スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ スケールの高速化
2010 / 10 / 02 ( Sat )
以前の記事にも書きましたが、ハノン38番スケールの高速化を練習中!

ハノン38番とは、
①ドレミファソラシド、レミファソラシドレ、ミファソラシドレミ・・・とユニゾンで上行
②ドシラソファミレド、シラソファミレドシ、ラソファミレドシラ・・・とユニゾンで下行
③右が①で左が②のパターン
④右が②で左が①のパターン
の4種類から構成される練習メニュー。

最低でも、四分音符=120(スケール1個あたり1秒計算)で弾けないと、
実践では役に立たないそうなので、この速度を目指して練習しています。
もちろん、脱力タッチで弾かないと無理なので、
脱力を獲得する練習の一環として。

いろいろ、日頃から脱力についての屁理屈はこねてますが、
(屁理屈は好きなので、これからもこねますが・・・)
やはり、感覚として理解できないと、身につかないんですよね。

先生もここへ至るまで、色々言葉を尽くして説明して下さってますが、
やはり言葉での説明では、限界があるようです(笑)

というわけで、この練習で実践的に身につけたいなと。
自分なりに気をつけている点は、決して、力づくで弾かないということ。
楽に弾きつつ、ちゃんと音が揃って、鍵盤に重みが伝わるためには、
どうやって弾いたらいいだろう?
と試行錯誤しながら、高速化を図るようにしています。

この厳しい束縛条件をクリアするように弾ければ、
自然と脱力タッチに最適化されているのではないかという作戦!


あらぬ方向に行ってしまうのではないかというリスクは、
レッスンで定期的にタッチをチェックしてもらうことで回避します(笑)

上記の「作戦」は、僕の勝手な一存ですが、
一応、先生から言われているメニューとしては、
①と②はリズム変奏(付点8分+16分)、
③と④はリズム変奏(16分+付点8分)にした状態で、
1回目は右がスタッカート、左がレガート、2回目はその逆でやります。
次に、リズム変奏なしのゆっくりレガート、最後に、高速レガート。

ゆっくりレガートはなるべく脱力を意識しながら弾いてます。
高速レガートは、崩壊寸前の速さで。

そして、問題の効果ですが・・・
この練習、2か月ぐらい続けていて、
気のせいか、少しずつ、崩壊寸前の速度が上がってきている気がするんです!

以前は、90の速度だと、完全崩壊状態だったのに、
今では、普通に崩壊しているぐらいになりました!
・・・って、それじゃ全然、比較になってませんよね(笑)
80ぐらいまで落とすと、以前よりはだいぶましに
弾けるようになってきてる気がします。

まだまだ全然レベルが低く、目標の120には程遠いレベルですが、
地道に続けていこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 04 : 33 | 脱力への道 | コメント(6) | page top↑
<<♪ ふれあい発表会プログラム | ホーム | バドミントン始動>>
コメント
--なつかしいです^^--

ハノン・・・なつかしいです・・・

バッハより嫌いじゃなかったです・・・なんか練習してる気分になるからですかねぇ?・・・

私は、速さよりも当たり前なんですが、「粒」を揃えるように言われていたので、リズムを変えて練習する事が多かったように思えます・・(記憶が何分遠いので・・・^^;)

バッハが好きになってきたし・・・何となくピアノの先生はどうしているのかなぁ?・・・っと思っていたら、
今日似てるなぁ~っという人を見かけました。

あれから、相当な月日が経っているので、先生もあれ位の年齢になっていてもおかしくは無いかなぁ?・・っとも思いましたが、お食事されていましたし、何となく声をかけるのもためらってしまいました・・

いつかは、ピアノにもきちんと向き合いたいなぁ~っと思ってしまいました^^
by: anis * 2010/10/02 23:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

練習、頑張ってらっしゃいますね^^;
しかし、改めてハノン38番見てみましたが、これを120で…i-202
いや、90でも凄いと思うのですが、それじゃダメなんですよねi-201
脱力がきちんと出来たら、もっと指が楽に回るようになって弾けるんでしょうか~(汗)
今の先生はハノンであまり早さのことは言わないのですが(早く弾けるに越したことはないが、それより粒を揃えてと言います)、今日ブレハッチのコンサートに行って指の回り具合と音に本当に驚いて帰ってきたので、私も脱力のことも含めて早く弾く練習もしてみようと思います。
by: エラニユース * 2010/10/03 19:43 * URL [ 編集] | page top↑
--弾ける速度で--

 dyneさん こんばんは。

 dyneさんは 練習熱心ですね(^-^)//””ぱちぱち
 私は 難しい箇所ほど早く弾こうとしてしまいますf^_^;
dyneさんのように 確実に弾ける速度で練習して その速度を上げていくようにしなければなりませんね(*^―゚)bグッ!
その点に気をつけます。
 それから、繰り返すということが 非常に大切なんでしょうね(^_^)

 ではまた♪
by: コウ * 2010/10/03 22:43 * URL [ 編集] | page top↑
--anisさんへ--

もちろん、「粒をそろえて」が大前提での話ですよ。
その上でやはり速く弾けるようになることも、
実際には必要ですよね。
やっぱり速い曲も弾きたいですし。。。

バッハは子供にとっては、辛いでしょうね。
大人にとっても辛いですが、
子供にとっては曲のよさも分からないでしょうから、
苦行でしかないんだろうなあと想像しています。

anisさんもピアノ再開されるのかなと
ちょっと心待ちにしております^^
でも、バイオリンの方でお忙しそうですね。
by: dyne→anisさん * 2010/10/04 19:26 * URL [ 編集] | page top↑
--エラニユースさんへ--

120って、かなり厳しいですよね!
粒を揃えて、この速さでってなると、やはり真の脱力マスターに
ならないとこれは無理そうです(笑)

どうやったら、できるだけ最小限の力で無駄なくしっかり
打鍵できるかな(特に4,5の指)と考えながらやると結構、
有意義だなあと感じています。
是非、おためしあれです^^

ブレハッチさんと比較してしまうと、どうしても辛いですよね(笑)
by: dyne→エラニユースさん * 2010/10/04 19:30 * URL [ 編集] | page top↑
--コウさんへ--

いや、ブログ読むと練習熱心に見えてしまいますが、
実は毎日やってるわけじゃないんですよ・・・汗

難しい箇所を速く弾けるなんてすごいじゃないですか。
僕は、難しい箇所だけ超スローになります^^;

繰り返すということはきっと大事なんでしょうね。
僕にとっても耳が痛いですが・・・(笑)
by: dyne→コウさん * 2010/10/04 19:46 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。