スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
外国人参政権法案
2010 / 01 / 21 ( Thu )
おかしな政治。
一つ目は、外国人参政権法案の話。
日本国籍を持っていない永住外国人にも地方自治体の選挙権を与えましょう!
という危険な法案。
今の国会で成立する可能性が出てきました。

おかしなことに・・・
ネットでは大騒ぎしているというのに、
テレビのニュースでは、全くといっていいほど報道されてないんです。
国民の間であんまり議論させないで、
こっそり通してしまおうという意図があるようです。

この法案は、ある意味危険な法案です。
もし認められてしまうと、
外国人の組織票に左右されて、
日本の政治が日本国民ではなく、
外国人の利益に誘導されてしまう可能性があります。

たとえ、地方参政権だけといっても、
民主党は地域主権を推進していて、
国から地方へ権限を委譲していこうとしているから、かなり危険です。

もし今後、特定の地域に大量の外国人が移民してきたら・・・
極端な場合、その地域は完全にその国の属州のようになってしまいます。

もちろん、外国人にも自由権などの基本的人権は与えられるべきですし、
納税者には、行政サービスも当然与えられるべきだと思います。

でも、参政権だけは別!
政治は自国民の利益のためになされなければならないと思います。
それは、国家が国家として生きていくための最低限の国家防衛です。
憲法にもはっきりと参政権が「国民固有の権利」だと書かれているのは、
そういうメッセージだと思います。

もし現状が外国人差別だというならば、
国籍の原則は堅持して、むしろ、
帰化(国籍取得)の条件を緩和するのが妥当ではないでしょうか。

おかしなことはたくさんあります。

まず、民主党がなぜ、この法案を成立させたいかというと、
在日韓国人の団体(民団)に対して、
選挙に協力してくれたら、お礼に参政権をあげる
と約束していたからだそうです。
選挙のためなら、国益をも犠牲にするというのは、信じがたい話ですね。

それから、
これは、憲法の「国民主権」の解釈にもかかわる重要な問題ですから、
国論を二分して、国民みんなで議論してしかるべき問題のはず。
ところが、民主党はマニフェストにわざと載せてなかったんです。
載せたら、選挙で負けると思ったからでしょう。
ということは、この法案は民意を得ているとは言いがたいんです。

さらに言えば、この法案は小沢氏が強行に推進しようとしているのですが、
実は、民主党内にも反対派や慎重派がたくさんいるんです。
でも、党員たちは、かの独裁者には逆らえないので、だんまりなんですね。

小沢氏は議員立法ではなく、政府立法で提出することを要望していて、
党議拘束をかけて、反対でも賛成するようにと言っています。

さらに、国会内で憲法解釈について発言する役回りの内閣法制局長官の答弁が
なぜか、今回から禁止されました。

ここまで読んでいただければ、お分かりでしょうか。
民主主義とは程遠い政治が行われつつあります。

この問題は、本来、全国民一人一人がその危険性も考慮したうえで
よく考えて、議論して決めるべき問題のはずです。
スポンサーサイト
20 : 23 : 44 | 政治・経済 | コメント(2) | page top↑
<<景気対策 | ホーム | 日本滅亡への道?>>
コメント
----

「薄」学な私がコメントする無礼をお許しください。

> 外国人の組織票に左右されて、
> 日本の政治が日本国民ではなく、
> 外国人の利益に誘導されてしまう可能性があります。

> もし今後、特定の地域に大量の外国人が移民してきたら・・・
> 極端な場合、その地域は完全にその国の属州のようになってしまいます。

そこですそこです!!
なんで外国人参政権について慎重に議論すべきなのかというコアな部分について、マスメディアではあまり触れないですよね。
自発的に「なにかおかしい」と気付ける国民はともかく、私自身を含め、気付けない国民に対しての気付くチャンスが与えられないというか消されているように思えます。

えっと、マスメディアってもともと民主主義を監視する役目を担ってるはずだったのに、今や、民意の操作ですか・・・。


バブル崩壊後の寒い時代というのが日本にはあったはずですが、そこで膿が出し切れなかったツケが今、更に回ってきたのか、根本的に変わらなければならない転換期にあるのだと思います。
by: にこちゃんだいおう * 2010/01/21 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
--にこちゃんだいおうさんへ--

コメントありがとうございます。
(秘密コメントも読ませていただきましたよ^^)

この問題が報道されない背景には、パチンコ業界がスポンサーになっていることが示唆されてますよね。
NHKは国営放送で国には逆らえないし、民放は残念ながら、スポンサーの影響が絶大です。

マスコミが今や民意操作の道具になっているというのは、残念ながら真実でしょうね。
特に、政権交代後の100日間はハネムーン期間と呼ばれ、強い批判はしない約束になっているそうで、ニュースのあまりの政権擁護報道に驚きました。
あれを見ていた国民は、完全に操作されても仕方がないと思います。
ここまで情報が歪曲されれば、真の民主主義が実現できるとは到底思えません。

今の世の中はネットがあるのがせめてもの救いですが、
ネット人口は全有権者数に比べて、それほど多くはないんですよね。
by: dyne→にこちゃんだいおうさん * 2010/01/24 00:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。