スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 4度進行の和声的説明
2014 / 07 / 30 ( Wed )
以前の記事で書いたいわゆる「4度進行」についての疑問。

前記事で紹介した分かりやすい方の和声解説本[1]を読み直していたら、
ちゃんと書いてありました!
前に読んだ時は斜め読みしてたので、読み飛ばしてたのかも^^;

疑問をもう一度整理しておくと、たとえば、Am調で

Am → Dm → G7 → C → F → Bm-5 → E7 → Am

という「4度進行」のコード進行は和声的にはどのように説明したらよいか?
という疑問です。

ポピュラーでは定番の進行ですが、クラシックでも出てきます。
イ短調では、ショパンのワルツイ短調遺作とか、インヴェンション13番とか・・・
長調では、モーツァルト K545第1楽章やショパンのエチュードOp.10-1 とか・・・

Am 調上の度数表記で書くと、

I → IV → VII7 → III → VI → II → V7 → I

ここで、 VII7 (G7) と III (C) をどう扱ったらよいのかが分からなかったのです。

あ、ほんとは短調では、和声的短音階の導音には# がつくので、
G7 は VII7 ではなく、♭VII7 と書くべきなんでしょうが、
こんな表記クラシックでもありなのかどうか・・・も分からず、
とりあえず、導音を半音上げない表記で、VII7 と書いておきます。

で、それはさておき、
VII や III は、めったに使用されないとかよく書かれているので、どうしたものか・・・

まず、 VII7 は、V9 の根音省略 V9 とみなせるかを考えました。
長調の場合、VII7 はV9 と同じになるので、それでも説明できそうですね。

今回の短調では、導音に # がつくため、うまくいきません。
つまり、Am 調の例だと、V には G音 ではなく、G#音 が入ることになるので、
もはや G7 ではなくなります。

次に、G7 が C 調の V 和音であることを思い出して、
III 調 (C) の副 V 和音 III/V7 である可能性を検討。
これなら、うまくいきそうです。
つまり、

I → IV → III/V7 → III → VI → II → V7 → I

これでもよさそうな気もするのですが、
その和声本[1]には、III や VII の 副 V 和音はめったに使用されない
みたいなことが書かれているので、どうなんだろう?

と思っていたら、和声本[1]にちゃんと今回のケースが書かれていることを発見!

「各音度の5度関連」という章に、

7個の音度上に形成される和音は、根音が順次に5度下行(4度上行)する関係
( I → IV → VII → III → VI → II → V → I )
で、連続的に用いられることが多い。


と書かれていました。
まさに、そのものではないですか!(笑)

このような場合には、VII は V7 とはみなさない。

のだそうです。そして、

(VII は)一種の D 和音と考えてさしつかえない。

III は T に準じて考えてさしつかえない。

のだそうで、

一般に、VII や III は、このような関連以外には、用いられることが少ない。

のだそうです(上の青字はすべて引用)

う~ん、納得しました!^^

結局、まとめておくと・・・

I (T) → IV (S) → VII (D) → III (T) → VI (T) → II (S) → V (D) → I (T)

と考えればよいということでしょうか。

それで、さっきの短調の導音に # の問題は、
このケースでは、VII が I の主音に解決するわけではなくて、
5度ずつ下行していくことが重要なのだから、
自然短音階の VII 和音で考えてよいわけですね。
(本には、短調の4度進行のことが書かれていないので、僕の憶測です)

というわけで、だから何なんだって話ですが、
ずっとモヤモヤしていた疑問が解消してスッキリです!(笑)

参考文献
[1] 島岡 譲 「和声と楽式のアナリーゼ = バイエルからソナタアルバムまで =」 (音楽之友社)
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

19 : 46 : 32 | 音楽理論 | コメント(0) | page top↑
♪和声の参考書
2014 / 07 / 30 ( Wed )
僕は和声の勉強に、主に次の2冊を使っています。

4276102138和声と楽式のアナリーゼ
島岡 譲
音楽之友社 1964-09-15

by G-Tools


こちらは、ブロ友さんのすすめで購入したのですが、
買ってみて大正解!
ほんとに、分かりやすくて、おすすめです!


薄い本ながら、実際に使う要点をしっかりおさえていて、
机上の空論的じゃなくて、実践的なのがありがたいですね。
例も豊富で、バイエルやソナチネなどなじみのある曲を使って説明してくれます。

あと、説明がほんとにうまくて分かりやすいです。
分かりやすすぎて、僕は3日ぐらいで読めました(笑)
もちろん、斜め読みですが、譜例を実際に弾きながら、
じっくり読んだ方がきっと理解は深まるんでしょうね^^;

下の本と違って、声部の進行ルールについては触れられていませんが、
その代り、和声だけでなく、ソナタ形式などの基本的な楽式についても載っています。

それから、クラシック向けの本なので、コードネームの付け方については載っていません。
でも、コードネームの付け方の解説なんて、
ネット上にいくらでもいいサイトがありますからね(笑)


4276102030和声の原理と実習
外崎 幹二 島岡 譲
音楽之友社 1958-11-05

by G-Tools


こちらは、もう少し本格的な解説書です。
こちらも、ブロ友さんが使用されているのを知ったのがきっかけ。
どうせ買うなら初めからしっかりしたものを買いたい主義なので、
実は初めに、この本の方を買いました。
(もう一つ上に、「芸大和声」という本がありますが、それはさすがに・・・汗)

よく見ると、同じ人が書かれてるんですね。
初め、まともに読もうとして、声部の進行ルールのところで、
あくび連発の末、挫折しました(笑)

その後、和音のところなどをつまみ読みすることにして、
すごく役に立ちました。
これしっかり読んだら、相当な知識レベルになりそうですけどね。
上の本は、この本の実践で重要な部分だけを抽出してくれたような本です(笑)

後半の「原理編」という章は、音楽の根本的なことが説明されていて、
非常に興味深いです。
いつか、しっかり読んでみたいところですね。

ところで、なぜこんな記事を書いたかというと、
最近、また和声を勉強していて、今まで疑問だったことが一つ解決したんです。
それは、次の記事で。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

12 : 33 : 18 | 音楽理論 | コメント(0) | page top↑
♪ インヴェンション4番 (1)
2014 / 07 / 23 ( Wed )
いろいろ書くべきことはたまっているのですが、
とりあえず、バッハのその後。

七夕は終わって、梅雨も明けてしまいましたが、
一応、バッハの練習は続けております。
「タナバタバッハ」、あらため、引き続き、「ドタバタバッハ」ということで・・・

インヴェンション4番も、なかなかうまく弾けるようになりませんね(汗)

7度の鍵盤感覚が苦手なようで、7度弾くときにミスタッチが多すぎ。
だんだん怖くなって、躊躇してしまうので、音抜けしてしまったり、悪循環。
暗譜して、鍵盤見て弾くしかないかなあ。

そして、この曲と言えば、左手の長トリル
invention04-tril01.jpg
この市田版の指使いがしっくりこなくて、
この指使いは、上部隣接音(ファ)から 131313・・・ で弾く想定なんでしょうか?

いろいろな考え方はあるようですが、
結局、僕は主音(ミ)から始めようと思っていて、
13 は速く動かせないので、23 を使いたいんですよね。

そうすると、どのような運指にしたらいいのか・・・
いろいろ試してみてはいるのですが、
いい方法が見つかりません。

と思って、今楽譜を眺めていると、ひょっとしたら、
この楽譜の運指のままで、レ-ミで指くぐりして、

ドレ-ミファ-ミファ-ミファ・・・・を 31-32-32-32-32・・・

という方法もあるんだろうか?
後で試してみようと思います。

いずれにせよ、このトリルをずれないように、うるさくならないように
弾くのはほんと難しいですね。
ここだけ、いきなり練習曲みたいに聞こえちゃうんですよ。
ここだけじゃないかもですが(汗)

そして、アナリーゼの方ですが、
ほんとはこの曲のアナリーゼをすべきなんでしょうけど、
初めは1番が C dur ですし、分かりやすいだろうということで、
1番のアナリーゼを解説本読みながらやっています。

まだ曲の前半終わったところですが、すごいですね!
こんなに精巧・緻密に作られていたとは!驚きの連続です。
以前弾いたときは、何も気づかず、弾いてたなあ・・・^^;

しかし、「反行形」と言って、テーマのメロディを上下反転させたようなもの
(たとえば、ドレミファレミド に対して、ドシラソシラド)が出てくるのですが、
楽譜を絵的に見ると分かるけど、音で聴いても全然気づきません・・・(汗)

そもそも、ある有名曲を上下反転して演奏されても気づかないかも・・・^^;
まあ、せっかくのバッハ先生の労作も僕にかかったら、形無しですね(滝汗)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

12 : 52 : 34 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | コメント(14) | page top↑
♪ 七夕バッハ
2014 / 07 / 12 ( Sat )
ごく限られた一部のコミュニティで、
「七夕の頃になると、バッハが弾きたくなる」という都市伝説があります。

天体運行の秩序と音楽的調和の相互作用が関係しているというもっぱらの噂ですが(嘘)、
それとはたぶんまったく関係なく(笑)、
今、バッハ熱が非常に高まっています!

きっかけは、なんとなく、以前からずっと弾きたかったコラールの
「主よ、我、汝を呼ぶ」(BWV639)に挑戦してみようと思い立ったこと。

で、こちらは細々と練習中なのですが、
ついでに、インヴェンションやシンフォニアや平均律なども聴いていたところ、
初めて、平均律の素晴らしさに気づいてしまいました!

あ、いや、別に難しいことが分かったとかそういうのではなく、
いいなあと思ったというだけですけどね。
今までも、平均律はたまに聴いたりして(1巻だけですが)、
いいなあと思える曲はいくつかあったのですが、
今回は何を聴いてもいいなあと思えるようになりました。

前奏曲はきれいだし、フーガのだんだん重なっていく感じは素晴らしいなあと。
もともと、オルガン曲の荘厳な感じのフーガは好きだったわけなので、
基本はピアノでも同じなんですよね!

そういう観点で聴くようになると、なるほど、
インヴェンション→シンフォニア→平均律と進むにつれ、
音の厚みが増して、重厚な作りになっていくのが分かりますね。

とはいえ、2声のインヴェンションでも、
ちゃんとフーガ的な作法による要素が織り込まれているし、
芸術性も十分高いので、勉強する価値は大いにありますね。

というわけで、インヴェンションを真面目にやることにしました!
とりあえず前から少し手を付けていた4番と13番をやろうと思い、
今は4番を頑張ってるところです。

たぶん、全曲はやらないと思うし、
たまにシンフォニアをつまんだりしながらやっていこうとは思っていますが、
今は、実際、シンフォニアを遊びでつまんでも、一小節も進めません(汗)
やはり、2声すら手に負えてないので、当然と言えば当然ですね。
まずは、インヴェンションで2声を克服したいところです。

いずれは平均律を弾いてみたいと思うだけで、
モティベーションが全然違いますね!

かつて、レッスンでインヴェンションやってた時は
たぶん役に立つだろうからというぐらいの意識だったので。

平均律レベルの多声になると、演奏技術だけでなく、
そもそもアナリーゼが難しくて弾けないという面もあるそうですね。
そういう意味では、インヴェンションからしっかりアナリーゼ力を
養っていきたいなあという思いもあります。

そこで、増税前に買っておいて、棚の肥やしにしておいた逸品(笑)を取り出すことに・・・

ichida-book-invention.jpg

まずは、初めの総論の部分だけ読んだところ、
はっきり言って半分も理解できませんが、面白いです!!!(笑)
で、今は4番の各論を読んでますが、こちらも面白いですね!
総論だけじゃあまりピンと来ないのですが、各論で具体例を見ていくことによって、
総論も分かってくるんじゃないかなと期待しています。

今までも和声法的分析には興味がありましたが、
対位法的な分析の方は今一つ興味がわかなかったのです。
この本を読むと、その両方の面白さが分かりそうな予感。。。
で、眠くなったら、ちょうど枕になるぐらいの厚みがあるのもまた素晴らしい!(笑)

まあ、気まぐれなので、このバッハ熱、いつまで続くか分かりませんけどね^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 20 : 15 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | コメント(6) | page top↑
♪ tsukupia37☆
2014 / 07 / 07 ( Mon )
実は、おんそうずの翌日に、tsukupia☆練習会がありました(笑)

連チャンということで、参加できるかどうか分からなかったので、
またもや、副管理人のいずみさんにお任せ^^;
でも、結局参加しました。皆勤継続中!(笑)

一部のお友達からは、「タフですね」と言われましたが、
実は、会場は家から車で10分ですし(遠方からの参加の方、スミマセン・・・)、
曲はおんそうずで弾いたのと同じ曲を弾けばよいだけだから、楽チンです(笑)
自分のホームだから、緊張もなく、気楽ですしね^^

まずは、皆さんの演奏曲。
いつも通り、代表曲を一曲、勝手に選ばせていただきました。

 いずみ  ノクターン13番(ショパン)
 えり   バラード1番(ショパン)
 TAKA   アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ(ショパン)
 あんな   別れの曲(ショパン)
 jun    シェルブールの雨傘(ルグラン)
 dyne   アヴェ・マリア(シューベルト)

今回、TAKAさんが初参加でした。
長い間、独学だそうですが、かなり、大曲を多数弾かれているようです。

もともと、このサークルはショパン好きが多いのですが、
今回は、ショパン率高かったですね!
練習会で奏された曲全曲でのうち、約半数がショパンでした。
で、過去の統計を紐解いてみると・・・
以前になんと4分の3がショパンという回があったみたいです(笑)

さて、2次会ですが・・・
なんとスタジオの近くにあった行きつけのサイゼリヤが閉店してしまったのです!(涙)
店舗改装リニューアルのうわさもあり、真相はどうなのか分かりませんが、
(以前、tsukupia☆でも行った熊本うどんの店が店舗改装と言いながら、全然別の店にリニューアルした一件もありまして)
いやはや便利な2次会会場を失いました・・・(T_T)

それで、junさんの提案で、
別のサイゼリヤに行きました!(笑)
いや、そこまでサイゼに固執してるわけでもないのですが、
考えてみたら、その向かいがココスだったので、
たまにはココスにしてもよかったかも(笑)

次回はココスも候補にしたいと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

12 : 31 : 40 | tsukupia☆ | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。