スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ プレインベンション20番 メヌエット BWV Anh.116
2009 / 06 / 24 ( Wed )
バッハのメヌエット BWV Anh.116。

先生から、「これは、難しいですよ~」
という脅し、失礼、叱咤激励をいただきました。

Anh.114と115は知ってましたが、116は知らなかったんです。
譜読みを始めて、すぐに思ったことといえば、
何?この変な曲!

バッハ先生ともあろう人が、変な曲を作ったものだ・・・
と思いながら、練習していましたが、
そうだ!バッハ先生の曲なら、You tubeにたんまりとアップされているはず!
と、思いたち、調べてみたら、たくさん出てきました。

聴いてみると・・・
なんて、いい曲!

やる気が出てきました。
たんに、譜読みが悪かっただけですね
お金をケチって、CDなし版を買ってしまったのが間違い(笑
いつも、苦労しています。

中でも、インパクトがあったのがこの演奏!
このお爺様、有名な方なのかもしれませんが、
ド派手なすごい迫力の演奏をされるんですよね。



装飾音がすごいですよね!
抹茶・チョコレート・いちご・バナナ・黒蜜味のアイスを食べている感じ。
もちろん、僕が弾くのは、もっとシンプル、ただのバニラですよ。

シンプルバージョンの方は、ピティナ曲事典で聴けます。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

20 : 38 : 45 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
♪ プレインベンション進捗状況
2009 / 06 / 24 ( Wed )
プレインベンションの進捗状況をまとめてみました。

以前に記事にしたことのある、巻末の難易度表の順番に従って、
先生の判断で適当に飛ばしながら、やってます。
太字が終了した曲。

第1課程
34 11 32 2 1 4 21 38 36 28 30 37 3
5 12 33 17 18 35 31 8 9 13 14 39 40

第2課程
15 16 27 29 41 43 46 52 47 6 7 10 20
24 42 49 53 19 22 23 26 44 48 50 45

第3課程
51 25 55 54 56

こうやって見ると、結構、曲数やった気になってたけど、
それほど、やってないですね!

でも、全体からすると、中間点までは来た感じ。
これからが難しくなりそうです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

20 : 00 : 52 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ ショパンがたった30日で
2009 / 06 / 23 ( Tue )
ブログの広告欄に出てくる、「ショパンがたった30日で」
が妙に気になったので、クリックしてみました!

ピアノの独習用のDVDのようなのですが、
「まずは、こちらをご覧ください」という動画があって、
女性の方がものすごくお上手な「歓喜の歌(第九)」の演奏をされています。

打鍵のしかたが、まさに、プロ並み!

その下には、女性の体験談。
「一か月で両手で弾けるようになりました」のようなことが。。。

えー???一か月で、ここまで弾けるようになるんですか?

・・・と、思ったら、
動画の女性は、先生でした(笑
下の体験談は、似てるけど、別の女性だったようで・・・(^ー^A

でも、30日でショパンが弾けるようになるなら、すごい教材ですよね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

21 : 09 : 53 | ピアノ雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボルチモア出張(3) 帰国ハプニング後編
2009 / 06 / 23 ( Tue )
引き続き、帰国編です。

UA係員の態度には不満が残るものの、とりあえず、
もらうべきもの(ホテル代、遅延証明)は無事もらえたので、
ようやく、ひと安心^^

まだ、JALのカウンターで翌日のフライトを確認する仕事が残ってます。
空港内の鉄道を利用して、国際線ターミナルへ移動。
JALのカウンターは、どこかな?と探します。
ところが・・・
JALのカウンターがない!

そんなはずないんですけど・・
案内板にも載ってるのに・・・どれだけ探しても、
実際、ないんです! なんで、ないんだよ~????

しょうがないので、エールフランスのお姉さんに聞いてみたら、
AF:「え?JAL?あそこにあるんだけど、もうクローズしちゃいましたよ。」
dyne:??????

とりあえず、そのクローズしてしまった廃墟に行ってみると、
旧式の赤電話がポツンと置いてあって、「御用の方はこちらに」と書いてあります。
受話器を上げたら、日本人の女性につながりました。
いや~、日本語だと、ほっとしますね!

翌日、同じ場所に来てみて、謎が解けたのですが、
朝は、カウンターの後ろの壁に大きくJALと書いてあって、
どう見てもJALのカウンターになってるんです。
ところが、僕の乗り損ねた便以降、便がないみたいなので、
午前中しか営業してないようです。
それで、後ろの「JAL」の壁もなくなってしまうんですよ。
なんだか、屋台の出店みたいですよね(笑

JALの対応は、UAとは違って、ほんとにすばらしいものでした!

JAL:「先ほど、ご連絡いただいてます。dyne様ですよね。」
一から説明しなくて、いいんだ。。。

せっかく、Webチェックインで事前に通路側座席を確保してたけど、
今回は座席はあきらめるしかないかなと思っていたら、

JAL:「確か、通路側をご希望でしたよね。
    明日も満席なのですが、なんとか通路側をお取りしておきました。」

なんというきめ細やかな心配り。。。JALの責任じゃないのに

さらに、
JAL:「ホテルは、大丈夫ですか?」
dyne:「一応、UAからこんなクーポンをもらいました。これでいいんですかね。」
と、クーポンを見せて、確認までしてもらいました。

あ~、日本のサービスはすばらし~!

というわけで、ようやく、これで事務手続きはすべて終了!
といっても、まだ昼の2時頃。
シカゴ観光にも行けちゃう時間なのですが、観光する気力もなし。
ホテルでゆっくり休むことに。

昼ごはんも食べてないので、空腹のあまり、
ホテルの近くを散策してみると、ショッピングモールを発見!
こういう平地型のモール、昔、よく行ったので、
懐かしさのあまり、行ってみました。
chicago01.jpg

スーパーがあって、いろいろお土産になりそうなものが買えたので、
無駄な一泊が多少は有意義な一泊になりました。
chicago03.jpg
chicago02.jpg

翌日は、トラブルもなく、無事に帰国できました。
以上、帰国編でした。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

01 : 02 : 24 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ボルチモア出張(2) 帰国ハプニング前編
2009 / 06 / 21 ( Sun )
ハプニングありの帰国編

といっても、新型インフルに感染したわけではございませんよ。
同様の経験をされる方もいらっしゃると思うので、
参考までに、少し詳細に書こうと思います。

例年は、土曜日に現地出発、日曜日に帰国のパターンで、
休みなしの月曜出勤が辛いので、
今年は、金曜日の会議をサボって、一日前倒しにして、
土曜日帰国で、日曜日はゆっくり休めるという算段を立てていました

ところが、ボルチモア空港でユナイテッド航空(UA)の飛行機がマシントラブル!
出発が2時間も遅れて、シカゴからのJALの乗継便に間に合いませんでした。。。

とりあえず、降りたゲートのUAの係員に相談。
UA:「30分後にUAの便があるから、それに乗って下さい。」
dyne:「でも、次はJALなんですけど、(JALで振り替えるのではなくて)、
    UAに乗っちゃっていいんですか?」

UA:「そのJAL便は間に合わないから、とにかく30分後のUAに乗って!」
dyne:「あ、はい」
   (本当にUAに乗っていいの?
    せっかく、帰りも日本の番組を見ようと楽しみにしていたけど、
    まあ、帰れるなら仕方ないか。。。)


というわけで、30分後のUA便のゲートで、別のUA係員に事情を説明。
dyne:「・・・というわけで、この便に乗れと言われました。」
と言っても、航空会社違うのに、やっぱり乗せてくれるわけないですよね。
UA係員、何やら電話をしてから、
UA:「JALが新しいフライトを用意してくれました・・・」

やったー!これで今日中に帰れる!
と思いきや・・・

UA:「・・・for tomorrow!」

dyne:「for TOMORROW!!!!????????

上げて落とす、この憎き英語の語順
今日の便はないかと再度確認したけど、ないとのこと。
せっかくの土曜日帰国、日曜日休みの計画はあっさり潰えました。
やっぱり、邪なことを考えてはいけませんね(笑

UA:「マシントラブルなので、ホテルはUAで用意します。
    後は、サービスカウンターへ行ってください。」


ここは、個人主義の浸透しているアメリカ。
会社の責任ではあっても、その係員個人の責任ではないので、
もちろん、「申し訳ありません」の一言なんて、ありません。

渋々、サービスカウンターへ行って、男性係員に事情を説明。
こちらでも、もちろん、「申し訳ありません」や「お気の毒ですね」の一言もなく、
隣の女性と談笑しながら、端末をカタカタ。
ホテルのクーポンを渡されました。
職場に提出する用の遅延証明も欲しいと言ったら、くれました。

dyne:「荷物も取り出したいのですが・・・」
UA:「それは、baggage claimで言ってください。」

完全にタライ回し状態!
それでも、事情を申し送りしてくれればいいですが、
毎回、一から事情を説明するのが非常に面倒!
こういうの、一か所で一度にやってくれないものですかね。

UAのbaggage claimの係員に事情を説明。
dyne:「・・・というわけで、荷物を取り出したいのですが・・・」
UA:「やめた方がいいよ。預けたままにしておくのが普通です。」
dyne:「時間かかるんですか?」
UA:「数時間かかるかも。それでも出したい?」

う~んと悩んでいたら、お泊り用セットをくれました。
一緒にいた知人は、昔、同じような状況で、
数時間かけて探してもらったけど、結局見つからなかったそうです。
そこで、荷物はあきらめて、そのままにしておくことにしました。

ちなみに、もらったお泊りセットは、シャンプーやソープなど、
ほとんど、ホテルにあるのと同じものだったので、役には立ちませんでしたね。
でも、ちゃんとした布製のポーチに入ってたので、これは使えそう。

さて、次は、JALのカウンターに行って、
翌日のフライトが本当に取れているかの確認です。
長くなったので、続きは、次回の記事にて。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

01 : 19 : 45 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
♪ ツェルニーの難易度
2009 / 06 / 04 ( Thu )
先日、レッスンが終わって、階下にあるヤマハの店の楽譜コーナーに行ったら、
「カール・ツェルニーフェア」をやってました。
なんとも、ときめかないフェアですね!(笑
(一部のフェチの方は、ときめくかもしれませんが・・・)

面白かったのは、そこに置いてあった難易度チャート。
(クリックで拡大します)
czerny_level_chart.jpg

バイエル→20番→30番→40番→50番→60番が基準軸になっていて、
それに対して、他のツェルニーの曲集がどのレベルに位置しているか
が描かれています。

意外だったのが、100番。
バイエルの途中から始まって、50番まで伸びてます。
先生に見せたら、
「100番は難しいんですよ。50番までは、ちょっと言いすぎですけど」
とおっしゃってました。
100番で苦労するという話を聞くのがよく分かりますね。

他にもいろんな曲集が存在するのですが、
24番というのは、初めて知りました。
30番、40番クラスの方には、おすすめのようですよ。

それから、「毎日の練習曲」なんてあるんですね。
店頭に平積みされていたので、ちょっと拝見してみたら、
「リピートの部分、30回繰り返せ」とか
平然と書いてありました。この鬼!(笑

まるで、エリック・サティーの世界一長い曲(840回繰り返し)みたいですね。
まあ、ツェルニーの方は、リピート部分がほんの数小節なので、
「愛ある鞭」といったところでしょうか。
サティーの方は嫌がらせ以外の何物でもないと思いますが。。。

ちなみに、僕は今、20番の最後の曲をやっています。
これが終わったら、通常は30番入りできるのですが、
(30番のための練習曲というサブタイトルがついているぐらいなので)
僕はまだ卒業できないようで、もう少し「リトルピアニスト」などで、
練習を積んでからにしましょうと言われています。

道は長いですね!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

19 : 04 : 34 | ピアノ練習記(ツェルニー) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ボルチモア出張
2009 / 06 / 03 ( Wed )
毎年恒例のアメリカ出張でボルチモア(ワシントンDCの近く)に来ております。

今年は、インフルで直前まで職場で渡航禁止だったので、
まず無理だろうと思っていたら、一週間前に解除されました。
僕は免疫弱い方なので、ほんとは、怖いんですけどね・・・

飛行機は、最近なるべく、JALかANAにしてます。
機内の設備が充実しているし、日本語で細やかなサービスしてくれるし、
何よりも、映画・ビデオのリストに日本の番組がたくさんあるのがたまりません。

今回、機内で見た番組は・・・
その時歴史は動いた~上杉謙信
こういう歴史物、好きなんですよ!
この上杉謙信のやつはちょうど、家で録り貯めして、
まだ見てなかったやつだったので、ラッキー!!(時間の節約)

いま、会いにゆきます(映画版)
今回の一番のヒット。
以前、ドラマ版で感動したので、映画版も見てみようということで。
ストーリーは同じですが、またもや感動して、涙が出まくり!
機内でひとり泣いてると恥ずかしいので、困りました(笑
竹内結子さんの演技が本当にすばらしいですね!
今調べてみたら、脚本が岡田惠和さんってのもよかったのかも。

結婚しようよ
こんな映画があったって、知りませんでした。
日本映画らしい人間愛、家族愛をテーマにした映画で、
ちょっと長くて、もう少し凝縮させてもいいような気はしたけど(笑)、
終わり方はよかったかな。

相棒シリーズ~鑑識・米沢の事件簿
やっぱり、ミステリー系も(笑)
水谷豊さん・寺脇康文さんの「相棒」本作ではなく、
鑑識さんが主役で、例の2人はほとんど出てきません。
なかなか面白かったです。

これだけいろいろ見てると、12時間のフライトなのに、あっという間ですね!
他にも、ゲームも色々出来ますし・・・
(五目並べは、コンピュータ弱すぎですけど)
一昔前は、長時間の飛行機が苦痛でしかたなかったのに、だいぶ楽になりました。
他にも見てみたいものがたくさんあったので、帰りのフライトを楽しみにしています。

ニューヨーク経由でボルチモアへ乗り継ぎ。
アメリカに来て、いつも思うのが、トイレがひどすぎ!
トイレ自体が壊れてなくて、鍵と荷物用のフックも正常な個室を探すのは、
もはや天文学的確率な気がします(笑
世界への玄関口で、一番気合いを入れているはずの空港のトイレが
これってどこかおかしい気がするんですけど・・・

今回も、やっぱり鍵がかからなかったので、
いったい何がおかしいのかよく見てみましたところ、
個室自体の建てつけが悪いことが判明!(笑
アメリカのトイレの個室って、日本のと違って、下の部分の壁が開放的です。
(治安の問題が理由?男性用だけかもしれませんが・・・)
それで、壁が上から宙づりになっているため、
個室全体が長方形を保てなくて、平行四辺形に歪むんですよ。
そのため、鍵をかけても、個室全体が歪むので、すぐにはずれちゃうんですね。
(全く、鍵の意味なし・・・)
そもそも、蝶つがいのところもやたらに隙間があいているので、
見ようと思えば完全に外から見えてしまいます。

便座も日本の高機能なものに比べて、全くパッとしませんよね。
日本のすばらしいTOTOやINAXがアメリカに進出したら、
あっという間に全米を席捲してしまいそうな気がするんですけどね。

で、トイレ談義はいいから、ボルチモアはどうなの?
というツッコミがそろそろ来るころでしょうか?(笑

ボルチモアは横浜のみなとみらいにどことなく似ていて、わりと好きです。
といっても、4度目なので、もう観光はしません。
今回は、ブログ用に写真を撮ってきました。
baltimore01.jpg

向こうに見えるビルがランドマークで、手前の船が日本丸って考えると、
みなとみらいに見えますよね。
baltimore02.jpg

baltimore03.jpg

水族館やミュージアムもあって、結構楽しめるところだと思います。
というわけで、ボルチモア出張記でした。
肝心のボルチモアの紹介はあっさりすぎ?(笑

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

11 : 29 : 27 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。