スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
普天間基地移設問題
2010 / 03 / 03 ( Wed )
もう、今さら書くまでもないことですが・・・
もはや、「迷走」としか言いようがない状態ですね。

僕としては、この問題の解決方法よりも、
今、政権を担当されている方々の頭の中に、
「論理」と呼ばれる概念が存在するのかどうか

の方に興味があります(笑

物事には必ず、それが存在する目的(存在意義)というものがあります。
在日米軍の存在意義ってなんでしょう?
どう考えても、国防でしょう!

にもかかわらず、国防の観点からの議論が皆無。
議論されるのは、民主党と社民党、国民新党の間の政局話ばかり。
最も重要な国防を議論しなくて、何の意味があるのでしょうか?

かの鳩山首相に至っては、昨年までは国防の側面をすっかり忘れていたようで、
今年に入って、ようやく思い出したように、「抑止力」とおっしゃってました。
それまで、抑止力以外に何の存在意義を見出していたのか、
お聞きしたいぐらいです。

もともと、存在意義がないと思っているのなら、話は分かります。
小沢一郎もかつて、「第七艦隊だけで十分」と発言していたそうですし。

しかし、お隣で、猛烈に軍備拡張を進めていて、
近い将来、確実に東アジアで覇権を握るといわれている中国がいて、
日本海にミサイルを撃ち込んでくる不気味な独裁国家の北朝鮮もいる状況で、
抑止力が不要なわけありません。
(誤解してほしくないのですが、中国人が嫌いなわけではありません。
周りにも親しい中国人の方がいます。中国政府が完全な民主主義国家でないことが怖いのです)


もちろん、アメリカに頼らず、自分の国は自分で守るという
自主独立路線はすばらしいし、そうあるべきだとは思いますが、
そのためには、憲法を改正し、軍事費をかけて軍備増強が必須なので、
すぐにできる話ではありません。
それに、軍備増強は、県外・国外移設を唱えている当の左翼の方々が
最も忌み嫌っていることです。

だからこそ、現状では、日米安保体制でやるのが最善の策で、
地政学的に最も適した沖縄に基地があるわけです。

とはいえ、沖縄にばかりずっと負担をかけるのは不平等という論理は、もっともです。
現政権は、沖縄県民の負担を軽減すると言ってきたわけですから、
沖縄に近いところで、国防の観点からもある程度妥協できる場所で
県外移設できる場所を死ぬ気で探すしかないでしょう。


それがどうして、「ゼロベースで」なんでしょう?
県外といいながら、辺野古の選択肢を残しているあたりが全く理解不能。
岡田外相に至っては、「移設しない(普天間維持)」可能性にも言及する始末。
(あの危険な状態を放置する気ですか!?)

そして、最近は、辺野古陸上部が本命になってきてますね。
「県外」と言っていたのは、どこへ吹き飛んでしまったのでしょうか?

一月に行われた名護市長選では、反対派の市長が選ばれたり、
沖縄県議会でも反対の意見書が全会一致で可決されたり、
沖縄の民意ははっきりと「反対」を示しています。

これだけ民意をあおっておいて、
その名護市にある辺野古陸上部に決めようとは、
あまりにも沖縄県民の感情をもてあそんでいます。

もはやここまで来ると、この政権は、
いったい何がやりたいのか、さっぱり分かりません!

「論理」というものが完全に欠如しています。

勝間和代さんが、知識の詰め込みではなく、論理的思考能力を磨く教育を
するべきだと提案されていて、そのとおりだなと思っていましたが、
まずは、政治家に「論理的思考」を教育する必要があるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
01 : 08 : 37 | 政治・経済 | コメント(0) | page top↑
<<ひなまつり2010 | ホーム | 屋外コンセント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。