スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ ツェルニー30-3
2010 / 03 / 23 ( Tue )
ツェルニー30番に入ってから、初めての報告記事。
30-1、30-2は合格して、30-3に入ってます!

ツェルニー20番の頃は、一曲半年以上かかってましたので、
予想外によいペースですね。

というのも、30-1、30-2は、
ツェルニー20番の最後の方に比べると、だいぶ弾きやすく感じました。
技術的難易度というよりは、単に相性かもしれませんが。
特に、30-2は、すごく聴き心地がよくて、好きです。

ところが、今始めたばかりの30-3。
ご存知の方は多いでしょうが、
何これ?と叫んでしまうような、ヘンテコな曲!
少し弾いてみて、これは難航しそうな予感。

というのも、非和声音から和声音への解決をテーマにした曲で、
あちこち、非和声音だらけ!
↓の楽譜の解説にあるとおり、こんな感じです。
czerny30-3-kaisetsu01.jpg

毎度、跳躍が意表を突いてくれるので、ほんとに弾きにくいです。。。
自分で弾いていても、全く、曲に聞こえません(笑

とりあえず、コードを鳴らして、曲の雰囲気を感じようと、
適当にコードを分析してみました。
とにかく理論が分かってないので、メチャクチャですけど^^;

czerny30-3-01.jpg

う~ん、こんなに頻繁にコードを変えちゃだめですかね?
もっと大枠で同じコードをあてはめていった方がいいのかな。
dim(ディミニッシュ)コードなんて、クラシックでは使わないだろうか。。。

とりあえず、メチャクチャですが、
ベース音を低音オクターブで鳴らしてから弾いてみると、
少しは音楽の感じがつかめたような気も。
レッスンでハーモニーを感じた演奏が出来ていないときに、
先生がやって下さる方法です。

この後は、もっと大雑把ですが・・・
czerny30-3-02.jpg

解説によると、リピート2のところから、ト長調に転調しているようです。
赤丸のファ#が転調を知らせる音ですよね、きっと。
でも、後に出てくるファ(青丸部分)には全然#がついてないんですが、
いいんでしょうか???

やっぱり、ちゃんと理解していませんね。
きちんと、勉強しないとダメですね。
そんなわけで、全然練習も進んでなかったりします(汗
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 44 : 06 | ピアノ練習記(ツェルニー) | コメント(8) | page top↑
<<♪ 純正律と平均律 (7) 周波数比と美しい響きについての考察 (4) | ホーム | ♪ コードの色>>
コメント
--細かくアナリーゼされていますね!--

3番はおふざけな感じの雰囲気もしつつ、後半にちょっとした感動ポイントもあって、結構好きな曲です。

9小節のFisは、G durではなくてGとGに挟まれた刺繍音と解釈し、10小節はG:I ではなくC:V と見なすと、11小節のFにナチュラルが付いていないことの説明がつく(つまり転調は起きてなくてC durのまま進行している)と思いますがどうでしょうか?
by: 2合 * 2010/03/24 09:01 * URL [ 編集] | page top↑
--2合さんへ--

後半の感動ポイントは、ちょっといいですよね。
でもあまり好きになれないのは、やっぱり弾きにくいから(笑
弾きにくくないと練習にならないのは承知していますが。

2合さんのご説明、なるほどです。
fに#がつかなくて、CとGばかり出てくると、
やっぱり、C durだと思いたくなりますよね。
ところが、解説には、リピート2のところで
「属調(ト長調)が成立している」と書かれています。

そこで、よくよく考えてみると、
まず、fisを経由して、G:Iに移行した段階では、
どうしても、G durに転調したと感じてしまいますよね。
そして、11小節目のfで再度、C durに転調して
いるのかなという気もしてきました。
で、その後はずっとC durというのはどうでしょうか?

まあ、よく分かりませんが。。。
音楽の道もまだまだ2合目どころか1合目にも
至っていないことを思い知らされます^^;
by: dyne→2合さん * 2010/03/24 13:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

早速のレスを有難うございます!

すみません、私は大事なことを見逃していました。
これは8小節の4拍目がD7で、ここでG durに入っていますね。
よって9小節のFisは、C durのなかでのGの刺繍音ではなく、G durの導音でした。
もちろんdyneさんの仰る、11小節でC durに戻っているという解釈のとおりですね。
by: 2合 * 2010/03/24 17:55 * URL [ 編集] | page top↑
--2合さんへ--

なるほど、言われてみれば、D7・・・意味あるんですね。
結局、G durに入ったもののすぐやめちゃったのか、
G durに入るフリして、思わせぶりな態度をとっただけなのか・・・

転調するなら、しばらくその調でがんばってくれ!
まったく煮え切らない奴だ!

などと言ったら失礼ですよね、ツェル先生に^^;
こういう微妙な行ったり来たりが音楽の妙ですからね。

この短い部分を別の調と判断するかどうかも
いろいろ解釈が分かれるのかもしれませんね。
アドバイス、ありがとうございました。
by: dyne→2合さん * 2010/03/24 19:19 * URL [ 編集] | page top↑
--転調--

  dyneさん こんばんは。

 Ⅴの和音(ハ長調ならG)を出すために、その和音の第一音(ソ)を主音とした調(この場合ト長調)のV7の和音(ト長調ならD7)を手前に置くのはよくあります。このときのD7をドッペルドミナントと言います。 ドッペル=ダブルですから、ⅤのまたⅤ7という意味ですね。
まあ ほんの一時的に転調していると言ったところですか。

 Gdimで合ってますよ! さすが、dyneさんv-424
これについては、私の講座で説明しようと思っているのですが だいぶ先になりそうなので、説明させていただきますねv-356 
 ハ長調のⅡの和音はDmで、Ⅱ→Ⅴ(=G)という進行もよくあります。DmがⅠの和音となるニ短調のⅤの和音はA(ラド♯ミ)で 7th(=ソ)と♭9th(=シ♭)を足すと ラ ド♯ ミ ソ シ♭という和音ができ、
第1音のラを省略すると ド♯ ミ ソ シ♭という和音ができます。 順番をソから始まるようにすると ソ シ♭ ド♯ ミで 何とGdimなんですね。すなわち、Gdim→Ⅱ(=Dm)→Ⅴ(=G)で Ⅱに行かずにGdimからいきなりⅤ(=G)へ行ったと見られます。以上はハ長調で書きましたが G→Gdim→G→ の部分はト長調のような感じもし そうしてもAはト長調のⅤの和音Dを主和音とするニ長調のⅤの和音ですから 同じです。

 後日私のブログで、もし、記事に例を出すために必要となった時には 画像を貸していただけませんか?

 ではまた♪ 

by: コウ * 2010/03/27 21:11 * URL [ 編集] | page top↑
--コウさんへ--

丁寧な解説をありがとうございます!
でも、難しすぎて、ついていけません!^^;

「ドッペル・ドミナント」は聞いたことがあります。
ドミナントのドミナントってことですよね。

今まで、Ⅱと同じことなのかと思ってましたが、
ⅡはDmで短和音ですし、そのドッペル・ドミナントは長和音のDなので、
ちがうものなんですね。
頭が混乱してきました・・・ちゃんと理解していないんです。
dimの方も適当にあてはめてみただけで、
原理は分かってません・・・
というわけで、コウさんの和音講座で勉強させて
いただこうと思います^^

画像は、必要であれば、どうぞ使ってくださいね。
(こんな画像でよければ・・・)
by: dyne→コウさん * 2010/03/28 16:09 * URL [ 編集] | page top↑
--わかりにくくて、すみませんm(_ _)m--

 dyneさん こんばんは。

 上の議論でもあったように ファとファ♯の違いが問題なんでしょうね。
 ハ長調の音階は、ドレミファソラシドなので、 (あいまいな表現ですが)一つおきの3つの音を重ねると Ⅰの和音=ドミソ、Ⅱの和音=レファラ(=Dm) となります。ハ長調では 音階にファ♯が無いので 一時的な転調をしなければ 絶対 D(=レファ♯ラ)が出てくるはずがないのです。
 対して、ト長調の音階は、ソラシドレミファ♯ソなので、Ⅴの和音=レファ♯ラ(=D)となります。ト長調では 音階にファが無いので 一時的な転調をしなければ 絶対 Dm(=レファラ)が出てくるはずがないのです。

 dimの方も、和音講座でまた説明させていただきますねv-218

 ではまた♪
by: コウ * 2010/03/28 18:36 * URL [ 編集] | page top↑
--コウさんへ--

噛み砕いた分かりやすい説明をありがとうございます!
やはり、一時的に転調していると考えるんですね。

ちゃんと理解していないので、コウさんの講座で勉強させて
いただきたいと思います。
ピアノ仲間とお話ししていても、コード理論は
知りたいと思っている方、他にもたくさんいらっしゃいますね。
とても、楽しみにしています!(芸能ネタや歴史ネタの方も)
by: dyne→コウさん * 2010/03/28 23:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。