スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ ショパン録音いろいろ
2014 / 03 / 26 ( Wed )
久しぶりに、ショパンをいろいろ録音してみました。

公式ピアノではなく、温泉ピアノです。

ほとんど一発録りで(エチュードだけ途中で崩壊したので、2発録り)
音間違いや弾き直しもあります。

こうやって聴いてみると、
基礎技術は全然ダメダメですが、
ノクターンは弾きたいような流れには、弾けてるんですよね。
(いいかどうかは別で、「弾きたいように・・・」という意味です)

エチュードは、音楽性云々を問題にできるレベルではありません。
本当に音鳴らすだけで、いっぱいいっぱいで、
やはり、とても今の実力で弾けるようなものではないことはよくわかりました(汗)

ノクターン19番(ショパン)



ノクターン20番(ショパン)



エチュード Op.10-9(ショパン)




スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

08 : 02 : 26 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(6) | page top↑
♪ シューベルト3つのピアノ曲2番 (1)
2014 / 03 / 23 ( Sun )
最近、物理の勉強の方が忙しくて、こちらはなかなか更新できませんでした。

ピアノもあまり練習できてないのですが、
最近、わりと頑張って練習しているのがこの曲。

シューベルトの3つのピアノ曲(D946)は、
「即興曲」と呼ばれることもありますね。
このうち、1番と2番が好きなんです。

この2番は、実は3年前のこの記事で「ヒミツの曲」と書いていた曲で、
ずっと前から細々と自主練してきています。
(ずっと継続して練習してるわけではありませんが・・・)

曲はおよそ、3つの部分に分かれていて、
A→B→A→C→A
という感じで進んでいくのですが
(我流の分け方なので、正しいかどうかは知りません・・・汗)

このBにあたる部分は、左手がずっとトレモロで躍動感があるところが
結構好きで、そこをずっと以前から練習してました。
(技術的にはなかなか難しいんですけど・・・)

Aの部分は、すごく美しい旋律です。
ここだけなら、シューベルトに興味のない人でもいい曲だなあと
思えるんじゃないかなと思います。

最近は、ここを攻略すべく頑張ってるのですが、
常に重音になっていて、意外と難しいです。
なかなか頭に入らないんですよね・・・

Cの部分は、驚異の♭7個ですが(笑)、
最近は、シューベルトさんのおかげで、
♭は得意になったので、そんなには驚きません。
ドからシまで全部♭にすればいいので、逆に分かりやすいんですが、
それでも、両手同時に読んでいくと、押さえるのに時間かかりますね^^;

それから、今日は、なんとなく、ねこぴあのさんの影響もあって(笑)、
Op.90-1 を初めから最後まで通して、音をなぞってみました。
読むのが遅いので、ほんとに一音一音確認して鳴らしている感じで、
たぶん一時間ぐらいかかったとは思いますが^^;

この曲は、和音の移り変わりの妙がほんとに素晴らしいですね。
シューベルトの曲の中でも、ダントツ弾いてて飽きない気がします。
まさに、一音一音に萌えながら弾ける曲(笑)

しかし、繰り返しなし(再利用不可)で10分ぐらいかかる曲だから、
弾けるようになるまで、相当大変そうですね^^;

そんな感じで、シューベルトワールドにどっぷりつかってます。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 07 : 11 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(2) | page top↑
♪ 一曲集中
2014 / 03 / 14 ( Fri )
最近ずっと、あれこれ弾き散らかしてますが、
そろそろ一曲集中で何かやりたいですね。
やはり、集中しないと、
何一つ弾けるようにならないので・・・^^;

とりあえず、中途半端に練習してきた曲。

即興曲 Op.90-1(シューベルト)
即興曲 Op.90-2(シューベルト)
即興曲 Op.90-3(シューベルト)
ノクターン7番(ショパン)
プレリュード13番(ショパン)
3つのピアノ曲 2番(シューベルト)


ほんのちょっと練習しただけだけど、やってみたい曲。

プレリュード14番(ショパン)
エレジー(ラフマニノフ)
エオリアン・ハープ(ショパン)
ソナタ20番 第2楽章(ベートーヴェン)
ソナタ19番 第1楽章(ベートーヴェン)


まあ、かなり無謀曲が入ってますが(汗)、
この中から選びたいなあと思っています。

ここにはさすがに書くのがはばかられるような無謀なのも
練習してますが・・・汗

飽きっぽいから、一曲集中は無理ですね(汗)
2曲ぐらい選ぶかなあ(笑)

ちなみに、バッハは、バッハとして弾くのはあきらめました・・・orz

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 16 : 23 | ピアノ雑感 | コメント(6) | page top↑
♪ tsukupia35☆
2014 / 03 / 12 ( Wed )
先月のtsukupia☆練習会報告です。

今回も大盛況でワイワイガヤガヤ楽しかったです!(笑)
例によって、代表曲を勝手に選ばせていただきました。
(ご希望があれば、変更いたします)

参加者(敬称略、エントリー順)
dyne   エチュード Op.10-9 (ショパン)
いずみ  アベッグ変奏曲(シューマン)
あんな  ソナタ2番第1楽章(ショパン)
たまこ  ソナタ2番第1楽章(プロコフィエフ)
私はタワシ  ピアノ協奏曲第1番第2楽章(途中まで)(ショパン)  
えり  ポロネーズ6番(ショパン)
伊勢人  ハイドンの名によるメヌエット(ラヴェル)
はな。  デュエット(メンデルスゾーン)


さて、2次会ですが、たまには新しい店に行きたいと言ったら、
いずみさんが下調べしてくださって、新しい店に行ってきました!
洋食ベースの多国籍創作料理の店

スタジオから近いところにこんな店あったんですね!

開店時間まで時間があったので、まずはマックでお茶を!
tsukupia☆でマックに行ったのは、tsukupia05☆ 以来ですね。
年取ると、マックの注文方法も分からなくなってしまいます(汗)

そして、その創作料理の店へいざ出陣!
(近いのに、なぜか場所見つけるのに苦労したんですけどね・・・笑)

注文したのは、全員カレー!(何カレーだったっけな)

tsukupia35-01.jpg

前回、カレー屋へ行きそびれたのをみんな引っ張ってます(笑)

せっかくなので、デザートも!
tsukupia35-02.jpg

なんとかのシブスト。
もう日が経つと、忘れちゃいますね(汗)

最近、守谷の方に、ピアノの弾ける和菓子屋さんを見つけて、
そこで和菓子をいただきながらの練習会も計画中。
普通に和菓子を買いに来るお客さんもいらっしゃるので、
ちょっと緊張しますけどね^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 44 : 09 | tsukupia☆ | コメント(2) | page top↑
♪ 紳士淑女の会4
2014 / 03 / 09 ( Sun )
土曜日に、「紳士淑女の会」に初参加させていただきました!

聞いていた通り、素敵なメンバーさんたちばかりの楽しい雰囲気で、
とても居心地がよく、楽しませていただきました。

会場は、以前にも行ったことのある都内のスタジオ。

いきなり、出口を反対の方に出てしまい、
まったく見慣れない光景で迷いました(笑)
スタジオの地図を印刷してきていたので、見てみたら、
「そっちの出口に出ないように注意してください」と書いてあり、
出ちゃった人には、何の役にも立ちませんでしたね(笑)

さて、スタジオに到着したら、もうたくさんの方が集まっていました。
今回、知っている人はいないと思っていたので、
少々緊張していたのですが、
2名も知っている方がいらっしゃっていて、安心しました。
意外とピアノの世界は狭いですね^^;

一人は、前回のおんそうず6でご一緒したkazさん。
そして、もう一人は、昨年何度か参加させていただいたピアノムシで
ご一緒したひまわりーにさん。
お二人とも、またお会いできて、嬉しい限りです!^^

一巡目は、発表会形式の静粛モード。
一番ましかなと思えるノクターン19番を弾かせていただきました。

多少緊張はしていたものの、それほどではないと思っていたのですが、
初めの方でスリッパで弾き始めてしまったことに違和感を感じてしまい、
それ以来、もうスリッパのことしか考えられなくなってしまいました(笑)

いや、これまでもあえてスリッパで弾くことはよくあったのですが、
ここのスリッパはちょっと弾きにくいタイプのやつで。
しまったなあ・・・と思って、途中で脱ごうかとも思ったのですが、
最後までスリッパで通しました。

まあ、それが原因ではなく、単なる実力の問題とは思うのですが、
至る所でつっかえて弾きなおしてしまい、散々な出来でしたね(汗)

皆さん、かなりハイレベルな演奏をされる方もあり、
気持ちのこもった演奏をされる方もあり、
素敵な演奏の数々を堪能しながら、一巡目が終わりました。

二巡目からは、椅子を円形にして、歓談ありの時間に。
いろんな方とお話することができ、楽しいひと時でした。

二巡目は、ノクターン20番を。
スリッパを脱いで弾いたのがよかったのか、歓談ありの雰囲気がよかったのか、
こちらは、ノク19よりもだいぶましに弾けたかな。
(今までの人前演奏で弾いたノク20の中では一番満足しました)

そして、三巡目まで回ってきました。
一応、月光第一楽章を用意してたのですが、
クラシック2曲続けたので、ちょっと毛色を変えようかなと思って、
しのばせてきた「秋桜」の楽譜を取り出して弾いてみたのが大失敗。

数か月まったく弾いてなかったから、やっぱり無謀でしたね。
あちこちで楽譜に追いつけずにつっかえてしまいました^^;

でも、そんな挑戦もしてみようかなと思えるぐらい
気楽なあたたかい雰囲気だったんです。

そんな感じで会が終了して、集合写真も撮影したりなどして、
2次会会場へ。

2次会は、鍋を囲みながら、また楽しい話ができました。
「炭水化物が人類を滅ぼす?」なんか気になりますね(笑)

会長のLLganzoさん、事務局長のやぢまさん、事務局長補佐のへべれkさんをはじめ、
素敵な楽しい方たちばかりで、あっという間に時間が過ぎました。
(↑役職、うろ覚えで間違ってたらスミマセン・・・汗)

ご一緒した皆様、ありがとうございました。
ST Rockerさん、お誘いくださって、ありがとうございました。
また、ご一緒できましたら、嬉しく思います^^

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 01 : 15 | 交流 | コメント(12) | page top↑
♪ 紳士淑女の会に初参加
2014 / 03 / 07 ( Fri )
今週末は、ST Rockerさんからお誘いをいただき、
「紳士淑女の会」というピアノの会に
参加させていただくことになりました。

勝手にはリンク張れませんが、
ブログで公開されている会なんですよ。

紳士ではないのですが、大丈夫なのでしょうか?(汗)
(もちろん、淑女でもありません)

初参加なので、どんな雰囲気なのかも分からないのですが、
考えてみたら、今ちゃんと弾けるものがない!
(今に始まったことではありませんが・・・)

適当に弾けるものが3曲。
ノク19、20と月光1。

なじみの練習会なら、あまり緊張もしないので、
これで適当にお茶を濁すという感じなのですが、
初参加ということで、今からちょっと緊張してしまってるせいか、
暗譜があちこちで飛ぶようになってます(汗)

かといって、今さら楽譜見てもまったく弾けないので、
どうしたものでしょうね(汗)

飛びながらなんとか命からがらゴールインできるように
頑張って、練習したいと思います^^;

こんなんで失礼ないかな・・・と、ちょっと不安ですが、
主催者の方、参加者の皆様、よろしくお願いします。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 19 : 28 | 交流 | コメント(2) | page top↑
♪ ベトソナブーム到来!?
2014 / 03 / 05 ( Wed )
(前記事からの続き)
・・・で、ツェルニーを弾いてたら、やはり飽きてきたので、
ソナチネを少し弾いてみたのですが、やはり飽きてきたので、
ベトソナへ。

こういうきちんと弾く練習をするには、
以前に弾いたベトソナ20番第1楽章がよさそうな気が。

もうスムーズには弾けなくなっちゃってますが、
これをもう一度復活させたいですね!

以前にドツボにはまってしまい、どうしても弾けなかったトリルが
(たぶん)問題なく弾けるようになってました!^^
不思議なものですね。

これの第2楽章と19番の第1楽章も音を鳴らしてみたところ、
19番にかなり萌えました!

出す音出す音、和音の移り変わりがすべて萌え~なんです!(笑)

なんでだろう?
音源聴いても、そこまでは萌えなかったのですが、
ゆっくり弾いてみると、違うものなんですね。
単に速い演奏聴いても、耳がついていかないだけなんでしょうか?

こういう古典は、ペダリングが異様に難しくて、そこがネックなんですよね。
まあ、無理に入れなくてもいいんでしょうけど、
潤いのある音の方が好みなんですよ。

以前に、20番のレッスンを受けていた時に、先生に教えていただいたのですが、
あまりに難しくて、とても挑戦する気になりませんでした・・・^^;
そのうち、できるようになるものなんでしょうかね。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 16 : 03 | ピアノ練習記(ベートーヴェン) | コメント(4) | page top↑
♪ たまにはツェルニー
2014 / 03 / 03 ( Mon )
先週末、たまにはツェルニーなぞ弾いてみむとて、
弾いてみました(笑)

比較的好きだった30番練習曲の2番と7番あたりを。

あと、「減七のドッペルドミナント」のそこはかとない響きが
なんとも素敵だったあの曲があったはず!
と思って、何度もページをめくるも見つけられず・・・orz

今、ブログで過去記事をあさってみたら、8番でした!(笑)
(今度弾いてみよう)

久しぶりに弾いて、いや結構いいものですね。
ちょっと弾いてると、すぐに飽きるのは相変わらずでしたが、
こういう練習、やっぱり必要だなあ・・・と感じました。

特に、楽譜ガン見で、なるべく鍵盤を見ないで、
できるだけ楽譜通りに、一つ一つ音を奏でていく練習にはよさそうですね。

ところで、先日、某電気店のデジピコーナーでデジピを眺めてたら、
デモ演奏の収録曲の中に、ツェルニー30番から2曲も入ってました!

その中に、あの苦しめられたトラウマ曲13番が!
そう、通称「鬼の紡ぎ歌」と呼んでいたアレです(笑)
意外と人気曲なんですね!
まあ、聴くだけなら、結構、いい曲の部類ではあるんですけどね。
ちなみに、もう一曲は26番でした(どんな曲だろう?)

残念ながら、操作方法がどうしても分からず、
(ひょっとしたら、ロックがかかっていたのかも・・・)
どちらの曲も聴くことができなかったのです。

というわけで、(どういうわけで?)
ツェルニーもたまには弾いてみてもいいかもと思いました。
一曲を合格するまでひたすら練習となると苦しいのですが、
必要に応じて、何曲か気分転換に練習したりするにはいいですね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 19 : 51 | ピアノ練習記(ツェルニー) | コメント(2) | page top↑
♪ 和声分析
2014 / 03 / 01 ( Sat )
和声分析は、どうも苦手です!

というのも昔から分からないことがあって・・・

たとえば、ショパンの「ワルツ イ短調」。
(この曲を練習してるわけではなくて、例として分かりやすいので)

valse-a-moll-analize01.jpg
(クリックすると拡大します)

Am → Dm → G7 → C

ポップスでは、典型的な4度進行と言われるコード進行で、
4度ずつ上がって行くドミナントモーションを続けていくので、
心地よいのはよく分かるのです。

でも、調性で考えると、どう考えればよいのでしょう?

イ短調(Am)で考えると、
I → IV → VII7 → III
となり、「VII7」なんてわけわからないのが出てきてしまいます。

ハ長調(C)で考えると、
VI → II → V7 → I
となり、有名な「1625」の典型的なパターンの6から始まってる動きに見えます。

でも、ワルツイ短調って言うぐらいだから、
普通、曲の初めはイ短調ですよね。
(たまに違うこともありますが・・・)

とすると、
イ短調で始まって、G7のところでハ長調に転調していると考えるのでしょうか?
つまり、
a:I → IV → C:V7 → C:I

というわけで、コード進行としては、何の不思議もないのですが、
調性を軸に考えると、いつも分からなくなるんですよ。

インヴェンション13番。
invention13-analize01.jpg

これも同じパターンですが、
これは最終的にハ長調に落ち着くから、
Gのところで転調してると考えてしまえばいいんでしょうかね。

あんまりこだわっても仕方ない気もするし、
実際には、和音がどこで変わっているかと
ドミナントモーションの位置さえ分かればいいのかなという気もするので、
日頃は気にしてないのですが、分析は苦手です(^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

17 : 24 : 57 | 音楽理論 | コメント(2) | page top↑
さかのぼり日本史
2014 / 03 / 01 ( Sat )
法隆寺ネタついでに・・・
NHKで何年か前に放映していた「さかのぼり日本史」という番組の
録画をちまちまと見ています。

歴史番組と言えば、「ヒストリア」などわりとエピソード的な番組が多い中、
この「さかのぼり」はかなり硬派で面白いんですよ。

歴史を現代からさかのぼっていって、
どうしてこうなったかという原因を過去に遡って追求していくので、
「さかのぼり日本史」というタイトルなのですが、
さかのぼりだから面白いというよりは、
スポットの当て方が面白いんです。

知名度の高い事件ではなく、もっと裏に隠れたような事件でありながら、
実は時代背景として大きな転機となった事件を取りあげたり、
歴史の背景にある経済状況の変化や外交政策の変化などに焦点を当てたり。

まあ、本物の歴史マニアからすると、分かりきった話ばかりなのかもしれませんが、
僕にとっては、「露寇事件」とか「神戸事件」とか
全然知らなかったような事件とかが多かったりします。

信長、秀吉、家康と権力が移って行った戦国時代の勝敗の裏には、
経済事情が大きくかかわっていて、
実際の戦争の表舞台は氷山の一角で、
実はどちらが財力を持っているかで勝敗が決まっていたとか。

彼らもそのことを十分知っていたので、
信長は、経済活性化に努めたし、
秀吉は、流通を手中に収めようとしたし、
家康は、大坂の陣の前に豊臣方にお金を使わせようといろいろ策を弄したようですね。

そうやってみると、歴史って面白いですよね~!
「歴史=年号暗記」みたいな発想が、いかにアホらしいかって思います(笑)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 31 : 00 | 歴史 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。