スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 無謀曲B(1)
2009 / 02 / 26 ( Thu )
8小節だけをひたすら練習していた無謀曲A
しばらく弾いてなかったら、すっかり忘れてしまいました。。。orz
あれほど苦労して、覚えたのに~~

8小節ぐらいなんだから、もう一回読め!と言われればそれまでですが、
譜読み苦手なので、もう一回読む気がしません!
こりゃ、しばらく放置だな、きっと。

気を取り直して、無謀曲Bに挑戦中!^^
こちらは曲の冒頭のワンフレーズと中間部を同時並行で練習中。
でも、転調してるから、この2か所は調号がまるで違うんですよ。
(片や♭だらけで、片や#だらけ。。。笑)
頭が混乱するので、同時並行はあまり得策じゃないのかも(汗

中間部は、外声の旋律と内声の和音というパターン(という理解で合ってるかな?)
手が届きにくい箇所もあるし、ひとつひとつ押すだけで一苦労(汗
手がつりそうになりつつも、毎日、同じ個所ばかり、
♪=60ぐらい(というより♪≦60と書くべきか?)で弾いてます。

こんな調子で毎日弾いてたら、
少しはスムーズに弾けるようになる日が来るんだろうか。。。
永遠に来そうもないんですけど。。。
昔、古文で習った反語表現みたいですね。
「来るんだろうか?(いや、絶対来ない)」ってやつです(笑


ま、全然スムーズに弾けなくても、かなり楽しいのが、
これぞ、無謀曲の醍醐味というやつですね^^
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 37 : 23 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ 三浦友理枝さんコンサート
2009 / 02 / 21 ( Sat )
体調はおかげさまで、少しずつ回復してきました。
体調を崩す前の話ですが。。。

久しぶりに、ピアノコンサートを聴きに行ってきました。

一昨年は、ピアノだけでなく、オーケストラを含めて、
クラシックコンサートには何度も足を運んでいたのですが、
去年はめっきり減って、たったの一度だけ。
そういえば、この「クラシック」カテゴリの記事もめっきり減ってる(汗
今年はもう少し足を運んでみたいです。

今回は通っているYAMAHA教室主催のコンサート。
ということで、先生から案内をいただきました。
三浦友理枝さんというピアニストです。

miurayurie_concert01.jpg

どんな方だろう?と、調べていたら、なんと、
映画「神童」に出演されていた方
だったんですね。
コンサートから帰って来てから、知りました。。。ハハハ(汗
そんなことも知らずに聴きに行ってたのか!
というツッコミはなしでお願いします。。。^^;
なにしろ、パンフにもプロフィールにも全然書いてないんですから。。。(責任転嫁)

それはさておき、
先生から案内をいただいたときは、どうしようかな~と思ってたのです。
ところが、家に帰ってそのパンフに書いてあったある文字列を見て、即決!
そのある文字列とは、
シューベルト即興曲集 D.935 Op.142より第3番 変ロ長調

シューベルトの即興曲のプロの演奏を生で聴くのは初めてです。
(だと思います、たぶん)
これは、行くしかありません!

会場に着くと、席が見事に左側だけ埋まってます(笑
YAMAHA主催ということで、ピアノ講師や生徒、生徒の親御さんたちが
多かったのでしょうか、
聴く側だけでなく、弾く側にも興味がある人が多かったようです。

それにしても、ここまで左右で偏りがある状況は初めて見ました。
混雑が嫌いな僕は、迷わず右側へ。
おかげで、ゆったりと座って、鑑賞できました^^

曲目は、他にも有名曲が勢ぞろい。
シューベルト即興曲 D.935 Op.142より第3番 変ロ長調
ショパン 幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2 「月光」
    休憩
ショパン 「舟歌」 嬰へ長調 Op.60
ショパン ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58
    アンコール
ドビュッシー 「月の光」

かなり有名曲そろいのお得な曲目ですよね!
アンコールの前に、三浦さん自ら、このプログラムのコンセプトを
説明して下さいました。

前半は、シューベルト即興曲に始まって、即興曲つながりで幻想即興曲。
そして、嬰ハ短調つながりで月光。
後半は、ショパン晩年の傑作2曲。
そして、アンコールは、月光つながりで、「今度はフランス人の書いた月の光」
とのことでした。
いろいろ考えて選曲されてるものなんですね。

でも、開口一番、「お疲れ様でした」とおっしゃったのには、笑ってしまいました。
いやぁ、演奏される方の方が、よほどお疲れ様ですよね?
と思わず、ツッこんでしまいたくなりました(笑
とても謙虚なお人柄なんですね。
「最後のショパンは長くて、子供さんにとってはかなり辛かったのではないかと思います」
と、聴衆のご心配をされていたようです。

で、肝心の演奏ですが。。。
とても素晴らしくて、あっという間に時間が過ぎました!
特に力強い音の響きにズシンとした重みがあって、感動しました!
繊細な表現もそれはそれは素敵でしたよ。
また、機会があったら、是非、聴きに行ってみたいです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 13 : 15 | クラシック | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ ソナチネ7番(2)
2009 / 02 / 08 ( Sun )
ソナチネ第1巻第7番 クレメンティのOp.36-1。

今は第3楽章まで進んでますが、
第1楽章後半、展開部以降のレッスンメモがまだでしたので、
まとめておこうと思います。

はるか追憶の彼方。。。
遠い記憶を掘り起こしながらです^^;

sonatine7-1-02.jpg

 意表を突く展開
チャンチャラ チャッ チャッと来たら、2回目もチャンチャラ チャッ チャッだろうと
思いきや、2回目は意表をついて、チャンチャラ チャッ チャ~ラ~ラ
強弱もしっかりつけること。
sonatine-7-1-02-1.jpg

左手が旋律
左手をしっかり出す。
ついこれでもかというぐらいに、右手を出してしまいがちなのはなぜ?
sonatine-7-1-02-2.jpg

このナチュラルは何?
今まで、シの音は調号もついてなければ、臨時記号すらついたことなかったのに、
いきなり、ナチュラルがついてます。
sonatine-7-1-02-3.jpg
先生に聞くと、ハ短調だからとのこと。
ハ短調の導音なので、半音上がってることを表しているんですね。
音感のある人なら、すぐにハ短調だと分かり、
導音の臨時記号がないと気持ち悪いんでしょうけど、
僕のような凡人には、なんじゃこりゃ~(太陽にほえろの松田優作風)
となるだけです。

 フレーズの終端処理
こういうフレーズはきちんと最後を閉じる。
右手はいよいよ新しい場面が始まってこれから!って感じなので、
左手閉じることなんて、すっかり忘れてます。
sonatine-7-1-02-4.jpg

 あくまで上品に!
右手がクレッシェンドして行って、ノリノリなので、つい左手もガンガンになってしまいますね。
ここは、あくまで上品に。。。ロココ風^^
sonatine-7-1-02-5.jpg

というわけで、上品なソナチネを目指して、がんばります!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 15 : 46 | ピアノ練習記(ソナチネ) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
暖房による乾燥効果の計算(5) 総集編
2009 / 02 / 07 ( Sat )
やたらと長い記事になってしまったので、総集編です。

複雑になりましたが、湿度の計算自体は実は、非常にシンプルです。

eq_humidity_heated.jpg

外気と暖房時の飽和水蒸気圧は、Tetensの式から求めます。
eq_satvapor_ps.jpg

たとえば、今までの例で、
外気温5.9℃、外気湿度40%、暖房温度22℃の場合は、

外気の飽和水蒸気圧は、Tetensの式に t = 5.9 を代入して、 9.3 hPa
暖房時の飽和水蒸気圧は、同じ式に t = 22 を代入して、26.4 hPa

暖房時の湿度は、
40 [%] × 9.3 [hPa] / 26.4 [hPa] = 14 [%]
と、非常に簡単に計算できます。

参考までに、外気温0℃、5℃、10℃、15℃の時に、
暖房後の湿度がどうなるかをグラフにしておきます。

設定温度が22℃の場合
GraphH22CC.jpg

設定温度が24℃の場合
GraphH24C.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 56 : 19 | 気密・断熱・冷暖房・加湿 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
暖房による乾燥効果の計算(4)
2009 / 02 / 06 ( Fri )
湿度ブログへようこそ!(爆

珍しく怒涛の更新ですが、間をあけると忘れてしまいそうなので、
最後まで一気に行かせていただきます。
いよいよ、湿度計算最終章です!

さて、本題は、
22℃まで暖房した時に湿度がどれぐらい下がるか?
でしたね。
なぜ22℃かというと・・・深い理由が・・・
あるわけではなく、我が家の空調の設定温度だからという単純な理由(笑
ここは、勝手に決めさせていただきます。

外気の温度と湿度は、また1/25の東京のデータを使うことにします。
 気温 5.9℃  湿度 40 %

このとき、前記事の計算によると、
実際に空気に含まれている水蒸気圧3.7 hPa でしたね。

この外気を取り込んで、温度を22℃まで上げると、どうなるか。

飽和水蒸気圧は温度に応じて増加しますが、
実際に含まれる水蒸気圧は変化しません。

温度を上げるだけでは、水分は増加も減少もしないからです。

そこで、計算しなければならないのは、温度22℃の時の飽和水蒸気圧だけ。
また、おなじみのTetensの式の登場です。
eq_satvapor_ps.jpg
この式に t = 22 [℃] を代入して、計算すると、
飽和水蒸気圧は ps = 26.4 [hPa]となります。

ここまで来ると、湿度は求められますね。
湿度は、
湿度(%) = 水蒸気圧 ÷ 飽和水蒸気圧 × 100
という定義だったので、
湿度 = 3.7 [hPa] ÷ 26.4 [hPa] × 100 = 14 [%]
となります。

40%もあったはずの湿度が
14%まで下がってしまうとは!おそろしや~
こりゃ、乾燥するはずですね。

その他の日についても計算した結果をグラフにしたものがこちら。
Graph-H22degTokyo_mito.jpg

週の前半、晴れた日はのきなみ10%台になってしまう計算になりますね!

非常に単純なモデルで計算しているので、
実際はもっといろいろな要素が出てくるとは思いますが、
これでは、加湿したくなりますね。

今後は、湿度を上げるために必要な加湿量を計算して、
今使っている加湿器の加湿能力で足りているかどうかを
検証していきたいと思います。

あ、その前にもっと軽い記事を挟むと思いますが。。。
でないと、読者がいなくなりそうなので。。。
「そして誰もいなくなった」にならないように。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

22 : 04 : 50 | 気密・断熱・冷暖房・加湿 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
暖房による乾燥効果の計算(3)
2009 / 02 / 05 ( Thu )
さて、いよいよブログ読者の減少率・・・じゃなくて、湿度の計算をしたいと思います。

まずは、外気の温度と湿度を知る必要がありますね。
といっても、なにしろ我が家には温湿度計がありませんので、
気象庁のデータを参考にすることにしました。
こんなのがあるのは便利ですね。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/synopday/index.html

と思ったら・・・「つくば」なんて、もちろんありません!
近いところも見つかりませんね。
あえて言うならば、「東京」か「水戸」!

どっちも遠すぎだけど、気候的には、東京!
と言いたいところですが、水戸でしょうね(笑
利根川を渡ると、天気変わりますから。。。^^;;

とりあえず、1月最終週の両方のデータを拾って、まとめてみたのがこちら。

weatherdata_tokyo1.jpg

weatherdata_mito.jpg

気温
Graph-Ttokyo_mito.jpg

湿度
Graph-Htokyo_mito.jpg

こうやって見ると、東京と水戸では、気温も湿度もまるで違いますね!
やはり茨城は東北地方であることを実感!(笑

とりあえず、この両方の場所で実際に含まれる水蒸気圧を求めることにします。
分かりやすいように、
1月25日の東京のデータ
気温 5.9℃ 湿度 40 %
を例にあげて、説明していきます。

まずは、気温のデータをもとに、前記事で紹介したtetensの式
eq_satvapor_ps.jpg
からその温度における飽和水蒸気圧を求めます。
t = 5.9 [℃] を上式に代入して計算します。
計算はGoogle電卓でやってしまいましょう。

Googleを開いて、
6.11*10^(7.5*5.9/(5.9+237.3))
と入力して、検索ボタンを押すと、
6.11 * (10^((7.5 * 5.9) / (5.9 + 237.3))) = 9.28945475
という答えが返ってきます。
というわけで、飽和水蒸気圧は、 ps = 9.3 [hPa] と求められました。

次に、実際に外気に含まれる水蒸気圧を求めます。

湿度は、実際に含まれる水蒸気圧が飽和水蒸気圧の何%の割合を占めるか
という値でしたので、
実際に含まれる水蒸気圧は、飽和水蒸気圧と湿度から
実際に含まれる水蒸気圧 = 飽和水蒸気圧 × 湿度(%) ÷ 100
で求められます。

湿度が40%で、飽和水蒸気圧が9.3hPaでしたので、実際に含まれる水蒸気圧は、
p = 9.3[hPa] ×40(%) ÷ 100 = 3.7 [hPa]
となります。

このような手順で東京と水戸のすべての日の水蒸気圧を求めて、
グラフにしたものがこちら!

Graph-Ptokyo_mito.jpg

参考までに水蒸気圧から水蒸気量への換算式
eq_satvapor_ws.jpg
で水蒸気量を計算したものもグラフにしておきます。
Graph-wtokyo_mito.jpg

こうやって見比べてみると、実際に含まれる水蒸気の量は、
東京と水戸ではあんまり変わらないようですね!
水戸の方が気温が低いので、同じ水蒸気量でも相対湿度が上がってしまうため、
全く違うように見えていただけのようです。

当たり前ですが、天気によっては大きく変わりますね。
データによると、週の前半が晴れで、週の後半が雨でした。
水蒸気量が倍近くも違ってることが分かります。
晴れた日と雨の日で加湿器の湿度モニターの値が全然違うのが納得できます。

というわけで、外気に含まれる水蒸気圧(量)を求めることができました。
次回は、この空気を取り入れて、暖房で我が家の設定温度22℃まで上げたときに、
どの程度、湿度が下がるかを計算してみることにします。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

21 : 55 : 35 | 気密・断熱・冷暖房・加湿 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
暖房による乾燥効果の計算(2)
2009 / 02 / 04 ( Wed )
まずは、飽和水蒸気圧飽和水蒸気量の計算式を求めるところから。

飽和水蒸気圧
飽和水蒸気圧は、次のTetensの式から求められます。
摂氏温度 t [℃] のときの飽和水蒸気圧 ps [hPa](hPa=ヘクトパスカル)は、
eq_satvapor_ps.jpg
グラフにしたものがこちら。
温度上昇とともに、どんどん上がっていく様子が分かります。
Graph-Ps-T.jpg

飽和水蒸気量
必要かどうか分かりませんが、飽和水蒸気量を求める式も導出しておくことにします。
こちらはやや複雑になりますが、読み飛ばしてくださいお付き合いください。

やりたいことは、圧力(hPa)で表示されたものを
体積1m3の空気の中に含まれる水蒸気の重量(g/m3)に換算すること。

まずは、1m3の空気に含まれる水(H2O)分子の数を数えることから始めます。

そのために、分子の数を数えるのにとても有用なmol(モル)という単位を導入します。
molというのは、6.02×1023個の集まりを表します。
つまり、1mol = 6.02×1023 ということになります。
たとえて言うならば、1ダース=12個 と呼んだりするようなものです。

気体の分子の数は、我々の世界から見ると、莫大な数になってしまうので、
桁数が増えてめんどくさいから、新しい単位で数えようというわけです。
なんでこんな切りの悪い数字でまとめるかについては、後に分かります。

話が長くなりましたが、この1molの気体分子については、
どんな気体でも次のような性質があります。

1molの気体は、温度0℃、圧力1気圧のもとで、22.4Lの体積を占める

つまり、温度を0℃、圧力を1気圧にした部屋で、
22.4Lのゴミ袋(市販されてませんが)を使ってガバッと空気をつかみ取れば、
その中の分子の数は数えなくても、6.02×1023個だと分かります。

ところで、そろそろ、話が長くなりすぎて、何が知りたかったのかを忘れてしまう頃ですね。
もう一度思い出しておくと、知りたいのは、
飽和水蒸気圧 ps[hPa] 、温度 t[℃]の下で体積1m3の中に何molの水分子が存在するか?
でしたね。

それを知るためには、もう一つの気体の便利な性質を利用します。

気体の分子の数は、圧力と体積に比例して、絶対温度に反比例する
注:絶対温度とは、摂氏温度に273.15を足したもので、単位はK(ケルビン)で表します。

この性質を使って、
 0℃ = 273.15 K
 1気圧 = 1013 hPa (天気予報でおなじみですね)
 22.4L = 0.0224m3
の単位換算に気をつければ、
体積1m3中に含まれる水分子のmol数 ns [mol/m3] は、このようになります。
eq_satvapor_ns.jpg

さて、本当に知りたかったものは、水分子の数ではなくて、重量でした。
ここではじめて、新しく導入したmolという単位の秘密が開かされます。

なぜ、6.02×1023個なんていう切りの悪い数をひとまとめにしたかというと。。。

1mol(6.02×1023個)の水素原子(H)の総重量は、1gである

というすばらしい性質があったからなんです。
この魅惑的な数字はアボガドロ定数と呼ばれています。
注:厳密には炭素原子が12gになるように定められている。

水(H2O)の分子は、2個の水素原子(H)と1個の酸素原子(O)から出来ていますね。
酸素原子は水素原子の16倍の重量があるので、
水分子は水素原子18個分の重量ということになります。

ということは、もうお分かりかと思いますが、
1mol(6.02×1023個)の水分子の総重量は、18gである

ということになるんですね。

そうすると、体積1m3の中に含まれる水の重量 ws [g/m3] は、こうなります。
eq_satvapor_ws.jpg
これでめでたく、飽和水蒸気量の計算式も完成しました!

グラフにしたものがこちら。
Graph-ws-T.jpg

このグラフはいろんなサイトで見ることができると思います。

さて、次回はいよいよ湿度の計算に行きたいと思います。
こんなことを続けていると、そのうち、ブログ読者の減少率の計算も
しておいた方がよさそうですね(汗

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

21 : 14 : 59 | 気密・断熱・冷暖房・加湿 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
暖房による乾燥効果の計算(1)
2009 / 02 / 03 ( Tue )
加湿器を導入して以来、湿度のことが気になってしかたがありません(笑
(欲しいと思いつつ、まだ温湿度計すら持ってないのですが。。。)

そこで、暖房によってどのぐらい乾燥するものかを計算してみることにしました。
この道のプロではないし、非常に単純化したモデルで計算するので、
間違ってるかもしれませんが、その時は、
どうぞ優しくご指摘いただければ幸いです(笑



空調暖房で乾燥が起きるメカニズム

空調暖房で乾燥が起きる理由は、よくこんな図で説明されていますね。

principle_low_humidity.jpg

空気中に含まれる水蒸気の量(圧力)には最大の限度となる量(圧力)があって、
それを飽和水蒸気量(圧)と言います。
これを超える分は、水蒸気ではいられなくなって、水滴に戻って、結露するわけですね。
注:同じ温度、同じ体積では、量と圧力(分圧)は比例するので、どちらで考えてもOK。

そして、
湿度(相対湿度)というのは、その飽和水蒸気量(圧)に対して、
実際に何%の水蒸気量(圧)が含まれているかを表す値です。
つまり、
相対湿度(%)=実際の水蒸気量(圧)÷飽和水蒸気量(圧)×100
というわけですね。

ところで、この飽和水蒸気量(圧)というやつは、温度によって変化して、
気温が上がるにつれ、増加していきます。
つまり、温度が高いほど、たくさんの水分をためこむことが可能というわけです。

ここで、図に戻りまして。。。
たとえば外気温では湿度が50%であったとします。
このとき、空気中には、この温度での飽和水蒸気量(圧)の50%の水蒸気が
含まれていることになります。

ところが、その外気を取り込んで、暖房で温度を上げたとすると、
含まれる水蒸気量は変化しませんが、飽和水蒸気量だけは増加してしまいます。
そうすると、水蒸気分の相対的な比率はどんどん下がってしまうことになります。
その結果、相対湿度が下がってしまうわけです。

これが暖房による乾燥のメカニズムです。
石油ストーブなどでは、燃料に含まれる水素と酸素が結合して、
水蒸気が供給されるため、そうはならないのですが、
純粋に空気の温度だけを温める空調暖房特有の現象ですね。

と、ここまでは予備知識のお話で、ここからが本題。
これから、どれぐらい乾燥するものなのかを実際に計算していきたいと思います。

長くなるので、次の記事にしますね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 28 : 32 | 気密・断熱・冷暖房・加湿 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
電気使用量大幅アップ
2009 / 02 / 02 ( Mon )
我が家は建築時にNEDOの助成を受けた関係で、
省エネナビ」という電気使用量のモニターをつけています。

日頃は、その存在すら忘れてしまっているのですが、
(本当はそんなことではいけないのですが・・・^^;)
最近、なんとなく使用電力量の月別表示をしてみたら。。。

denkidaiup_shouenenavi01.jpg

今年に入って、使用電力量が倍以上アップ!!!
しているではありませんか!!!

緑のグラフは去年の月別使用量で、
赤のグラフは今年の一月分の使用量です。

原因ははっきりしています。加湿器の導入です!

電気使用量アップしているだろうなとは漠然とは予想していたものの、
倍以上になっているとは、ビックリしました。

計算してみたら、実に当然のことでした。
このたび導入した加湿器は最大加湿時の消費電力が320W
いつもは、「うるおい」モードという湿度50~60%を維持するモードで運転しているのですが、
晴れた日には50%を超えることがないので、ほぼ24時間、最大加湿で運転しています。

そうなると、1階と2階で2台あるので、消費電力は320 × 2 = 640W
一ヶ月間の使用電力量は、
640(W) × 24(h) × 30(日) = 460(kWh)

このグラフの上がり幅とほぼ一致します!
(実際には寝るときに2階のものは静音にすることもあるので、その分少ない)

一致したと言って喜んでいる場合ではありませんが、
今の加湿能力でも晴れの日は、湿度40%ぐらいが限界のようなので、
これ以上下げて運転するわけにもいかないし、しかたありませんね。

たかが、空気に水を与えるだけでも、電気代が結構かかるものなんですね。
00 : 15 : 21 | 気密・断熱・冷暖房・加湿 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
♪ ツェルニー20番の進度
2009 / 02 / 01 ( Sun )
ツェルニー20番も残すところあと2曲となりました。

2006年5月にバイエルが終了して、この曲集を始めたのですが、
このところ、ペースが非常に遅いです。

ツェルニーの進度は、全く気にしないマイペースな性格なのですが、
面白いので、グラフ化してみました。

Czerny20progresschart02.jpg

最初の方はかなりよいペースでしたが、
15番終了後、ガクンと落ちてますね!
何があったんだろうという感じです(笑
もちろん、発表会や伴奏などが入って、中断も入っているのですが。。。

各曲の合格までの日数を棒グラフにすると・・・

Czerny20progresschart01.jpg

16番以降の3曲が異様なまでに時間がかかっているのがはっきりと分かります。
ほぼ半年ずつぐらいかかってます。

このペースで行くと、残すところあと2曲といっても、
20番終了まであと1年かかる計算になりますね^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 25 : 33 | ピアノ練習記(ツェルニー) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。