スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ クリスマス発表会2011
2011 / 12 / 26 ( Mon )
クリスマス発表会が無事に終わりました!

今回はいつも、tsukupia☆で使っている慣れたスタジオでの
こじんまりとした発表会ということもあって、
待っている間は緊張せずに、リラックスできました。

ただ、思ったよりあっという間に番が回ってきて、
本番の時はやはり多少、緊張してしまいましたね。

せっかく暗譜だし、お台場のショーの風景を思い浮かべながら・・・
なんて考えてましたが、甘い甘い^^;
実際はそんな余裕はないですね(汗)

練習の時より、手が固くなってしまって、
うまく旋律を出せませんでした。
それでも、いつもの発表会よりはだいぶ落ち着いて弾けて、
そんなに大きなミスもなく、崩れることもなく、
今までのなかでは一番、満足のいくように演奏できたと思います。

速いとことか、トリプルアクセル的な不安要素が
少ない曲だったのも幸いしました(笑)
一か所分からなくて、全然楽譜と違う音を弾いてしまいましたが、
コード的には合っているので、そういう曲だと思っていただけたかも(汗)

録音してきましたので、アップしておきます。
寛容な方は、お気が向きましたら、聴いてみてください。

彼方の光 発表会本番演奏




直前に家で練習した方が、旋律が少しは出てる気がするので、
こちらもアップしておきますね。

彼方の光 直前練習



一緒に参加したほしなみさん、miumiuさんは素敵な演奏をされてましたよ。
ほしなみさんは、リストの「クリスマスツリー」から
「古いクリスマスの歌」と「昔々」の2曲。
楽譜見せていただいたら、すごく難しそうなんですけど、
さらっと、素敵に弾かれてました。
ご自身のブログに演奏をアップされてます!

miumiuさんは、チャイコフスキーの「トロイカ」と「5月の夜」の2曲。
演奏後、「リベンジします」とおっしゃってましたが、
いったいどの辺りをリベンジしたいのか
分からないぐらいきれいに演奏されてました。
お嬢さんも参加されて、ギロックの「フランス人形」という曲を
とてもきれいな音で弾かれてましたね。

それから、驚いたのがいつもお世話になっているスタジオの女性
以前、伺った時にはピアノ弾かれないとおっしゃっていたのに、
今回、出演されてたんです!
後で伺ったら、今年の5月から始めたらしいのですが、
バッハのハ長調プレリュードを含めた2曲の堂々たる演奏。

「とても落ち着いて演奏されてましたよね!」
って話したら、
「毎日、このスタジオで練習してますからね」
とのこと。
確かに、いわば、ホームですもんね(笑)
今後、tsukupia☆の時にも、たまに飛び入り演奏していただきたいです。

そして、懸案事項だったスリッパの是非ですが・・・
答は、「非」でしたね(笑)

ほしなみさんの見事な裏切りにもあって(笑)
スリッパで弾いたのは、僕ひとりでした
次回はもっと雰囲気のあうスリッパを用意しておくことにします。

それはともかく、アットホームな感じのとても居心地のよい発表会でした!
また、来年5月以降にやるらしいので、参加したいなあと思っています。
次回は、tsukupia☆のメンバーさんももっと参加していただきたいなあ・・・


<おまけ>

「You Raise Me Up」を演奏されてた方がいらっしゃって、
やっぱりいい曲だなあと思い、帰宅後、どうしても弾きたくなりました。
楽譜は癒しの電話帳に掲載されているのですが、
初見でさらっと弾ける程の腕はもちあわせていないので、
左手はコードのみ、右手はうろ覚えの単旋律にして、なんちゃってコード弾きで弾きました。

旋律はうろ覚えなので、原曲とかなり違います。
最後は、半音上がるのですが、そこから、E♭やらA♭やら苦手なのが頻発して、
瞬時に思いだせないので、(数秒考えれば分かりますが・・・)省略してます。

こんなものアップして恥ずかしいぐらいひどいのですが、
これでも、一応5回ぐらいは通し練習してから録音したものです。
よけい恥ずかしいですね(汗)

You Raise Me Up なんちゃってコード弾き

スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

19 : 47 : 46 | tsukupia☆ | コメント(18) | page top↑
♪ 発表会におけるスリッパの是非
2011 / 12 / 22 ( Thu )
いよいよ、明日はクリスマス発表会!
いつもtsukupia☆で使わせていただいているスタジオさん主催の発表会です。

tsukupia☆からも、僕のほかに、miumiuさん、ほしなみさんが出演される予定。
使い慣れた、こじんまりとしたスタジオということもあって、
あんまりプレッシャーを感じずに、今まで過ごしてきました。

一応、リハの時間枠が設定されていたのですが、
行くかどうか迷っていて、
結局、当日はすっかり、その存在を忘れてました(笑)
しかも、当日が過ぎてから、「当日、行くかどうか迷ってます・・・」とかいう
とんでもなくボケたメールをほしなみさんにお送りしたりと、
気の緩みようが半端ないですね(汗)

で、ここへ来て、ちょっと懸案事項がありまして・・・
「彼方の光」がうまく弾けないとかそういうことではなくて、
(うまく弾けないのは事実ですけど・・・)

当日、スリッパで演奏してもよいものか?

ということ(笑)
いつも、発表会と言えば、土足で舞台に上がれるところが多いのですが、
今回は、土足禁止のスタジオ。
いつもの練習会では、みんなスリッパで弾いてるんですけど、
発表会ともなると、かっこ悪いんでしょうか?

ほしなみさんは、ちゃんと靴を用意されてるみたいだし、
普通そういうものなんですかね。
まあ、今さら言われても、発表会用の屋内用の靴なんて用意してないので、
スリッパで弾きますが・・・笑

むしろ、スリッパに合わせて、上の服装をコーディネートするとか(爆)
まあ、ファッションには疎いので、そんなことは無理ですけど。

それはともかく、明日、楽しんできたいと思います。

※前記事のコメントレス、遅くなっていて、申し訳ありません。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

12 : 24 : 16 | ピアノ雑感 | コメント(4) | page top↑
♪ クリスマスソング
2011 / 12 / 18 ( Sun )
皆さんは、クリスマスソングの中でどの曲が一番好きですか?

僕がクリスマスソングの中でダントツ一番好きなのは・・・

O Holy Night

いろんな人が歌ってますが、このCeltic Womanの歌もいいですね



すごく美しい曲だと思うのですが、
なぜか、クリスマスソング集の楽譜には、ほとんど掲載されてないんですよね。

なぜだろう???
こんないい曲なのに・・・

子供たちがさらっと口ずさむには、
ちょっとメロディラインが難しすぎるんでしょうか?

例の癒しの電話帳にも掲載されていません。
クリスマスソング集の楽譜を一冊欲しいのですが、
この曲が載ってるものがなくて、毎年、買うまでに至りません。

そのうち、クリスマスが終わってしまって、
楽譜コーナーからもクリスマスの楽譜は撤収されてしまうんですよね(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 46 : 34 | ポピュラー | コメント(16) | page top↑
♪ 自分仕様のコード表 (1)
2011 / 12 / 15 ( Thu )
以前、自分仕様のカデンツ練メニューを作ろうといろいろ試行錯誤してましたが、
結局、ハノン39番カデンツがいいのかな・・・という気がしてきました。

ところが、どうもこれが覚えられないんです。

僕は左脳人間なので、五線譜のお団子から和音を作るより、
言語っぽさのあるコードの方がしっくり来るなあと感じています。

お団子の方がすべての調に対して、お団子を平行移動するだけなんだから、
どう考えても機能的だという気はするんですけど、
やっぱり左脳人間には、絵的なものは辛いようで
(理想は、お団子派なんですけどね・・・

というわけで、
全調の各度数の和音に対するコード表を作ろう!
と思い立ったのは、だいぶ前になるんですが(汗)
当初は、こんなものを考えてました。
(中身は間違ってるかもしれません・・・)

IIIIIIIVVVIVII
CCDmEmFGAmBm-5
AmAmBm-5CaugDmEFG#m-5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各調に対して、I~VIIまで単純に並べただけのものです。

でも、ハノン39番カデンツとリンクして覚えてしまうことを考えると、
ハノンカデンツの順番でコード表記しておいた方がいいですよね。
というわけで、こんな感じ。

III71I2V7IVVIIII
CCDm7/FC/GGFAmEm
AmAmBm7-5/DAm/EE7DmFCaug
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


I~V7 までは、ハノンカデンツの順番で、
そのあとに、IVとVIとIIIも一応、作っておこうかなと(VIIもいるかな?)

24個の調を全部、自分で作成するのは気が遠くなるので、
プログラミングして自動作成したいなあと、もくろんでおります。
この重い腰があがったら・・・(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

13 : 01 : 16 | 音楽理論 | コメント(6) | page top↑
お台場の夜景
2011 / 12 / 13 ( Tue )
東京の夜景で一番お気に入りなのが・・・

首都高11号台場線のレインボーブリッジを
芝浦側から台場側へ渡るときに左側に見える東京都心の夜景


もう最高の眺めですよね

つくば~お台場へ行く時は、
6(三郷)→C2(中央環状)→B(湾岸)の方が分かりやすいのですが、

ここの景色がたまらなく好きなので、わざわざ、分岐が難しいけど、
6(三郷)→6(向島)→C1(都心環状)→11(台場)を使います。

レインボーブリッジの下道とゆりかもめは、首都高の下を通っていて、
柵があるし、解放感がないので、やっぱり、首都高から見るのがベスト。

今回は、昼間だったので、昼間の景色しかありませんが、
これが夜になると、一段と素晴らしくなります。

odaibayakei01.jpg

odaibayakei02.jpg

品川の方に東京タワーが見えて、晴海ふ頭、豊洲の方の景色がすばらしい。
スカイツリーもライトアップされたら、またきれいになるでしょうね!
(↑スカイツリーは下の方の写真に写ってます)

お台場から見るレインボーブリッジ(&東京タワー)の夜景も
定番ですが、幻想的で好きです。
携カメなので、全然、うまく撮れてませんが・・・

odaibayakei03.jpg

話ついでに、首都高から見る夜景でもう一か所好きなのは、

C2(中央環状)から荒川ごしに見える東京の夜景

目の前に荒川があって、少し離れて見えるのがなんか、
ちょっと遠き日の幻想みたいな感じでいいんですよ。

それから、偶然だったのですが、以前、8時半ごろに葛西JCTを通過した時に、
ディズニーランドの花火が目の前にパーっと打ちあがって、
ちょっと感動でした
13 : 21 : 46 | おでかけ | コメント(0) | page top↑
∫ 調和振動子 (6)
2011 / 12 / 13 ( Tue )
前回までで、調和振動子のエネルギー固有値が

λ = 2n + 1   ( n = 0,1,2,・・・)    (1)
E = ( n + 1/2 ) hω   ( n = 0,1,2,・・・)   (2)

というような離散的な値をとることが分かったところ。

次に、波動関数がどうなるか考えていきます。

(1)のλの式をSchrodinger方程式
H" - 2ξH' + (λ-1) H = 0  (3)
に代入すると、

H" - 2ξH' + 2n H = 0  (4)

となります。

この式を満たす多項式 Hn(ξ)は、エルミート多項式として知られています。

「知られています」だけで終わるわけにいかないので、
次回からしばらく、エルミート多項式についてのお勉強。
まだまだ、先が長い・・・

テーマ:物理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 02 : 30 | 物理(量子論) | コメント(0) | page top↑
∫ 調和振動子 (5)
2011 / 12 / 13 ( Tue )
前回、得られた結果

s(s-1) a0 = 0  (1)
s(s+1) a1 = 0  (2)
(n+s+2)(n+s+1) an+2 = { 2(n+s) + 1 -λ } an  (n≧0)  (3)

から、解を考えていきます。

まずは、a0≠0 だから、(1)より、
s = 0 または s = 1 のいずれかとなります。

s = 0 ならば、a1は任意の値を取れますが、
s = 1 ならば、(2)より a1 = 0 でなければなりません。

いずれの場合も、n ≧ 2 の値については、(3)の漸化式を用いて、
a0、a1の初期値から順々に求めて行くことになります。

(3)より
an+2/an = { 2(n+s) + 1 -λ } / (n+s+2)(n+s+1)  (n≧0)  (4)

n→∞の極限を考えると・・・
an+2/an → 2 / n

もともとの級数の定義に戻って考えてみると、
H(ξ) = Σn=0 an ξn+s   (5)

nの十分大きいところでは、級数の項は、
2n ξ2n / n! のようになることが分かります。

つまり、
H(ξ) ~ exp ( 2ξ2 )
のような振る舞いをすることになり、波動関数uは、
u ~ exp ( 2ξ2 ) exp (-ξ2/2) = exp ( 3ξ2/2 )
となり、無限遠で発散してしまい、物理的にはNG!

ということから、級数の項はどこかで切れて、
有限の級数にならなければならない!

(4)の漸化式を見ると、
偶数項は a0 → a2 → a4 → ・・・ というように、a0から作られ、
奇数項は a1 → a3 → a5 → ・・・ というように、a1から作られます。

奇数項については、a1 = 0 として、すべて0にできるが、
a0≠0 であるから、偶数項のどこかで切れなければならない。

そのためには、ある偶数nに対して、
2(n+s) + 1 -λ = 0
となればよい。すなわち、
λ = 2(n+s) + 1

s=0 と s=1 の両方が許されるから、
ある整数nに対して
λ = 2n + 1
という条件になります。

というわけで、無次元化されたエネルギー固有値λは、
λ = 2n + 1   ( n = 0,1,2,・・・)    (6)
と離散的な値しか許されないことになります。

以前の記事の(4)式
E = λhω / 2
を用いると、

エネルギー固有値 E は、
E = ( n + 1/2 ) hω   ( n = 0,1,2,・・・)   (7)

という離散的な値を取ることが分かります。

やっと、固有値がどのように表されるかまで、できました。
次は、波動関数がどのような形になるかを見ていきます。
ここからがさらに大変

参考文献:シッフ「量子力学(上)」

テーマ:物理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 01 : 59 | 物理(量子論) | コメント(0) | page top↑
∫ 調和振動子 (4)
2011 / 12 / 13 ( Tue )
珍しく、気分が乗ってまいりましたので、久しぶりに物理のお勉強。

前回に引き続き、調和振動子のSchrodinger方程式を解いていきます。
u" + (λ - ξ2) u = 0  (1)

u(ξ) : 固有関数
ξ : 無次元化した位置座標
λ: 無次元化したエネルギー固有値

前回、無限遠での漸近解を求めましたので、
u = H(ξ) exp (-ξ2/2)  (2)

の形での解を求めていくことにします。

uを微分すると、

u' = ( H' - ξH ) exp(-ξ2/2)

さらに微分すると、
u" = ( H" - H - ξH' ) exp - ( H' - ξH ) ξ exp
  = { H" - 2ξH' + (ξ2-1)H } exp

となるから、(2)を(1)に代入すると、H(ξ)の満たすべき方程式は、

H" - 2ξH' + (λ-1) H = 0  (3)

となります。

ここまでは簡単ですが、ここからがちょっと複雑。

まずは、無限級数 H(ξ)を
H(ξ) = Σn=0 an ξn+s   (4)
とおきます。

sは最低次の次数で、s≧0、a0≠0

微分して、
H'(ξ) = Σn=0 (n+s) an ξn+s-1   (5)

さらに、微分して、
H"(ξ) = Σn=0 (n+s)(n+s-1) an ξn+s-2   (6)

(4)~(6)をごっそり、(3)に代入して、

Σn=0 [ (n+s)(n+s-1) an ξn+s-2
       - 2(n+s) an ξn+s + (λ-1) an ξn+s ] = 0


少しまとめて、

Σn=0 [ (n+s)(n+s-1) an ξn+s-2
       - { 2(n+s) + 1 -λ } an ξn+s ] = 0


ここで、ξのべき指数を合わせるために、第一項だけ n-2→n にずらします。

Σn=-2 (n+s+2)(n+s+1) an+2 ξn+s
- Σn=0 { 2(n+s) + 1 -λ } an ξn+s = 0


そうすると、n≧0 の部分は、ξn+sでまとめることができて、

s(s-1) a0 ξs-2 + s(s+1) a1ξs-1
+ Σn=0 [ (n+s+2)(n+s+1) an+2 - { 2(n+s) + 1 -λ } an ] ξn+s = 0


任意のξに対して、恒等的に成立するためには、
ξのべきの各係数がすべて0でなければならないから、

s(s-1) a0 = 0  (7)
s(s+1) a1 = 0  (8)
(n+s+2)(n+s+1) an+2 = { 2(n+s) + 1 -λ } an  (n≧0)  (9)

という結果になります。

長くて疲れてしまったので、今日はこの辺で・・・
検算もしてませんが、また間違ってたら、あとで修正します

追記(12/14)
やはり、間違いがありましたので、修正しました。
(λ-1 になっていたところを 1-λに修正)

テーマ:物理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 00 : 22 | 物理(量子論) | コメント(4) | page top↑
♪ 彼方の光 in お台場
2011 / 12 / 10 ( Sat )
記事は更新しますが、
前記事の井戸端会議は遠慮なく、引き続きお楽しみください(笑)

さて、先日、久しぶりにお台場へ行ってきました。
昔は好きで、毎週のようにVenus Fortに通っていた時期もありましたが、
最近行っていなかったので、プライベートでは5年ぶりぐらいでしょうか。
(仕事では、2日前に行ったばかりでしたが・・・)

まずは、やはり、Venus Fortへ。
昼ごろに着いて、駐車場で1時間弱待ったので、入れたのは3時前。

3時から噴水広場でSnow Wishというクリスマスイルミネーションを
やるらしいということで、これは見たい!と見る気満々になってたら・・・

piyoneはなぜか、すごくお腹が減っていたらしく、
3時までのランチタイムを逃したら、一生後悔するみたいなことを言うので、
候補のレストランを急いで2軒程回って、ランチタイムがないことを確認、
ご納得いただいてから、ショーを見ることに(笑)

odaibaXmas01.jpg

このショーがなんて素晴らしい!
上から本物みたいな雪が降ってくるんです!

そして、その雪が降るシーンで、
♪ Wherever I go・・・, faraway and anyway ・・・

と、天の上から聴き慣れた美声が!

そうなんです!
リベラの「彼方の光」だったんです!

こんな感動的なシーンで聴いちゃうと、思わず、ウルウルしますね。
もうこのイメージが頭に焼きついてしまって、
その後もずっと頭の中でこの曲が流れ始め、
今度のクリスマス発表会での演奏にもよいインスピレーションが得られました!

あまりにも素敵だったので、その後、5時、7時の回も見て、
雪が降らないバージョンも含めると、合計5回も見てしまいました(笑)

7時の回ではもうさすがに見ないと思っていたのですが、
ちょうどピッタリの時間に噴水広場に居合わせたので、
どうせなら見ようということに。

すると、今度は、piyoneがすごく喉が渇いていたらしく、
タピオカ入りジュースを買ってくると言い張ってましたが、
もう間に合わないからと説得(笑)
ショーの後、レストランでソムリエ風のウェイターさんが
素敵なカラーボトルから注いで下さった水を一気に飲み干してました(笑)

それはともかく、感動的なイルミのショーを見れて、大満足!
こんなクリスマスツリーもありました。

odaibaXmas02.jpg

久しぶりのVenus Fortは、そんなに変わってなくて、
やはり居心地よかったです。

Decks や Aqua Cityの方も行きました。
Aqua Cityでも、イルミネーションのショーやってました。

odaibaXmas03.jpg

こちらのツリーもきれいでしたが、やっぱり、Venus Fortの方が感動的だったなあ。

最後に、「彼方の光」をまだ聴いたことのない方や
僕のヘボ演奏でしか聴いたことのない方(あまりにもお気の毒です・・・笑)は、
是非、原曲を聴いてみてくださいね。
とても美しい曲ですよ!


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

21 : 59 : 19 | ポピュラー | コメント(6) | page top↑
♪ バッハ狂い弾きの真実
2011 / 12 / 04 ( Sun )
タイトルから想像するほど大した記事ではありません(笑)

一部のコミュニティで
・・・といっても、らべんだ~さん、金魚さん、Sleepingさんというごくごく限られたコミュですが、

バッハは狂ったように練習すると、わずか数日で弾けるようになる

という都市伝説がまことしやかに流布されております(笑)

僕は、「狂い弾き」という程の練習はしたこともありませんが、
(注:らべんだ~さんの定義では、一日中、その曲ばかりを放心状態になるまで弾くことだそうです)
これはかなり当たってるんじゃないかなと考えています。

実は、インヴェンション8番が完全に停滞していた時は、
限られた練習時間の中ですべてのメニューをこなすために、
毎日一回は弾くみたいなことをやってました。

でも、それではまったく上達しないんですね。
バッハは(バッハに限らないのかもしれませんが)、ある程度、
指が覚えてくれる域に達しないと、スムーズに弾くのは難しいようです。
(注:らべんだ~語では、「お指ちゃんが覚える」状態)

そのためには、一日何回か弾くとか、
ある部分を決めて、その日はそこだけを反復練習するみたいなことを
指示されて、やりました。

最低6回以上は弾いて欲しいとのことでしたが、
時間も限られているので、3回は弾くようにしていました。
そうすると、不思議なことに、だんだん指にはまってくるんですね。

まあ、当たり前といえば、当たり前で、えらそうに考察する程の事でもないのですが、
「狂い弾き」は、単なる都市伝説ではなさそうです(笑)

「今日はこの曲のみを練習する」といったスタイルにした方が上達が早いかもなあ
と思ったりする今日この頃です。

もうちょっとすごい考察だと思っていた方は、ごめんなさい(汗)
別に勿体付けてたわけじゃなくて、単に更新する時間がなかっただけで・・・

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 49 : 46 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | コメント(28) | page top↑
♪ Sinfonia01☆tsukupia第一回飲み会
2011 / 12 / 04 ( Sun )
これは、昨年の記事じゃないですよ(笑)
つい先日、開催されたtsukupia☆の初飲み会です!
かねてから宿願でしたが、果たすことが出来ました。

飲み会のコードネーム「Sinfonia」は、
メンバー同士が「ともに交わり響き合う」という意味を込めました。

実は、tsukupia☆というサークル名は、
時間がなくて、その場で適当に考えた仮の名前。
正式名称を決めないとということで、考えたのが「Sinfonia」だったのですが、
どうもメンバーの皆さんは、tsukupia☆という名前が
分かりやすいし、かわいらしいしと気に入ってしまったようで、
そのままにしてほしいという要望が相次ぎ、
そこまで気に入って下さるのなら・・・ということで、
tsukupia☆を正式名称にしました。
そのかわり、飲み会のコードネームに使わせていただくことに。

今回は、10名弱の方が参加して下さって、
つくば駅近くの飲み屋さんでワイワイ盛り上がりました。

一部、ソフトドリンクの方もいましたが、
ほとんどの方がお酒が飲める方ばかり(笑)
まあ、飲みたい人だけが参加したからと言えなくもないのですが、
ワインのデカンタが次から次から空になっていったみたいで、
飲み放題コースにしておいて、正解でした(笑)

こんなに飲める方がたくさんいらっしゃったんだと嬉しい限りです。
僕も思わず、かなり酔っ払ってしまい、
日頃聞けないような切り込んだ質問もしてしまったかも(笑)

失礼な発言をしてないといいのですが・・・滝汗
・・・と言っても、記憶をなくしたりはしてませんよ(汗)

飲み会が終わると、しばし外のイルミネーションを楽しみました。

つくばにもこんな素敵なメリーゴーランドが設置されるんですよ。
その前で集合写真。

sinfonia01-01a.jpg

sinfonia01-02a.jpg
(写真は、ほしなみさんから了承を得て、いただきました)

初飲み会、とても楽しかったです!
また、近いうちに第2回をやりたいですね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

21 : 05 : 09 | tsukupia☆ | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。