スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 花の歌(2) 発表会直前
2007 / 11 / 27 ( Tue )
発表会まで残すところ一週間。。。まさに秒読み状態!
後半の詳細な注意点のアップもまだでしたが、
今日は、これまでの大まかな流れと現在の状況をご報告。

1ヶ月ほど前、先生いわく、「危機的状態」に。
いずれ脱力奮闘記で本格的に触れようと思いますが、
以前から、間違った脱力を目指してしまって、
指先に力が入ってなくて、打鍵が定まらず、打鍵が浅くなる癖に悩まされているのです。
その結果、本来出すべき音が抜けまくり、音には重みがないし、スカスカの状態に。

このままではまずい!ということで、
とにかく楽譜通りの音をきちんと出す、深く重みを乗せて打鍵する
ということに全神経を集中して練習。
なんとか、ある程度しっかりと打鍵できるようにはなりましたが(全部ではないですが)、
今度は、オールフォルテの棒引きになってしまい、
全然歌えていない状態に!

しっかりと打鍵しなきゃと思うと、
途端に腕から手まで全部がガチガチに固くなってしまうようです。
これじゃ歌うどころじゃないですよね。
我ながら、柔軟性ゼロ。。。orz
きちんと脱力しつつ、押さえるべき鍵盤はきちんと押さえる。。。
これが、難しいんですよね!

意外と難しいのが冒頭部。
blumenlied01.jpg

左オクターブと右の和音がきちんと鳴らないと、響きに重みが出ません。
特に、左オクターブの低音が抜けやすいようです。
この音はこの和音のベースになるので、絶対に抜けてはいけないようです。
ドのオクターブの後、シ♭がかなり飛ぶので、焦って鳴らそうとするから、鳴らないんですよね。
しっかり深く重みを乗せて打鍵して、ペダル踏み替え後も音が残るように。
ここが決まると、確かにとても深い音色になって気持ちがいいのですが。。。

後半、きちんと歌わせないといけないですね。
「盛り上げて、スッと落とす」のがロマン派の極意なんだそうで。
rallのところもかなり思い切って、ゆっくりにして、ためた方がいいそうです。
blumenlied05.jpg

というわけで、現状をピアノルームにアップしました。
こんなんで発表会大丈夫かなという出来なのですが、
残り一週間、ちょっとでもましになるよう精進致します。。。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 32 : 12 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<♪ 花の歌(3) 発表会2日前 | ホーム | 竣工引渡し>>
コメント
--キレイ♪--

しっかりと聴かせていただきましたよ♪
メインテーマがすごくキレイだな~と思いました。たっぷり感があって豪華です!
そして丁寧に音を弾かれているなぁと感心しきり!

伴奏のオクターブ、私もいつも言われます。
私の場合手がすごく小さいのでオクターブもやっとなんですよ。なので余計に低音が抜けることが多くて…。
メインだけじゃなくて、中間部もそうですね。

左にばかり気を取られていると右手が歌えない…。
いつも右手はもっとしっかりと出して!といわれつつ、しっかりだすと豪快なメロディになってしまって繊細さのカケラもない!

この曲、意外と難しいです…。

発表会、今週末なんですね!
がんばってくださーーーい!!!!
by: azumi * 2007/11/27 09:04 * URL [ 編集] | page top↑
--優しい音色ですね。。。--

ロマン派って、ほんと好きです。
聴いていると、呼吸が伝わってくるので共感しやすいのでしょうか?
dyneさんの大切に弾いている気持ちも伝わってくるし、一緒に緊張もしちゃったりしてi-235i-201
冒頭部の優しい音色も素敵ですが、中間部も心地よく切り替わっていて好きですi-228

ロマン派って、なんていうんでしょ。
「自由に呼吸してねi-189」って声が楽譜から聞こえてくるような・・・?
まぁ、そんな声が聞こえたところで私には弾ける訳もないのですがi-229
(それ以前に先生から「完全な自由はありえない」とご指摘を受けそう?i-201(笑))

本番を気持ちよく終えられる事、お祈り・・・いえ!応援していますi-199
by: なおりん * 2007/11/27 11:12 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは。--

早速拝聴させて頂きましたよ。
今もBGMとして聴かせて頂いています。

しっとりオトナの花の歌ですねv-254
ゴージャスな感じでとってもステキです。

この調子で頑張って下さいね~^^遠くから応援させてもらいます。

脱力、独立は私も今のレッスンで徹底的にしごかれてますーー;
by: Norako * 2007/11/27 19:41 * URL [ 編集] | page top↑
--azumiさんへ--

聴いていただき、ありがとうございます!
たっぷり感出てましたか?
そう言っていただけると嬉しいのですが、
左手オクターブがどうも苦手で、
うまく演奏できないことが多いです。
以前に、azumiさんの演奏を聴かせていただいて、
発表会の日程は同じ頃なのに、
既にとても完成度の高い演奏をされていて、
焦って僕も練習していた記憶があります^^;
左手に気をとられていると、右が歌えない・・・分かります。
左手の必死感が演奏にもろに出てしまうんですよね。
azumiさんも来月ですよね。
お互い頑張りましょう。
by: dyne→azumiさん * 2007/11/29 00:47 * URL [ 編集] | page top↑
--なおりんさんへ--

聴いていただき、ありがとうございます!
気持ちが伝わったなら、とても嬉しいですが、
オイオイ大丈夫か?という緊張感も
伝わってしまったのではないでしょうか(笑

ロマン派、大好きです!
思いっきりロマンチックな演奏をしてみたい!(いずれは^^)
まあ、いつも聴いてるのは古典派かバロックがほとんどなんですけどね。。。
やっぱり弾きたいのはロマン派です。
自然な呼吸が演奏に結びつくといいんでしょうけど、
僕の場合、呼吸停止しているので。。。爆
応援ありがとうございます!がんばります。
by: dyne→なおりんさん * 2007/11/29 00:54 * URL [ 編集] | page top↑
--Norakoさんへ--

聴いていただき、ありがとうございます!
BGMとしては、かなりキツイですね(汗
BGMとして癒されるような演奏をしてみたいものですが。。。
「オトナの花の歌」なんて、いいですね。
ただしさんの「大人のエリーゼ」みたい。

脱力は奥が深いし、永遠のテーマですよね。
また近々、奮闘記で奮闘ぶりを披露しようと思います。
by: dyne→Norakoさん * 2007/11/29 01:02 * URL [ 編集] | page top↑
--素敵ですね--

とっても素敵でしたよぉ。
1ヶ月前に、危機的状況だったとは思えませんでしたよぉ。
花の歌を聴いていて、私も頑張ろうって気合をもらいました。
発表会のたびに確実にステップアップされていて、スゴイなぁって尊敬!
私も数年後に花の歌が弾けるように練習頑張りたいです。
・・・実は私チェルニ-20は、止ったままです。ううっ。
by: チョコレート * 2007/11/30 09:57 * URL [ 編集] | page top↑
--チョコレートさんへ--

聴いていただいて、ありがとうございます!
1ヶ月前どころか、たぶん今も危機的状態は続いていると
思うのですが、もう直前なので、
先生も表現が少し控えめなようです(汗
ステップアップしているかどうか怪しいのですが、
今回はちょっと無理しすぎたので、
次の曲から少しレベルを落とすことになりました。
ツェルニー20番、僕も止まってますよ。
最近、ツェルニーが全く弾けなくなって、本当に困っています。
一緒にツェルニー克服、がんばりましょう!
by: dyne→チョコレートさん * 2007/12/01 02:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://letsmillcreek.blog52.fc2.com/tb.php/300-a8a2c9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。