スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 打鍵前の意識
2009 / 07 / 30 ( Thu )
打鍵が浅いとよく言われていて、
浅すぎて、音が鳴らない(スカる)こともよくあるのですが、
先日、先生に言われたことで、目から鱗というか、
あまりに的を射すぎていて、感心してしまったことがあります。

すべての音を打鍵する前に必ず、
どんな音を鳴らすかを意識しなければなりません!


すごく単純明快な原則ですが、実際にやってみると、不思議なもので、
打鍵する前に頭の中でメロディが流れている音は、
絶対に鳴るんですよね。
ほんと、不思議ですけど。。。

いつも、左手の声部などは、ついていくのに必死で、
適当に手が覚えているまま、手にまかせて打鍵させているので、
必ずといっていいほど、スカってしまいます。

ポリフォニーなどで、左右両方の旋律を同時に感じなければならない
と言いますが、そういうことだったんですね。
これが難しくて、全然、出来ないんですが。。。

ピアノの場合は、右手、左手に打鍵を任せてしまう地方分権はだめなようですね。
中央集権をめざして、がんばります。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 15 : 39 | 脱力への道 | コメント(4) | page top↑
♪ 調律後の違和感
2009 / 07 / 29 ( Wed )
よくピアノ弾きの方々が「あそこのピアノは全然、調律されていない」とか
おっしゃっているのを耳にして、うらやましいなあと思いつつも、
僕はそんな鋭敏な耳を持ち合わせていないもので、
そういうのは全く分かりません。。。

なので、これから書く内容は、かなり曖昧です。

我が家のピアノは、購入後から基本的に半年ごとに
調律をやってもらっているのですが、
結果的に毎回、業者が変わっています。

初めにやってもらったメーカーの調律はあまり記憶にないのですが、
前回の調律後は、すごくいい音になっていて、感動した記憶があるんです。
それで、最近、別の業者にやってもらって、
今回もさぞ、いい音になってるだろうなあと期待に胸をふくらませて、
弾いてみたら、感動が全くゼロでした。。。orz

調律とは、こんなものなんでしょうか?
(ピアノ所持経験の浅いど素人なので、よく分からないんです・・・)

そもそも、音が狂ってても分からない耳なので、
音が正常になっても分からない気が(笑

それに、平均律で調律しているはずだから、
ちゃんとあってても、和音は少しずれているわけで、
キレイに聞こえるべきではない???
(また、屁理屈で考えてしまう悪い癖ですが・・・汗)

単純に前の業者が僕の好みに合ったチューニングだった
ということなんでしょうか???

それとは別に、実は少し不具合も発生しています。

特定の音で金属音のような音がする
外に置いてあるオブジェなんかが共鳴することはありますが、
今回は、明らかに内部です。
どこかのねじがゆるんでいるのだろうか?
これは明らかに困るので、業者に連絡しているところです。

変なうなりがする
中央ドとその上のミを同時打鍵すると、1秒間に1回程度の「うなり」がしたんです。

よくよく考えると、平均律だと、すべての調にごまかして合わせるので、
「うなり」は原理的に避けられないのですが、
簡単な計算をしてみたところ(あってるかどうかは怪しいですが)、
理論上、この「うなり」は、1秒間に10回(10Hz)という周波数になるはずなんです。

そこで、おかしいと思ったのですが、
これはそれ以降、起きなくなって、再現しなくなりました。

というわけで、いろいろ、ピアノがあやしい状態なのですが、
それが問題となるほどの演奏技術も耳もないので、
業者には連絡をしつつ、練習を続行しようと思います(笑

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

20 : 04 : 14 | ピアノ雑感 | コメント(13) | page top↑
♪ シューベルト即興曲 op.90-4 (3)
2009 / 07 / 24 ( Fri )
最近、ちょっとモティベーションが上がっていて、
グラピの朝練に加えて、デジピの深夜練も実施した結果、

ようやく、曲全体の譜読みが完了!

まだ、超スローテンポで、つっかえては思い出しつつ弾いてるレベルですが、
それでもこんなに長い曲を読んだのは初めて。
そもそも、コソ練で譜読みを完了したことじたい、初めてです。
喜びもひとしおですね~。

今までは弾いてもあっという間に終わる曲が多かったのですが、
長い曲は、弾き始めてから終わるまで、
ずっと没頭出来るので、楽しいですね。
(特に超スローなので、弾き終わるまで長いこと長いこと・・・笑)

といっても、実は、少しズルをしているんです。
この曲は、主部→中間部→主部 という流れになっていますが、
後半の主部は、前半の主部と一緒だろうと勝手に思って、弾いてます^^;
後半もまじめに読むのかと思うと、楽譜を読むのが大の苦手な僕は、
かなり、げんなりしてしまうんですよ。

見た感じと聴いた感じでは、全く一緒に思えるんですが、
ひょっとして、微妙に違ってたらどうしよう。。。
誰か、知ってたら教えて下さい・・・って、他力本願はいけませんかね(汗
今度、楽譜を並べて、「7つの間違い」でもやろうかな(笑

ところで、前回、記事にした指が回らない部分ですが、
先日ある方にアドバイスをいただき、
やはり、ゆっくりとマルカートでしっかり弾く練習
続けるしかないようですね。
でも、地道に続けていれば、必ず動くようになりますよ
という心強いお言葉。
というわけで、地道にゆっくり練習を実施中です。

さて、前回は、最も気に入っているツィマーマンの演奏動画を紹介しましたが、
今回は、ラフマニノフ先生の演奏です。



この演奏聴くと、
そんな弾き方、せんでもええやろ!
と、思わず、関西弁でツッこみたくなるほど(笑)、
特徴的な演奏です(特に中間部)
粒の揃った超絶の速弾きには、ビックリですけど、
あんまり、好きにはなれません。
・・・なんて、言ったら、怒られそうですね

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 31 : 36 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(18) | page top↑
ありえない入試問題 解答編 (2)
2009 / 07 / 22 ( Wed )
続いて、問2の解答編。

問2:犯罪行為である場合

コンビニ強盗がレジから10万円を奪い、逃走しました。
図のような碁盤の目状の道路を仲間が待つポイントまで最短経路で逃走するとして、
×印の検問に捕まらずに逃げ切れる確率はいくらか?
また、手にすることができる金額の期待値はいくらか?
(ただし、分岐点では等確率で→と↓を選択するものとします)

nyushimondai01.jpg
解答
これは、ちょっとした引っかけ問題です。
どこがひっかけなのかを説明する前に、まずは解答から。


上図の例のように、検問所へ最短経路で到達するには、
出発点(コンビニ)を含めて、必ず3回、分岐点(図中○印)を通る。

検問所に到達するのは、その3回の分岐のうち、
1回は右方向、2回は下方向を選択しなければならない。

それぞれの分岐点で分岐を決める確率は1/2なので、
3回分岐を選択して、一種類のルートを選択する確率は
(1/2)3 = 1/8

ルートの数は、3回のうち1回右方向を選ぶ組み合わせの数に等しいから、
3C1 = 3! / 2!1! = 3 (通り)

よって、検問所に至る確率は、
3 x 1/8 = 3/8

逃げ切れる確率は、その余事象だから、
1 - 3/8 = 5/8

逮捕された場合、奪ったお金は没収されるので、期待値は、
3/8 ×¥0 + 5/8 ×¥100,000 = ¥62,500

答え:逃げ切れる確率は5/8、期待値は¥62,500

間違い例
間違い例として、次のようなものが考えられます。

コンビニから仲間(ゴール)へ到達するすべての最短経路の数は、
合計6回、右方向と下方向を選択して、
そのうち3回右方向を選択しなければならないから、
6個から3個を選択する組み合わせの数に等しい。
すなわち、
6C3 = 6! / (3!3!) = (6x5x4) / (3x2) = 20 (通り)

そのうち、途中で検問所を通るルートの数は、同様の考え方で
検問所へ至るまでのルートの数が3C1
検問所から仲間までのルートの数が3C2なので、
3C1 x 3C2 = 3 x 3 = 9 (通り)

よって、検問所へ到達する確率は、9/20
逃げ切れる確率は余事象なので、
1 - 9/20 = 11/20

上の解答と答えが違ってますが・・・
さて、どこで間違えたのでしょうか???
続きを読む
22 : 02 : 30 | 数学(高校+α) | コメント(6) | page top↑
ありえない入試問題 解答編 (1)
2009 / 07 / 20 ( Mon )
まずは、問1の解答編。

問1:世俗的過ぎる問題
Aさんは実年齢34歳ですが、人前では若く見られるように、
適度にサバを読んでいます。
サバ分と嘘年齢を掛け算すると、168になるそうです。
さて、Aさんは何歳サバを読んでいるでしょうか?

解答
サバをα、嘘年齢をβとすると、
α +β = 34 ・・・①
また、サバと嘘年齢の積の条件から、
αβ = 168 ・・・②

ここで、二次方程式の解と係数の関係を用いると、
α、βは、二次方程式 x2 - (α+β) x +α β = 0
の解であるから、①、②を満たすα、βは、
x2 - 34 x + 168 = 0 ・・・③
の2つの解である。

左辺を以下のように平方完成して、
x2 - 34 x + 168 = 0
x2 - (2×17) x = -168
x2 - (2×17) x + 172 = -168 + 172
( x - 17 )2 = 121

両辺の平方根を取る。
x - 17 = ±11
x = 17 ± 11
∴ x = 28 または x = 6

ゆえに、以下の2つの場合のいずれかとなる。
(i) α = 28、β = 6
(ii) α = 6、β = 28


(i)の場合、28歳のサバを読んで、嘘年齢が6歳ということになるので、
いくらなんでも、サバの読みすぎ!!!
ということになり、「適度にサバを読んでいる」という題意に反するため、不適。

したがって、解は(ii)の場合となり、Aさんは、6歳、サバを読んでいる。

解と係数の関係を使いたくない方へ
②より、α≠ 0
β= 168 / α・・・④

これを①に代入すると、
α + 168 / α = 34
両辺にαを掛けて、
α2 + 168 = 34α
∴α2 - 34α + 168 = 0
となり、③と同じになる。

①、②の条件式は、α、β入れ替えても成り立つので、
βについても同じ式が成立するので、
α、βは
x2 - 34 x + 168 = 0 ・・・③
の2つの解である。
以下は同様。
18 : 16 : 24 | 数学(高校+α) | コメント(0) | page top↑
化粧ブロック施工
2009 / 07 / 19 ( Sun )
引き続き、外構工事の過去記事を作成しています

道路に面した東側面は、化粧ブロックで土留めすることに。
初めは、レンガでと考えてたのですが、
レンガより安い化粧ブロックにコストダウン。
こちらは、正面でなく側面なので、意外と目立たないんです。

化粧ブロックが大量に搬入。
keshoublock01.jpg

まずは、ブロックを並べる位置を掘削。
職人さん一人で掘ったみたいです。
素人だと、これだけの溝を掘ったら、力尽きますよ。
keshoublock02.jpg

砕石?モルタル?
あまりに昔のことで忘れてしまいましたが、
溝の底を水平にならします。
keshoublock03.jpg

水糸を張って、化粧ブロックを丁寧に並べていきます。
この時点では、モルタルが入ってますね。
keshoublock04.jpg

keshoublock05.jpg

そして、完成!
きれいに仕上がりました。
keshoublock06.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 40 : 54 | 外構工事 | コメント(0) | page top↑
外構掘削
2009 / 07 / 18 ( Sat )
外構工事の過去記事、作成中

外構プランも固まり、電柱の移動も終わったので、
ついに工事が始まりました!
(といっても、2年前の話ですが・・・)

まずは、玄関前の掘削から。
我が家は、家のGLと道路面に高低差があるので、
かなり掘らなければなりません。
当然、残土処理費もかさむんですよね

パワーショベルで掘削開始。
gaikou_kussaku01.jpg

水道管が出てきたら、さらに、人力で
慎重に(希望的観測^^)掘り進めます。
gaikou_kussaku02.jpg

実は、こちら側。
初め、変な外構業者に引っ掛かって、業者選定が二転三転してしまった結果、
最終プランが固まるのが遅くなってしまい、
水道管をやりかえるハメになってしまいました

gaikou_kussaku04.jpg

浮いている部分のパイプを道路面の高さまで下げます。
かなりの追加コストです・・・

そして、この階段、元々はなかったんです。
gaikou_kussaku03.jpg

ある朝、出勤するときに、泥の斜面で
思いっきり、滑って転びました!

ジーンズは泥だらけ。。。
思わず、「痛~っ!」って叫んだのですが、
ミルクリークの遮音性がよすぎて、piyoneには気づかれず・・・(笑
ご近所さんもたまたま、外にいらしたのですが、気づかれず・・・(笑
二重に痛かったです!(爆

そんな話をしたら、東急の下請け監督さんが
「それは、危ないですよ~」と、
わざわざ端切れの板を持ってきてくださって、仮設階段を作ってくれました。
下請け監督さんのこまやかな心遣いに感謝!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 04 : 14 | 外構工事 | コメント(0) | page top↑
ありえない入試問題
2009 / 07 / 15 ( Wed )
入試にはありえないと思われる数学の問題を作ってみました。

問1:世俗的過ぎる問題

Aさんは実年齢34歳ですが、人前では若く見られるように、
適度にサバを読んでいます。
サバ分と嘘年齢を掛け算すると、168になるそうです。
さて、Aさんは何歳サバを読んでいるでしょうか?

問2:犯罪行為である問題

コンビニ強盗がレジから10万円を奪い、逃走しました。
図のような碁盤の目状の道路を仲間が待つポイントまで最短経路で逃走するとして、
×印の検問に捕まらずに逃げ切れる確率はいくらか?
また、手にすることができる金額の期待値はいくらか?
(ただし、分岐点では等確率で→と↓を選択するものとします)

nyushimondai01.jpg
(↑絵が汚くてスミマセン。ブログのお絵かきエディターを使ってみました)

一応、まじめに作ったつもりですが、出題ミスがあったら、スミマセン。
お気が向きましたら、コメントで回答して下さいね!

しばらくしたら、解答編をアップしたいと思います。
(間違ってるかもしれませんが・・・汗)
01 : 38 : 48 | 数学(高校+α) | コメント(6) | page top↑
♪ シューベルト即興曲 op.90-4 (2)
2009 / 07 / 14 ( Tue )
もちろん、ちゃんと弾けてるわけではありませんが、
嬰ハ短調の中間部は、だんだん流れに乗って、弾けるようにはなってきました。

問題は、変イ長調の主部。

Schubert90-4-01.jpg

指が回りません!
ずっと練習しているのですが、
どうしても音抜けなしに、粒をそろえて弾くことができません。

ここは、脱力なしには弾けないところでしょうね!
(特に弱音できれいに弾くためには・・・)

ここからは、コソ練なので、全くの仮説なのですが・・・

こういう分散和音の平行移動で力が入ってしまうのは、
分散和音から次の分散和音に移る時に、
瞬時にポジション移動が出来ていないからだと思うんです。

瞬時にポジション移動ができていない
→重心が前のポジションに取り残されてしまう
→重力を使って落とすことができない
→力で無理やり叩く
という構図になっているのではないかと。

楽譜の冒頭の部分。
①ドミドラ②ラドラミ③ミラミド④ドミドラ⑤ラドラミ
(ここで、楽譜のド♭には、「シ」と書き込んでいるのは、お約束ですから

④に入るあたりでは、既に手の重心が完全に置いて行かれていて、
もう、手の形がひどいことになっちゃてます。
それでも、無理やり叩こうとしするので、転びまくります。

ゆっくり練習では、なるべく各分散和音の位置で
最も自然なポジションになるようにポジションを移動させて、
指先に重量がかかっているのを確認しながら、進めていますが、
なにか効果的な練習方法はあるんですかね。

一番のお気に入りの演奏は、ツィマーマン(ツィメルマン)。



すごく美しい弱音で弾かれるんですよね。
手の角度が全く変わらず、そのまま平行移動してる感じに見えます。
どうやっても、こんな風には弾けるわけもないですが、
できるだけ手がハチャメチャに動きまくらないように気をつけて、
自然なポジションで弾けるよう、練習してみたいと思います。

それにしても、この方はイケメンですよね!前にも書いたけど(笑

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 23 : 31 | ピアノ練習記(シューベルト) | コメント(4) | page top↑
♪ 脱力矯正、その後
2009 / 07 / 12 ( Sun )
久しぶりに、「脱力への道」シリーズ。
ハノン25番まで進んで、1番から出直しになったのが、
過去ログを遡ると、もう一年も前になるんですね!

ようやく、この出直し状態から卒業することができました!

いや~、ほんとに長かったです・・・
一時はどうなることかと、先生も思っていらしたようです。。。

といっても、完全にタッチが矯正されたわけではありませんが、
ある程度、基本的なコツをつかめるようにはなったので、
また、25番に戻れました(次回からは、26番)

結局のところ、きっかけになったのは、
毎回、すべての指の打鍵時に、指先で腕の重量を支えている
という感覚を意識するようにしたこと。

当然と言えば当然で、脱力原理の基本ですが、
理屈で分かるのと、実際に感覚をつかむのは隔たりがありますよね。
ただ、毎回のすべての指の打鍵時にこれを感じられることが
重要なのかなという気がしています。

もちろん、ハノンの決まった指使いの枠内で少しだけ原理をつかんだだけで、
実践では全く、脱力出来ていないのは、言うまでもありません。
ツェルニーでも、ガチガチに力が入ってますから
まあ、実践でそう簡単に脱力ができるんなら、苦労しませんよね!

その他にも、まだまだ、タッチの問題点は山積み。
3-4-5の指は相変わらず、全然動かないし、
ハノンを音楽的に弾くことがまだ出来ません。
拍の頭ではなく、変な所にアクセントをつけてしまっているみたいです。
きちんと拍の頭にアクセントをつけて、
小節内で強―弱―中―弱の自然な流れになるように(第2部の4/4拍子の場合)

「脱力への道」は、これからもまだまだ続きます。。。
01 : 02 : 30 | 脱力への道 | コメント(0) | page top↑
♪ ご近所さんとピアノ交流
2009 / 07 / 11 ( Sat )
少しずつ、ご近所さんとのピアノ交流が増えてきました。

以下、イニシャルとは関係ありません。

まずは、Aさんご夫妻。
奥様はゴスペルを歌ったりされていて、音楽がお好きです。
前回の発表会では、お忙しい中、聴きにいらしてくださいました。
ピアノもお持ちなので、今後、音楽の交流もできそう。。。

そして、Bさんご夫妻。
ご主人はアンプを自作されてしまうほどのオーディオマニアで、
クラシックもお好きなんです。
今は退職されて、毎日、庭仕事をされているので、
僕たちのひどい爆音をいつも聴かされていて、
まことに、ご迷惑をおかけしております^^;


それでも、最近、練習中の曲がお気に召されたようで、
(爆音も壁のフィルターを通ると、マイルドになって、下手さが緩和されるのかも)
何という曲か尋ねられたのですが、2曲あるうちのどちらか分からなかったので、
「この曲ですか?」と、シューベルトの即興曲Op.90-4(中間部のみ)を
恥ずかしげもなく、演奏披露してしまいました^^;
ビンゴでその曲のようでした。
ブレンデルのCDをお渡ししたので、今度からごまかしが利かないですね(汗
というより、全然、別の曲だと思われる可能性大!(笑

そして、Cさんご夫妻。
ご主人も、僕と同じく大人から始めたピアノ弾きさん。
奥様は、子供の時習っていらっしゃったようで、
いずれは、グランドピアノの購入も考えていらっしゃるようです。
この間、我が家でお茶をご一緒した時に、
ピアノも弾いていただこうかと思ったのですが、遠慮されてしまいました。
また、いずれ、ピアノでも交流できるといいですね。

そして、Dさんご夫妻。
ご夫婦そろって、ピアノを弾かれるんです。
特に奥様は、長くピアノをやっていらっしゃるので、相当な上級者さん。
うちの爆音が道に聞えていたことから(笑)、交流が始まり、
お宅にお邪魔させていただくことに。

D邸は、ご夫婦自ら設計されたとても素敵なお宅。
コの字型の建物の内庭部分には、ウッドデッキに素敵なテーブルセットがあり、
玄関入ると、大きなガラス窓を介して、眼前に現われるんです。
もっと奥まで室内になっていると思いこんでいるので、これがとても印象的!

ダイニングも素敵で、レストランに来たような気分!
ご夫婦合作の美味しいコース料理を堪能させていただきました。
ご主人こだわりのライティングで、あらゆるところにライコン付のライトが!
ガラス窓の前には、バーカウンターが用意され、
スポットライトで照らされ、夜を演出してくれます。
我が家の使っていない中途半端なライコンとは、違いますね(汗

お庭も整然としていて、素敵なライトアップが施され、
奥様がここで月光浴を楽しまれるんだとか。。。
この日も、月の光がとてもキレイでした。

おっと、ピアノの話題を忘れるところでしたね!
まずは、奥様がノクターン20番をしっとりと演奏して下さり、
僕はお言葉に甘えて、ここでも、シューベルトとプレリュード4番を
演奏させていただきました。
(最近、どんどん大胆不敵になっている気がする・・・)
piyoneは、月の光を演奏させていただき、
最後に、奥様に一曲、ポピュラーの曲を演奏していただきました。

他にもスケ2などたくさんの難曲を弾かれるようですので、
また、いろいろと聴かせていただきたいです。
ご主人も、悲愴3楽章を弾かれるらしいので、
今度は、是非、聴かせていただきたいです。

今後も、どんどんピアノの輪が広がっていくと、楽しいですね!

※他にも、いろいろなご近所さんとの交流を楽しませていただいてますが、
今回は、ピアノ関係に限らせていただきました。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 47 : 48 | 交流 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Y150(2)
2009 / 07 / 03 ( Fri )
横浜開国博Y150!次は、トゥモローパーク

y150-07.jpg

アースバルーン!
昼間は、こんな感じ。夜には浮かび上がって、映像が映し出されるんです。
その様子は後ほど。。。
y150-08.jpg

昼間のうちは、未来シアター「BATON」というのを見ました。
3話完結のアニメで、期間を分けて3回通わないと、全編見ることができません
僕はアニメは苦手なので、あんまりピンと来ませんでした。。。
というか、よく分からないところで終わっちゃったなあ・・・
この先、すばらしいエンディングが待っているんでしょうね。

そして、次は、日産の「スーパーハイビジョンシアター」!
y150-14.jpg

公式サイトの説明によると、
NHKが研究開発している、世界初の4320本の走査線とハイビジョンの
16倍の画素数の超高精細映像と、 37個のスピーカーを立体的に配置した
22.2マルチチャンネル音響が、究極の臨場感を演出します。


実際に見てみて・・・
これは、本当にすばらしいです!!!

平面なのに、これって、立体映像?と疑うぐらいの臨場感でした!
映像の内容も、日本各地の大自然の風景や心温まる光景など・・・
ほんとに美しい映像ばかりでした。
時間なかったけど、もう一度見たかったですね。

欲を言えば、全席立ち見だったので、座って見たかった・・・
などと、年寄りくさいことを言ってはいけませんね(汗

そして、夜が更けてくると、最後のお楽しみ。
アースバルーンの上映開始!

y150-15.jpg
y150-16.jpg
y150-17.jpg

You tubeでもご覧になれますね。
http://www.youtube.com/watch?v=1rP8nJ_u0KA
♪うさぎ追いし~か~の~やま~ が流れてくると、じ~んと来ました
う~ん、さすが、こだわりの演出ですね!

というわけで、Y150、いろいろ見てきましたが、
なんといっても、この美しすぎる夜景にはかないませんね!(笑

y150-19.jpg
y150-20.jpg
y150-21.jpg
y150-22.jpg

以上、横浜ラブなdyneのY150報告でした!
翌日は、いよいよ長崎へ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

22 : 01 : 24 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Y150(1)
2009 / 07 / 02 ( Thu )
また、旅行記です。
そろそろ、ブログタイトルを「Let's travel」に変えた方がよろしいでしょうか(笑

5月に、両親と夫婦で長崎へ旅行に行ってきました。
両親は離れたところにいるので、現地で合流。
僕たちはその前に、横浜に前泊して開国博Y150を見てきました。
大老井伊直弼が日米修好通商条約を締結して、
横浜が開港してから、今年で150周年になるんですね。

Y150は、一部のエリアで入場料がかかるのですが、
今回は、入場券付でお得なホテルを見つけて、そこに一泊することに。

まずは、この「はじまりの森」から。
y150-01.jpg

前に来た時は、外からしか見れませんでしたが、
今回は、いよいよ中へ。
y150-02.jpg

ここの目玉は、フランスの劇団「ラ・マシン」の巨大クモ型ロボットのパフォーマンス。
近くで見ても、やっぱり気持ち悪い!(笑
y150-04.jpg

どんどん近づいてきて、飲みこまれそうになるほどの、ド迫力!
y150-05.jpg

追記:気持ち悪いので、小さくしておきました(笑) 
クリックすると、拡大します!

そして、最後にシューっと、霧(クモの体液?)を吹きかけられます。
予告もなく、かなり容赦なく吹きかけられるので、
高そうな一眼レフカメラを持っていた隣の男性、かなりあわててました(笑
僕のデジカメは、防水なので、こういうとき安心ですね。

このパフォーマンス、先頭には指揮者がいて、
腕をクモの足のようにクネクネしながら、指揮しています。
どう見ても怪しげ!
y150-06.jpg

そして、「黒船レストラン」という名のグルメスペース。
y150-03.jpg

迷った末に、横浜らしく、中華にしてみました。
なんというメニューだったかもう忘れてしまいましたが、美味しかったのは確か。
y150-09.jpg
y150-10.jpg

さらに、この珍しい「味噌チーズまん」(だったかな?)をトライ。
これもなかなか美味でしたよ。
y150-11.jpg

そして、こちらは横浜の歴史を紹介する「横浜ものがたり」という展示コーナー。
y150-12.jpg

こちらは、ペリーと老中が話し合っているところ。
y150-13.jpg

その他、いろいろ歴史にまつわる展示がされていました。
ちょっと、地味かもしれませんが、
ここが唯一、横浜の開港に関係あるアトラクションですよね、きっと(笑

まだまだ、続きます。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

19 : 20 : 04 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
リビング時計設置
2009 / 07 / 01 ( Wed )
以前、購入したリビングの時計
設置の記事を書くといいながら、まだ、書いてませんでした。

実は、リビングの壁に穴を開けるのは初めて。
どこに設置すべきか、一か月以上も悩んでました!(笑
まあ、正確には悩んでいるうちに忘れてしまったというところか・・・

取りつけに使ったのは、石膏ボード用の「Xフック」という取付金具。
水平と斜め上、斜め下の3方向にピンを打ち込むタイプなので、
地震などでどの方向に負荷がかかっても、取れにくい仕組みになっています。
それぞれ2本ずつ、計6本のピンを打ち込むので、
耐荷重も10kgと、相当重いものまで大丈夫ですね。

livingclocksetup01.jpg

まずは、位置決め。
piyoneに脚立に上って、所望の場所で持ってもらって、
僕が遠くから「もうちょっと上」などと、指示を出します。
普通は逆なんでしょうけど、僕が見たいんです。。。

場所が決まったら、養生テープで水平と垂直位置をマーキング。
勇気を振り絞って・・・
その場所にピンを打ち込んで、フックを固定。
livingclocksetup02.jpg

さっそく、時計を掛けてみます。
livingclocksetup04.jpg

設置後のリビング全体は、こんな感じに。
livingclocksetup03.jpg

色合いは、バッチリ合ってます。
むしろ、合いすぎて、目立たなくなってしまいました。
もう少し、色調の違うものを選んで、存在感を出す手もありましたが、
今回は、この時計自体がすごく気に入ったので、大満足!
次回、鏡や絵額などを飾るときには、もう少しコントラストをつけてもいいかも。

それにしても、時計があると、便利ですね!(当たり前ですが・・・)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

19 : 48 : 03 | カーテン・インテリア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。