スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ ペダリング
2010 / 07 / 01 ( Thu )
いつも、何も考えずにガンガン踏んでます(笑)
でも、本当は響きを考えて、踏む量を調整しないといけないんですよね。
(今頃、こんなこと言ってて大丈夫か?と言われそうですが・・・)

打鍵については、最近は、できるだけ音色のことも意識しながら、
練習をするようにしています。
(できるできないは、さておき・・・)

ところが、ペダルはというと、常にべた踏み(笑)
今まで、あんまり意識してませんでした^^;
全部、モワ~ンとした感じになってしまうんですよね。

古典派よりの曲のような響かせない方がいい曲の場合は、
ちゃんと加減して、レガートのために必要最小限に踏むように
しないといけないんでしょうね。

それから、最近思うに、ポピュラーでもペダルを踏み過ぎない方が
きりっとした感じが出ていいのかなと思ったり。。。

これからは、なるべく意識して練習しようと思います。
そんな余裕ないので、口だけの可能性ありですが・・・(汗)


そして、弱音ペダル。
今まで、先生に言われたら使うという感じでしたが、
いろいろな箇所に自分で考えて使ってみた方がいいのでしょうか。

使い始めると、あちこちで使いたくなるし、
どこまで使ってよいか、どういうところに使うべきか
自分で判断するのが難しいですよね。。。

皆さん、どういうところに使っているのでしょうか?
使えるものは、何でも使う派です(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 13 : 00 | ピアノ雑感 | コメント(4) | page top↑
<<♪ 揺れる想い | ホーム | 植栽・ガーデニング紹介(2) あじさい②>>
コメント
--ペダル--

ペダルは苦手です。
先生にもつい最近、指摘されました。
ペダルの踏み位置(足との接点?)があまり良くないみたいで…

弱音ペダルはほとんど使ったことがありませ
ん。
不器用なので、弱音外す時に、つられてダンパーの足まで上げてしまったり(つまりは両足浮いてる状態…汗)
使わないですむなら、なるべく使わないでいたいと思ってしまう私です。
by: ポーちゃん * 2010/07/01 17:55 * URL [ 編集] | page top↑
--びっくりです!--

本当に偶然に同じような記事で驚きです(@_@;)
最近の私の悩みもペダルi-202苦手です~i-202
ベタ踏みしかしてこなかったのですが、
それではやはりダメなようで先生の指導が入るようになりました(笑)。
浅く踏む、難しいですよねi-201
苦手を克服するのは大変ですが、
お互い頑張りましよう(*^^)v
弱音ペダルはまだ使ったことがないのですが、
これも使い方難しそうですねi-201
by: エラニユース * 2010/07/01 18:34 * URL [ 編集] | page top↑
--ポーちゃんへ--

ペダルの踏み位置、僕もよくないんですよ。
つま先で踏まないといけないのに、
つい疲れるので、真ん中あたりでべた踏み
してしまう癖がついちゃって・・・(笑)
そのせいで、ペダルがちゃんと離れていないことがあるみたいです。

弱音ペダルは、コソ練では我流で使いまくってます^^;
僕の場合は、弱音踏むと、うっかり離し忘れてしまうんですよ。
発表会の時も、離すべきところの何小節も後まで
踏み続けていて、途中で慌てて離しました(笑)
下手すると、曲の終わりまでずっと踏み続けて、
なんとも薄っぺらな曲になりそうです(爆)
by: dyne→ポーちゃん * 2010/07/01 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
--エラニユースさんへ--

本当に同じような記事でビックリしました!
みんな、悩みは同じなのかなとちょっと安心もしましたが・・・^^

浅く踏むというのも難しいですし、
必要最小限に、ある箇所だけピンポイントで踏むとか
変則的なのは、もっと難しいです。
踏むなら踏む、踏まないなら踏まないという
オンオフのデジタル脳なのかも(笑)

弱音ペダルは、どれだけpのつもりで打鍵しても、
fになってしまう僕には非常にありがたい機能です(笑)
by: dyne→エラニユースさん * 2010/07/01 21:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。