スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 発表会2012
2013 / 03 / 23 ( Sat )
2012と言っても、2012年度という意味で、
先日の教室の発表会のご報告ですからね!
(一年前の発表会かと想像した方へ、念のため・・・汗)

今年から、教室の建物がリニューアルして、サロンみたいになったので、
同時に、月々の料金に施設費みたいなのが上乗せされた・・・汗)
会場はその中の小ホールを使って行われました。

毎年わりとくだけた雰囲気なので、カジュアルな服装で臨むのですが、
今年は着ていく服がなくて、スーツで臨んでしまいました。
浮いてたかも・・・(汗)
何より、先生がびっくりしてました(笑)
一応、初発表会の時も着て行ったんですけどね。

yamaha2012-01.jpg

曲目は、ベトソナ20番の第一楽章。
結論から言うと、何度も何度も弾きなおしてしまいましたが、
直前レッスンでの先生のご指導がよくて、
テンポはあまり乱れなかったみたいでよかったです。

指はいつものことながら、回りませんね。
今までで本番に指が回ったなあと感じることは皆無です。
もう回を重ねているので、緊張はさほどでもなかったのですが、
家のピアノと違う音が聴こえてくると、
とたんに焦ってしまう癖が治りません(><

というわけで、指は回ってないし、何度も何度も弾きなおしていて、
まったく聴くに値しないのですが、
一応、発表会の本番演奏は記録として残すことにしているので、
貼り付けておきます。
謙遜ではなく、ほんとに、聴く必要ないですからね!

[VOON] Beethoven Piano Sonata No.20 1st Move (発表会)

今回も、tsukupia☆のメンバーでもあり、
同門の生徒でもあるmiumiuさんとご一緒に参加できました。
miumiuさんは、トリでラフマニノフの「楽興の時」4番を堂々と演奏されて、
もう素敵過ぎる演奏でした!

それから、同門で隔年参加(笑)のpyu-poさんと、
tsukupia☆のいずみさんが
お忙しいところ、応援にかけつけてくださいました!

いずみさんからは、こんな素敵な花束を、
pyu-poさんからは、美味しいお菓子をいただきました。
お気遣い、ありがとうございました!^^

yamaha2012-flower01.jpg

さて、発表会終了後は、先生が企画して下さったお楽しみの打ち上げ!
(どちらかといえば、こっちの方が楽しみだったり・・・)

まだ、お店の予約に時間があるということで、
みんなでまったりと雑談していたら、
目の前にエレクトーン(ステージア)が置いてあったので、
弾いてみたいという話になって、教室のスタッフさんの配慮で
エレクトーンとピアノが置いてある練習室を使わせていただけることに!

先生、エレクトーンは初めてだったそうで、
大喜びで弾いてらっしゃいました(笑)
いろいろ機能をいじりながら、見事に弾きこなしてらっしゃいましたよ。

僕もせっかくなので、久しぶりに弾いてみたくて、
覚えている「グリーンスリーブス」や「秋桜」の断片を弾いたりして、楽しみました。
足鍵盤はさすがに、今は一個一個見て確かめながらでないと踏めませんね・・・

「秋桜」を弾いていたら、先生が横でピアノで合わせて下さって、
プチ・アンサンブル状態に(笑)
とても、楽しかったです!

yamaha2012-02.jpg

そうこうしているうちに時間が過ぎたので、打ち上げ会場へ・・・

いつもは30分レッスンで、先生とはあまりゆっくり雑談もできないのですが、
今回はじっくりと、いろいろな話ができて有意義でした。

先生によると・・・
言ったことの主旨をすんなり飲みこんで理解してしまえるタイプの生徒と、
妙にひっかかってしまうタイプの生徒がいるそうなのですが、
僕は後者のタイプだそうで(笑)

説明されたことをそのまま文字通り100%受け止めて、
猪突猛進(猪突盲信?笑)してしまうので、
次回、逆のことを言われて修正されると、
前回言われたことと逆じゃないの???
となってしまう・・・
というメカニズムが判明しました(笑)
程々に・・・という感覚を身につけていこうと思います^^;

そして、今回の参加記念品は、楽譜ファイルでした。
コピー譜の整理に使えそうですね!

yamaha2012-kinenhin01.jpg

いずみさんにいただいた花は、我が家のリビングの色合いとぴったりでしたよ!

yamaha2012-flower02.jpg

pyu-poさんのお菓子、ごちそうさまでした!

yamaha2012-cookies01.jpg

最後に、ご指導下さった先生、応援に来て下さったお友達の皆様、
あたたかい励ましのコメントをいただいた皆様、ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 03 : 01 | ピアノ発表会 | コメント(10) | page top↑
∫ 読み物系の物理書にハマる
2013 / 03 / 19 ( Tue )
一般の人向けに数式を使わずに書かれた読み物系の物理書は
たくさん出版されていますが、
結局は理解できないまま終わるのが嫌で、
最近は読むことが少なかったんです。
(もちろん、子供の時は、そもそも数式が分からないので、よく読みましたよ)

とはいえ、現状のレベルできちんと理解できる範囲はかなり狭いし、
せっかく物理を勉強しているのに、最先端の物理の状況をまったく知らないのは
それはそれで問題と思い、最近、また読んでみようと思うようになりました。

まずは、たまたま義父から借りたこの一冊を読みはじめました。

宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)
宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)村山 斉

幻冬舎 2010-09-28
売り上げランキング : 4138


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東大数物連携宇宙機構の村山先生の一冊。
大栗先生とともに有名な方ですよね!
わりと新しい本なので、最先端の事情を知るのにもいいかなと。

まだ途中なのですが、初めの方の記述がほんとに分かりやすくて、
理系以外の初心者にも分かるように、
できるだけ理系的な用語を用いないように配慮がなされています。

これで知ったのですが、
「暗黒物質」や「暗黒エネルギー」の存在が確認されたのは、
ほんとについ最近(2000年頃?)のことだったんですね!
もっと昔からモデルに入っていたのとばかり思ってました。
物理の世界では、日々、モデルが進化していっていて、
未知の部分だらけだということが分かります。

素粒子が出そろったあたりまで読んだのですが、
さすがに頭が疲れてきたので、
ちょっと中断して、別の本に浮気(笑)

時空図で理解する相対性理論―図解雑学 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!-)
時空図で理解する相対性理論―図解雑学 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!-)和田 純夫

ナツメ社 1998-03
売り上げランキング : 170917


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この「図解雑学シリーズ」は以前に、経済学についての本を読んだのですが、
分かりやすいだけでなく、きちんと内容を理解できるように書かれていて、
とても気に入っていました。

で、この「相対性理論」、一気に完読しましたが、
いや、ほんとに素晴らしい本でした!

子供の頃にたくさん読んだ相対論関連の読み物はすべて、
不可思議な現象が起きるんだよ!ということはことさらに強調するものの、
なぜそうなるかは説明してくれないというものが多かったのですが、
この本は、時空図と中学レベルの数学だけを使って、
きちんと読めば、ちゃんと数式が追えて、
なぜそうなるかも一応、納得できるんですよ!

(本質まで理解できるかどうかは別として・・・)

ここまで簡単に説明できるものなんだなあ・・・と感動でした。
おそらく、相対論って、常識からかけ離れている世界だから難解と言われているけど、
本質的には、非常に簡単なことを言ってるんでしょうね。
将来、JTBやHISで「浦島理論型タイムトラベル」とかがパッケージツアーに
組み込まれるようになったら、あるいは中学校ぐらいで教わるようになるかもしれません(笑)

とにかく、この本、理系以外の方でも相対論に興味のある方にはおすすめですよ!

注:図解雑学シリーズから「相対性理論」だけで著者の異なるものが3冊も刊行されているようです。
お間違えのないようにお願いします。他の著者のものは読んでいないので、内容は分かりません。


そして、もう一冊。

図解雑学 時間論 (図解雑学シリーズ)
図解雑学 時間論 (図解雑学シリーズ)二間瀬 敏史

ナツメ社 2001-07
売り上げランキング : 554151


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらは、これから読み始めるところですが、
目次見てると、すごく面白そうです!
また、読み終わったら、ご報告しますね。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

13 : 05 : 45 | 物理(雑感) | コメント(2) | page top↑
∫ 99次方程式~解答編 (2)
2013 / 03 / 18 ( Mon )
昨年の99次方程式の問題の解答編がまだ終わってませんでした
問題をもう一度、掲載します。

問題

次の99次方程式を解け!(笑)

x99 + x98 + x97 + ・・・ + x2 + x + 1 = 0

複素数の範囲で解をすべて見つけてください。



初めてご覧になって、挑戦してみたくなった方は、
以下の「続きを読む」をクリックしないでくださいね(笑)
続きを読む

テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 57 : 57 | 数学(高校+α) | コメント(0) | page top↑
♪ 卒業ソング弾き散らかし
2013 / 03 / 11 ( Mon )
この土日は、何も予定を入れなかったので、まったりと家で過ごしました。

とりあえず、ピアノ。

相変わらず、ツェルニーとインヴェンションがまったく合格の気配なしなのですが、
この曲が難しいというよりは、落とす打鍵ができていないことが問題のようです。
意識したら、できてるみたいなので、
打鍵を意識しながら、ツェルニーとインヴェンションを練習。

それから、4ヶ月後にある本番があって、ノクターン20番を弾くことに決めました!
この休日は、2ページ目をメインに譜読み。(中間部のまったりした部分)

なかなか素敵な和音なんですけど、
どんどん変わっていくから、頭に入りにくくて、
なかなか進みませんね・・・

で、予想される展開ですが・・・
飽きて、ポピュラーをコード弾きで弾きまくってしまいました^^;

ちょうど土曜日が3月9日だったので、
まずは、レミオロメンの「3月9日」を!

その他、卒業ソングとフォークソングを中心に、
今回は洋楽まで手を出してみました。
どれだけ弾いたかな・・・
覚えてる限り、書き出してみると・・・

卒業ソング他
3月9日
蛍の光
仰げば尊し
今日の日はさようなら
卒業写真
心の旅
いい日旅立ち
Tomorrow
贈る言葉
未来予想図II
乾杯
栄光の架橋
さくら(独唱)
手紙~拝啓十五の君へ~
YELL(いきものがかり)
桜の栞
空も飛べるはず
抱きしめたい
Get Along Together

フォークソング
岬めぐり
精霊流し
いちご白書をもう一度
あなた(小坂明子)
万里の河
サボテンの花

神田川
島唄


洋楽
愛と青春の旅立ち
Endless Love
Yesterday
素直になれなくて
雨音はショパンの調べ
Yesterday once more
Let it be
Imagine
If we hold on together
風のささやき
この素晴らしき世界


ああ、結構弾きましたね! (40曲程度・・・笑)

#や♭の多い曲(3つ以上)は、
コードの構成音が分からないものが多く、苦手だったのですが、
今回は、苦手克服の意味で、多いのも弾いてみました。

意外にも、コードが分からなくても、なんとなくで行けちゃうもんですね(笑)
(もちろん、分かるコードに比べて間違いやすいですけど)
むしろ、左手ではなく、右手の旋律の#や♭忘れの方が重症みたいです

「栄光の架橋」とか、「さくら(独唱)」とか、「Get Along Together」とか、
弾きたくても、#や♭が多いために今まで避けてきたものも
これからは臆せず弾いてみよう。。。

あと、洋楽は慣れないせいか、コード弾きが難しいですね。
旋律の感覚が慣れていないせいだと思うのですが・・・

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

12 : 49 : 35 | コード弾きへの道 | コメント(0) | page top↑
∫ 1万時間の法則と1万枚の法則
2013 / 03 / 07 ( Thu )
よく、「1万時間の法則」って、聞きますよね!

何か物事に習熟して、一流になるまでには、1万時間の訓練が必要!
とかいうお話です。

例えばピアノで、1万時間の練習が必要なのかどうか、
僕には想像もできませんが、
確かに、それなりの練習時間は必要だなあとは感じますし、
上手な人はちゃんと練習しているに違いないとも思います。

それと同様に、物理を勉強していると、
「計算用紙1万枚の法則」というものが
存在するのではないかと思うのです。

ごくまれに、計算用紙でゴリゴリ計算などしなくても、
式変形が頭の中ですらすら追える類まれなる天才がいることは否定しません。
でも、僕のような凡人は、計算用紙の上でひたすらゴリゴリ計算しないと、
式変形なんて、理解できないんですよ。

もちろん、教科書の変形を信じて、
ちゃんと計算したら、たぶんそうなるんだろうな・・・
と思って、先にどんどん進んでいくやり方もあるかと思います。

ただ、必死に計算して、式変形を理解しながら進むことによって、
理解度が何倍、何百倍も違ってくるという気はしています。


・・・いや、そう信じたいだけかもしれないけど(汗)、
これまでの勉強の中でも、多少、実感はしています。

実際に手を動かして計算過程を追うことによって、
式の意味を理解できるという意義が大きいですが、
計算能力の向上にも寄与してくれるので、
次のステップに進んだ時に、
さらに難しい計算にもついていけるという要素もあると思います。

とりあえず、これまで計算に費やした紙は、A4ファイル10冊分ぐらいなので、
1千枚ぐらいには達したと思っています。
まだまだですね(笑)

「努力は無駄にならない」ってことを信じたいですね!
ただ、それが言いたかっただけ(笑)

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 56 : 28 | 物理(雑感) | コメント(0) | page top↑
♪ 三浦友理枝&渡辺睦樹コンサート
2013 / 03 / 06 ( Wed )
tsukupia☆のお仲間たちと聴きに行ってきました!

miurayurie-watanabemutsuki.jpg


三浦友里枝さんのピアノは、4年前のこの時にも聴きに行ったことがありました。
今回は、ピアノのお仲間たちと一緒で、さらに楽しかったです!

そして、今回は、渡辺睦樹さんというエレクトーン奏者の方との共演というのも
どんな感じだろうかと興味津々で、さらに楽しみでした。

曲目は・・・

~ 第1部 (ピアノ) ~
ショパン 幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
ショパン 24のプレリュードOp.28より
        1, 7, 8, 15(雨だれ), 21, 22
ショパン バラード1番 ト短調 Op.23

ドビュッシー ベルガマスク組曲より「月の光」
ドビュッシー プレリュード集 第1集より
        「亜麻色の髪の乙女」「ミンストレル」
ドビュッシー 喜びの島

~ 第2部 (ピアノ&エレクトーン) ~
チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23

~ アンコール (ピアノ&エレクトーン) ~
グノー アヴェ・マリア


まず、楽しみだったのは、ショパンのプレリュード。
聴きなれた曲でしたが、なるほど、こんな風に弾くのか~と、感動新たでした。

特に好きな最後の22番は、とても勢いのある素晴らしい演奏で、
これまでCDで聴いていた他のピアニストの演奏よりもさらに素敵でした。

ドビュッシーは、普段あんまり聴かないのですが、
今回いろいろ聴いてみて楽しめました。
有名曲が多かったですしね(笑)
「喜びの島」とか素敵な曲ですね!(のだめでは一部、聴いたことありましたが・・・)

そして、何よりも素晴らしかったのは、最後のピアノとエレクトーンの共演!
これを聴けたことが今回の最大の収穫。

エレクトーン一台で、オケ演奏を実現するって、どんなものだろうかと思ってたのですが、
上下段の鍵盤を使って、弦楽器、管楽器、そして、たまには、打楽器にと、
どんどん音色を変えていって、オケ演奏を見事に演出されるんです!
どこから音が編み出されてるの?
もう神業としか言いようが・・・

特に、生ってところがいいですね。
上下段+足鍵盤+音量ペダルをたくみに使いこなして
弾かれているお姿がカッコイイです!!!
それに、きっちりと合わせていけるピアノ演奏もまた素敵でした!

アンコールは、グノーのアヴェマリアを演奏して下さいました。
三浦さんは、ピアノで平均律プレリュード部分を演奏され、
そこに渡辺さんが旋律をつけていきます。
初めはストリング、2番目からコーラス音色に変えるという、心にくい演出にしびれました!

いや、ほんとに素晴らしかったの一言に尽きます。

終わった後は、最近、つくばにもできた「コメダ珈琲」でお茶を!

komeda-coffee-01.jpg
komeda-coffee-02.jpg

初めてだったので、どうしても、シロノワールを食べてみたくて、注文(笑)
ミニサイズ(右)もあったのですが、せっかくなので、
標準サイズ(左)にトライしてみたところ、少しい大きすぎたかも・・・汗

ほんとは、次回のtsukupia☆練習会の後に行く予定でしたが、
フライングしちゃってすみません!(汗)
次回も行きますので、参加予定の皆さん、ご安心くださいね!^^b

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

18 : 48 : 46 | tsukupia☆ | コメント(4) | page top↑
ひなまつり2013
2013 / 03 / 02 ( Sat )
まもなく、ひな祭りですね!

今年は、ひな飾りをこんな風に玄関に飾りました。

hinamatsuri2013-03.jpg

このひな飾りは、以前に、こちらの記事でも紹介したpiyoneの実家で飾っていたもの。
コンパクトなガラスケースに収まってますが、
五人囃子以下の随身、仕丁までちゃんとそろっていて、気に入ってます。
顔立ちもふくよかな感じで、かわいいんですよ。

今年は、piyoneのひな祭りムードに火がついてしまったようで、
張り切って、家じゅうのあちこちに飾り付けてました(笑)

後ろの階段手すりのところにも、折り紙のひな人形を配置。

hinamatsuri2013-04.jpg
hinamatsuri2013-07.jpg
hinamatsuri2013-06.jpg

楽しい話に花が咲いてますね!(笑)
起き上がりこぼしになってるんですよ。
hinamatsuri2013-05.jpg

そして、ある日帰ってきたら、
リビングも、こんな感じになってました!
hinamatsuri2013-01.jpg

お菓子の箱をうまく利用して作ったひな壇。
LEDキャンドルをぼんぼり代わりにしています。
hinamatsuri2013-02.jpg

実は、今年、こんなにひな祭りブームに火がついたのは、
近くの真壁で毎年行われている有名なひな祭りを見に行ってから。

先日、「アド街ック天国」でも取り上げられたばかりですが、
町中のあちこちの店などで、古いものから新しいものまで
いろいろなひな飾りを見ることができるんです。

携帯で撮影したので、あんまりきれいに撮れなかったのですが、
こちらは、有名な潮田家(うしおだ)というところのひな人形。
昭和初期のものと、
makabehinamatsuri-02-ushioda.jpg

なんと江戸時代のものまで。
makabehinamatsuri-01-ushioda.jpg

現代のお雛様は、顔がきりっとしているものが多いですが、
江戸時代のは浮世絵っぽい雰囲気なんですよね。
これまた、味があっていいと思いました。
(写真は映りが悪くて、分からないですよね・・・スミマセン)

こちらは、古民家の旅館に展示されていた
真壁で一番古いと言われる享保年間(徳川吉宗の時代)のひな人形だそうです。
万が一、着物に触れちゃったら、そのまま崩れちゃうぐらいのものらしいですよ。

makabehinamatsuri-08.jpg

あと、他にもいろいろ。

makabehinamatsuri-06.jpg

こちらは、舌切雀や、花咲かじいさんなどが飾られています。

makabehinamatsuri-07.jpg

それから、一番気に入ったのがこのステンドグラスのひな人形。
とても、素敵ですよね!!!

makabehinamatsuri-03.jpg
makabehinamatsuri-04.jpg
makabehinamatsuri-05.jpg

このひな祭り、以前から見に行きたかったのですが、今年は実現してよかったです。
ほんとに楽しめました!
意外にもたくさんの人でにぎわっていたのにも、びっくりしました。

こちらは、ミルクリークつながりのお友達からいただきました!
清閑院の二十四節季にちなんだお菓子とひな祭りにまつわるお菓子。
手ぬぐいは、濱文様のもので、パンダがお雛様になっていて、かわいいですね!

hinamatsuri2013-okashi.jpg

季節感あふれる贈り物をありがとうございました。

あと数日、ひな祭りの雰囲気を楽しみたいと思います!

テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

00 : 21 : 43 | デコレーション | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。