スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
エリーゼのために(2)
2006 / 04 / 09 ( Sun )
「エリーゼのために」は、右手で和音が進行していく部分が
とても好きです。

ところが、持っている音源がアルフレッド・ブレンデルイエルク・デームスという人(知りません)の
2つだけで、どちらも和音の部分がとても抑制された弾き方になっているんです。
もちろんとてもきれいな演奏なのですが、
どうもイメージがしっくりと来てなかったので、
どこかによい音源はないかなと思っていたところ、

ひょっとしたら、ピティナのピアノ曲事典にあるんじゃないか?

ということで、探してみたら、ありました!

ピティナ ピアノ曲事典
バガテル「エリーゼのために」イ短調 / Bagatelle 'Fur Elise' WoO.59 (園田高弘演奏)
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/beethoven/001158.html

ピティナだし、園田高弘氏演奏だし、
間違いなく、日本のピアノ教育の伝統的奏法では?と思って、聴いてみたら、
先生がレッスンで模範演奏して下さったイメージとぴったり!
そして、
僕の好きなイメージにもぴったり!

というわけで、もっぱらこれを聴いて、このイメージで練習しています。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 11 : 27 | ピアノ練習記(ベートーヴェン) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<エリーゼのために(3) | ホーム | バイエル106番(3)>>
コメント
--なるほど参考になりました♪--

私も聴いてみました。さすが、綺麗な演奏で聴いていて気持ちよかったです。
弾き方やペダルを放すタイミングも、私と違ってスッキリした感じですね。
好きなイメージが見つかってよかったですね!私もがんばります♪
by: ゴーヤとスイカ * 2006/04/09 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
--ゴーヤとスイカさんへ--

ゴーヤとスイカさん、こんにちは。
さっそく、聴いていただきましたか?
園田氏の演奏は、僕の好きなイメージにぴったりでした。
実は、今までエリーゼはそれほど好きな曲ではなかったのですが、これを聴いて好きになりました。
楽譜を良く見ていろいろ考えて聴くと、面白いですね。
by: dyne→ゴーヤとスイカさん * 2006/04/09 02:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://letsmillcreek.blog52.fc2.com/tb.php/43-4c22247d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。