スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
徒然草
2015 / 05 / 28 ( Thu )
突然、どういうわけか、古典文学を原文で読みたくなりました。

昔、高校時代になんとなく、興が乗って、「竹取物語」は全部、原文で読んだことがありますが、
(もちろん、原文+現代語訳と注釈つきの本でですが・・・)
古典をちゃんと読んだのは、それぐらいです。

今回は「徒然草」でも読んでみようかと思い、ブックオフで100円で買ってきました(笑)

文法全解徒然草―2色版 (古典解釈シリーズ)
文法全解徒然草―2色版 (古典解釈シリーズ)小出 光

旺文社 1996-09
売り上げランキング : 116533


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このシリーズは、大学受験の時に、「源氏物語」と「論語」を買ったことがあって、
気に入ってたんですよ。(今も本棚に眠っています・・・)
全編収録ではなく、抜粋ですが、文法解説も充実しているので、
まずはこれで慣らしてみて、全編読みたくなったら、全編載っているものを買えばいいですしね。
それに、随筆だから、一話読み切りだし、何の問題もありません(笑)

少し読み始めてますが、いや~、なかなか面白いです!(笑)
高校の教科書で読んだ覚えのあるものもありました。
後徳大寺の大臣(おとど)が鳶よけのための縄を張ってて、どうのこうのって話とか、
石清水八幡宮に行ったつもりが、ふもとの末社にだけ行って帰ってきてしまったドジな人の話とか・・・
中にはドタバタ喜劇みたいなのもあって(笑)、おもしろいですよ~。

鎌倉時代だから(平安時代と違って)、原文もだいぶ読みやすくて、
原文初見状態でもそこそこ意味が取れるものもあります。

文法はだいぶ忘れちゃってて、昔、高校の時に使ってたお気に入りの文法書を探してみたのですが、
捨ててしまったのか、見つかりません。
まあ、いまどきはネットでも調べられるだろうし、
そもそも、高校時代は必死で文法理解しなくてはいけなかったですが、
せっかく大人なので、あまり文法気にせず、内容を味わう方を優先してみるのもいいかもですね!

ところで、随筆って、今風に言えば、ブログみたいなもんですよね(笑)

「kenkouのつれづれブログ ~ つれづれなるままに、思ったことなど、なんとなく書き綴ってます」

みたいな感じでしょうか?(全然、違う?笑)

たとえば、上の後徳大寺の大臣の話だと・・・

そういえば、後徳大寺さんが庭に鳶よけの縄を張ってるってのを聞いて、
ブロ友の西行さんが
「鳶がいたってどうってことないじゃん、心が狭いなあ」
って記事書いてましたが、
この間、綾小路さんとこでも同じことやってましたよ~!

でも、聞いたところ、
「鳶が池の蛙を取って食べちゃうので、かわいそうだから・・・(涙)」
ということらしいです。
ちょっと感動 (T_T)

後徳大寺さんもなんか理由があったんじゃないかなーw


・・・って感じにすれば、ブログっぽいですよね?(笑)
スポンサーサイト
20 : 00 : 42 | 日常 | コメント(8) | page top↑
<<♪ 連弾の練習 | ホーム | 「常識」の日本史>>
コメント
----

なかなか面白いですね、笑いました(笑)
by: ねこぴあの * 2015/05/28 23:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

わ~、面白い!

確かにそんな感じかも~。
古典もそんな感じの要約だったらもっともっと楽しめたのになあ~。

そういうの好きだな~。
by: まんまるお月 * 2015/05/29 22:14 * URL [ 編集] | page top↑
--ねこぴあのさんへ--

>なかなか面白いですね、笑いました(笑)

高校の時は、単なるお勉強としてしか読んでませんでしたが、
なにげにすごく面白いんですよ!
抱腹絶倒のドタバタ喜劇みたいなのがあったり、
確かに納得~って思わされる有用な記事があったり、
昔の人も考えることは、今と同じなんですね(笑)
by: dyne→ねこぴあのさん * 2015/05/30 10:47 * URL [ 編集] | page top↑
--まんまるお月さんへ--

>わ~、面白い!
>確かにそんな感じかも~。
>古典もそんな感じの要約だったらもっともっと楽しめたのになあ~。

いやあ、これ、ほんとに面白すぎます(笑)
今回訳したやつよりももっともっと面白いものがたくさんあります。
1000年も前の人だけど、考えることは同じだと知って、
ある意味ほっとしました。
たまに、「おお、これ、今なら、松岡修造が言いそうだな」
と思うようなこともあります(笑)

>そういうの好きだな~。

お好きですか?是非、読んでみてください^^
随筆で一話完結だから、順番気にせず、適当に気楽に読めますよ。
僕も、他にも面白いものを記事で紹介しようかなと思ってます。
by: dyne→まんまるお月さん * 2015/05/30 10:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

さすがdyneさん!面白いd(^_^o)
学生の頃読んだ、桃尻語訳 枕草子を思い出しました(笑)
by: はな。 * 2015/06/01 21:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

こういう本があったとは!知りませんでした^^
娘に勧めてみようかな。
私も原文で必死で読んだのが懐かしいです。蜻蛉日記とかだったかな。
あとは、源氏物語はあさきゆめみしのマンガでした(笑)
でも、内容がわかってると、解けますしね~
しかし、dyneさん、読書も幅広いですね!
by: ふくうめ * 2015/06/02 17:53 * URL [ 編集] | page top↑
--はな。さんへ--

>さすがdyneさん!面白いd(^_^o)
>学生の頃読んだ、桃尻語訳 枕草子を思い出しました(笑)

へえ、桃尻語訳って、知りませんでした。
ググってみたら、面白そうですね^^
個人的には、お堅い訳の方が好きではありますが・・・(^^;
by: dyne→はな。さん * 2015/06/02 22:35 * URL [ 編集] | page top↑
--ふくうめさんへ--

>こういう本があったとは!知りませんでした^^
>娘に勧めてみようかな。

今はもう書店では売ってないのかもしれませんね。
(似たようなのが必ずあるとは思いますが・・・)
飽きっぽいから、ただの受験勉強ってどうも苦手でして、
どうせやるなら、作品として味わってみたいとか考えてたんですね。
その割には、あまり読んだ形跡がありませんでしたが(^^;

>私も原文で必死で読んだのが懐かしいです。蜻蛉日記とかだったかな。
>あとは、源氏物語はあさきゆめみしのマンガでした(笑)

蜻蛉日記ですか・・・しぶい!でも、面白そう^^
源氏物語は、いつか読んでみたいんですよね・・・
もちろん、全部は無理ですが(汗)

>でも、内容がわかってると、解けますしね~
>しかし、dyneさん、読書も幅広いですね!

最近は全然、読書ってしてないんですよ・・・
昔はいろいろ海外文学やら、哲学書やら、読んだというより、
読もうと努力してたこともあるんですけどね^^;
by: dyne→ふくうめさん * 2015/06/02 22:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。