スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
家作りの成功と失敗
2010 / 02 / 28 ( Sun )
家作りブログの定番、「成功と失敗」シリーズ!

やってよかったなと思うこと、こうすればよかったなと思うことなどを
紹介していきたいと思っています。

とりあえず、この記事はリンク用のページにして、
「成功と失敗」カテゴリーからすぐ見つけられるようにします。

中身(リンク先)は、それぞれ内容の関連するカテゴリーで
少しずつ記事を増やしていくつもりです。

これから建てられる方の参考になればうれしいです。

成功(やってよかったと思うこと)

1. バルコニーなしという選択(過去記事です)
2. コンセントの位置

失敗(こうすればよかったと思うこと)

1. セコム・ターミナルの場所
2. 屋外コンセント
3. 寝室の照明
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

22 : 58 : 32 | 成功と失敗 | コメント(0) | page top↑
♪ 純正律と平均律 (2) うなり
2010 / 02 / 28 ( Sun )
まずは、
「周波数が簡単な整数比になるほど、和音の響きが美しい」
のはなぜだろう?というところから。

そもそも、「美しい」なんて言うのは心理的な話なので、
福山雅治さん扮するガリレオ先生に聞こうものなら、
「実に非論理的である。」と言われておしまいな気もしますが(笑

一応、倍音のうなりが少ないという物理的要素もあるので、
そのあたりを確かめてみようと思います。

今回は、「うなり」とは何かについて。
高校物理を復習しておこうかなと思います。

「うなり」(beat)とは・・・
わずかに異なる周波数の2つの音を同時に鳴らすと、
音が周期的に大きくなったり小さくなったりする現象。

音は、空気の振動なので、三角関数で書けます。
beateq02.jpg(1)
Ψ0は波の振幅、fは周波数、tは時刻、
φは初期位相(t=0のときにどこから始まるか)を表します。

少し簡単にするために、振幅Ψ0=1としてしまって、φも省略して、
beateq01.jpg(2)
と書くことにします。

うなりを考えるために、
周波数のわずかに異なる2つの音波Ψ1、Ψ2を考えます。
周波数をそれぞれ、f1、f2とすると、
beateq03.jpg(3)

2つの音を同時に鳴らすということは、足し算すればいいので、
beateq04.jpg(4)
となります。

ここで便利なのが、三角関数の和→積の公式。
beateq05.jpg(5)

これを用いると、足し算が掛け算に変わって、
beateq06.jpg(6)
となります。

ここで、f+ と f- は、
beateq07.jpg(7)
と定義しました。

さて、Ψの式(6)の意味を考えたいと思います。
こういうときは、具体的な数字を入れてみるのが一番!
というわけで・・・
f1=110Hzf2=100Hzのわずかに異なった周波数の場合(差は10Hz)を考えます。

このとき、
f+ = (110 + 100)/2 = 105 (Hz)
f- = (110 - 100)/2 = 5 (Hz)

となり、
f+ は、元々の周波数 f1 と同程度の速い振動ですが、
f- は、ゆっくりとした振動であることが分かります。
つまり、(6)式のsinの部分は速い振動、cosの部分はゆっくりとした振動を表します。
このゆっくりとした部分の振動が「うなり」に相当するわけですね。

グラフに書いてみると、2つの音の振動はこんな感じになります。
f1 = 110Hz
beat01.jpg
f2 = 100Hz
beat02.jpg
2つの音は周波数が微妙に違うのですが、見てもわかりませんね。
重ねて書いて、拡大してみると、少し違ってるのが分かると思います。
beat03.jpg
この2つの音を足し合わせると、このようになります(式(6)のグラフ)
beat04.jpg
音が大きくなったり、小さくなったりしているのが分かりますね。
赤線の振動は、sinの速い振動成分を表します。
青線は、cosのゆっくりとした振動成分だけを書いたもの。
赤線の速い振動の振幅が青線のようにゆっくりと大きくなったり、小さくなったりして、
うなりが生じることが分かります。

よく見ると、うなりの振動周期は、cosの半周期になっているのがわかりますので、
うなりの周波数 fbeat は、f- の2倍となります。
すなわち、
beateq08.jpg
ということになります。
この例では、うなりの周波数は、fbeat = 110 - 100 = 10 (Hz)

ここでの結論としては、
うなりの周波数(振動数)は2つの音の周波数の差になる
ということですね。

次回は、倍音について。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

17 : 41 : 02 | 音楽理論 | コメント(2) | page top↑
♪ 選曲の動向
2010 / 02 / 28 ( Sun )
先日の練習会で、これからの選曲について話題に。

今年はショパンイヤーなので、
ショパンをやりたい方が多いみたいです。
あるいは、シューマンイヤーということで、
シューマンをやるという方も。

僕はというと・・・
最近、ショパンへのモティベーションがいまひとつわかないんですよね。
シューマンについては、よくわかりません。

レッスン曲はどうなるかわかりませんが、
コソ練ではやはり、
シューベルトの即興曲を一曲ずつ、コツコツとつぶしていこうかな・・・
と思っている今日この頃。

夢は、8曲のサビだけをつないだ「シューベルト即興曲メドレー」!(笑
ショパンイヤーには関係ない一年になりそうですね。

それから、今年は、ポピュラーもたくさん弾きたいです。

追記:
もうひとつ練習会で出た興味深い話がありました。
ピアノは、やっぱり、修行が大事!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 07 : 37 | ピアノ雑感 | コメント(0) | page top↑
ムダの削減
2010 / 02 / 25 ( Thu )
鳩山首相が首相公邸に入居した際に税金で支出された
改修工事の費用が474万円だそうです。
寝室として使うために、わざわざ、
和室を洋室に変更するのに、200万円。

国家予算に比べれば、細かい話ですが、
政権交代直後からこんな税金の無駄使いをやってたなんて、
全くやる気ゼロですね、この宇宙人!

大きい家だから多少は改修費用はかかると思いますが、
首相在任中だけの仮住まいなのに、
わざわざ、大金かけて、和室を洋室に変更するとは・・・

今まで首相が変わるごとの改修費用と変わらないそうですが、
自民党時代と変わらないって、開き直って、どうするよ?

そういうムダをこれから削減していくことが
あなたたちが期待されていた使命だったんじゃないの?


政権交代初日からこんなことやってたら、
そもそもやる気がなかったんだなと言われても仕方ないですね。

首相公邸の和室を洋室に変更するより
もっともっと意義深いものでさえ、
事業仕分けで仕分けられたりしているというのに。

例の事業仕分けで、こんなこと言ったら、 枝野氏か蓮舫氏から、
「そもそも、洋室にする必要がどこにあるんですか?」
なんて発言が間違いなく、飛んでくると思いますが。。。

施政方針演説のこの一文は何だったんでしょうね。
「こうした改革を行う上で、まず国会議員が自ら範を垂れる必要があります。 」
口八丁手八丁で適当に言ってみただけなんでしょうかね。

その後に続く、
「国会における議員定数や歳費のあり方について、
会派を超えて積極的な見直しの議論が行われることを強く期待します。」

についても、全く話題にも上りませんよね。

歳費が高過ぎるという話、以前は少々感情的な面もあるのかなと思ってたのですが、
さにあらず。本当に、高過ぎなんですよ!

まず、月給が130万円!
とても、これに見合う仕事を今の国会議員がしているとは思えませんが、
まあ、国会議員としてのステータスもあるだろうし、これはまだ許せます。
(庶民の僕にとっては、仰天する金額ではありますけど・・・)

しかし、これだけではないんです・・・
文書通信交通滞在費 月100万円!
がプラスされるんです。

しかも、JR・私鉄無料パスと月何回かの無料航空券が支給されるので、
交通費なんて、どこに使うんでしょう?

領収書も必要なければ、使途を明らかにする必要もありません。
要するに、
月給130万円+100万円=230万円
ってことと実質的には同じです。
月給230万円じゃ、みんなに叩かれるから、別名目にしているだけ。

このほか、政党に下りる政党交付金なんてのもありますね。
これは、政党に渡されるので、議員一人一人に渡されるわけではありませんが、
こちらも何に使ってもよいことになっているそうです。
極端な話、家にプラズマテレビを買ってもいいそうですよ。

ちなみに、今年は、民主党 が172億円、 自民党が103億円。
(共産党だけは、税金の無駄と言って、一銭も貰ってないそうです)

こんなの聞いて、ムダの削減、事業仕分け、増税で「国民にも痛みを」とか言われても、
何、寝ぼけたこと言ってんの?
と言いたくなりませんか?
23 : 35 : 39 | 政治・経済 | コメント(2) | page top↑
石井の暴言・恫喝
2010 / 02 / 25 ( Thu )
政治ネタの方は、経済政策か普天間でも書こうかと思ってましたが・・・
あまりにも腹立たしい話題が浮上してくれたので、こちらを!

民主党選対委員長の石井一
ある都内の会合で
「鳥取県とか島根県と言ったら、日本のチベットみたいなもの」
「人が住んでいるのか。牛が多いのか。」
などという暴言を吐いたとか・・・

鳥取、島根のことをいったい何だと思っているんだ
中国政府の弾圧でチベットが大変なことになっているのを知っているのか

この呆れるほどの見識のなさ!
民主党の政策の中で唯一まともかと思っていた「地域主権」も
こんなことでは、所詮その程度のものかと思わざるをえないですね。

実は、それよりもっと憤りを覚えたのは、
先週末の長崎知事選前の恫喝発言

民主党候補の応援演説にて、
「長崎県民が知事選でそういう(時代に逆行するような)選択するなら…
民主党政権は長崎にそれなりの姿勢を示すだろう」
などという恐るべき恫喝発言をしたようです。

要するに、長崎県民が自民党候補に入れようものなら、
政府として長崎に対して、それなりの制裁措置を取ってやるから、覚悟しておけ!
というあまりにも露骨な脅し。

あろうことか、選挙のためなら、
有権者を恫喝、脅迫するとは、なんという奴!
いったい何様のつもりだ!
こんなヤクザみたいな奴を政治家としてのさばらせていてはいけません。

民主党は陳情を一元化して、
陳情する側は、今後の民主党への支援を約束させられるとか。。。

最近の民主党政権を見ていると、
着実に一党独裁のファシズムへ向かっているように見えますね。
このままだと、
「民主党にあらずんば、人にあらず」
という世の中が本当に到来しそうです。

あんまり腹が立ったので、ちょっと、ボルテージが上がってしまいました^^;
しかし、最近、いちいち腹を立てていては、こちらの身がもちませんね、ほんと。
00 : 40 : 48 | 政治・経済 | コメント(2) | page top↑
♪ 純正律と平均律 (1)
2010 / 02 / 23 ( Tue )
最近、音律に興味を持って、勉強中!
といっても、主にWikipediaで適当に調べてるだけですが。
ピアノに役立てようというのではなくて、単なる興味です。

そもそも、純正律のよりどころである
「周波数が簡単な整数比になるほど、和音の響きが美しい」
って、なぜなんでしょう?


美しいというのは心理的効果もあるので、
そんなこと考えたらいけないのかもしれませんが、
調べてみると、周波数比が簡単な整数になると、
倍音のうなりが少なくなるそうですね。
ちょっと、考察してみたいなと思っています。

実は、昔からもっと気になっていることがあります。
純正律で決めた音階が平均律で近似できるというのは、
すごい偶然なのでしょうか?それとも必然なのでしょうか?


・・・って、これだけじゃ、何が言いたいのか分かりませんよね。
そもそも、純正律で音階を決めたとき、それが周波数的に等比数列に近いから、
すべての調でうまくいくように、平均律でごまかすことができるわけですよね。
それでは、等比数列に近くなったというのは、すごい偶然なのでしょうか?

ピタゴラス音律で、完全5度上がっていくごとに音階を決めていって、
12個の半音階が構成できるのは、
完全5度の間の半音の数7とオクターブの間の半音の数12が
互いに素(1以外の共通の約数を持たない)であるから。


それもかなり上手くいっている話だなあとは思うのですが、
互いに素な数の組み合わせなんて、いくらでもあるので、
他の数の組み合わせでも音律は構成できたのでしょうか?
それとも、この7と12の組み合わせだけが絶妙だったのでしょうか?

少し、考察してみたいなあと思っています。
と言っても、今回は答がわかっているわけではなく、
本当にこれから考えてみようと思っているので、
結局分からないままという可能性もあります。
期待しないでくださいね!

それから、音楽理論は全然学んだことないので、
いい加減きわまりないです。
そもそも、考え方が間違っているかもしれませんし、
用語の使い方がおかしいかもしれません。ご了承ください!

それでは、次回から、本題に入ろうと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 15 : 18 | 音楽理論 | コメント(2) | page top↑
長崎旅行 (3)
2010 / 02 / 23 ( Tue )
お次は、オランダ坂へ。
調べてみると、グラバー園から近そうでしたので、歩いて行きました。

着いてみると、意外と短いので、一瞬で上り終わります(笑
でも、さすがに異国情緒豊かな雰囲気はありますね。
nagasaki15.jpg

その近くにある東山手洋館群
外国人が住んでいたところのようです。
時間が遅かったので、残念ながら、中には入れず。
nagasaki16.jpg

こちらは、孔子廟
こちらも中には入れなかったので、外から手を伸ばして撮影した写真。
nagasaki17.jpg

オランダ坂周りの散策は、これにて終了。
市電に乗って、いざ夕食へ!
nagasaki18.jpg

夕食は、美味しいと聞いて、下調べしておいた茶碗蒸しの店「吉宗(よっそう)」へ。
「茶碗蒸し定食」だったかな?
茶碗蒸しと蒸し寿司のセットで、とても美味!
お値段もお手ごろで、大満足でした。
nagasaki19.jpg

そして、近かったので、カステラの「福砂屋本店」(リンク先、大音量の音あり注意!^^;)
まで足を伸ばしてみました。
nagasaki20.jpg

昔、長崎に来たときは、福砂屋と文明堂を食べ比べてみようと、
両方買い込んで、ホテルで食べ比べをしたことがありました。
ナイフがなくて、持ち合わせの割り箸で無理矢理切って食べたら、
カステラは切断面が汚いと、あんまり美味しく感じないんですね。
結局、どっちが美味しいかも分からずじまい。。。

福砂屋の味は好きで、それ以後も食べているのですが、
今回は「松翁軒」を買って帰ったら、こちらも気に入ってしまいました。
長崎は、美味しいカステラの店、なんでこんなに多いの?

長崎旅行一日目、まだまだ続きます。。。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

20 : 02 : 12 | おでかけ | コメント(2) | page top↑
祝!500記事達成!
2010 / 02 / 20 ( Sat )
めでたく、今回が500回目の記事です!

2006年の2月から書き始めて、ちょうど4年で達成。
そういえば、今月でブログ4周年でもあったんですね。

いつも、お読みいただいたり、拍手やコメントをいただいている皆様には、
心から感謝いたします。

たいした記事もありませんが、500回記念として、今日は、
自分的に思い出に残る記事をピックアップしてみることにします。

住宅ローンの計算
このブログの特色として、時折、計算を含んだ考察記事を入れることにしているのですが、
この記事はその先駆けとして書いた記事。
学校で習う数学って、何の役に立つんだろう?と思う方多いと思いますが、
これは初めて、実際に「数列」が実社会で役に立つことを実感した瞬間でした・・・
なんていうと大げさですが・・・(笑

メーカー断熱性比較(2)
この頃、展示場で回ったハウスメーカーの断熱性を徹底的に比較してました。
まさに、断熱ヲタですね(笑
当時の情報なので、今は全然変わっていて、参考にはならないと思いますが、
いろいろ細かく断熱性の検討をしていたなあという思い出深い記事。
コメントの数からもかなり反響が良かったことがうかがわれますね。

バイエル
大人からピアノを始める場合の2大パターン。
自分で言うのもなんですが、この記事はよくまとまっていたかなと思います。

キッチンに悩む(7)
(7)という数字から、この頃どれほど、キッチンに悩んでいたかというのがうかがい知れます。
キッチンのことしか考えてなかった時期がありました。

ブルグミュラーの祭典
「ブルグ25カップ」は、開催期間中に参加者みんなでブルグの曲を弾いて
アップしようという留衣さん主催の企画。
以前は、こういうピアノブロガーの間で、大きなネットイベントがありました。
最近はこういうの、あんまりないですね。
また、誰かやらないかな?(他力本願)
もちろん、テツさんやyu-kiさんなどのランキング系トラバ企画は今もありますけどね。

暗雲
東急ホームに不信感を抱いてしまって、ブログをやめようかとも思っていた時の記事。
皆さんから励ましのコメントを多数いただいて、ほんとに救われました。
ブログをやっていてよかったなと思えた瞬間。
その後の東急さんの誠意ある対応で逆にそれまで以上の信頼感が構築され、
今では、ミルクリークを周りの人たちにお勧めするぐらいになっています。

初オフ会!憧れのkika邸訪問
我が家でピアノオフ会(1)
初めて、家作りとピアノ関係のオフ会を開いた時の記事。
これを機に、その後、色々な方とオフで交流することができました。
きっかけを作ってくださった方々に感謝です。

ダイニングテーブルを求めて
数少ないpiyoneの執筆記事。
かなりの長文で、内容も暴走してます(笑

人生の体感時間
実は、満を持したかなりの自信作だったのですが、反響はほとんどなし(笑

キリ番222222
こちらは、5分ぐらいで書いた思いつき記事なのに、反響がかなりありました。
このとき、悟ったのは、入念に準備して書いた自信作ほど、反響が少ないということ(笑
あ、別に反響ばかりを気にしているわけではありませんよ。
もちろん、入念に準備した考察記事は、このブログの持ち味なので、これからも書き続けます。

というわけで、今回は思い出に浸っただけの自己満足記事でスミマセンでした。
お付き合いいただいて、ありがとうございます。

次は、1000記事をめざして、更新していきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いします。
22 : 42 : 07 | 未分類 | コメント(8) | page top↑
長崎旅行 (2)
2010 / 02 / 19 ( Fri )
長崎市内観光、まずは大浦天主堂へ。

nagasaki05.jpg

内部は撮影不可のため、写真はありませんが、
ステンドグラス越しにきれいに色づいた光が差し込んできて、
何とも言えない穏やかな気持ちになれる空間。
何をするでもなく、ボーっと座って、しばらく時を楽しんでから、
次は、グラバー園へ。

園内にはたくさんの洋館が立ち並びます。
こちらは、旧三菱第2ドックハウス。
nagasaki07.jpg
nagasaki08.jpg

インテリアが豪華!
ついつい、目を奪われますね。
nagasaki09.jpg

この椅子、我が家のダイニングセットの椅子と形がそっくり。
様式が同じなんですね。愛着がわきます。
nagasaki10.jpg

そして、旧グラバー住宅
nagasaki06.jpg

こちらは、もっと豪華!憧れますね。
でも、ちょっと高級すぎて、ほんとにこんなところ住めたら、
庶民の僕には落ち着かないでしょうね(笑
とにかく、インテリア好きな方、必見です。
nagasaki11.jpg
nagasaki12.jpg
nagasaki13.jpg
nagasaki14.jpg

長崎観光は、まだまだ続きます。。。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

02 : 16 : 10 | おでかけ | コメント(2) | page top↑
長崎旅行 (1)
2010 / 02 / 18 ( Thu )
昨年の5月に行った長崎旅行の記事、まだアップしてなかったので、
今頃ですが、アップしようと思います。
以前の横浜Y150の記事の続編です。

以前、10年ほど前にハウステンボスに行って、すごく気に入ったので、
もう一度、今度は両親を案内したいということで企画しました。
ハウステンボスも経営難でどうなることかと思っていましたが、
HISの支援で経営再建をめざすことになったようで、うれしいです。
三年間でダメなら、撤退するらしいですので、頑張ってほしいです。
僕たちもちょっとでも貢献するために、また行かないといけませんね。

さて、横浜で開港博Y150を堪能したのち、その日は横浜で一泊。
翌日、家には戻らず、そのまま、羽田空港へ。
つくばから羽田って、結構一仕事なんですよ。
途中で一泊しないとやってられません(笑

駐車場は、首都高湾岸線の浮島JCTの
すぐ近くにある民間のところを予約してました。
なので、湾岸線で行けばよかったのですが、
どういうわけか、横羽線で行くことに。
(ちゃんと理由はあったはずですが、忘れました)

ところが、それが裏目に出て、思わぬハプニング!
その駐車場は、横羽線のICで降りて、湾岸線の方に向かって、
浮島JCTの入口の直前にあるんです。
きっと、看板があるだろうとタカをくくっていたら、
湾岸線から来ることを想定して、看板は逆側にしか書いてなかったようです。

あっと気付いた時には後の祭り。
そのまま、湾岸線に吸い込まれて、戻れません!
一応、フライトの何時間前に来てくださいと言われている時間に
あまり余裕がなかったので、焦りまくり

結局、そのまま湾岸線で羽田空港まで行って、羽田空港でUターン、
もう一度、浮島まで戻って、駐車場へ。
幸いそれほど時間のロスはしませんでしたが、
なんだか、すごくバカバカしいことをしてる気がしますね(笑

無事に羽田空港で飛行機に乗れて、長崎空港へ。
長崎空港で大阪から来た両親と合流。
レンタカーで長崎市内へ。一日目は長崎市内観光です。

まずは腹ごしらえ(笑
長崎に来たら、必ず食べると決めているもの、
それは「四海楼」のちゃんぽんと皿うどん。
ちゃんぽん発祥の店で、定番中の定番ですね。
初めて行ったのは、中学生の時の修学旅行ですが、味は全く覚えてません。
二度目は夫婦で行き、あまりにおいしくて、感動しました!(特に、太麺の皿うどんに)

そして、今回は、piyoneが四海楼の向かいのホテルを予約。
実は、四海楼が近いからだけじゃなくて、
大浦天主堂やグラバー園にも近いからなんですけど。

前回は仮店舗だったのですが、今回はすごい建物になってました。
nagasaki01.jpg

眺めがすばらしい!
nagasaki04.jpg

長崎ちゃんぽん
nagasaki03.jpg

太麺の皿うどん
nagasaki02.jpg

美味しかったです!
前回は太麺の皿うどんのインパクトが強かったのですが、
今回は、長崎ちゃんぽんが特に美味しいなあと感じました。

というわけで、今回の記事は、四海楼だけで終わっちゃいましたが、
次回は、長崎市内観光へ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

01 : 12 : 02 | おでかけ | コメント(0) | page top↑
子供手当
2010 / 02 / 16 ( Tue )
書くかどうかちょっと迷った話題ですが、敢えて書こうと思います。

子育て支援には賛成ですが、現状の「子供手当」制度には反対です。
理由は、財源の問題

現在、国の借金(公的債務残高)は800兆円を超え、
GDP比の2倍近くにも達しています。
つまり、日本国民全員が一年のうちに稼ぐ総額の2倍で、
これは先進国の中ではダントツのワースト一位です。

幸い、借金のほとんどは国内から借りているものですが、
日本国民の持っている資産の総額(家計純資産額)1000兆円にどんどん近づいているため、
これ以上、借金が増えると、もはや日本国内では国債を抱えきれなくなります。

今はまだ財政再建が可能だろうという国際的信用があるので、
財政破綻を免れていますが、その国際的信用を失ったとき、
国債の長期金利は暴騰し、財政破綻が起きます。

財政破綻が起きると、円は大暴落して、
ハイパーインフレが起き、物価が数倍にも跳ね上がり、
預金は封鎖され、銀行からお金が下せなくなります。
そうなると、年金などの社会保障もどうなるかわかりません。
少なくとも、社会が大混乱することは間違いありません。

国家財政は、そういうヤバい状況なのです。
実際、財政破綻が起きるものかどうかは諸説あって、
外国からの債務が少ないので、すぐには問題ないという意見もありますが、
いち早く、政府が財政再建の見通しを立てて、国際的信用を維持する
必要があるということは間違いないと思います。
そういう意味で、今、政権交代したのはよいタイミングだったかもしれませんが、
その新政権の目玉政策がバラマキだったことが問題だと思います。

もうひとつは、
選挙のときに、この施策を増税とセットに議論しなかったことが大きな問題。

ムダ削減ももちろん急務ですが、ムダの削減分は、借金の償還にあてて、
財政を健全化していかなければならないので、
ムダ削減だけでは、長期的には不可能です。

そもそも、福祉国家というのは、税負担が大きいのが当たり前。
デンマークは「世界一幸せな国」にも選ばれたほどの福祉国家ですが、
消費税率は25%、国民負担率(すべての租税・社会保険の合計)は80%です。
つまり、給料の80%を税やその他の社会保険で納めているわけです。
(日本の国民負担率は40%)

国家としての選択肢は、当たり前ですが、
 ① 税率は高いが、福祉の充実した国家
 ② 税率は低いが、自己責任の国家
この2つしかありません。
(この中間ぐらいというのがあるでしょうが・・・)

僕は、基本的に、①の方に進むのは正しいと思うので、方向性としては支持しています。
しかし、その道に進むためには、
手当の恩恵を受けた親たちが、今度は次の世代の親のために重い税負担を担って
恩返しをするという覚悟が必要でしょう。


選挙の時に
「福祉をしっかりやりますから、増税も覚悟してください」
ということを言ったうえで、国民がそれを選択するかしないかを問うべきだったと思います。
そうしなければ、本当に増税なしでできるんだろうかと思う人が出てきてしまい、
あとから増税しようとしても、「給付は賛成!増税は反対!」ということになってしまいますから。
にもかかわらず、人気取りだけのために、バラマキだけを声高に叫んで、
増税は4年間やらないと言って、選挙に勝利したのは、悪質な詐欺と言わざるを得ません。

僕が民主党のマニフェストを詐欺だと思う最大のポイントは、
言ったことをやらないことではなく、
できないことをできないと分かっていて言ったことです。

現実的には、財政再建策のめどが立つまでは、
できるだけ支出を抑えて、費用対効果の高い子育て支援策を打つことが最善
だと思います。

現状では所得の高い人にも給付されてしまいますから、
遊興費に使われる可能性も大です。
一時期、話題に上った所得制限をかけて、
本当に支援の必要な所得レベルの人に限定するか、
医療費の完全無料化、授業料の完全無料化、奨学金制度の拡張、保育所の充実など
確実に子育て支援にお金が使われるような施策に予算を回すべきではないでしょうか。

子育てをされている親御さんには不満かもしれませんが、
財政破綻してしまったら、すべてが終わりなので、
政府もそのあたりをしっかり考えてやってほしいものです。
福祉の充実という方向性自体は間違っていないと思うので。
01 : 13 : 21 | 政治・経済 | コメント(0) | page top↑
雪景色
2010 / 02 / 15 ( Mon )
今朝は雪が降りましたね。

庭の向こうに見える森の雪景色があまりにも幻想的でした。
エゾシカが出てきそうな光景ですね。

snowforest01.jpg

snowforest02.jpg

snowforest03.jpg

snowforest04.jpg

庭も真っ白です。

snowforest05.jpg

外に出て撮影する元気はなかったので、家の雪景色はなし(笑
せっかくなので、昔撮影した写真を一枚、載せておきます。

vintage_snow01.jpg

そして、写真撮影に満足したので、二度寝しました!(爆
00 : 56 : 56 | 日常 | コメント(6) | page top↑
♪ 風のように (2)
2010 / 02 / 13 ( Sat )
前回記事で書いたとおり、S.E.N.S.の「風のように」を再開。

ポピュラー楽譜は、指番号が書いてないことが多いので、困りますね。
この楽譜のような左手の分散和音は、どのような指使いがよいのでしょうか?

kazenoyouni_01.jpg

いろいろ考えました(赤字は指くぐりのポイント)
 5 3 2 1 2 1 2 4
 5 3 2 1 2 1 2 3
 5 2 1 2 1 2 3 5
 5 2 1 2 1 2 1 2

次の和音の5のポイントを決めやすいのが、

それでも、は、3から次の5へ行かなければならないので、
見ていないとはずしやすいです。

が一番、次の5へスムーズに行けますが、
2回指くぐりはちょっと弾きにくいです。

こういうパターンは、何か正しいとされている指使いがあるのでしょうか。
それとも、自分が弾きやすい方法がいいんですかね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

18 : 50 : 36 | ピアノ練習記(その他) | コメント(2) | page top↑
♪ ポピュラーを弾きたい
2010 / 02 / 13 ( Sat )
何度か記事に書いてきましたが、
昨年からずっと、ポピュラーを弾きたいという衝動に駆られています。

でも、レッスンではクラシックを学びたいので、
ポピュラーは主にコソ練になりそうですね。
それとも、クラシック&ポピュラー同時平行でレッスンというのもアリですかね。

候補曲は数知れずありますが(クラシックより多いかも)
最近、少しずつコソ練しているのは、
キセキ (GReeeeN) → You tube

全音ピアノピースのポピュラーシリーズの楽譜で、
もともとは、コブクロの「蕾」を弾きたくて買ったもの。
ところが、「蕾」は調号が入っていて、
「キセキ」は、調号がついてないので、こっちからやろうかなという単純な理由(笑

しかし、それより前にやりかけていたこの曲の方を先に仕上げようかなと、
最近、再開したのが
風のように (S.E.N.S.) → You tube

ドラマ「あすなろ白書」の挿入曲。
悠久の自然を彷彿とさせるような壮大な曲です。

そして、一緒にこちらも挑戦してみたい。
Forbidden Love (S.E.N.S.) → You tube

ドラマ「二千年の恋」の挿入曲。
こちらの方が主部の旋律が短調で、僕としては燃えられるんですけどね!
「風のように」より、ちょっと難しいような気がします。

当分は、このあたりを攻めたいですね。

それから、クリスマス・ソングで一曲どうしても弾きたいのが
O Holy NightYou tube

マライア・キャリーやセリーヌ・ディオンが歌った動画もありますが、
このケルティック・ウーマンという女性グループの歌声が最高ですね!
ちなみに、このケルティック・ウーマンというグループ、
荒川静香さんがトリノでエキシビションに使った
You Raise Me UpYou tube
もいい曲ですね。

クリスマスが終わって、お正月明けに教室のあるヤマハの楽譜売り場で
探してみたところ、クリスマスの楽譜集自体が全然ありません(汗
店員に聞いてみたら、全部返品してしまったとのこと。

そういうものなんですね。
クリスマスに楽譜買って、さっと弾ける人はいいですが、
僕みたいな人は、今から練習しないと、クリスマスには弾けないんですけど・・・(笑

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 00 : 53 | ポピュラー | コメント(0) | page top↑
小沢問題 (2)
2010 / 02 / 12 ( Fri )
だんだん何のブログだか分からなくなってきましたが、
まあ何でもいいです(笑
たいして政治に詳しいわけではありませんが、
一意見として、思ったことを綴っていきます。



さて、石川議員は離党したようですが、「離党」は意味不明ですね。
民主党に対しては、責任を取ることになるでしょうが、
国民に対しては、何ら責任を取っていません。

そもそも、潔白を主張したいのならば、判決が出るまで、
離党も辞職も拒否すべきでしょう。
しかし、保釈後の今も、「意図的に記載しなかった」と本人が認めているようですから、
潔白を主張しているわけではないようです。
それならば、離党は責任の取り方としては、全く筋が通ってませんね。

離党によって、民主党としては、もう関係ないと責任逃れできてしまいますし、
党外にいても、民主党案に賛成するでしょうから、議席数が減るわけでもありません。

本人にとっても、何のデメリットもないし、
おそらく、4年後(か早まるかもしれませんが)の衆院選前には
みそぎは終わったということで、めでたく復党することと思われます。

ただ、こんな議員一人が辞職するしないかは、そんなに大きな問題ではなくて、
むしろ、今回のことで大きく顕在化したのは、
民主党の政治倫理に対する自浄能力の欠如

検察を批判しながらも、党内で独自に調査しようという動きが皆無でした。
小沢氏の潔白を信じているというのであれば、
いち早く独自に調査をするというのが正しいですよね。

今はどうかわかりませんが、おそらくあの時代は、
みんな少なからず、政治資金集めに色々な手を使ってたと思います。
党内の人が潔白を信じるなんて無理な話。
怖くて、独自に調査なんてできるはずないですよね。
本当に検察を批判したかったポイントは、
どうして小沢氏だけを狙うのかってことなんでしょうね。

結局、今回のことで露呈してしまったことは、
野党時代、あれだけ政治とカネの問題を追及していたのがすべて茶番だったということ。
与野党ともに本気でやる気はなくて、うまく抜け道を作りながら、
法整備をしているというのが本音なのでしょうか。

今回の資産公開でも、小沢氏の預貯金「0円」でした。
(他にも0円の議員はたくさんいるようです)
現金(タンス預金)、普通預金は対象外なので、
不正な届け出をしているわけではないようです。

でも、こんな制度では、政治家が不正な資金獲得をしていないかを
チェックする機能なんて全く果たしてませんよね。
01 : 02 : 43 | 政治・経済 | コメント(0) | page top↑
隣地側フェンス施工 (1)
2010 / 02 / 10 ( Wed )
久しぶりに、外構工事の過去記事です。

前回は、東の道路側のブロック施工の話でしたが、
(前回といっても、昨年夏ごろに書いたようです・・・時がたつのは・・・)
今回は、西の隣地側フェンスの話。

こちらは、当時はまだ空き地の状態でした。
分譲地の販売会社の取り決めで、我々がフェンスを立てることになっています。

「先に土地を買った方が立てる」というルールのところもありますが、
この分譲地では、時間の前後は関係なく、
あらかじめ、どちら側が担当するかが販売会社に決められています。
うちの場合は、東側が道路なので、そちらも自分で立てなきゃいけないんですけどね。

隣地側にはみだして、将来的にトラブルの種になっては困るので、
境界線から1センチ後退させて立てることに。
(都心だと、ギリギリに立てるところでしょうね)

フェンスの種類は、ヴィンテージに決めた時から、もう決めてました。
それは、コチラ。
タカショーのロイヤルフェンス!


樹脂製の白いアメリカンフェンスです。
もちろん、雰囲気はウッドの方がいいんですけど、やはり耐久性を重視。
お値段もワンスパン(2m)で2万円程度と、ウッドに比べるとかなり高価。

でも、その甲斐あって、立ててからもうすぐ3年が経過しますが、
風雨にさらされても全く問題ありません。
(コケが生えたり、汚れがついたりはしています)

ほんとはフェンス全体をロイヤルフェンスにしたいところですが、
さすがにコストがかかりすぎるので、
正面の道路側から見える駐車場部分だけをロイヤルフェンスにして、
他は、装飾のない普通のフェンスにすることに。

まずは土台部分の施工から。
ここは、フェンスの柱を受ける部分だけレンガの角柱にして、
それ以外は化粧ブロックでコストダウン。
本音はすべてレンガにしたいところですけどね。

これが、そのレンガ。
westbrick01.jpg
westbrick02.jpg

レンガにもいろいろあって、カタログ見ていると本当に迷うのですが、
この色味が気に入りました。
ヴィンテージの外壁レンガタイルとマッチングするものがよいけど、
あまりに近すぎると、全体がのっぺりしてしまうので、
外壁タイルに似ていて、それよりやや赤味がかったものを選択。

ちなみに、こちらが外壁タイルの色。
(写真で見ると、あんまり差が分かりませんね・・・)
bricktile03.jpg

水糸を張って、それに合わせてレンガと化粧ブロックを積んでいきます。
フェンスの柱を受ける角柱の部分の間は化粧ブロックです。
westbrick03.jpg

こちらが積みあがった図。
westbrick04.jpg

隣地側から見ると、こんな感じ。
westbrick05.jpg

そして、最後の段は、きっちりと上に蓋をします。
きれいに出来上がりました!職人さんはほんとに上手ですよね。
westbrick06.jpg

この後、上にロイヤルフェンスを設置!
といきたいところでしたが、遅れることになりました。
詳細は次回。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 13 : 27 | 外構工事 | コメント(2) | page top↑
小沢問題
2010 / 02 / 08 ( Mon )
経済政策、普天間問題、政治主導、子供手当など・・・
いろいろ思うところがありますが、
とりあえず、今日は、旬の話題である小沢問題について、
思うことをつらつらと書いてみます。

小沢氏不起訴。
二転三転する4億円の原資の説明。
何億円もの大金を何年間もの間、金庫に眠らせていたとか、
新札と交換するよう知人に頼まれたとか、
とても信じられないような説明ばかりで、どう考えても心象は真っ黒ですけど・・・

嫌疑不十分で、「疑わしきは罰せず」が司法の大原則である以上、
不起訴はまあ、妥当な結論でしょう。
(そもそも、秘書たちが小沢氏の関与を否定すれば、立証しようがありません)

ただ、元秘書の石川議員は起訴されたわけですから、
石川議員は少なくとも、責任を取る必要があるのではないでしょうか。

「議員になる前に起こした罪だから」という理由で、
議員辞職勧告決議案を審議すらしないという民主党の対応には、
「政治とカネ」の問題を本気で解決しようという意志が全く見受けられません。

自民党議員だってやってるんだからという批判もよく耳にしますが、
その批判は当たらないと思います。
そもそも、民主党は自民党の金権体質をずっと批判してきて、
金権政治にうんざりした国民の受け皿になって、政権交代したはず。

今回のことで、結局、政権が代わっても金権政治はなくならないのかと
多数の国民を失望させた責任をもっと真摯に受け止めるべきです。

議員を辞めさせるべきというよりは、議員辞職勧告をするかどうかが、
今後、民主党が「政治とカネ」の問題に真剣に取り組む決意が
あるかどうかの試金石になる気がします。
今の状態では、「真剣に取り組む気がない」という決意表明になってますよね。

実はそれよりもっと気になるのは、小沢氏への権力集中
ちょっと異常な気がします。
民主党内のカネと人事をしっかり押さえてしまっているので、
党内には堂々と意見できる人がいないですよね。

そして、陳情を党幹事長に一元化。
議員立法も禁止して、すべて政府立法にしようとしています。
政府立法は採決に党議拘束がかけられるので、他の議員は将棋の駒です。
政治主導で、徹底的に政治家が官僚をコントロールできるように
仕組みが変わろうとしています。

つまり、すべての采配が小沢氏にゆだねられることになります。
参院選に勝利したら、「思い切ったことができる」と言ってますよね。

そこまでの独裁権力を得なければ、
政治主導の実現ができないという思いがあるのかもしれませんが、
怖くありませんか?

小沢信者の人たちは、盲目的に「小沢さんなら日本を変えてくれるはず」と、
官僚政治の打破、アメリカ隷属支配からの解放をやってくれるはずだと
期待しているのだと思いますが、
本当にそれをやってくれる保証がどこにあるんでしょう?

小沢信者の人たちが、どうして、そこまで小沢氏一人を信用できるのかが分かりません。
もちろん、他の政治家であっても、僕は基本的には過度に信用はしません。
そのために、適度な牽制機構が必要なんです(それが民主主義)

仮に、どれほど崇高な理念を持った政治家であったとしても、
牽制機構のない独裁体制はきわめて危険です。
少なくとも僕は、国政の白紙委任状を提出したくはありません。
00 : 15 : 18 | 政治・経済 | コメント(0) | page top↑
♪ プレインベンション55番 ヘンデルのサラバンド (2)
2010 / 02 / 03 ( Wed )
クリスマス終わりましたが、まだまだ練習中です。

この曲、ほんとにすばらしい曲で飽きませんが、
今までやったプレインベンションの曲とは、明らかに一線を画する難しさ!

というのも、この第一変奏。
haendelsarabandevar1-01.jpg

右手が常に2声になってます。左手も一部、2声に。
中途半端な2声ではなく、常に2声に分かれているような曲はこれが初めて。

ひたすら、1声ずつ練習して、旋律を覚えこむしかないようです!
1声ずつ練習ができたら、外声のみ、内声のみの練習。

楽譜の第1小節の内声部(青)はじまりのラ。
左手で取るように指番号が付されていますが、
右手で取れるので、右で取った方が混乱しにくいですね。

第2小節のド#は、外声と内声の両方共通と考えていいようです。
(考え方は一通りではないそうですが・・・)

写真最後の小節、左手は、1→1で黒鍵から白鍵への滑り落とし。

そして、第一変奏の後半部分。
handelsarabandevar1-02.jpg

最後の山場のところ、ややこしくて、頭が混乱します!

最近、ここばかり練習しているので、
ようやく少しずつは弾けてきましたが、
各声部が聞こえるという感覚にはまだ程遠いなあ。。。
次の第二変奏もこれまた難しい。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 20 : 43 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。