スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
一日一件更新達成!
2014 / 01 / 30 ( Thu )
今月、これで31件目の記事です!

ということは・・・



祝!一日一件ペースの更新記録達成!




左下の月別表示を見ると、ほら、この通り!

blog-1entry-per-day01.jpg

記事数も971件で、
まもなく、1000件達成ですね!

このブログも、この2月で8周年。
かなり長寿ブログになってきましたね・・・笑

追記:
実は削除したボツ記事とか下書き状態のままの寝かせ記事入れると、
1000件突破してるみたいでした(笑)
この記事のファイル名が"blog-entry-1001.html"になってるので・・・
スポンサーサイト
12 : 21 : 21 | 日常 | コメント(10) | page top↑
♪ ピアノとの向き合い方
2014 / 01 / 30 ( Thu )
最近、自分のピアノとの向き合い方がだいぶ定まってきた気がします。

発表会など人前演奏の本番のために、
その一瞬に少しでも完成度の高い演奏をするために、
日夜、地道な練習を重ねていくという方は多いと思うのですが、
僕はどうやら違うようです。

最近は、発表会的なものへの興味は、日に日に薄れているんですよね。

それでは、休日のカルチャスクール的に
黙々と与えられたカリキュラムをこなしていくような
スタイルが好きかというと、それもちょっと違います。

誰かのために演奏したいのか・・・
というと、そういうわけでもありません。

最近分かってきたことは、
楽譜から音になることへの純粋なる興味がメイン!
ということ。

偉大なる作曲家が作りだした楽譜と
プロのピアノ演奏を見比べて、
この音符の羅列がどうしたら、こんな響きになるんだろう?
とか逆に、
この響きは、どんな音符から構成されてるんだろう?
という純粋な興味が支配的な気がします。

だから、「弾ける弾けない」はあんまり関係ないんですよ。
こうやったら弾けるとか、こうやったら「恐らく」弾けるんだろうとか
そういうことが分かっただけでも結構、満足感が得られます。
もちろん、どちらかといえば、弾けた方が嬉しいですけどね^^;

というわけで、
一曲を地道に完成させていくというスタイルはあんまり合わないですし、
できる限り、いろんな楽譜を見てみたいというのが今の心境です。

レッスンというのは、基本的には演奏家を育てるスタイルだと思うので、
その意味でも、レッスンに違和感を感じてきていたんだろうなあと思います。

また、心境はどんどん変化していくかもしれませんが、
当分はこんな感じでピアノと向き合っていきたいと思っています。

ピアノが好きということは、ピアノ仲間さんと何も変わらないんですよね!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 06 : 40 | ピアノ雑感 | コメント(6) | page top↑
♪ シューベルトの即興曲 op.90-3 (4)
2014 / 01 / 29 ( Wed )
気づいたら、今月29件目の記事です!

過去の月別件数を調べてみたら、
2006年4月に27件を記録しているのが最高でしたので、
月間更新件数の記録を更新しました!(笑)

「僕イケメン」の狩野英孝氏が打ち立てた
1日1001回更新の世界記録には遠く及びませんが・・・笑

このままあと2件、今月中に更新できれば、
1日1件ペースも達成できそうですね!

それはさておき・・・

シューベルト即興曲の初めの8小節練習の進捗状況。

即興曲 Op.90-3 初めの8小節のみ(シューベルト)




ビフォー版でもなんでもありません。
8小節だけですし、全然弾けてませんし、
ただの途中経過報告です(笑)

これでもかなり頑張って、
ようやくこのレベルまで内声を抑えられるようになりました。

しかし、内声がほんと、バラバラですね(汗)
もうちょっとゆっくり弾けば、もう少し均一にはなるんですけど、
弱音にしなきゃいけないので、コントロールがほんと難しいです。

力はだいぶ抜けてきた気はするのですが、
もう少し脱力して弾ければ、きれいに揃ってくるかなあ。

旋律がまたひどいですね!
内声を聴きつつ、旋律を山のように描くというのは、
ほんと難しいですね・・・

もっと、精進が必要です。
と言いつつ、このところ、完全にバッハのコード弾きにハマってしまっていて^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 35 : 47 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(8) | page top↑
♪ バッハコード弾き
2014 / 01 / 27 ( Mon )
マジメに取り組むのもいいですが、
せっかくなので、レッスンを受けていない特権を生かして、
ちょっと自由な切り口で取り組んでみようと思いまして・・・^^;

以前、ほんの少しだけ練習していたインヴェンション13番

まずは、徹底的に和声を把握しようと思いまして、
コード付けを行ってみました。

まだ、1ページ目だけですが、イ短調とかハ長調がメインなので、
かなり、コード付けやすいです!
(間違ってるところも結構あるとは思いますが・・・)

それで、適当コード弾きで、ポピュラーみたく、
かなり盛り上げたりして、自由に弾いてたら、
なんだかすごく、楽しくなって来ました(笑)

もちろん、最終的には、ちゃんと弾く予定です^^;
そうしないと、2声の練習になりませんからね。。。

ただ、コード付けてから読むと、すごく読みやすいんですよ。

両手でマジメに弾いていくときも、コード付ける前に比べて、
不思議なぐらい読みやすくなります!

あとは、コードから和声進行の理論にあてはめていけば、
もっと勉強になりそうですね!

とりあえず、楽しいので、2ページ目もコード付けてみて、
そのうち、コード弾きバージョンでもアップできればと思っています^^;

ちなみに、複合機の方は、まだセットアップできてません(汗)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 20 : 38 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | コメント(2) | page top↑
♪ 久々のバッハ
2014 / 01 / 25 ( Sat )
偏食もアレだなあ・・・と反省したところで、

久々に、なんとなく、バッハを練習してしまいました!(笑)


バッハについては、相変わらず、

何をどう弾いたらいいのか・・・
どう弾けたらOKなのか・・・
何を気にして練習したらいいのか・・・

よく分からないのですが

tsukupia☆のトピで相談してみたら、知恵袋で
ショパン弾くのにバッハの練習も必要でしょうか?
という質問をしている人がいることを教えていただいて、
その回答を見て、なるほど・・・と思いました。

ショパンは、バッハを尊敬していたので、
ショパンの音楽にはバッハを倣った音楽要素が
たくさん含まれているんだそうですね。

ショパン弾きたいなら、やはり、やった方がよいようですね。

バッハ難しいけど、本でも買ってちょっと勉強してみようかな・・・

と、心の片隅にちょっとだけ思ったり思わなかったりする今日この頃(笑)

この発言、三日たったら忘れてるかもしれません^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 52 : 24 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | コメント(4) | page top↑
複合機購入
2014 / 01 / 25 ( Sat )
増税前第一弾ということで、以前から欲しかった
電話+FAX+コピー+スキャナ+プリンタの複合機を買いました!

ブラザーのMFC-J980DN-Wという機種。

確か、電話まで含めると、ブラザーしか出してないんですよね(たぶん)
ブラザー、定評あるっぽいし。

あらかじめ、これという機種を決めておいて、
価格コムで最安値を調べておき、
電気屋でその価格を告げると、それより安くしてくれました。
ありがたやー(^ー^)

それにしても、これだけの機能が全部含まれていて、
2万円程度って、ほんとにすごいですよね!

これまで、コピーとスキャナは持ってなかったし、
FAXは壊れてたので、買って損はないですよね。
楽譜のコピーやスキャンに重宝しそうです!

と言いつつ、これ買ったの先々週なんですが・・・
まだ、セットアップしてないんですよ(汗)
先週、ようやく箱からは取り出しました(笑)

というのも、ピアノ熱とブログ熱が高まりすぎていて、
時間があれば、ピアノ弾くか、ブログ書きたいので、
なかなかセットアップする時間が捻出できません(笑)

さすがに、明日ぐらい、セットアップするかなあ・・・

テーマ:コレ、買ったよ! - ジャンル:ライフ

23 : 40 : 26 | 日常 | コメント(2) | page top↑
♪ 偏食
2014 / 01 / 22 ( Wed )
ご存知の通り、かなりの偏食家です(ピアノの話)

ショパンとシューベルト以外には、ほとんど興味がないわけなのですが・・・
(逆に、ショパンとシューベルトは、
できる限りたくさん弾きたいという食欲旺盛ぶりですが・・・笑)

最近、楽譜を読むのが楽しくて楽しくてしかたがなく、
いろんな楽譜を読んでみたくなってきました。

やはり、作曲家ごとに癖があると思うので、
いろんな作曲家の楽譜を読んだ方が
楽譜を感じる経験値が上がっていくと思うんですよ。

本気で弾きたい曲は、ショパンとシューベルトだけだと思うのですが、
遊びでつまみ食いということであれば、
いろんな作曲家を弾いてみたいなあと思い始めた今日この頃です。

もう少しいろいろ楽譜を買ってみてもいいかなと。
とはいえ、聴いたことない曲を弾く気になれないし、
いろいろと、曲を聴いてみないといけないですね^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 24 : 54 | ピアノ雑感 | コメント(4) | page top↑
♪ シューベルトの即興曲 op.90-3 (3)
2014 / 01 / 19 ( Sun )
ひたすら初めの8小節を練習中。

ムーンライトエフェクト、あるような気がします!

練習の前に、月光一楽章をなるべく旋律と内声を弾き分けることに
意識を集中して弾いてみると、
その後、この曲が弾きやすい気がします。

耳の一つのチャンネルで、旋律を聴きながら、
もうひとつのチャンネルでしっかり内声を聴いて、
乱れないように監視する(「監聴する」が正しいんだろうけど・・・笑)
って感じですね。

難しいけど、地道にやるしかないですね。。。

しかし、まあ飽きもせず、8小節だけをひたすら反復できるなあと
自分でも驚きます。

同じような練習でも、これがツェルニーだと全くやる気がしない
というのも、これまた不思議(笑)

飽きもせず・・・と書きましたが、いろいろ息抜きはしてます。

今日は、シューベルト「楽興の時2番」とか「3つのピアノ曲1番」とかを少々。
3つのピアノ曲は、2番が最も好きなんですが、
「弾くのは1番が楽しいよ~」と、らべんだ~さんが言ってたけど、
確かに、1番は弾くのすごく楽しいですね(笑)
なんというか、和音が心地よい。

あとは、「あなた」(小坂明子)とか「贈る言葉」とか
「異邦人」とか「待つわ」とか「乾杯」とか・・・

息抜きしすぎですね^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 01 : 13 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(6) | page top↑
♪ エチュード op.10-9 (5)
2014 / 01 / 19 ( Sun )
少し分かってきたこと。

左手の最初のバスを焦らず、しっかり取ることが重要ですね!

ついつい焦っちゃうんですけど、
ここが動きの起点になるので、
ここが不安定だと、後がすべて乱れます・・・

逆にしっかり余裕を持って取れば、
それでリズム感もしっかり出来上がりますしね。

最後の方の f moll から F dur に変わるところからが
(ひょっとしたら違うかも^^;・・・Aがナチュラルになるところ)
やはり、難所ですね!
最初のFの音をしっかり取るよう意識して、練習中。

何度も出してますが、この部分。

etude10-9-05.jpg

難所ですが、前の記事に書いた体の動きを止めるということを意識すると、
少し見えてきました!

今まで、体動かして、体で弾こうとしてたからいけなかったんですね!

よく考えてみたら、右手は隣接音を行ったり来たりするだけの音形なんだから、
そんなに難しいわけじゃないんですよね。

前の記事でshigさんがコメントされてたように、
体を軸にして、角度で考えれば、その角度変化は微々たるもののはず。
肩から手に至るまでたくさん自由度を持ってるんだから、
それで角度調整して弾いていけば、体を無理に動かす必要ないですよね^^;

例えて言えば・・・
クレーン車で高所の窓ふき作業をするのに、
今までは、隣の窓へ行くのに、その都度わざわざ
クレーンを降りて、下の車を動かしてたって感じです^^;
そんなことしなくても、クレーンを動かせばいいんですよね!(笑)

そして、体が止まっていれば、左手和音は同じ音形なんだから、
同じような動きで弾いていけば、はずすことはないはず!

まあ、そんな口で言うほどうまくはいかないものですが、
原理はつかめたような気がします。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 46 : 17 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(0) | page top↑
背理法の罠
2014 / 01 / 17 ( Fri )
久しぶりに、数学の話ですが、ほとんど数式を使わない簡単な話なので、
こちらに書きます。

ご存知の方も多いと思いますが、
「背理法」という証明法があります。

「Pであるならば、Qである」という命題を証明するのに、
わざと、「Qでない」と仮定して、矛盾を導き出して、
「よって、Qである」と結論付ける方法ですね。

抽象的だと分かりにくいと思うので、具体的で卑近な例をあげると、

「Aさんにアリバイがあるならば、Aさんは犯人ではない。」

という命題。背理法で証明できます。
証明は以下の通り。

「Aさんは、犯人である」と仮定する。

犯人ならば、犯行時刻に犯行現場にいたはずである。

しかし、Aさんは同時刻に、他の場所で目撃されている(アリバイ)

このことは、犯行現場にいたことと矛盾

よって、Aさんは犯人ではない(証明終了)


というわけですね!


ここからはちょっと数学の話。

この背理法、とても自然な手続きに思えるのですが、うっかりすると、
とんでもない結論を証明してしまう危険性がある
と気づきました。

たとえば、

a は実数とする。
a2 = -1 ならば a = 0 である。


という命題が背理法で証明できてしまいます。
やってみましょう!

a ≠ 0  (a=0ではない)と仮定する。

a は実数で、a≠0 だから、a2 > 0

このことは、a2 = -1 < 0  と矛盾する。

よって、 a = 0 である。

(証明終了)

いや、恐ろしいですね!
証明のどこが間違ってるのでしょう???

実は、証明はどこもおかしくないんです。

もともとの命題が論理学上、正しいんです!

この命題は、
実数で2乗したら -1 になるようなものが存在すれば、それは0である。

ということを言ってるにすぎないんです。

ご存知の通り、2乗してマイナスになるのは虚数ですから、
実数にこのような数は存在しません。

命題において、もともとの仮定がありえない仮定になっている場合は、
帰結が妥当であるか否かにかかわらず、論理学上は真となります。


なんだかキツネにつままれた感は否めませんけどね・・・

ということは、

太陽が西から昇るならば、
僕は指一本で幻想即興曲を弾けます。


という命題も正しいんですね(笑)

誰かをミスリードしたい場合には、背理法がおすすめです^^

テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

13 : 02 : 29 | 数学(高校+α) | コメント(4) | page top↑
♪ シューベルトの即興曲迷演奏
2014 / 01 / 17 ( Fri )
だいぶ以前にご紹介したことのある動画ばかりなのですが、
久しぶりに見て、やっぱり吹き出してしまったので、
またご紹介させていただきます(笑)

まずは、Op.142-2。
中間部が思いっきり、変態演奏です!(笑)
時間のない方は、1:30ぐらいからお聴きください。



こちらは、Op.90-4のラフマニノフの演奏。
全体的に面白いですが、特に中間部。
わざわざこんな弾き方しなくてもいいのに・・・
と思ってしまうのですが(笑)
時間のない方は、1:50ぐらいからどうぞ。



そして、こちらは演奏は素敵なのですが、
文鳥がかわいらしくてしかたがありません^^



既にご覧になった方は、もう一度、楽しんでくださいね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 14 : 35 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(0) | page top↑
♪ シューベルトの即興曲 op.90-3 (2)
2014 / 01 / 16 ( Thu )
まんじゅうの方ですが、こちらも忘れてはいません。
塩せんべい(エチュード)ばっかり食べてるわけじゃないですよ(笑)
お茶(アンドレギャニオン etc.)も飲んでます・・・

それにしても、この曲、もちろん簡単なんて思ってたわけじゃないですけど、
想像以上に難しい!!!
ビフォー版すらアップできるかどうか分かりません。

こちらは欲張らずに、初めの8小節だけ(例の萌えポイントよりも前)に絞って、
徹底的に練習してます。

まずは、5指でメロディを奏でながら、他の指で内声を弾く
ということができないと弾けないので、
この8小節で弾けるようになることを目指します!
でないと、先進んでも意味ないですもんね。

この原理は月光第一楽章と同じだとは思うのですが、
(その意味では、ムーンライトエフェクトは期待できると思うのですが・・・笑)
月光に比べて、内声のパターンが複雑です。

まずはゆっくりから始めてますが、
あまりにゆっくりだと、メロディパートの響きが減衰してしまうので、
メロディが弾けてるのか弾けてないのかよく分からないんですよね(笑)

というわけで、地道に録音しながら、頑張ってます。
(こういうのは録音して聴いてみるのが一番)

この曲、一説には、Op.90の中で一番難しいとも言われてますが、納得かも(汗)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 41 : 10 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(2) | page top↑
♪ 体の動き
2014 / 01 / 16 ( Thu )
体を無駄に動かさない!

というのは、レッスン習っていた時に再三注意されていたことなのですが、
今まで弾いていたような曲は、それでもなんとか弾けていたので、
深く意味を考えることはなかったんです。

エチュードはそうはいきませんね・・・
初めて、体の動きについて考えるようになりました。

考えてみれば当然で、
体の軸が位置決めの原点になるわけだから、
原点が振動してたら、高精度に位置が決まらないわけですよね!
乱気流に入った飛行機の中で、写経しろと言われれてるようなものです(笑)

それでも、移動距離が短い曲(跳躍のない曲)であれば、
指と指の間の距離感で移動できるから、
その時は、指が仮の原点になって、相対移動で考えられるから、
体の軸が動いてても、なんとかごまかせてたんだと思います。

あと、ゆっくりした曲であれば、視覚で位置決めできるから、
これもなんとかなってたんでしょうね、きっと。

でも、今回のように音域が広くて速い動作を要求される場合、
手の動きの感覚で位置を正確に決めなければなりません。

反復練習で感覚をつかんでいくわけですけど、
その時の原点が振動してたのでは、無理ですよね。
体の動きも毎回同じようにしないと、再現性が出ません。

というわけで、動かさないに越したことないですね。

実際、動かさないことを意識してやると、
今までの曲(ノクターンとか)もかなり弾きやすくなりました。
レッスンの頃、ツェルニーなどで苦しんでたのも、
このことが大きく関係してたんじゃないかな・・・

今回のエチュードだと、特にこの部分。

etude10-9-05.jpg

cresc e accel.で駆け上がっていくところですが、
この部分は、体の軸を止めないと、まったく弾けません!

左手は、まったく同じ和音が続いてるので、
同じ動きをしていれば、はずすことはないはずなのに、
右手の動きに弾きづられて、体が動いてしまっているのか、
不思議なぐらい、はずしまくるんですよね(汗)

軸を安定させることを意識して、体を介した相互作用をなくして、
右手は右手、左手は左手というように動きを独立させることを意識するだけで、
だいぶ違う気がしています。
(もちろん、まだ、完全じゃないですけど・・・)

それから、姿勢を正すことで、少し鍵盤を俯瞰するような見方ができるので、
広い鍵盤が多少狭く見えて、飛距離も短く見える
という心理的作用もあるような気がします。

今まで、「体の動き」とか「姿勢」とか重要とは聞いていながらも、
どこか半信半疑でしたが、今回ばかりは、その重要性が理解できました。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 25 : 02 | ピアノ雑感 | コメント(2) | page top↑
♪ エチュード op.10-9 (4) ビフォー版
2014 / 01 / 15 ( Wed )
今年はどんどん練習経過をアップしていこうと思ってますので、
とりあえず、現状をアップしてみました!

エチュード Op.10-9(ショパン) ビフォー版



まだ全然基本ができてないので、ボロボロですが、
今後の成長を辛抱強く見守ってくださる心の広い方のみお聴きください^^;

音間違いは数知れず、弾きなおしもありますので・・・

全体通して、不安定すぎ。
これからゆっくり丁寧に部分練習していかないといけないですね。

エチュード、得るものはすごく多いです。

発表会的な場で弾く気は毛頭ありませんが、
おんそうずで弾けたらいいなあ・・・とは思っています。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 07 : 18 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(6) | page top↑
♪ tsukupia34☆
2014 / 01 / 14 ( Tue )
今日は、今年初のtsukupia☆練習会でした!

何、このリアルタイム感(笑)
こんなに新鮮な練習会報告をするのも何年ぶりかです!

最近は、発表タイムというものがないので、
弾かれた中から適当に代表曲を選ばせていただきました。
(差しさわりありましたら、変更 or 削除しますので、お知らせください)

~参加者(敬称略・エントリー順)~
dyne    エチュード op.10-9(ショパン)
いずみ   演奏会用アレグロ(グラナドス)
伊勢人   ゴールドベルク変奏曲4(バッハ)
たまこ   ピアノソナタ2番第1楽章(プロコフィエフ)
STRocker(弾き語り)  Hey Jude (The Beatles)
チョピン  バラード1番(ショパン)
jun     エチュード 多数 (ショパン)
はな。   ワルツ 数曲 (ショパン)

上級者さんが集うせっかくの機会なので、
ぼろぼろのエチュードOp.10-9を弾いて、教えをいただきました。

この記事で、指を3にするか4にするかと悩んでいたところについて。
上級者お二人に聞いて、3派と4派に分かれました(笑)
どちらも納得のいく有意義な説明をいただけたので、
自分のやりやすい方法で対応してみたいと思います。

2次会は、近くのカレー屋へ初挑戦してみたのですが、
時間がまだ開店前だったので、あえなく断念!
前記事の「珈琲哲学」にしました!
今年、早くも2回目のコテツ(笑)

ピアノ話や理系話など・・・
最後に、エチュードの楽譜を見ながら、
全曲の練習ポイントや難所の運指をどうするかなどの談義を
聴かせていただいて、とても有意義な時間でした!
エチュード全曲聴いて予習してくればよかったなあ・・・

次回は、ノクかプレリュードの全曲解説でもお願いしようかなあ(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 16 : 09 | tsukupia☆ | コメント(2) | page top↑
珈琲哲学
2014 / 01 / 11 ( Sat )
何も、新しい学問領域を提唱しようというわけではありません!

これから、珈琲に関するウンチクを語ろうというわけでもありません!

そういう名前のファミレスがあるんです!
(もちろん、回し者でもありません・・・笑)

イタリアンのチェーンのファミレスなのですが、
グランドピアノがあって、毎晩、ピアノの生演奏があったりで、
ただのファミレスよりは少し落ち着いた感じで、優雅な雰囲気。

tsukupia☆で使うスタジオの近くにあるので、
2次会にもたまに使っています。

前置きが長くなりましたが、
先日の初詣の帰りに、夫婦で行ってきました^^

こんなお店。
coffeetetsugaku-2014-05.jpg

中はこんな感じ。落ち着いてますよね!
coffeetetsugaku-2014-01.jpg

一番のお気に入りは、BLTのピッツァ!
coffeetetsugaku-2014-03.jpg

今回はもう一つ、ベーコン・チョリソーのカレーピッツァも。
coffeetetsugaku-2014-02.jpg

ベーコンかぶってますけど、味付けが全然違うので、楽しめました。

ところで、このサイズ、直径 25~27 cm なのですが、
一応、「2人前」なんだそうです。
僕たちはいつも食べてるし、一人一枚ずつ楽勝で食べられるのは分かってたんですが、
店員さんには「大きいですよ、大丈夫ですか?」とかなり念押しされました(^^;

それどころか、僕はおなかすいてたので、
2枚じゃ足りないかという方を心配してたんですけどね・・・
さすがにもう一枚頼みづらくなりました(笑)

そして、食後の珈琲は、欠かせません!^^
冷えにくいように、肉厚のマグに入ってくるんですよね。
coffeetetsugaku-2014-04.jpg

一応、こういう「哲学」っぽい文言は壁に張られています(笑)
でも、ファミレスだから、店主の頑固おやじが登場して、
ウンチクを語るとかはありませんから、ご安心を^^
coffeetetsugaku-2014-07.jpg
(ピンボケすみません)

というわけで、くつろぎのひと時を過ごしました!
背後に筑波山がきれいです。
coffeetetsugaku-2014-06.jpg

この後は、ショッピングモールへ行き、
いろいろ、服を大人買いしてしまいました^^;

最後に、ショッピングモールの中にも神社ありました。
iiasshrine-2014-01.jpg

「イーアス」というショッピングモールなんですが、
ちゃんと、「良明日神社」ってなってるあたりが芸が細かいですね(笑)

紙製の絵馬もあって、ちゃんと、筑波山神社に奉納してくれるらしいので、
書いてきましたよ。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

01 : 26 : 05 | おでかけ | コメント(6) | page top↑
♪ 月光第一楽章効果?
2014 / 01 / 11 ( Sat )
またもや的外れかもしれないし、気のせいかもしれませんが(笑)

最近、どんな曲でも、弾きやすくなった気がするんです。

ひょっとして、「月光」第一楽章を練習したせいなのでしょうか。

小指で旋律を奏でながら、他の指で内声を弱音で弾くという練習が、
脳を使って、指を独立にコントロールする訓練にかなり効果があったのではないでしょうか。

さらに、ゆっくりな曲だから、その分、定着しやすいのではないかと・・・
(速い曲だと、手の動きでごまかしてしまう可能性があるから)

単になんとなく弾いてみようと思っただけで、
そんな狙いがあったわけではなかったのですが、
これは意外にも、美味しい拾いものをしたかもしれません(^皿^

あ、別に、そんなに弾けるようになったわけではありませんよ、念のため^^;

たぶん、バッハでも同等かそれ以上の効果は得られるとは思うのですが、
バッハはどうも気乗りしない・・・という向きには、
月光第一楽章、いいかもしれません(笑)

とりあえず、「ムーンライト・エフェクト」(Moonlight effect) と命名しておきます!
(怪しすぎ・・・笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 34 : 22 | 脱力への道 | コメント(2) | page top↑
♪ リベラ、アンドレ・ギャニオン
2014 / 01 / 10 ( Fri )
久しぶりに図書館へ行ったら、リベラのCDが入荷されてました!
即行で借りましたよ!

もちろん、「彼方の光」は入ってます。
他に、ドラマ「マドンナ・ヴェルデ」の主題歌「生命の奇跡」とか、
ジュピターやショパンのプレリュード20番を歌ったものなど。
ほんとに極上の歌声ですよね!

そして、アンドレ・ギャニオンのCDもあったので、借りました。
有名な「めぐり逢い」や「愛につつまれて」はもちろん、
以前にこの記事で紹介した「潮騒」も入ってました!

いや、癒されますよね!
アンドレ・ギャニオンさん、ほんとに優しい弾き方しますよね。
piyoneもすっかり癒されて、「こういう弾き方が私の理想」とか言ってます(笑)
まあ、僕もこういう弾き方できるものなら、したいですよね・・・^^;

「めぐり逢い」も「愛につつまれて」も「潮騒」も
一時期ちょっと練習してましたが、なにげに難しいんですよね。
どれ一つ、ちゃんと弾けません(汗)

あとは、ラフマニノフの前奏曲集のCDもあったので、借りてきました。
あんまりちゃんと聴いたことなかったので、いろいろ聴いてみます。

それにしても、つくば図書館、ラフマニノフはこれ一枚しかなさそうなんですけど・・・
いくらなんでも、少なすぎじゃないですか? > 市原市長

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 37 : 36 | ポピュラー | コメント(4) | page top↑
♪ 音域の広い分散和音
2014 / 01 / 10 ( Fri )
のんびりくろねこさんの記事で、
届かないアルペジオは、届かない距離を飛んでるイメージじゃなくて、
本当は届く距離をパランとバラして弾いてるつもりで弾くとよい

と書かれていました。

これ、最近、なんとなく、自分で感じていたことに通じるんですよね。

ひょっとしたら、僕の考えは的外れかもしれませんが・・・

低音域から高音域へパランとやる狭義のアルペジオだけでなく、
広い音域の分散和音すべてに関して、
ここは本当はこれらの音すべてが同時に鳴っている和音を想定してるんだろう・・
と思って、大きな一つの手を想像して、同時に鳴らしちゃうようなことを
イメージすると、うまく行く気がします。

もちろん、理屈上は、手首の回転とかいろいろな要素があって、
そんな簡単なものじゃないんでしょうけど、
イメージとしてはです。

イメージすると何か違うかな・・・という気がしています。

そのイメージからスタートして、
自然なコースを見つけるというのがいいのかなという気がしています。

的外れでしょうか?^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 25 : 14 | ピアノ雑感 | コメント(0) | page top↑
♪ エチュード op.10-9 (3)
2014 / 01 / 07 ( Tue )
録音して聴いてみると、なんとも不安定な感じ。
(録音は聴いたら、サッサと捨ててます・・・笑)

右手が不安定に感じるのは、
先日、shigさんに教えていただいた重みを乗せて弾くということが
できていないということもあるかもしれませんが、
そもそも、左手が不安定というのも大きい気がします。

NaGISAさんのブログで、「左手は指揮者」という記事があったのが
印象に残っているます(違ってたらスミマセン)

左手が安定したテンポを刻む中に、右手の動きが乗っていかないと、
メロディが音楽的には聞こえないですよね。

この曲、左手が異様に難しいので、
左手練習が全然足りていない!
・・・ということが分かりました。

左手猛特訓で、とにかく左手を安定したリズムで
弾けるようにならないと、ダメですね。


それはさておき・・・

ここの左手、難航中!

etude10-9-06.jpg

ここに限らずですが、一つの和音が終わって、次の和音に移るときに
バスを取りに行く動作ができてないんですね。
もう少し、研究してみます。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 57 : 45 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(2) | page top↑
初詣2014
2014 / 01 / 07 ( Tue )
今年も筑波山神社へ初詣に行ってきました。

昨年までで、3年間の大厄が無事終了!^^
毎年、厄除け祈祷していただいてたので、
今年は、そのお礼参りに・・・

例年通り、正月三が日が終わった4日に行ったのですが、
今年は、ふもとの道路がなぜか大渋滞(>_<)
いつもはそんなでもなかったんですけどね・・・
hatsumoude2014-02.jpg

前は、スカイツリーが見えましたが、今回は、霞んでてよく分かりません。
hatsumoude2014-01.jpg

参道を歩いて、山門まで到着!
hatsumoude2014-03.jpg

お札をお返しして、参拝!
ここも並んでた・・・結構な人出でしたね。
hatsumoude2014-04.jpg

今年用のお札を購入して、帰ろうとしたら、
ガマの油売りのガマ口上をやってました。

以前にも見たことあったのですが、
今回の方は、かなりジョーク飛ばしてて、笑えました。
かなり現代風なガマ口上ですね(笑)

1枚が2枚、2枚が4枚、・・・
hatsumoude2014-05.jpg

紙吹雪のシーン。
「ここ、一番のシャッターチャンスだよ!」とご本人がおっしゃってたので、
遠慮なく写真撮れました(笑)
hatsumoude2014-06.jpg

実際に腕を切って、ガマの油で治癒させる流血のシーン。
hatsumoude2014-07.jpg

先日、たまたま見たテレビ番組でここの老舗旅館の女将さんで
戦後、観光目的にガマ口上を復活させた方が出演されていて、
この種明かしをされていたので、安心して見れました(笑)

というわけで、初詣も無事すませて、気分すっきり!
今年も一年、頑張ります。

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

00 : 44 : 41 | おでかけ | コメント(2) | page top↑
新春!数学暗号クイズ
2014 / 01 / 05 ( Sun )
お友達が数式変形で文字が浮かび上がる数学暗号を紹介されていて、
僕も自分で作ってみました!

マジメに数学的な変形をしていくと、
あるメッセージが浮かび上がります!

sugakuangou.png
(クリックすると、拡大されます)

(条件)
i 以外の数はすべて実数とする。( i は虚数単位)
r は 正の整数。
a > 1、p > 0 とする。



ちょっと、凝りすぎましたかね?(汗)

僕が作ったぐらいだから、そんなに難しくはないはずです^^;
是非、挑戦してみてください^^

解答は、しばらくして、気が向けば、
物理ブログの方にアップしたいと思います!

※入念にチェックしたつもりですが、万が一の出題ミスの場合はご容赦ください。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

21 : 35 : 20 | 数学(雑感) | コメント(0) | page top↑
♪ エチュード op.10-9 (2)
2014 / 01 / 05 ( Sun )
ついに、ショパンとシューベルトカテゴリを作っちゃいましたよ ! ウッシッシ(^^)_V

ここは少しずつ、頭に入ってきたかな・・・という感じ^^

etude10-9-03.jpg

ここからは、まだ覚えられないんですが、
頭に叩き込んでいかないと・・・

etude10-9-04.jpg

このあたりから、和音が全部同じになりますね!
ショパン先生、ついにめんどくさくなったかな?

etude10-9-05.jpg

それはともかく、和音が同じになってくれるので、
頭を右に特化できて、少し楽になります。

とはいっても、この左がちょっと僕には弾きにくいんですけどね・・・
やっぱり、上体の軸の安定ですよね!
右手につられて、体が引きずられていっちゃうと、
左手が安定しない気がします。

まあ、そんな感じで・・・(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

15 : 12 : 56 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(4) | page top↑
岩手旅行 (5) 中尊寺
2014 / 01 / 05 ( Sun )
いよいよ、中尊寺!
もちろん、あの有名な金色堂が見たかったのです。

写真では分かり肉ですが、
結構、斜度のきつい坂道の参道(月見坂)を上がっていきます。

chusonji02.jpg

途中にある弁慶堂。

chusonji03.jpg

こんな景色が一望できるので、
かなり高くまで登ってきてることが分かりますね。

chusonji07.jpg

そして、金色堂。

chusonji04.jpg

残念ながら、堂内は撮影不可ですが、
とても端正に作られていて、美しかったです!

でも、想像してたサイズよりかなり小さかった。
模型みたいにガラスケースの中に入っていて、
その周りから見学するという感じ。

その横にあったこの建物。
なんだったか忘れちゃったんですが、
中ががらんどうだったので、昔の建屋だったかなあ・・・^^;

chusonji05.jpg

すぐ近くに、こんな能楽堂もありました。

chusonji06.jpg

山を降りてきたところには、弁慶の墓がありました。

benkeigrave01.jpg

ちょうど、あじさいの季節だったので、雰囲気ありましたよ。
弁慶の精が宿ってるかも。

benkeigrave02.jpg

こんな感じで、中尊寺を堪能した後は、ホテルへ。
翌日は、平泉のあちこちを散策しました(つづく)

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

15 : 03 : 56 | おでかけ | コメント(0) | page top↑
岩手旅行 (4) 弁慶の力餅
2014 / 01 / 05 ( Sun )
今年はためこんだ旅行記をアップしまくるぞ!

と決意したので、まずは岩手旅行記の続き。
(もういつ行ったか忘れましたが・・・)

猊鼻渓を出て、今回のメインである世界遺産の地、平泉へ!

到着後すぐに腹ごしらえ(笑)

出発前からクーポンで予約しておきました。
あ、別に予約するほど狭い店ではなくて、
観光センターみたいなところなのですが・・・


弁慶の力餅セット!

chusonji01.jpg

餅をいろんな味付けでいただきます^^
一つの皿に餅が2つずつ入っているので、結構な分量で、大満足!

でも、考えてみたら・・・

武蔵坊弁慶がこの地にいた頃というのは、
義経とともに、鎌倉幕府を支えていく夢破れて、
頼朝に追われる身になって、
最後の最後に、頼みの綱の藤原泰衡にも裏切られ、
日本中に誰も頼れる者などいないという
失意のどん底で命を落としていくわけですよね。

そんな弁慶がまさか、1000年後の後世に、
自分の名前を知らない人なんて日本にいないというぐらい有名人になって、
自分の名前の「力餅セット」をみんなが喜んで食べてたりとか・・・
自分のゆるキャラがみんなに愛されてたりとか・・・

まさか、こんな状況になることを
弁慶は想像できたでしょうか?(笑)

歴史というのは不思議なものですね!

この後、中尊寺へ行きます。(つづく)

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

14 : 03 : 02 | おでかけ | コメント(0) | page top↑
♪ シューベルトの即興曲 op.90-3 (1)
2014 / 01 / 04 ( Sat )
金魚さんの一押しもあって、op.90-3 が一歩リードです(笑)
僕に弾けるかどうかは分かりませんが・・・

というわけで、今日は少し練習してみました。

Sleepingさんの「塩せんべいとまんじゅう」練習法で考えると、

塩せんべい・・・エチュード op.10-9
まんじゅう・・・即興曲 op.90-3

という布陣で行くのも悪くないかなと(笑)

ちなみに、最新の流行型は、「塩せんべいとまんじゅうとお茶」
3つどもえなんだそうで(笑)

確かに、塩せんべいとまんじゅうだけだと、
甘いものと辛いもののバランスは取れるものの、
喉が渇きますからね~
妙に納得です!(笑)

お茶は、何にしようか検討中。
お茶は一曲じゃなくて、いろんなお茶をその時々の気分で。
というのもアリかな。

それはさておき、op.90-3 の萌えポイント!

schubert90-3-moe01.jpg
schubert90-3-moe02.jpg
(手書き指番号はずっと昔に書いたものなので、怪しいです・・・汗)

この部分の左手だけで確実に萌えられます!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 00 : 04 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(4) | page top↑
♪ シューベルトの即興曲あれこれ
2014 / 01 / 02 ( Thu )
シューベルトの即興曲もまた何か弾きたいなあ・・・と思っていて、
昨年から、op.90の1番と2番と3番を部分的にあれこれ練習してます。

練習してて、一番萌えられるのは、間違いなく、op.90-1。
変化に富んでいるし、飽きないんですよね!

でも、知名度(人気度)がいまひとつなので、
苦労して弾いても、完全にスルーされてしまう可能性大。
「労多くして、実り少ない」って感じですね(笑)

ダントツ知名度が高い op.90-2は、
もとはそれほど好きではなかったのですが、
練習してみると(=ゆっくり聴いてみると)、
シューベルトすべてに言えることですが、和音がやっぱり美しいんですね。
スケール的な練習にもなりそうだし、
今のところの一番の候補です。

op.90-3 はもとから好きな曲で、魅力的な曲ですね。
和音萌え度や転調萌え度もすごくて、
左手単音の進行だけで萌えられる箇所もあるぐらいです(笑)

そろそろ、どれか一曲に絞って練習したいなというところですね^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 24 : 27 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(4) | page top↑
知恵の輪
2014 / 01 / 02 ( Thu )
お正月は家でのんびりと過ごしています^^

昨日、義理の両親宅での食事会の席で、義父から渡された知恵の輪!

chienowa.jpg

ダイソーで売ってるものらしいのですが、難しい!(>_<)

外している状態で渡されて、自分ではめたんですけど、
それでも、はずせないんですよ・・・

今日、途中であるひらめきがあってはずせたんですが、
もう一度はめたら、もう分からなくなって、はずせません(笑)

どういう形にしたらはずれるかも分かってるのに、
その形に持っていけないという・・・

誰が考えたか知りませんが、
ほんと不思議ですよね・・・

ところで、この形、有名なのでしょうか?
Wikipediaの「知恵の輪」のサイトに全く同じものが
写真で掲載されてました(笑)

テーマ:¥100均で買いました(^^)v - ジャンル:ライフ

22 : 57 : 28 | 日常 | コメント(0) | page top↑
♪ エチュード op.10-9 (1)
2014 / 01 / 02 ( Thu )
昨年から、いろいろ弾き散らしている中、
わりと一極集中でマジメに練習しているのがこの曲。
ショパン エチュード Op.10-9

エチュードの中ではかなり弾きやすいとされているらしい曲ですが、
それでも僕には、かなり難しいです・・・

ようやく、辛うじて何度かつっかえながらも、
最後まで流れるようにはなってきました・・・
「辛うじて」ですよ・・・弾けるとは到底言えません(汗)

でも、さすがエチュードというだけあって、
いい練習になりますね。
左手の音域の広いアルペジオを回転を使って弾く練習
徹底的にやらされます(笑)

根性で弾くのでは練習の意味がないと思うので、
楽に自然に弾くにはどうすればいいんだろうかと
手の動きをいろいろ研究しながら練習しています。

上野学園の横山先生のレッスン動画によると、
3指を軸に回転して弾く練習だそうです。

やっているうちに、雰囲気は少しずつつかめてきたのですが、
3ではきついところがあるんです。

etude10-9-01.jpg


この2個目のアルペジオ。
「ファ・ド・ド・ド・レ♭・ド」を 「531313」で行けなくもないのですが、
それだと、かなり回転させなくてはいけなくて、肘が手前で詰まった感じになり、
あまり自然な動きにならないんですよね。

ということで、「531314」にして、
(追記:弾いてみて確かめてみたら、実際は、「531515」っぽい感じでした)
上からかぶせるような手の形にしてみたのですが、
最後の軸が4で終わるので、その後の回転で戻す時に、
うまくファに戻ってくれません。

全体が弱音で、バスをガンガン鳴らすところではないように考えているのですが、
かといって、このページはずっと最後まで、
このファの音が続いてて、下支えしている感じの作りになっているので、
そこだけファの音が抜けると、すごく間が抜けた感じになるんですよね。

精度を上げられるよう、引き続き努力してみます。

あと、左手を弱音にするのがほんと難しいですね。
どうしても、左手がガンガンしてしまい、興ざめです^^;

この曲に限らないのかもしれませんが、
左手を十分片手練習して、安定させないとダメですね!

ここの左手も地味に難しい・・・

etude10-9-02.jpg


あと、ここ、なかなか頭に入らない。

etude10-9-03.jpg


片手ずつだと、うまくいくんですけど、
両手だと、それぞれの手が黒鍵だったか白鍵だったかが分からなくなります(汗)

まあ、そんな感じで、とても楽しいです^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

18 : 58 : 35 | ピアノ練習記(ショパン) | コメント(6) | page top↑
葉祥明さんの手帳
2014 / 01 / 01 ( Wed )
今年早くも2回目の更新!速すぎ?(笑)
スポンサー広告なんて、もうお呼びじゃないぜ!^^b

さて、昨年から気に入って使っている葉祥明さんの手帳!
今年も買いました。

yoshomei-diary2014-01.jpg

もとはといえば、piyoneが葉祥明さんの絵が好きだったのですが、
僕も今は大好きなんです。
ほっとできるというか、癒されるんですよね!

家のあちこちに葉祥明さんの絵を飾ってます。
カレンダーを切って額に入れたやつなんですけどね(^^;

今は、ジェイク(犬)のいるような癒し系の絵も好きなのですが、
もともとは、ちょっと寒々しい象徴画っぽい絵が好きでした。

北鎌倉にある葉祥明美術館がお気に入りのスポット。
ここで、一昨年、この手帳を見つけたのがきっかけ。
それまでは、携帯に全部の予定入れてて、手帳なんて使ってませんでした・・・^^;

中は、こんな感じ。

yoshomei-diary2014-02.jpg
yoshomei-diary2014-03.jpg
yoshomei-diary2014-04.jpg

癒されますよね~

葉祥明さんは、絵も素敵ですが、絵本や本の文章が素晴らしいです!
彼の本を読んで、生きる望みを持てた人たちがたくさんいるんじゃないかな。

ここの美術館で毎年行われるクリスマスパーティにも一度行ってみたいんですけどね。

テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

23 : 24 : 32 | 日常 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。