スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
祝・安倍政権誕生
2012 / 12 / 28 ( Fri )
一時期、政治記事を書いてたことがありましたが、
あまりに突っ込みどころ満載で、
書くのもアホらしくなって、やめてました。

これからも、特に書く気はありませんが、
やはり、この記事だけは書いておかないとね!

苦節3年3カ月、我ながら、よく耐えた!(笑)

あのわけわからない政治集団から、ようやく日本が解放され、
国益重視派の方が首相になってくれて、まさに感無量!


そもそも、国益軽視派の政治家って、存在意義が理解できないんですけど・・・笑

安倍さんの考え方を100%知っているわけではないですが、
基本スタンスは、僕の考えとかなり共通する部分が多いので、
非常に期待しています。

さっそく、インフレターゲットを設定した金融緩和と大規模補正予算で、
財政・金融両面からの景気対策に取り組む姿勢を明確に打ち出していて、
非常に心強いですね!

これを見ていると、3年前の政権交代を思い出すんですよね。

自民党の麻生政権が景気対策として組んでいた補正予算を
上記政治集団が完全に凍結させてしまって、
財務省上がりのおじいちゃん財務大臣が登場して、
「国債は1円たりとも増やしません」みたいなノリで、
ああでもない、こうでもないと言っているうちに、
うなぎ下がりに景気が急降下して、不景気のどん底に叩き込まれたことを・・・

結局、さんざんもめにもめたわりには、何ヶ月後かに、
自民党が組んだ補正予算とほとんど同じ内容で成立させたんだっけ。

これも、今となっては、懐かしいですね(笑)

とにかく、これで、平穏な気持ちでお正月を迎えられそうです。
イライラせずに、テレビのニュースを見られるのも久しぶりかも(笑)
スポンサーサイト
01 : 16 : 23 | 政治・経済 | コメント(4) | page top↑
♪ おんそうず4 (3)
2012 / 12 / 18 ( Tue )
おんそうず4報告の続き。
今回は、皆さんの素敵な演奏について。
忘れないうちに・・・と思ったけど・・・
残念ながら、もうだいぶ忘れてしまいました。スミマセン(汗)

「記事は熱いうちに打て!」というブロ友さんの名言が
以前あったのですが、ほんとその通り(笑)

皆さんの演奏はどれも素晴らしかったのですが、
今回は、特に印象に残った演奏だけ抜粋で・・・
(全員網羅でなくて、申し訳ありません)

まず、今回語らなければならないのは、何と言っても・・・
ゼロシンワールドですね!!!

「おんそうずの王子様」で「もやし男子」のゼロシンさんが僕の憧れ中の憧れの曲
J.S.バッハ フーガト短調BWV.578(いわゆる「小フーガ」)
を弾いてくださったのです!
プログラムで告知されてから、楽しみでしかたありませんでした。

高橋 悠治(たかはし ゆうじ)さんという方のアレンジ版をもとに演奏されたそうなのですが、
もうすごいのなんのって・・・

僕の角度からは左手しか見えなかったのですが、
最後の方の盛り上がりでは、左手オクターブでテーマを奏でていくという
超絶技巧に、思わず感動してしまいました!
右手の方もかなり超絶技巧だったらしいというもでらーとさんの証言あり(笑)

ゼロシンさんのすごいところは、どの音もしっかり芯の入った音で
しっかりしたタッチで打鍵されて、あいまいな音を残さないんですよね!

演奏後、隣にいた女性が「惚れるわ~~~」と絶叫されてました!(笑)
男性の目から見ても惚れますね。
・・・というより、羨望という方が正しいでしょうか(汗)

そして、BGM枠では、打って変って、
JR東日本の発車メロディのメドレーを演奏してくださいました。
これも大好評!さすが、引き出しが広いですよね!



エラニユースさんが演奏された
ショパンの「ピアノ協奏曲第1番第1楽章 初心者用編曲版」

原曲の魅力をあますことなく取り入れたような、とても素敵な演奏でしたよ!
初心者編曲と言いながら、2オクターブぐらいにわたる指くぐり分散和音があって、
後でお聞きしたら、実は、中級編曲も少し取り入れられてたんだそうで。
謙虚なエラニユースさんらしいですよね(笑)



のんびりくろねこさんがリコーダーで演奏されたいきものがかりの「ありがとう」
らべんだ~さんがピアノ伴奏されてましたね。
くろねこさんのリコーダー演奏がすごく板についているというか、
歌心がそのまま笛の音になって届いてきて、とても心地よかったです。



ばんちゃん父さんとkassiiさんのアリス「チャンピオン」熱唱!
ばんちゃん父さんは、ギター弾き語り。
プログラムで見たときから、カッコイイ!!!と思って、楽しみにしてました。
男のロマンって感じで、すごくよかったですよ!
kassiiさんもギター弾けるらしいので、いつかkassiiさんの弾き語りも聴いてみたい。

ちなみに、こういう演目があるのが「おんそうず」最大の魅力なんですよね。
こういうのにエントリーできないのが、ちょっとさびしいです・・・



そして、今回も素敵なばんちゃんの名演奏がありました!
エオリアン・ハープや別れの曲など、エチュードを色々と披露してくださり、
そして、You tubeでも拝聴していたシューベルトの即興曲 Op.90-4も。
こんなに指が軽快に動くのがうらやましいなあ・・・と思いながら、
近くで、じっと観察させていただいてました(汗)

最後には、ベトソナの「テレーゼ」と、「エリーゼのために」まで。
この「エリーゼのために」がとても素敵でした!
(簡単な曲って、難しいんですよね)

さて、そのほかにも、全員の演奏を紹介しきれなくて、申し訳ないですが、
また聴かせていただきたくなるような素敵な演奏ばかりでした!

そして、今回もプレゼント交換企画があり、
florallyさんから素敵な楽譜ファイルとメモ帳とシャーペンのセットをいただきました!
今回メドレーで楽譜ファイルは大活躍したので、
これもありがたく使わせていただきたいと思います。

プレゼンター当てクイズで、「マジメそうな方」というヒントをいただきながら、
当てられなかったのがちょっと残念!(笑)

というわけで、おんそうず4のご報告は、これで終了。
主催者のばんちゃん父さん、EXPのSleepingさんをはじめ、
ご一緒した皆様、ありがとうございました!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 25 : 21 | おんそうず | コメント(16) | page top↑
∫ デルタ関数の公式 (1)
2012 / 12 / 06 ( Thu )
怒涛の更新ですね!(笑)

先ほどの静電場の記事で使用したデルタ関数の公式をさっそく証明しておきます。

2 (1/r) = - 4π δ(r)

証明と言っても、超関数なので、数学的に厳密な証明は僕には無理なので(汗)、
物理を理解する上で納得できる程度の証明という意味で・・・

原点以外(r≠0)では、左辺が 0 になる。

原点を中心とする任意の球体内で左辺を積分すると、-4π になる。

の2つを示したいと思います。

証明

これを示すには、ラプラシアンの球座標表示を使うと便利。
r のみに依存するので、rに関する微分の項のみを用いて、

2(1/r) = -∂r [ r2r ( 1/r ) ] / r2 = 0

半径 R の球体 VR(表面:SR)で積分する。

VR2 (1/r) dr
= ∫VR div grad (1/r) dr


ガウスの定理を用いて、体積積分を表面積分に変換し、
grad (1/r) = - r / r3
を用いると、

VR div grad ( 1/r ) dr
= ∫SR grad ( 1/r )・dS
= ∫SR (- r / r3 )・dS
= - 1/R2・4πR2
= - 4π


以上で、証明終了。

テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 57 : 30 | 数学(解析・関数論) | コメント(0) | page top↑
∫ 静電場
2012 / 12 / 05 ( Wed )
さっそく、電磁気学の復習をさらっと・・・

物質中はいろいろと難しいので、後回しにして、
すべて真空中で考えます。
仕事では物質中の方が重要なのですが(汗)、
とりあえず、相対論や場の量子論では真空中でよさそうなので・・・

今回は、静電場の話。

クーロンの法則
点電荷 q (位置x) が 点電荷 q'(位置x') から受ける静電気力は、
各電荷に比例して、距離 r の2乗に反比例する。
(向きまで考えて、単位ベクトル r/r を追加している)
F = k1 q q' r / r3   (r = x - x')

これを電磁気学では、遠隔作用ではなく、「場」を介した近接作用の立場で理解する。
つまり、電荷 q' が xの位置に電場 E を作り、電荷 q は電場 E から力を受けると考える。

F(x) = q E(x)
E = k1 q' r / r3


電荷が連続的な密度分布ρ(x')の場合に拡張して、
E(x) = k1 ∫dx' ρ(x') r / r3

以上が静電場の基本式。

(1/r) = - r / r3
を用いると、

E(x) = - φ(x)
φ(x) = k1 ∫dx' ρ(x') / r

と変形できる。

この計算において、∇の演算は観測点 x に対する微分操作であり、
x' に対しては作用しないので、ρ(x')などは定数として扱えることに注意。

恒等式 ∇×∇ φ = 0 より、
∇×E(x) = 0

ただし、あくまでも、静電場の場合。
後述する誘導電場が入ると、この限りではない。
後に、電磁誘導の効果を入れたものが、マックスウェル方程式の第3式になる。

ストークスの定理から、任意の閉曲線C(内部の面をSとする)に対して、
C E・ds = ∫S (∇×E)・dS = 0

となるから、任意の2点間で電場がなす仕事は経路に依存しない。
つまり、電場は、保存力場であり、
位置エネルギー的な意味でのポテンシャルが定義できる。
φは静電場 E を与える静電ポテンシャル

そして、こんな論理展開は普通ないとは思うのですが、
答を知っているので、最速で行くために、
いきなり、電場の発散を計算します。

∇・E(x) = - ∇・∇φ(x) = -∇2φ(x)
= - k1 ∫dx' ρ(x') ∇2(1/ r)


ラプラシアンの部分は、デルタ関数を用いて、以下のように書き直せる。
(証明はこちらの記事
2(1/ r) = - 4πδ(r)

これを用いて、
∇・E(x) = 4πk1ρ(x)

これがマックスウェル方程式の第1式。

以上で、静電場は終了。
次は、静磁場を復習します。


参考文献
砂川重信 岩波物理テキストシリーズ「電磁気学」
J.D.Jackson Classical Electrodynamics

追記(2013/1/21)
今後の記事との統一性のために、
div, grad, rot をすべて、を用いた表記に変更しました。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 53 : 57 | 物理(相対論・電磁気学) | コメント(0) | page top↑
∫ 電磁気学を復習中
2012 / 12 / 03 ( Mon )
現在、古典電磁気学を復習中!

事の経緯はというと・・・
JJサクライで場の量子論の初めのところを勉強していたら、
サクライ先生は、ヘヴィサイド・ローレンツ単位系を採用しているのですが、
僕は、マックスウェル方程式をMKSA単位系で暗記しているのです。

今回に限ったことではなくて、
電磁気学の単位系問題には、いつも悩まされるんですよね(><:

単位系が変わると、実際の単位が変わるだけならいいのですが、
電磁気学の場合、式の形自体が全然変わってくるので、
頭が混乱することこの上ないんですよ(涙)

今まで、CGS系などに遭遇しても、どこ吹く風で、
見て見ぬふりを通してきましたが(汗)、
やはり一度、単位系問題をしっかり克服しておきたいところ!

というわけで、電磁気を軽く復習しつつ、
すべての単位系に対応したマックスウェル方程式を導出してみようと思います。
(そういうものが存在するんです)

いろいろな文献を参考にしましたが、単位系については、
アメリカの標準的教科書であるジャクソンの「古典電磁気学」のAppendixが分かりやすそう!

この本、練習問題が極悪非道ということで、
アメリカの学生からはたいそう嫌われている教科書らしいのですが、
ちらっとつまみ読みした限りでは、なかなかの名著っぽい雰囲気ですね。
一度、しっかりと読んでみたいものです。

今回は、手早く進めたいので、以前に読んだ砂川先生の「電磁気学」で復習中です。
あらためて読んでみると、以前には理解できなかった面白い内容がたくさん詰まってますね。
電磁気学は奥が深いです・・・
まだまだ、表層しか理解できてないなあと感じますね。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 39 : 04 | 物理(相対論・電磁気学) | コメント(0) | page top↑
∫ 共変と反変 (2)
2012 / 12 / 03 ( Mon )
前回の記事で、「共変」と「反変」について、まとめてみましたが、
似たような数式だらけになってしまって、非常に見にくくなってしまったので(いつものこと・・・汗)、
もう一度、僕が理解している範囲で、エッセンスだけを抜き出してみたいと思います。
(あくまでも、僕の理解ですから、要注意・・・)

ベクトルの成分とは、基底で展開した係数のこと。

(ベクトル) = (成分1)×(基底1) + (成分2)×(基底2)+・・・

つまり、基底を決めてやれば、成分が決まる。

ここまではベクトルの一般的な話なので、よいとして・・・
ここで、基底を別の基底に変換することを考える。

例えば、基底を2倍に変換して、左辺のベクトルを保存するためには、
当然、成分を1/2にする必要があるであろう。

もっと一般的な場合でも、基底にある変換を施して、ベクトルを保存するためには、
成分にその逆変換を施す必要がある。

つまり、成分は、基底の逆の変換を受ける。
そこで、この成分をベクトルの「反変成分」と呼ぶ。



次に、もともとの基底に対して、新たに、双対基底という別の基底を導入する。

双対基底とは、このような条件を満足する基底。(・は内積を表す)

(基底1)・(双対基底1) =(基底2)・(双対基底2)=・・・= 1

(基底1)・(双対基底2)=(基底2)・(双対基底1)=・・・= 0

たとえば、(双対基底1)は、
(基底1)以外のすべての基底(基底2)、(基底3)・・・と直交する方向を持ち、
(基底1)との内積が1になるような大きさを持つ。


同様にして、(双対基底2)、(双対基底3)、・・・を順次作ることができる。



このような双対基底を作っておいて、
基底を別の基底に変換したら、双対基底はどのように変換されるかを考える。

(基底1)・(双対基底1) =(基底2)・(双対基底2)=・・・= 1

の内積の値が保たれなければならないから、
基底が2倍されたら、双対基底は1/2になるというように、

双対基底は、基底とは逆の変換を受けることが分かる。



ここで、今度は、双対基底に対して、ベクトルを展開してみる。

(ベクトル)= (成分1)×(双対基底1)+(成分2)×(双対基底2)+・・・

そして、基底の変換によって、この成分はどのような変換を受けるかを考えてみる。

前述の議論から、

成分は、双対基底の変換と逆の変換を受け・・・

その双対基底はというと、基底の変換と逆の変換を受けるので、

結局、この成分は、「逆の逆」ということで、
基底の変換と同じ変換を受けることになる。

そこで、この成分を「共変成分」と呼ぶ。



ここまでをまとめると・・・

基底に対して展開した成分   ・・・ 基底と逆の変換を受ける → 反変成分
双対基底に対して展開した成分 ・・・ 基底と同じ変換を受ける → 共変成分


なぜ、このところ、「共変」と「反変」のことばかり書いているのかというと・・・

実は、内山先生の「相対性理論」にあるこの記述、

或る物理量Aを反変ベクトルにより表すか、共変ベクトルを用いて表すかは、
そのときの都合で、どうでもよい。

(第II章 8節 テンソルの等式、和、差、積と縮約)

がよく理解できなかったからなのです。

ランダウ・リフシッツの「場の古典論」にも似たような記述があり、
結局、共変で表しても、反変で表しても、
どっちでもお好きなように・・・ってことのようなのです。

お好きなようにと言われても、
変換が真逆なんだから、本当にどっちでもいいんかいな?
と思って、まったく腑に落ちなかったわけなのですが、
ようやく、意味が分かりました。

基底で展開した成分で考えるのか、
それに双対な基底で展開した成分で考えるのか

の違いってことですね!
どっちで考えても、もとのベクトルは同じ。

そして、双対基底も基底の一つなのだから、
こちらを主たる基底と考えてしまえば、
もともとの基底は、それに双対な基底になります。

「双対」というのは、「相方」みたいな関係で、
相方は、自分にとっての相方だけど、
自分は、実は、相方にとっての相方ってことです(笑)

というわけで、双対基底の方を主たる基底にとってしまえば、
共変成分と呼んでいたものが反変成分になり、
反変成分と呼んでいたものが共変成分になる。


ってことで、どっちでもよいということになります!

というのが僕の理解したところ。

共変成分から反変成分、反変成分から共変成分へ変換するのは、
「計量テンソル」というものを導入すると、自在にできるようです。

次回は、計量テンソルについて。


参考文献
岡部洋一 講義資料「座標変換」
http://www.moge.org/okabe/temp/Riemann/index.html

テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 42 : 22 | 数学(解析・関数論) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。