スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ウィンドチャイム
2013 / 12 / 31 ( Tue )
前記事で書き忘れましたが、
那須のステンドグラス美術館で、こんなウィンドチャイムを買って来ました。

nasustainedglass10.jpg

以前から、新婚旅行の時、ナイアガラで買ってきたウィンドチャイムを
ドアには飾っているのですが、
今回のチャイムは、とても透明感のある響きで、
一目というか一耳で(笑)、気に入ってしまいました。

よく見ると、微妙な模様が刻まれていて、
これが独特の響きを作り出しているんだろうかと思ったり。

nasustainedglass12.jpg

ちなみに、piyoneは音もさることながら、
妖精の飾りがとても気にったようです。

nasustainedglass11.jpg

夫婦二人で気に入ったものが手に入ってよかったです^^

ところで、ステンドグラス美術館の中にも、
癒しのチャイムが置いてあるスペースがあるんです。

2種類の周波数があって、

528 Hz・・・心を愛の状態に。
999 Hz・・・ストレスの緩和、精神を鎮める。


という効果があるんだそうですよ。

音階上で言うと、どの音になるのかまだ計算してませんが、
いつか計算してみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

14 : 56 : 05 | カーテン・インテリア | コメント(0) | page top↑
那須ステンドグラス美術館
2013 / 12 / 30 ( Mon )
11月末に那須のステンドグラス美術館へ行ってきました。

ここは以前に那須へ一泊旅行した時に、一番気に入っていた場所。

特に大聖堂でステンドグラスを見ながら聴くパイプオルガンの演奏が
なんとも癒されるのです。
今回は、日帰りで、行き先をここだけに絞って行ってきました!

nasustainedglass02.jpg

パイプオルガンとオルゴールの演奏は
毎日、一時間おきに演奏されるのですが、
この日はさらに、オーボエの特別演奏がありました!

到着後、回数の限られているオーボエの演奏をまず堪能。
グノーやシューベルトの「アヴェマリア」とか
カヴァレリア・ルスチカーナ間奏曲とか
ヘンデルの「私を泣かせてください」とか・・・
有名曲ばかりで、聴きごたえありました。

終わると、併設のカフェで腹ごしらえ。

nasustainedglass03.jpg
nasustainedglass04.jpg

誕生月の割引クーポンを持っていってたので、
誕生日ケーキをつけてくれました。
(誕生日はかなり過ぎてて、もう忘れてたんですけどね^^;)

その後、館内に戻って、メイン目的のパイプオルガンを聴きに。
大聖堂の中に座って、壁面にある大きなステンドグラスを眺めながら、
パイプオルガンの音色に聴き入る至福のひととき!
毎時の演奏を2回聴きました。

ヘンデルのラルゴ、エルガーの愛のあいさつ、
アメイジング・グレイス、オペラ座の怪人、
もちろんバッハもあったはずなのですが、
日が経っているので、曲目が思い出せません^^;

聖堂で聴くパイプオルガンと言えば・・・
もう15年以上も前に新婚旅行で、ロンドンのセントポール大聖堂に行った時に、
たまたまなのか流れてきたパイプオルガンの音色が忘れられません。
音響がすごかったのか(それなりにいいオルガンなんだと思いますが)
記憶が美化されているのか分かりませんが、
とにかく、えも言われぬ美しい響きでした。

ステンドグラス美術館は、館内撮影禁止なので、
写真がアップできないのが残念ですが、
至る所にステンドグラスのオブジェが散りばめられていて、
そこにいるだけで、至福の時を過ごせる素晴らしい空間です。

こちらは帰りに外から撮影した壁面のステンドグラス。

nasustainedglass08.jpg

隣には結婚式も挙げられる教会があって、

nasustainedglass09.jpg

内部も撮影可でした。素敵ですよね!

nasustainedglass05.jpg
nasustainedglass06.jpg

ステンドグラス美術館自体の大聖堂でも結婚式挙げられるみたいです。
そのパンフレットがこんなにかわいく置かれてました。

nasustainedglass01.jpg

そして、夜はまたきれいでしたよ!

nasustainedglass07.jpg

また、いつか行きたいですね!

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

23 : 37 : 12 | おでかけ | コメント(0) | page top↑
♪ 音符をひらがなのように
2013 / 12 / 28 ( Sat )
tsukupia☆のお友達でピアノを教えている方が生徒さんへのメッセージで、

音符をひらがなと同じくらいの速さで読めるようになってほしい

と書かれていました。
なんか、この「ひらがなのように」という表現にすごく感銘を受けたんですよね!

自主的に問題意識を持っていることの一つが楽譜の瞬時読譜力
バイエルをやっていた初期の頃に、暗譜して鍵盤ガン見で演奏する癖がついてしまった
ツケが回っています。

だいぶ前から問題意識は持っていて、克服すべく取り組んではいます。
最近、いろんな曲を徹底的にほぼ初見状態で弾き散らかすということを続けていて、
かなり効果が上がってきました。

もちろん、「ひらがな」状態は夢のまた夢ですが、
以前は、「フランス語」のように一単語ずつ、辞書を引っ張ってたような状態が
今は、「英語」ぐらいにはなったかなという実感です。
(当社比で言うと、100倍ぐらい速くなったぐらいの実感なのですが・・・)

とにかく、たどたどしくなら、初めから両手で譜読みし始めることができるようになったのは、
普通の方にとっては当たり前のことかもしれませんが、
自分にとっては、大きな収穫だったりします。

これ、曲を始める時の障壁を下げる意味ですごく重要なんですよね。
以前は、まる覚えしてから弾いてたので、ほんとに辛かったです・・・(涙)

そのtsukupia☆の方も、子供の頃は楽譜が読めなくて、苦労したんだそうです。
でも、今はひらがなのように読めるそうで、
どのように克服したか尋ねると、
やはり徹底的にいろんな楽譜を読んで慣れたそうなんですよね。

初めは簡単な曲から・・・と思いがちだと思うのですが、
僕の場合は、荒療治で無謀曲を含めて、難しい曲をガンガン読んでみたのですが、
これが効果的だったかもしれないと思っています。

いろんな難しいパターンや調号地獄にも慣れてきますし、
楽譜への恐怖心がなくなるというのも効果的だと思います。

たぶん、音符のフラッシュカードみたいなので地道に訓練する方法もあるんでしょうけど、
僕には性格上、あってないかなと思うんですよね。
単語帳で暗記していくより、いきなり英字新聞を読むといった方法の方があってます(笑)

「ひらがな」状態を目指して、今後も続けていけたらなあと思います。
14 : 50 : 23 | 視奏への道 | コメント(16) | page top↑
♪ レッスン休止
2013 / 12 / 28 ( Sat )
今年も残すところあとわずか。
今年のピアノを振り返る時期がやってきました。

何を弾いたとか、何曲弾いたとかはもういいのですが、
振り返るにあたって、これだけは書いておかなければならないでしょう。

2か月程前に、9年ちょっと続けてきたレッスンをやめました。

先生のご指導に不満があったわけでは決してありません。
大人スタートの生徒にも手を抜かず、骨太のレッスンをして下さり、
基礎的なことからきちんと指導して下さった先生にはとても感謝しています。

自分の方向性がレッスンというスタイルとずれてきてしまった
というのが大きな理由です。
週一回の定期的レッスンというと、どうしても、一曲を半年とか一年とかかけて、
コツコツと仕上げていって、発表会へ持っていくという形になりがちだと思うのですが、

今は、できるだけたくさんの楽譜を見てみたい・・・
無謀曲も含めて、いろんな数多くの曲に触れて、
そういった曲がどういう音の作りになっているかを知りたい・・・
どんなテクニックが世の中に存在するのかを知りたい・・・

といった興味の方が日ましに増えてきたんです。
一曲をきちんと弾けることよりも。

もちろん、上達が遅くなることは承知の上なのですが、
趣味としての「ピアノを楽しむ」という原点に立ち返ったときに、
昔、ブログを始めたころに、独学のブロ友さんたちがいて、
「憧れ曲に挑戦してみることにしました」と宣言して、
コツコツと練習して、アップされて、それを聴いてコメントさせていただいたりしたことを
思い出しました。

ピアノを楽しむというのは、僕にとってはこういうことだったんじゃないかなと
改めて、気づきました。
ピアノは仕事ではないので、
上達を多少あきらめても、やはり「楽しむ」ということをメインに置きたいなと。

あとは、自分なりに持っているいくつかの問題意識に対して、
毎週のノルマ的なものではなく、じっくりと時間をかけて向き合ってみたい

という思いもありました。

これはもちろん、レッスンを通してやる方がほんとはよいのでしょうけど、
焦りを感じずに、じっくりとマイペースで取り組んでみたいという思いがあるんです。

レッスンをやめて、2か月程、自由にあれこれ弾き散らかしておりますが、
いろいろ見えてくるものや気づけたものがありました。
それについては、またおいおい書いていこうと思います。
ピアノをとても楽しめているなあと実感しています。

やめる日には先生とも和やかにいろいろ腹を割ったお話ができて、
先生には、またいつかご指導いただけたらなあと思っています。
そういう意味をこめて、タイトルは「休止」にしました。

とりあえず、ピアノも続けますし、ブログも続けますし、
むしろ、これまで以上にピアノ記事をあれこれ書いていきたいと思っておりますので、
ピアノ友達の皆様、これからもよろしくお願いしますね!^^

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 15 : 52 | ピアノ雑感 | コメント(2) | page top↑
♪ おんそうず6~BGM曲目
2013 / 12 / 27 ( Fri )
大変遅くなりましたが、おんそうず6のBGM曲目をアップいたします。

ノート行方不明事件については、その後の捜査で、
ばんちゃん父さんの車の中から無事発掘されました。

で、ばんちゃん父さんには、すぐにスキャナで取り込んで、
メールで送っていただいていたのですが、
僕がサボっていて、今に至りました(スミマセン・・・汗)

BGMタイム1

全員(歌)/ばんちゃん(p)  Happy Birthday to You (くろねこさんへ)
              (Mildred J. Hill & Patty Smith Hill)
kassii3 懐かしいヴァレンタイン(ギロック)
     夜想曲(ギロック)
kassii3 with ばんちゃん   ワルツ9番 (ショパン)
Sleeping フラ5 アルマンド (バッハ)
ゼロシン  ポロネーズト短調 (バッハ)
ぴっぴ   水の星へ愛をこめて(ニール・セダカ)
もでらーと スケルツォ (シューベルト)
dyne  ノクターン19番 (ショパン)
葉月(歌)  サークル・オブ・ライフ(Elton John)
タワシ   スケルツィーノ・メヒカーノ(ポンセ)
のんびりくろねこ  メヌエット~ベルガマスク組曲から (ドビュッシー)
とびたか(咆哮)  似ているようでちとちがう(とびたか)
らべんだ~   ノクターン op.27-2(ショパン)
Kaz    インターメッツォ(マヌエル・ポンセ)
     G線上のアリア(バッハ~アレクサンドル・ジュティ編)

BGMタイム2

ぴっぴ  Resolution(ジョー・リノイエ)
ばんちゃん  テンペスト 1楽章(ベートーヴェン)
Kaz   ヴォカリーズ(ラフマニノフ~アール・ワイルド編)
ぴっぴ   焔の扉(梶浦由記)
ばんちゃん  英雄ポロネーズ(ショパン)
くろねこ・らべんだ~   ソナタK381(モーツァルト)
dyne・もでらーと  彼方の光(村松崇継~カナリー・ショボイ編)
タワシ  Have yourself a merry little christmas(?)
タワシ・Kaz  主よ人の望みの喜びよ(バッハ~ヘス編?)
Sleeping・monet  「ドリー組曲」より第一曲「子守唄」(フォーレ)

※間違い・抜けなどございましたら、お知らせください。

あと、タワシさんが記入漏れがあるとおっしゃってましたが、
間が空いちゃったので、分からなくなってしまいました^^;
上の2つでよろしいですか?
(作曲家とか編曲者とか不明なので、コメントお願いします)


みなさん、素晴らしい演奏でしたが、
印象に残ったものをかいつまんで・・・

まず、開始早々、くろねこさんへのサプライズで、
「Happy Birthday to You」をみんなで歌いました!
見事なサプライズでしたね!
くろねこさん、びっくりしてました。

「kassiiさん with ばんちゃん」というのは、
連弾じゃないんですよ。
kassiさんが弾いて、同じ曲をばんちゃんが弾いたという見事な共演(笑)
ばんちゃん、自分の持ち曲を誰かが弾くと、すぐに弾きたくなるみたいで、
「with ばんちゃん」タグはよく登場するんですよね。
ほほえましい光景です^^

ぴっぴさんの曲、「水の星へ愛をこめて」!
聴いた瞬間、アニメの曲ということだけは分かって、
あまりの懐かしさにこの曲何でしたっけ?と、
いかにも詳しそうなゼロシンさんに聞いてみたら、
エラニユースさんがもっとお詳しいとのこと(笑)



そうそう、Zガンダムの主題歌で、あの森口博子さんが歌ってたんですよね。
僕は、ガンダム(というかアニメ全般)にはほとんど興味がないのですが、
このZガンダムだけは中学生の時、見てました。
このベタなメロディラインが何とも言えず好きで、
昔、カセットテープで何度も繰り返し聴いてたのですよ(笑)

で、今回初めて知ったのですが、作曲したのがニール・セダカでしたか。
「恋の片道切符」の人ですよね(笑)

ちなみに、ぴっぴさんがソロタイムに弾かれた
「Eternal Wind~ほほえみは光る風の中~」という曲も
ガンダムの曲なんだそうで・・・
でも、世代が新しすぎて、分かりません~(汗)

葉月さんの「サークル・オブ・ライフ」。
エルトン・ジョンの曲、好きなので、嬉しかったです。

ゼロシンさんのバッハ。
確か、プレインベンションに載ってる曲でよく知っていたので、
バッハ王子に弾いていただけてうれしかったです。
おんそうずとは関係ありませんが、ちょうど今、
ブログの方で僕の大好きなBWV639をアップして下さってます!
いいですね~

とびたかさんの咆哮、いいですね~
お笑い的なネタも入ってるんですが、
素人には作れない骨みたいなのが入っているので、
終わった後に、心に何か確かなものが残るんですよね・・・
それが涙を呼ぶこともままあります。
やはり、咆哮の第一人者です。

そして、こうやってリストを眺めていると、必ず、
まったく記憶にない聞き逃してしまった曲があるんですよね(汗)
今回は、タワシさんとKazさんの「主よ」の連弾。
急きょ、その場で決まって、初見で演奏されたらしいのです。
うぅ、もったいないことをした・・・(x_x

というわけで、懸案のおんそうず6のBGM報告を年内に完了することができて、
スッキリです!(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

18 : 57 : 48 | おんそうず | コメント(2) | page top↑
クリスマス2013
2013 / 12 / 24 ( Tue )
このところすっかりサボってましたが、
今年は、久しぶりに、我が家のクリスマスの飾り付けをアップします!

こちらは、いつものツリー!

xmas2013-04.jpg

最近は、青や白いLED系のツリーをよく目にしますが、
(それはそれできれいだなあとは思いますが・・・)
やはり、クラッシックなあたたかみのある感じが僕は好きですね。

電球も白熱の方が、雰囲気があっていいです!
(省エネのために、あまり長時間はつけてませんが・・・)

今年はあまり写真を撮っていないので、
ツリーについては、きれいに撮れている2009年の記事をご覧ください(笑)

そして、今年のメインは、こちら!

xmas2013-01.jpg

このミニサンタは、僕の両親の合作による手作りです!

これの原案になったものは、こちらのサンタ↓
昨年、ある雑貨店で目にして、お顔のなんともいえない愛らしさに一目ぼれして、
即購入したものです。
(リース部分は、piyoneの手作り)

xmas2013-03.jpg

母はこういう手作りが趣味で、父はデザインが本職なので、
父が設計を担当して、母が制作してくれました。

xmas2013-02.jpg

顔の表情は一つ一つ違っているのですが、
美術系を出ている父が描きました。
顔の部分は、ピンポン玉なんだそうです(笑)

手前のキャンドルは、義理の両親からのドイツ土産のアロマキャンドル。
香りの木が入っているみたいで、
なんかもったいなくて、点火できないんですよね・・・^^;

両脇に2つあるのは、無印のLEDキャンドル。
これは、いつ何時でも付けたいときだけつけられて、
安全だし、なかなか重宝します。

上にいる天使ちゃんは、ミルクリークオーナーのお友達からいただいた
那須ステンドグラス美術館のおみやげ。
これも素敵です!

そして、今年初のアイテムがもう一つ。

piyoneが一目ぼれして買ってきたスノーマン。

Xmas2013-05.jpg

もうこれ以上、物を増やすのは・・・とちょっと思ったんですが、
買ってきたものを見て、納得!!!

なんて、かわいいんでしょう!!!(笑)

親子になっているのがたまりません。
子供の表情がほんとかわいいですよね。
お母さんにも見えるし、お父さんにも見えるんですよ(どっちだろう?笑)

中にはLEDライトが入っていて、赤や青や緑などいろんな色に光ります。

このところ、仕事から帰ってくると、まず、この子たちに癒されてますね^^

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

00 : 24 : 04 | デコレーション | コメント(4) | page top↑
♪ おんそうず6
2013 / 12 / 02 ( Mon )
先日、ばんちゃんず主催の「おんそうず6」に参加してきました!

いつもの常連メンバーに加えて、
初参加のmonetさん、ゆめゆりさん、kazさん、ぴっぴさん親子にもお会いできて、
とても楽しいものとなりました。
monetさんとはブログでも以前から交流させていただいていたので、
ついにご一緒できてよかったです^^

プログラムは、EXPのタワシさんのブログに掲載されています。

内容については、くろねこさんのブログが非常に詳しいので、
そちらをご覧ください(笑)

・・・と、いつも他人任せですみません(汗)

で、BGMの全曲リストは僕がアップする担当のはずなのですが、
うっかり、BGMノートをホールに置き忘れて帰ってきてしまいました・・・汗
プレゼント交換のプレゼントとおみやげのパンはしっかり持って帰ってきたというのに・・・
今、行方不明状態で鋭意捜索中です(不手際、スミマセン)

おんそうず参加者で間違えて持って帰ってきてしまったという方は、
ご連絡ください!

といっても、もう既にいろいろな場所を通じて、呼びかけているのですが、
特に情報なしなので、見つからない可能性も大です・・・ショボン

さて、今回のソロは、月光の第一楽章で臨みました。

おんそうずでは、結構常連さんの方でもソロは緊張するらしいのですが、
僕はもう、おんそうずでは、ほとんど緊張しなくなりました(笑)
(もちろん、深層意識ではそれなりに緊張してるんだとは思いますが・・・)

といっても、緊張しないからと言って、ベストな演奏ができるわけではなくて、
家のピアノの音と違うことで、どうしても、動揺してしまいます。

この月光は、アルペジオをとにかく弱音で弾くことに注力してきたのですが、
広いスペースで弾くと、家での練習よりも音が自分に届きにくいので、
演奏開始直後、これじゃ弱過ぎて、音が鳴ってないんじゃないかな・・・
という不安にかられ、もう少し強く弾いた方がいいだろうかという葛藤に陥りました。

でも、いや、ここで爆音にしちゃったら元も子もないし・・・
と思い直して、いつも通りに弾いたのですが、
後ほど、Sleepingさんに確認してみたら、
音鳴ってたとおっしゃってくださったので、それでよかったようです。

録音聴いてみても、まだ大きすぎるぐらいかもしれませんね。
旋律の方は、ちょっとカツンカツンといった感じになってしまってます。
理想は、ポンという音なんですけどね・・・なかなか難しいです(汗)

初めの方はかなりもたついてますが、暗譜落ちです(汗)
この曲、ゆっくりなので、手暗譜はほとんど効かないので、
論理上の音で暗譜しなければならず、結構苦労しました。

途中からだいぶ集中力が出てきて、
最後の方はおんそうずで弾いてることを忘れるぐらい集中できました。
それはそれで、いいのか悪いのか・・・笑

というわけで、おんそうずでは初めて自分で録音してみましたので、
記念にアップしておきます。

月光 第一楽章(ベートーヴェン) 「おんそうず6」本番演奏





今回は、もでらーとさんと連弾させていただきました。

曲は、以前に結婚式での演奏用に僕が勝手に編曲した「彼方の光」です(笑)
当日リハで一回弾いただけの当日合わせでしたが、
もでらーとさんも以前、「彼方の光」を耳コピで楽譜にされたというぐらい馴染みの深い曲なので、
曲への思い入れが共有できて、気持ちよく、連弾できました!

後のBGMタイムでエラニユースさんにリクエストいただいたので、
再度、弾かせていただいて、リハも合わせると、
3回も弾けたので、とても楽しかったです^^

こちらも録音しましたので、アップしておきます。
(もでらーとさんの了承済)

彼方の光(連弾)(村松崇継 作曲・カナリーショボイ 編曲) 「おんそうず6」本番演奏
もでらーとさん(primo) / dyne(second)



というわけで、とても楽しい会になりました。

なんだか、今回は真面目な報告になったなあ・・・まあ、いいや(笑)

他の方の印象に残った演奏とか・・・
いろいろ、また後日加筆記事を書くかもしれませんし、書かないかもしれません。

ばんちゃん父さん、EXPのタワシさん、ご一緒させていただいた皆様、
ありがとうございました^^

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

13 : 16 : 12 | おんそうず | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。