スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 温泉ピアノ
2014 / 02 / 13 ( Thu )
最近、ある種の割り切りをしました。

僕が今取り組んでいる趣味。
限りなく、ピアノのように見えるけど・・・
実は、「ピアノ」とは違うんです!

使用する楽器は、「ピアノ」と全く同じ。
使用する楽譜も、「ピアノ」と全く同じ。
弾く曲もまた、「ピアノ」と同じ。

しかしながら、
「ピアノ」とは似て非なる競技種目なんですよ!

例えるならば・・・
「卓球」と「温泉卓球」のようなもの(笑)

この「温泉ピアノ」、皆様が取り組んでいる「公式ピアノ」とは
以下の点で異なります。

選曲において、「10年早い」といった概念が存在しません。

選曲において、「ツェルニー○○番修了」といった資格が存在しません。

「温泉卓球」においては、「スマッシュはまだ早い!」とかないし、
投げ上げサーブだろうと、何でもありです。

オリンピック認定競技ではないので、晴れの舞台がありません。


そんな感じで、「公式ピアノ」とは大きく異なる種目ではありますが、
決して、完成度を求めないとかそういうわけではありません。

「公式ピアノ」と必要な技術要素は全く同じなので、
より素晴らしい演奏のために、マジメに日々の練習を重ねる
という点は同じなんです。

そういうわけで、決してふざけているわけでもなく、
ピアノをバカにしているわけでもありませんので、
「公式ピアノ」の皆様、これからも今まで同様、
お付き合いいただければ幸いです。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 19 : 01 | ピアノ雑感 | コメント(7) | page top↑
<<またもや雪 | ホーム | 雪2014>>
コメント
----

相変わらず面白いことおっしゃいますね^^;

でもさぁ、最近思うんですよ。
逆なんじゃない?って。

だれも最初から面白くもない繰り返し練習に取り組みたいなんて思ってないわけで、まずは音楽ってものがあって「いいなぁ~」って思って始めるわけですよね。
だから、温泉卓球が公式で、競技が非公式なんじゃないかって。ピアノもそう。
この考えが逆になっちゃうから「曲芸みたいな演奏をする人が増えて、聴いた人は何にも感じない」という現象が起こる。ショパンもベトベンもそんなに速く弾けなんて書いてないのに。むしろ、ベトベンはそんなに速くしないでって書いているのにやたら高速な技術を見せつけるような演奏が多い。
でも、技術って指が速く回ることだけじゃないと思う。

サロンで仲間たちと語らいながら楽しんでいる図が、私にとっての音楽なんですよ。
とはいえ、刺激を求めてたまに競技の世界に首を突っ込んでみるのも悪くはないんでしょうけどね(^_-)
by: 金魚 * 2014/02/13 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

dyneさんの記事と 金魚さんのコメント
どちらも おおいに うなづきました!!
深イイーーです (*^^)v
これからピアノを趣味で続けていくうえで
とても参考になりました。
自分だけで あれやこれやと考えているよりも
こうやって ブログを拝見させていただくと
本当に勉強になります♪
by: ゆめゆり * 2014/02/13 14:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

音泉卓球ですか~(笑)
面白いですね♪
公式ピアノ・・・わたしも当てはまりませんよ、教本すっ飛ばして無謀曲をやってますからね(笑)
幻想即興曲なんか、「ツェルニー30番じゃ弾けるようにはならない」とさえ言われたこともあります(汗)。
別に法律違反じゃないんだし、本人たちの勝手だと思います(笑)
この記事を拝読して、わたしも思っていることを記事にしてみました、よろしければ読んでいただけると嬉しいです♪
by: ねこぴあの * 2014/02/13 16:52 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントいただいた方々へ--

コメントのお返事が大変遅くなってしまい、
申し訳ありません!
お返事するための、まとまった時間がないため、
もうしばらくお待ちください。
近日中にお返事いたします!
by: dyne→コメントいただいた方々 * 2014/02/15 00:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

お返事が遅くなって、申し訳ありません。

>だれも最初から面白くもない繰り返し練習に取り組みたいなんて思ってないわけで、まずは音楽ってものがあって「いいなぁ~」って思って始めるわけですよね。
>だから、温泉卓球が公式で、競技が非公式なんじゃないかって。ピアノもそう。
>この考えが逆になっちゃうから「曲芸みたいな演奏をする人が増えて、聴いた人は何にも感じない」という現象が起こる。ショパンもベトベンもそんなに速く弾けなんて書いてないのに。むしろ、ベトベンはそんなに速くしないでって書いているのにやたら高速な技術を見せつけるような演奏が多い。
>でも、技術って指が速く回ることだけじゃないと思う。

なるほど!
金魚さんのおっしゃりたいことはよく分かります。
確かに、音楽性は無視して、いかに速く弾けるかだけを極める
「競走ピアノ」という種目もありますよね。
僕は、この種目についてはまったく興味がありません!(笑)
(まあ、興味あっても、エントリーできないけどね・・・^^;)

ただ、そういうテクニック偏重でなくても、
ちゃんと音楽性を重視して弾く「公式ピアノ」というのもちゃんとありますよね。
きちんと基礎から順番に嫌な練習もいとわずやって、
技術を身につけている人たち(金魚さんもそうですね)が
たくさんいるということも分かっているんです。

でも、弾くからには、必ずしも完成度の高い演奏を「しなきゃいけない」
ということはなくて、堂々とへぼい演奏をしてもいいような場があっても
いいんじゃないかなというのが「温泉ピアノ」の主旨なんです^^

>サロンで仲間たちと語らいながら楽しんでいる図が、私にとっての音楽なんですよ。
とはいえ、刺激を求めてたまに競技の世界に首を突っ込んでみるのも悪くはないんでしょうけどね(^_-)

語らいながら楽しむというのは、僕にとっても、すごく重要ですね!
競技の世界は、あんまり好きじゃないかな。。。^^;
by: dyne→金魚さん * 2014/02/15 18:52 * URL [ 編集] | page top↑
--ゆめゆりさんへ--

お返事が遅くなって、申し訳ありません。

>dyneさんの記事と 金魚さんのコメント
>どちらも おおいに うなづきました!!
>深イイーーです (*^^)v

そう言っていただけると書いた甲斐がありました^^

>自分だけで あれやこれやと考えているよりも
>こうやって ブログを拝見させていただくと
>本当に勉強になります♪

いろんなお仲間さんの考え方を拝見すると、
ほんとに参考になりますよね!

あ、でも、「勉強」になりますと言われると、
そんな価値ある文章ではないのですが・・・汗
by: dyne→ゆめゆりさん * 2014/02/15 18:55 * URL [ 編集] | page top↑
--ねこぴあのさんへ--

お返事が遅くなって、申し訳ありません。

>音泉卓球ですか~(笑)
>面白いですね♪

「音泉」・・・いいですね!^^

温泉ピアノは、「ぬるま湯」的ニュアンス(厳しくなくて、ぬるいという意味)
も入ってていいかなと思ってたのですが、
温泉だと熱い方がいいから、それもちょっと違うますかね^^;

>公式ピアノ・・・わたしも当てはまりませんよ、教本すっ飛ばして無謀曲をやってますからね(笑)
>幻想即興曲なんか、「ツェルニー30番じゃ弾けるようにはならない」とさえ言われたこともあります(汗)。
>別に法律違反じゃないんだし、本人たちの勝手だと思います(笑)

教本もいいと思うんですが、順番にやるまで待ってたら、間に合わないんですよね。
「ツェルニー○○番じゃ弾けない」とかいうのは、「きちんと弾けない」という意味では
正しいとは思うんですよ。
でも、「きちんと弾けなきゃ、弾いてはいけないのか?」というところが疑問なんですよね!

もちろん、先生がそういうことをおっしゃるとしたら、先生という仕事上、
生徒にきちんと弾けるようにさせるという責任があるから、
おっしゃってるんだと思うので、それについては十分理解できるんです。
でも、それ以外の人に言われることではないですね。

>この記事を拝読して、わたしも思っていることを記事にしてみました、よろしければ読んでいただけると嬉しいです♪

記事も読ませていただきましたよ。
すごく共感できました!
(コメントする時間がなく、失礼しましたが^^;)
興味深い記事が多いので、いつも楽しみにしています^^
by: dyne→ねこぴあのさん * 2014/02/15 19:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。