スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 太田胃散(1)
2008 / 10 / 30 ( Thu )
発表会のもう一曲は、プレリュード7番「太田胃散」。

副題をつけるのを嫌ったショパンが後世に、
「太田胃散」などと呼ばれてるのを知ったら、
さぞ苦々しくて、胃腸薬でも飲みたくなるんじゃないでしょうか。

ちなみに、僕は胃が痛くなったときは「恵命我神散」です。
苦くて嫌です。歯茎の裏にへばりついて大変です。
でも、効くんですよ!
太田胃散は飲んだことないのですが、どうなんでしょう?
効くのでしょうか?

それはさておき・・・
たった3行の曲なんですね。
prelude7.jpg

プレリュード4番に比べて、かなり思い入れが少ないので、
どうもやる気がでないことが多いです(って、おいおい)
でも、すごく勉強にはなりそうです。。。

まずは、やはり拍感がゼロでした。
先生にも、「このまま仕上がってたら、大変でした!」
と言われる始末。トホホ
16分音符を単位として、弾くと分かりやすいとのこと。

そして、フレーズの中は絶対切らない!
重音レガートの嵐です
ブルグのアヴェマリアでさんざん悩まされたアレですね。

一か所ずつ、切らないような指使いを研究しているところです
詳しくは次回。

追記:
今までずっと間違えて「太田胃酸」って書いてました(恥
これじゃ治るものも治らないどころか、ひどくなりそう。
なんかおかしいなあとは思っていたのですが。。。訂正します^^;
ISHIchan、ありがとうございます!
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 52 : 01 | ピアノ練習記(ショパン) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
♪ プレリュード4番(4) 弾き始め
2008 / 10 / 26 ( Sun )
どの曲弾く時もそうですが、弾き始めが苦手。
うまく弾き始めようと、考え過ぎて、逆に
すごく気合いが入った音になってしまいます。

特にアウフタクトだと悲惨。
弱拍なのに強い調子で入ってしまって、
不自然極まりないスタートになりますね^^;

「むしろ何も考えずにスッと入った方がいいですよ。」
とのこと。
なるほど!目からウロコ。
自然に入って、少しずつ弾きながら調子を上げていく

もちろん曲にもよるとは思いますが、
プレリュード4番はそんな入り方がぴったりですね。

今、自然に入るコツを試行錯誤中。
自然に入るって、意外に難しいですよ、これが

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

14 : 56 : 22 | ピアノ練習記(ショパン) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ハロウィン2008
2008 / 10 / 25 ( Sat )
今年もハロウィンのデコレーションしてみました^^

玄関入ると、ジャコランタンがお出迎え。

halloween2008_01.jpg

夜はライトアップ。

halloween2008_04.jpg

外は・・・
今年もシンボルツリーのヤマボウシに柿がなりました(笑

halloween2008_02.jpg

今年はさらにクリスマス用のイルミネーションライトを
木に飾りつけてピカピカと。

halloween2008_06.jpg

この街区はクリスマスやる人は多いのですが、
ハロウィンは誰も飾り付けしないので、かなり浮いてます(笑

コードの接続には、一応、防水用の接続ボックスを使っています。

halloween2008_07.jpg

本当はライトアップのための室内スイッチも設けてあるのですが、
ジョイントボックスの電気接続が面倒なので、
(というか、テスターも持ってないので、危険かなと)
屋外コンセントの抜きさしでONOFFしています。。。
いい加減、室内スイッチからできるようにしたいですね。

この秋らしい装いのリースは、piyoneの作品です。
結婚以来飲んできたワインのコルクをなんとなく集めていたのが
役に立ちました。

halloween2008_03.jpg

そして、これはハロウィンとは関係ないですが、玄関の逆側は
去年の秋に植えたハギがこんなにまで見事に成長しました。
ポストを覆い尽くす勢いですね。

halloween2008_05.jpg

ハロウィンが終わっても、Thanksgiving(11月下旬)までは
この装いで楽しみたいと思います!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17 : 08 : 49 | デコレーション | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ プレリュード4番(3)
2008 / 10 / 25 ( Sat )
怒涛の連続更新。
他にも難しいところがいろいろ。

まずは前半と後半のつなぎの部分のペダリング。
正しくは↓
prelude4-pedalgood.jpg
2度の上下をするところの音が混じらないように
ペダルをきちんと離す必要があります。

僕のダメな踏み方は↓
prelude4-pedalNG.jpg
これじゃもろに濁るのですが、いったん癖になると、矯正するのって難しいですね。

いっそのこと、切れ目の部分は全部届くので、
ペダルなしという手もあるのかなと思うのですが、
ペダルありとなしでは、手でレガートしてても、雰囲気違うんですよね。
(このあたりはいずれ考察してみたい。。。)

追記:
手でつないでいる場合は、ダンパーがその弦だけしか離れていないけど、
ペダルでつなぐ場合は、すべての弦のダンパーが離れるので、
他の弦への共鳴が起きるため、印象が違ってくるんでしょうね。


追記の追記:
よくよく考えてみると、単に重なっている時間の差だけですね。
手のレガートでつなぐ場合は、ほんの一瞬しか重なってないですが、
ペダルでつなぐ場合は、踏んでいる間だけ重なっているので。。。
もうこれ以上考えるのはやめます^^;


prelude4-2.jpg

後半のクライマックス、strettoの部分。

prelude4-climax.jpg

緊張感を高めながら、どんどん盛り上がっていくところ。
矢印のドの音が最大の頂点になって、そこから先は徐々にディミヌエント。

この頂点部分の左手ベース音のシ(赤丸)は思いっきりフォルテで響かせます。
そのあとの青い部分の和音がつかみにくくて、難しいです。

最後の3つのpp和音。
prelude4-last3harmony.jpg

ここはまだ今のところダメだしを頂戴していないのですが、
最高に難しいです!
ただでさえすごくつかみにくい和音なのですが、
弱音で弾かなくてはいけないので。。。

ここからは自分で考えた考察いろいろ。
注)全然間違っているかもしれません!
(今までの経験上、たいてい間違っているので^^;)

指を寝かせぎみにすると、弱い当たりにはなるのですが、
かなりぼやっとしたペラペラな感じになってしまいます。
少し立てぎみになると、くっきり感が出ていいのですが、ちょっと強めに。
(unacordaは踏んでます)
和音の外側の音を出すようにすると、少しくっきり感というか重みが出るかな。

経験上、息をすっと吐きながら打鍵すると、成功率高い気がします。
無呼吸でやると、だめですね。当り前か。

経験その2、少しすくいあげる感じで打鍵すると成功率高い気がします。

まあ、成功率高いといっても、比較的いい音がしたかなあと思えるのは、
100回に1回ぐらいですけどね。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

15 : 56 : 47 | ピアノ練習記(ショパン) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
♪ プレリュード4番(2) フレージング
2008 / 10 / 25 ( Sat )
昨日の拍の話。

今日練習していて、だいぶ言わんとしていることが
理解できてきた気がします。
この調子で練習して、次回レッスンに臨みます。

とはいっても、自分でこうだと思って工夫していくと、
たいていは裏目に出るので、あんまり期待できませんが・・・汗

そして、基本ができてないダメだしパート2は、フレージング

右手の旋律は、きちんとフレーズの終わりで抜いて、
フレーズの途中は必ず切らずにつなげる!

prelude4-1.jpg

たとえば、上の楽譜では、初めから2段目の最終小節まで、
ずっと切らずにひとつながりで。
最終小説のラの音は3拍めまできちんと伸ばして、
4泊目直前でスッとすくいあげるように抜いて、
次の音をしっかりと。

あるサイトに、ピアノ演奏で重要なのはテンポルバートとフレージング
書かれていて、すごく感銘を受けた覚えがあるのですが、
両方全くできてませんね

あと細かいところも注意事項、盛りだくさんです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

14 : 44 : 18 | ピアノ練習記(ショパン) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
♪ プレリュード4番(1) 拍感
2008 / 10 / 25 ( Sat )
いよいよ、発表会が1ヶ月後に。

今回はショパンに初挑戦ですが、
根本のところから、ビシバシとダメだしの嵐を
食らいながらも、奮闘中

まずは・・・
拍の意識が全然なってない!
適当に変な揺らしかたをしない!

まず、きちんとした拍が存在して、その枠組みの中で揺らす。
ロマン派は意外ときちんと拍どおりに弾いた方がキレイに聞こえるんだそうです。

というわけで、メトロノームできちんと拍をとりながらの練習。
それでもまだ変に揺らそうとしているらしくて、矯正中。

prelude4-1.jpg

小節の終わりから次の小節に入るところで少しためるように弾いていたら、
それはやめた方がいいそうです

左手の連続する和音は、心臓の鼓動のように。。。
決して、不整脈にならないように!。。。とのこと
脈々と音楽が流れていくような感じなんでしょうね。
僕の演奏は進んで行かないなあと常々感じることが多かったのですが、
このあたりに原因があったんでしょうね。

かといって、
単調な機械的な弾き方にならないように!
拍どおりに弾いて、棒弾きにならないようにするって、
どうやったらいいんでしょう???すごく難しいんですけど。。。。

prelude4-2.jpg

最後の見せ場(といっても、この写真2枚で全部なのですが。。。)
悲痛な叫びのような盛り上がりを見せて、消え失せるように収束するシーン。

真ん中のdim.のところからどんどん遅くしてしたのですが、
ここもやはり拍どおりで、インテンポで。
rit.を始めるとしたら、最終段のsmorzのところから。

曲全体を通して、一貫した拍の流れを感じないといけないんですね。
根本からやり直さないと。。。

あんな恥ずかしい演奏をさらけ出してしまって、恥ずかしいですが、
もう少しましなので上書きできるようにがんばります。

まだまだダメだしは山ほどありますが、次回に。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 36 : 41 | ピアノ練習記(ショパン) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インテリア紹介(2) ピアノルーム
2008 / 10 / 18 ( Sat )
インテリア紹介シリーズ第2弾!
キッチンの予定でしたが、
片付いているキッチンの写真を撮る機会がなかなかないので^^;
今回は、ピアノルームをご紹介します!

interior_pianoroom09.jpg

ピアノルームと言っても独立の部屋ではなく、リビングと一続きになっています。
防音の観点からは独立の防音室の方がいいんでしょうけど、
リビングのインテリアとして、そしてみんなで演奏も楽しめるように・・・
(正直、防音室なんて作るお金もないですが。。。^^;)

リビングから見ると・・・
interior_pianoroom01.jpg

玄関から見ると、こんな感じ。
実は、玄関からも完全にオープンになっています。
目の前にピアノがあって、奥のリビングまでが丸見え!
(玄関を広く見せたいけど、そんな面積がないので、苦肉の策^^;;)
interior_pianoroom03.jpg

照明はMaxrayのシャンデリア。詳細はコチラへ。
このほかに調光可能なダウンライトを4カ所つけていて、
雰囲気を出したいときには減光できるようになっています。
これが意外にも、楽譜を見やすくするのに役立っています。
light_piano.jpg

カーテンを閉めると、こんな感じ。
階段少し上がった角度から撮影。
interior_pianoroom05.jpg

カーテンは、リサブレアのもの。詳細はコチラ
リビングと一続きですが、敢えてこの空間だけは
少し格調高い雰囲気をめざしてみました。
連続した空間でも一か所だけ少し雰囲気を変えると、意外と楽しいですね。
interior_pianoroom06.jpg

少し遊んでみたのが、タッセルフック。
ピアノルームらしく、ト音記号にしてみました^^
interior_pianoroom07.jpg

ゴーリキアイランドの真鍮フックです。
ここのインテリアグッズ、どれも本当にオシャレでいいですよね。


ただ、付属のビスでは、東急の石膏ボード12mmを超えて、
下地に止めるのには短すぎるので、別途ビスを用意する必要があります。
ところが、ホームセンターでも金色の適当なビスはなかなか見つかりませんね。
今回は、カーテン屋に特別に用意してもらいました。

タッセルは、近くのカーテン屋で一本480円で入手しました^^
東急の打ち合わせで勧められたのは、その10倍以上もする高級品で
とても手が出ませんでしたので。。。(T_T)

interior_pianoroom04.jpg

次回は、どこをご紹介しようかな。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

19 : 02 : 40 | カーテン・インテリア | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
自作ポストのはかない運命
2008 / 10 / 01 ( Wed )
入居まもない頃の話。
外構計画が遅れに遅れて、まったく手つかずの状態。

何がなくて困ったかというと、
郵便ポスト!
コレだけはすぐに必要ですよね。
郵便物が来ないのは困ります。

というわけで、年の瀬も押し迫って、多忙な時期に
奮起して、ほぼ徹夜状態で作りました。
じゃ~ん!自作の仮設ポスト完成!
selfmadepost01.jpg

ただの段ボール箱じゃ味気ないので、
何かきれいなラッピングで装飾してみるか!
ということで、思いっきりメルヘンチックにしてみました(笑
(杭は味気ないけど・・・)

雨に濡れても大丈夫なように・・・
と、セロハンで巻いて防水も十分!^^

あとは翌朝、玄関ポーチの前に設置して、これで完璧!
selfmadepost02.jpg

自信作にホクホク自己満足していたら、な、なんとよりによって、
その日の夜に、暴風雨が!

ポストは見事に崩壊して、無残な状態に
せっかくの苦労が水泡に帰したとはまさにこのこと。
骨折り損のくたびれ儲けというやつです。

もちろん、その後数か月の間、
無味乾燥なお菓子の缶でしのいだのは、言うまでもありません(爆

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 03 : 53 | DIY | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。