料開放日に撮影しました)
勉強の息抜きに、この眺めを一望できるといいんですけどね。
この天主だけでも常時、無料解放してくれるといいな。

階下に無料のくつろぎスペースがあるんですが、
「この人を見たら110番」みたいな張り紙が多数貼ってあって、
あまりくつろげません(汗)

最後に、勉強を終えて、帰る時に撮影した夜の城です。

toyotacastlenight01.jpg
スポンサーサイト
00 : 08 : 40 | 日常 | コメント(2) | page top↑
<<♪ シューベルト即興曲 op.142-2 (3) | ホーム | 格言>>
コメント
----

あれ図書館だったんですか。
つくば中央はいつも本がないので
すいてるほうがいいですね。
by: asa * 2010/10/19 23:37 * URL [ 編集] | page top↑
--asaさんへ--

図書館というより、資料館とホールがメインですね。
いろいろ、郷土史料などが展示してあります。

図書館は図書室と言った方がいいぐらい狭いです。
(常総市の図書館はたぶん別にあるんだと思います)
つくば中央とは比べ物にならないぐらい狭いので、
あんまり期待できないですよ。

常総市民でないと、本は借りれないのですが、
勉強スペースとしては、なかなか落ち着いていて、
おすすめです。
by: dyne→asaさん * 2010/10/20 00:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。