スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ プレリュード4番(2) フレージング
2008 / 10 / 25 ( Sat )
昨日の拍の話。

今日練習していて、だいぶ言わんとしていることが
理解できてきた気がします。
この調子で練習して、次回レッスンに臨みます。

とはいっても、自分でこうだと思って工夫していくと、
たいていは裏目に出るので、あんまり期待できませんが・・・汗

そして、基本ができてないダメだしパート2は、フレージング

右手の旋律は、きちんとフレーズの終わりで抜いて、
フレーズの途中は必ず切らずにつなげる!

prelude4-1.jpg

たとえば、上の楽譜では、初めから2段目の最終小節まで、
ずっと切らずにひとつながりで。
最終小説のラの音は3拍めまできちんと伸ばして、
4泊目直前でスッとすくいあげるように抜いて、
次の音をしっかりと。

あるサイトに、ピアノ演奏で重要なのはテンポルバートとフレージング
書かれていて、すごく感銘を受けた覚えがあるのですが、
両方全くできてませんね

あと細かいところも注意事項、盛りだくさんです。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

14 : 44 : 18 | ピアノ練習記(ショパン) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<♪ プレリュード4番(3) | ホーム | ♪ プレリュード4番(1) 拍感>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://letsmillcreek.blog52.fc2.com/tb.php/366-f46b2009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。