スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
竣工検査
2007 / 10 / 20 ( Sat )
去年12月。
竣工検査の日がやってきました。
引渡し前の最終チェックです。
この段階で基本的に外観・内装ともにすべて完成しています。
(一部、どうしても間に合わない照明器具などは除いて)

しばらく雑事に追われて、あんまり真剣にチェックできてなかったので、
(そのわりには細かいことをチクチクと言ってたりはしてましたが。。。汗)
この日ばかりは、隅々までチェックしてやる!!!
と、気合120%で臨みました。

なにしろ、引渡し前の検品のようなものですからね。
当初、午後3時頃からと提案されていましたが、
そんなんじゃすぐに日が暮れてしまいそうだなと思ったので、
午前10時から開始にしてもらいました。
(気合十分!昼抜きで臨む覚悟!お集まりいただいた方々には申し訳ありませんが。。)

現地に着くと、なんともう全館空調を入れてくれていて、
中はぽかぽかと暖かいんです!
いつも寒い現場を想像していたので、それだけで感動!
快適なので、じっくりと長時間チェックできそうです。

竣工検査のチェックポイントについても、
いつもの水先案内人マニュアルが参考になりました。
水先マニュアルの中には、上半分が間取り図、下半分がメモ欄になっている
便利なチェック用シートが用意されていて、
それに気づいた点を記入していきます。

現場監督さんも独自に自分のメモに記録していって、
対応すべき事項として、最後に施主がサインをするのですが、
今回はこちらで作ったメモにも、監督さんにサインしていただきました。
もちろん快くサインしていただけました。

気づいた点は。。。
塗装のはがれ
その場でどんどん筆で部分塗装していきます。

床の傷・へこみ
初めはどんな小さいのでも気になりますね。
入居してからは、傷も味になるなぁと全然気にならなくなりましたが。。。(特に無垢は)
うちの場合、結構へこみが多かったみたいで、今回床の養生をベニヤではなく、
専用の養生シートを使ったからかもと下請け監督さんがおっしゃってました。

クロスの傷
切り貼りではなく、ちゃんと面で張り替えてもらうよう念押し。

床鳴り・クッションフロアの浮き
こんなのも直せるみたいですね。

と、ここまではよくある話ですが、一番驚いたのが。。。
換気扇の連動給気口にフィルタが入っていない
高気密住宅に使われる同時給排型の換気扇は基本的にフィルタがないので、
重度の花粉症のpiyoneは計画段階からとても気にしていたのです。
そこで、設計さんが提案して下さったのが通常の排気型の換気扇にして、
別途、フィルタ搭載の給気口を壁に設けて、スイッチを連動させるという案。
見栄えは悪くなりますが、フィルタがつけられるため安心なので、その案を採用していたのです。
(詳しくは過去記事参照)

ところが、当日スイッチを入れてみると、パカッと蓋が開いて、
なんと、向こうに青空が見えるじゃないですか!
おいおい、これじゃ意味ないどころか、逆効果ですよね。
。。。と、そこへよい(悪い?笑)タイミングで当の設計さん、現場に登場。
単に作業のミスでフィルタがついてなかっただけのようでした。
一時はどうなることかと。。。。

さて、水先マニュアルのチェック項目には、
玄関土間の水勾配の確認というのがあったのですが、
玄関とシューズクローゼットの土間部分はまだ養生が張ってあって、
確認できませんでした。
実は、うちはまだ外構が全然できていないので、玄関が土で汚れるのを気遣って、
養生を張ったままにしておいてくれていたんです。
その気遣いはとてもありがたかったのですが、入居後養生をはがしてみて、
水勾配がとれていないことに気づいてしまいました。

結局後日、修正工事はしていただいたのですが、
かなり振動や埃が出る大掛かりな工事になり、
空調ダクトにコンクリート粉末が入ってしまうというトラブル(詳細は後日)も起きてしまったので、
やはり今にして思うと、
水勾配も竣工検査の時にチェックしておくべきでしたね。
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17 : 11 : 21 | 竣工 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<♪ 花の歌(1) | ホーム | 竣工に向けて>>
コメント
----

今思えば、引渡し前の最終確認では家が完成した喜びのほうが大きくて、チェックする目が甘かったなと思います。その甘さが後々の点検時に随時補修という事になるわけですが、入居してからだと、家具もあるし、人も住んでいるし色々面倒ですよね。

我家も来年1月ごろが最後(次は10年後ですからね)の定期点検なので、無料補修可能な部分は徹底的に洗い出さないと!と思っています。
by: kika * 2007/10/21 17:14 * URL [ 編集] | page top↑
--kikaさんへ--

僕たちも一応、がんばってチェックしたものの、構造部分のチェックとは違って、入居後でも発見できるので、多少いい加減になってましたね。
水勾配はちゃんとチェックしておけばよかったなあと思っています。
アフターメンテは、これまでもたびたび対応してもらっているのですが、アフター担当者も下請けの監督さんもとても誠実に対応して下さるので、安心できます。
kikaさんも最終点検がんばってください。
by: dyne→kikaさん * 2007/10/22 00:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://letsmillcreek.blog52.fc2.com/tb.php/291-e19d1b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。