スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
石膏ボード
2007 / 06 / 29 ( Fri )
ベーパーバリアが張り終わると、いよいよ石膏ボードですね!
石膏ボードが張られると、空間がきっちりと確定して、
一気に家の形が出来上がってきますね。

こちらは、2階のセカンドリビング。
sekkouboard_2F.jpg

天井には、空調の吹き出し口がきっちり正方形に切り取られています。
ダウンライトの部分も後ほど、切り取られます。
sekkouboard_kuchou.jpg

こちらは、1階のリビング。
1階は天井高2.7メートルのハイフレームなのですが、
石膏ボードはハイフレーム仕様で、途中で継ぐ必要はないようです。
sekkouboard_living.jpg

こちらは、リビングからピアノルームを見たところ。
sekkouboard_arch.jpg
ここのアーチ、実はちょっと後悔しています。
もともと、完全な円弧がよいと思っていたのですが、
間口が広いので、完全な円弧にすると、
Rをかなり大きくとらないと、両端がかなり下がってしまうということで、
大工さんの判断で、中心に直線部分を設けたようなのです。

現場監督さんが現場で、
「こんな風にしてみたのですが、どうでしょうか?
もし、円弧の方がよいのであれば、やり直しますよ。」

と、僕たちにきちんと確認してくださったのですが、
その時は、まあ、これでもいいかなと思えたので、
やり直すほどのことはないかと、これでOKしてしまいました。

ところが、実際に入居してみると、
デザイン的にやっぱり円弧の方がよかったかなと。。。
ミルクリークといえば、定番のアーチ。
楽しみにしていただけに、ほんのちょっとだけ後悔。
自分で決断したので、こればかりは、自己責任ですけどね。

こちらは、キッチン。
水周りは、緑色のボードを使うようですね。
耐水性のボードだったと思います(うろ覚え)
sekkouboard_kitchen.jpg

石膏ボードとはいえ、壁量計算書で耐力壁として計算されている部分については、
荷重をささえる構造の役割を果たしているので、あなどれません。
外壁合板同様、釘ピッチが外周で100mm、内部で200mm以下であることをチェック!
かなり、密に打ってくれている感じでした。
sekkouboard_kugipitch.jpg

この頃になると、施主検査もちょっと疲れ気味(笑
でも、これ以降は、もう隠れるものがほとんどないので、
入居後気づいてもなんとかなるものばかり。
これが最後のふんばりどころと思って、がんばりました。
(と言いつつ、その後も相変わらず、細かくチェックしてたかも。。。汗)
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 19 : 43 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<♪ メトロノーム | ホーム | 浴室設置>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://letsmillcreek.blog52.fc2.com/tb.php/257-bfdd492d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。