スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 太田胃散(3)
2008 / 11 / 23 ( Sun )
引き続き、太田胃散の提供でお送りします。

prelude7_arpeggio.jpg

この和音は両手共に届かないので、アルペジオに。
左手5321、右手12345で取ってます。

先生「水面の上をピョンピョンと歩くように。。。」
僕がやると。。。
先生「それでは、水没しています。」

鍵盤感覚がつかめてないので、
最後の右手45が黒鍵の上にうまく着地してくれないんだな、これが
本番は、着地してくれることを祈ります(着水しないように。。。)

それにしても、このアルペジオ、
録音して聴いてみたら、ほんと聴くに堪えないんですよ。
本番、聴いて下さる方々、まことにスミマセン。

それから。。。

符点のリズムが出来ていない。

音楽の躍動感をもっと出して。円弧を描くように。

慌てすぎる。もっとゆったりと散歩するイメージで。

などなど、注意点はいろいろ。

それに、和音もバラバラなんですよね。
なんでこんなボロが出まくりの曲を選んでしまったんだろう?
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 54 : 24 | ピアノ練習記(ショパン) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<♪ 発表会直前練習 | ホーム | ♪ 太田胃散(2) 重音レガート>>
コメント
--はじめまして--

こんにちは。はじめまして。初めてコメントを書きます。
私も、今、太田胃散を練習中なのです。まだなんとか譜読みを終えたくらいですが、dyneさんが書かれている和音のところは私も指が届かず、アルペジオで練習していますが、なかなかうまくいきません。
先生の「水面の上をピョンピョンと歩くように」というご指摘には、なるほど~って思いました。
dyneさんの演奏をお聞きしました。とてもお上手です。私もがんばります!
by: tomocolline * 2008/12/14 22:56 * URL [ 編集] | page top↑
--tomocollineさんへ--

はじめまして。
ご訪問&コメント、ありがとうございます!
太田胃散を練習中でいらっしゃるんですね。

少し、ブログを拝見させていただきました。
長いピアノ歴をお持ちなのですね。
そんな方に上手などと言っていただけるような
演奏では決してないので、お恥ずかしいです。
アルペジオ、難しいですね。
僕も全然うまくいきません。
簡単そうに見えるけど、この曲難しいと思います。
すごく単純な曲なので、いかに変化をつけるかも
悩みどころですよね。
お互い、がんばりましょう!

ところで、ワルツ・フォー・デビー(ビル・エヴァンス)は僕も好きです。
また、お気が向きましたら、いらしてくださいね!
by: dyne→tomocollineさん * 2008/12/15 00:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://letsmillcreek.blog52.fc2.com/tb.php/378-0faa5714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。