スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 楽譜を読む楽しさ
2014 / 11 / 13 ( Thu )
最近は、練習会報告ブログと化してますね(^^;

こうも更新が滞ると、書きたいことは山のようにあるものの、
何から書いていいか分からなくなりますね(笑)
毎日のように書いている方が書きやすいのかも。

さて、いつからそう思うようになったか分からないのですが、
ここ数年ぐらいは、
楽譜を読むのが楽しくて楽しくてしかたありません。

たとえば、いいなと思う曲があったとして、
ただCDで聴いているだけよりも、
さらにその曲の楽譜を読むことで、
多少なりともその曲に対する理解が深まる

と思うんですよ。

たいした知識もないので、
そんなに作曲家の意図とか理解できるというわけではないのですが、
僕の場合は、演奏するために楽譜を読みたいというよりは、
名曲がどのように作られているのかを理解したいということが
楽譜を読みたい大きな動機になっているんですよね。

もちろん、それを演奏によって表現できればなお素晴らしいのですが、
演奏するには全くレベルが足りてない曲であっても、
楽譜を読むのは本当に楽しいです。

自分なりにショパンらしいなあ・・・とか、シューベルトらしいなあ・・・と思える
箇所を見つけたりすると、嬉しくなりますね。

というわけで、今は
できるだけ、たくさんの曲の楽譜を読みたい!

本番という舞台できちんと演奏できるまで
一曲集中で磨きをかけるのが本来のピアノ道のありかたなんでしょうけど、
今はその時間を省略して、たくさんの曲に触れたいという思いが強いです。

たくさんの曲に触れることによって、
帰納的に理解できるようになることも
たくさんあるんじゃないかとも思います。

そういう意味では、偏食せずにいろんな作曲家に触れることも
重要だとは思うんですけどね・・・^^;
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 49 : 21 | ピアノ雑感 | コメント(6) | page top↑
<<♪ ノクターン1番 (1) | ホーム | ♪ ブロ友さん練習会>>
コメント
----

>本番という舞台できちんと演奏できるまで
一曲集中で磨きをかけるのが本来のピアノ道のありかたなんでしょうけど

まさにわたしは今このタイプのピアノ道?となっておりますが、もしもレッスンを受けていなかったら、きっとdyneさんと同じだと思います。
1曲を長々とやると、譜読みがぱっとできないということも出てくるわけで・・(いつも同じ曲弾いてるから・・・・暗譜しちゃうし・・・)。
たくさんの譜面を読みたい、dyneさんらしいな~と思います。
偏食・・・・笑いました(笑)

by: ねこぴあの * 2014/11/14 11:51 * URL [ 編集] | page top↑
--ねこぴあのさんへ--

>まさにわたしは今このタイプのピアノ道?となっておりますが、もしもレッスンを受けていなかったら、きっとdyneさんと同じだと思います。

もう、ねこぴあのさんはこのピアノ道の究極ですよね!
あそこまで真面目に追求されている方はそういませんよ。
レッスンを受けられている方は、少なからずそういう側面はありますね。

>1曲を長々とやると、譜読みがぱっとできないということも出てくるわけで・・(いつも同じ曲弾いてるから・・・・暗譜しちゃうし・・・)。

ああ、分かります。
弾き散らかすようになってから、あくまでも当社比ですが、
劇的に譜読みが速くなりました。

>たくさんの譜面を読みたい、dyneさんらしいな~と思います。
>偏食・・・・笑いました(笑)

偏食の効果か、ショパンとかシューベルトだと、どんなに難しい曲の楽譜を見ても、
すごく落ち着くんですよ。
弾くのはもちろん難しいのですが、読む時の心理的なハードルはかなり低くなります。
♭が8個ついてても、シューベルトなら読みやすいとかありますよね(笑)
逆に、ベートーヴェンだと、ハ長調でも全く読めないとかありまして、
偏食はよくないなあと感じています。

それから、譜面を読んで弾いてみると好きになるというパターンもありますよね。
他の作曲家にも目を向けたいなあと最近、感じています。
by: dyne→ねこぴあのさん * 2014/11/14 19:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

勉強家なのですねー。
私はダメです。
本読むのは好きですけど、読んでると途中で眠くなりますし、欲しいと思って買うと、いつでも読めると思って読まないし。
そもそも、熱しやすく冷めやすいんですよ、私。
だから、譜読みが速くなりたいと思ったときは、楽譜を読んだりするのですけど、2日ほどで飽きてしまって。
なかなか上達しないのはそういうのもあるんですよね、きっと。
楽しいと思えてるなんてうらやましいし、理解したいという気持ちがあることで、きっと心のこもった演奏が出来るんでしょうね。
by: ポーちゃん * 2014/11/15 10:03 * URL [ 編集] | page top↑
--ポーちゃんへ--

>勉強家なのですねー。
>私はダメです。

勉強家っていう意識は特にないですが、
新しいものにはなんでも興味あるんですよね。
逆に同じことの繰り返し練習みたいのが一番苦手で、飽きてしまいます(笑)

>だから、譜読みが速くなりたいと思ったときは、楽譜を読んだりするのですけど、2日ほどで飽きてしまって。
>なかなか上達しないのはそういうのもあるんですよね、きっと。

十分、上達されてると思いますが、
楽譜を速く読めないと読むのが辛いけど、
読まないと速くならないというジレンマがありますよね。

僕も初めはきつかったのですが、それでもいろいろ弾き散らかしている
うちに楽になりました。
思い切って、かなり難しい曲を臆せずに読んでみるのも一つの手だと思いますよ^^
大好きな曲なら、すぐには飽きないと思いますし。

>楽しいと思えてるなんてうらやましいし、理解したいという気持ちがあることで、きっと心のこもった演奏が出来るんでしょうね。

理解できてるかどうかは分かりませんが、
いい曲だと思えることが心のこもった演奏につながるのかなと思っています。
・・・と言っても別にできてるわけじゃないですが^^;
ご一緒に頑張りましょう^^
by: dyne→ポーちゃん * 2014/11/15 18:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

すごくわかります!
って、私はdyneさんと反対ですが(笑)

何がわかるかと言うと^^;
dyneさんがもう一つのブログが物語っているように学問を突き詰める派ですよね?
なので、楽譜もそこからいろんなものを読み取れるのだと思います!
うらやましい~~~

私はどっちかと言うと感覚で弾いてしまいます。
譜読みは断然古典派のほうがしやすいですが、そうでもないでしょうか?
楽譜が黒っぽいとそれだけで、うわ~弾くの
やめようかなと思っちゃいます(笑)
私が今度やる曲もアナリーゼしていただきたいぐらいです^^
by: ふくうめ * 2014/11/15 21:49 * URL [ 編集] | page top↑
--ふくうめさんへ--

>何がわかるかと言うと^^;
>dyneさんがもう一つのブログが物語っているように学問を突き詰める派ですよね?
>なので、楽譜もそこからいろんなものを読み取れるのだと思います!
>うらやましい~~~

いや、そんなに全然読み取れないんですよ・・・(お恥ずかしい話^^;)
学問を突き詰める派というか、
どうなってるんだろう?と理解したい派なんでしょうね(笑)

たとえば、車がどういうしくみで動くんだろうというのが気になって、
いろいろと車の中身を勉強したくなるんですけど、
それは単なる興味であって、
車を速く走らせたいとかじゃないんですよね。

ピアノで言うと、普通はよりよい演奏のために曲を分析するんでしょうけど、
僕は演奏のためとか全然関係なくて、単なる興味なんですよね(笑)
でも、別に何が理解できたってわけじゃないです^^;

>私はどっちかと言うと感覚で弾いてしまいます。

よく誤解されるんですけど、僕も感覚100%で弾いてますよ(笑)
ショパンとかシューベルトってどっちかというと、感覚的じゃないかなと思います。
だから、自分にすっと入ってくるんですよね。
逆に、バッハのような理知派は手ごわいです^^;

>譜読みは断然古典派のほうがしやすいですが、そうでもないでしょうか?
>楽譜が黒っぽいとそれだけで、うわ~弾くの
>やめようかなと思っちゃいます(笑)
>私が今度やる曲もアナリーゼしていただきたいぐらいです^^

アナリーゼなんかちゃんとやったこともないし、苦手ですよ^^;
単に、楽譜を見た時の印象とか雰囲気を楽しんでるレベルです(笑)
ちゃんと分析できると、楽しいんだろうなあとは思うんですけどね。
by: dyne→ふくうめさん * 2014/11/16 17:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。