スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 音空間の認識
2010 / 04 / 11 ( Sun )
前回の記事で書いた「音空間の認識」について。
もう少し掘り下げてみようかなと思います。

前回の記事では、
地図でたとえて言えば、
上の「鍵盤感覚」はここから何キロ先に行くとかいう相対的距離感で、
この「絶対位置の認識」は自分が今、どこの住所にいるかという絶対的感覚。


と書いたのですが、思っていることをもう少し正確に表現すると、
「鍵盤感覚」の方は、物理上の位置。
「音空間の認識」の方は、論理上の位置。

鍵盤感覚は、実際に鍵盤上で何センチぐらい離れているかという
物理的な距離感であるのに対して、
音空間の認識の方は、音階上で何度離れているかとか、
調の主音に対して第何音になっているかという論理上の認識。

おそらく、上級者の方はこの2つが感覚的に結びついていて、
この音とこの音は何度離れていて、この調の属音になっているといったような
それぞれの音の論理上の位置がぱっと頭の中で展開できて、
さらに、鍵盤の物理的な距離感が密接に結びついているため、
スムーズに演奏できるのではないかと思います。
あくまでも、素人の想像ですけど・・・^^;

鍵盤感覚の方は、ひたすらツェルニーなどでの練習あるのみだと思うのですが、
音空間の認識は、和声理論の勉強が大いに意味があるのかなと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 49 : 56 | 視奏への道 | コメント(0) | page top↑
<<お花見 | ホーム | 語尾のer>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。