スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 今年も第九
2007 / 12 / 31 ( Mon )
今年もノバホールで第九コンサートを聴いてきました!

まずは予めご了承ください。
注1:この記事は第九の演奏ぐらい長くなるかもしれません。
注2:年末年始に読むにはふさわしくない殺伐とした話も含まれています。


オーケストラは、つくばで第九2007オーケストラ。
在京オーケストラのメンバーによるこの日限りのスペシャル編成だとか。
のだめで言うところのRSオケみたいな感じ!?(ちょっと違うか!)
指揮者は田久保裕一さん、4人の声楽家の方はプロですが、
合唱団は、公募された一般の市民合唱団です。

去年、つくばで初めてこの企画が行われて、聴きに行ったのですが、
てっきり一回限りの企画かと思っていたので、今年もやると知って、大喜び。
というのは、去年はなんとなく第九に行ってみたいと軽い気持ちで行ったのですが、
今年に入って、何度も聴いているうちに病み付きになるぐらい、好きになりました。
一時期は、毎日一回欠かさず聴いてたぐらい。。。(全楽章ではないですが)
というわけで、今年は去年とは違った気持ちで聴けるかなと楽しみにしていました。

否定のモチーフ云々という難しい解説はあまりよく分からないのですが、
理屈ぬきで好きです、この曲!
なんていうかそれぞれの楽章で使われている旋律そのものがどれもこれも好きなんです。
こんなに長いのに、どの楽章のどの断片を聴いても全く飽きないのって、
第九ぐらいかもしれません。

第1楽章の出だしからカッコイイ!って叫びたくなるようなテーマ。
第3楽章のメロディは、極上の美しさですね。
そして、何といっても終楽章。大スペクタクルって感じの壮大さ。
一番好きなところは、歓喜の歌の有名なメロディの後の、
宗教的で荘厳な雰囲気になるところ。
歌詞でいえば、
Seid umschlungen, Millionen!... のところ。

さてさて、今年は曲の展開が分かっているので、
細部を集中して聴こうと楽しみにして、第一楽章を聴き始めてしばらくして、
なんと、斜め後ろから人の話し声が!
延々と続くので振り返ってみると、子供が母親に耳打ちする声。
あきれたことに、母親も注意するどころか、
ずっと子供の声をうなずきながら、聞いているではないですか。

ある程度の咳払いや物音は、曲と分離して聴くのに慣れてきましたが、
話し声は無理ですね。気になってしかたありません。しかも、延々と続くし。。。
音楽の細部までを聴こうとすればするほど、その声も入ってくるし。。。
おかげで第1楽章が全く集中できなくて台無しでした。

第2楽章に入っても、また話し声が聴こえるので、
さすがに頭に来て、今度は振り返って15秒間ぐらいずっとにらみつけてしまいました(`ヘ´)
ブログの雰囲気から、温厚なイメージに見られがちなのですが、
実は意外と、こういうとき、我慢できないタイプなんですよ!(爆

相手は絶対気づいてるはずなんですが、あくまで気づかないふり。
こちらも声を出して抗議できないのが残念です。
さすがに一番好きな終楽章でやられたら、たまったものじゃないなと思って、
第3楽章前には声楽家が入場するので、その隙を使って、
前まで行って注意してやろうかと思いましたが、
短い時間なのでその勇気は出ませんでした。

幸い(なのか、にらみつけたのが効いたのか。。。笑)、第3と第4楽章では
話し声がそんなに聞こえなかったので、集中して音楽に没頭することが出来ました。
でも、第1楽章と第2楽章が台無しにされてしまったので、
なんとも気が収まらず、演奏終了後、帰り際、ついに面と向かって、言ってしまいました。
黙って聴けないですかね~。他人の迷惑とか考えないの?

相手は「すいません」と言ったものの、何が悪いか分かってなさそうな感じだし、
言ってみたところで、もう一回仕切りなおして聴けるわけでもないので、
たいして気分はすっきりしませんね(笑
おそらく、夫が合唱団で歌うことになって、クラシックなんて聴いたことないけど、
とりあえず、夫の歌う姿でも見に来たってところでしょうね┐('~`;)┌
今度はこういう席の近くには、当たりたくないものです。

というわけで、なんだか一年の締めくくりに全くふさわしくない殺伐とした話で失礼しました。
今年の第九はこんな感じでした(笑
来年も開催されるようなので、是非、足を運びたいです。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 01 : 55 | クラシック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
♪ アヴェマリア・コンサート
2007 / 12 / 30 ( Sun )
今月は夫婦でずっと体調を崩していたのですが、
仕事納めも終わって、ようやく体の調子も少しずつ回復してきました。。。

というわけで、ブログの方も書きたい記事が全然進んでません。
(ま、いつものことですが。。。)
なんとか今年中に書いておこうと思う記事を優先的に書いて、
あとは来年に入って、思いっきり時差ボケ記事を書くかもしれませんが、
どうぞ、ご容赦くださいm(__)m 

先日、ノバホールでアヴェマリア・コンサートがあって、行ってきました。
「つくば国際音楽祭」の中の一つの企画で、サンクトペテルブルグ室内合奏団です。
実はこのお祭り、毎年やってるらしいですが、知らなかった。。。

このアヴェマリア・コンサートは、なんと最近気になっていたカッチーニを含む
3大アヴェマリア(バッハ-グノー、シューベルト、カッチーニ)が声楽で聴けるというので、
こんな好機を逃す手はないということで、聴きに行くことに即決定!
実は、他にも聴きたい魅力的な曲目がずらり。
こんな曲目見たら、行きたくなりますよね~。

G線上のアリア(バッハ)
わが母の教えたまいし歌(ドヴォルザーク)
パッヘルベルのカノン(パッヘルベル)
クリスマス・コンチェルトより「クリスマス」(コレルリ)
ディヴェルティメント第17番より「メヌエットとトリオ」(モーツァルト)
アヴェ・マリア(カッチーニ)
「四季」より「冬」(ヴィヴァルディ)
主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
アヴェ・マリア(バッハ-グノー)
「マドンナの宝石」より(ヴォルフ=フェラーリ)
タイスの瞑想曲(マスネ)
カヴァレリア・ルスチカーナの間奏曲(マスカーニ)
アヴェ・マリア(シューベルト)
ハレルヤ(モーツァルト)

ノバホール2階席からの眺め。
室内楽とあって、オーケストラよりだいぶ小規模。
ステージにツリーが飾ってあって、クリスマスらしい雰囲気。
avemariaconcert01.jpg

3大アヴェ・マリアは、声楽で聴くのが心にしみますね!
やや体格のいい女性のソプラノの歌声に魅了されました。
最近はもっぱら、カウンターテナーのスラヴァのCDで聴いてましたが、
本来の女性の声で聴くのもいいですね。

3曲の中では、バッハ-グノーが一番崇高というか神聖な雰囲気がしますね。
カッチーニは、ちょっとポピュラーっぽいメロディーなので、
現代人の感覚に一番マッチしやすいですよね。
シューベルトは、一番奥深い魅力がある気がします。

アヴェマリアのほかにも楽しみな曲は色々。
特に楽しみにしていたのは、ヴィヴァルディの「四季」歌劇「カヴァレリア・ルスチカーナ」の間奏曲
四季は、全編通して好きですが、今回は「冬」だけ。
すばらしい演奏で、すべての演奏の中で一番この曲の演奏が心に残りました。
何て言うんでしょう、オーケストラならコンマスにあたる人のバイオリン・ソロも素敵でした。
「夏」のPrestoも好きなので、いつか生で聴いてみたいです。

カヴァレリア・ルスチカーナの間奏曲も、昔から好きなんです。
甘く美しいメロディーですよね。
最近では、伊藤英明さん、ミムラさんが出演していた映画「この胸いっぱいの愛を」で
使われていましたね。
劇中で金聖響さん本人が指揮されてました。
これも生で聴くのは初めて。。。
好きという割には、実はCDもなかったりするのですが。。。(^^;)
久しぶりに聴いて、やっぱりきれいな曲だと思いました。

このコンサート、盛りだくさんの内容で、楽しめました。
サービス精神旺盛で、アンコール3曲も演奏してくださって、
日本歌謡の「もみじ」を日本語で歌ってくれたのには、
聴衆みんなで大盛り上がりでした。。。

最後に、時期はずれですが。。。
休憩中に会場から撮ったつくばのクリスマス風景。
毎年恒例になっている100本のクリスマスツリーです。
avemariaconcert02.jpg

そして、こちらはつくばが誇るショッピングモールQ'tのツリー。
このツリーとトナカイの感じ、とてもいいですね。
来年のイルミネーション・デビューの参考に撮影。
avemariaconcert03.jpg

そして、昨日は去年に引き続き、第9を聴いてきました。
これは、また別記事にて。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

18 : 16 : 14 | クラシック | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Merry Christmas ! 第3弾
2007 / 12 / 23 ( Sun )
クリスマス第3弾!
いよいよ、ツリーをご紹介したいと思います。
xmastree16.jpg

実は、このツリーもpiyoneの両親が使っていたもの。
25年前にアメリカに住んでいた頃、買ったものだそうです。
最近の青や白のLEDっぽいものより、
クラシカルな感じのものが好きなので、とても気に入っています。
イルミネーションも赤、緑、青の白熱球タイプで
熱による温度変化で勝手に点滅するというものです。

玄関から入ると、こんな感じに見えます。
ちょうど、リビングとピアノルームの間にあります。
この場所、以前から目隠しに背の高い観葉植物でも置きたいなあと
思っていた場所なので、ぴったりでした。
xmastree01.jpg

リビングから見ると。
xmastree09.jpg

ピアノを弾くときは、こんな風に。
xmastree03.jpg

オーナメントも年代物。35年前のものもあります。
一つ一つ、絵柄が凝っていて、とても気に入ってます。
xmastree07.jpg
xmastree10.jpg
xmastree11.jpg
xmastree12.jpg
xmastree13.jpg

Christmas in Our New Homeなんて、ぴったりの言葉ですね。
xmastree14.jpg
xmastree15.jpg

ツリーの下は、何やらゴチャゴチャしています^^;
ぬいぐるみやら、おもちゃやらを雑然と並べているだけですが、
こんなんもありかなと。。。
xmastree02.jpg

せっかくなので、リビングとピアノルームの調光ダウンライトを使って、
雰囲気を出してみました。
こんなときぐらいしか使わないので、もったいないですよね。
xmastree04.jpg
xmastree05.jpg

ピアノの上も、少しクリスマスっぽく。
ruvhanaさんにいただいたフォトフレームも飾らせていただいてます。
xmastree08.jpg

お友達からいただいたハンガリー製のレースの上に、スワロフスキーの白鳥。
白鳥の首には、piyoneがお友達からいただいた手作りのリングを
かけてみたら、クリスマスっぽくなりました。
swalovsky01.jpg

最後に、東急ホームの営業さんからも、クリスマスカードをいただきました。
xmascard_millcreek01.jpg
xmascard_millcreek02.jpg

というわけで、3回に分けてご紹介しましたが、
我が家の今年のクリスマス・デコレーションはこんな感じです。
来年こそは、外のライトアップにも是非、挑戦したいですね。
(piyoneから至上命令が。。。汗)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 38 : 58 | デコレーション | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
Merry Christmas ! 第2弾
2007 / 12 / 23 ( Sun )
先日、友達に教えてもらって、ル・ジュディという素敵な雑貨屋さんに行ってきました!
いわゆる「自宅ショップ」というやつで、
ご自身の輸入住宅のリビングから寝室までを売り場にされていて、
センスあるおしゃれなアイテムばかりがずらっと。。。

そこで、教えていただいた技。
ランチョンマットを赤や緑で組み合わせるだけで、ぐっとクリスマスっぽくなるんだそう。
いつもお気に入りで使っている、ナイロン製の編み柄のランチョンマット。
いつもは、若草色のものを使っていますが、色違いがたくさんあって、
原色の赤と緑を3枚ずつ揃えて組み合わせてみると、
クリスマスっぽくなりますね!
xmastable02.jpg

真ん中にはキャンドル。
そして、後日発見した例のガーランドをあしらってみると、こんな感じ。
xmastable01.jpg

屋外の方はというと。。。
本格的なイルミネーション・デビューはあきらめて、
今年はシンプルにドア・リースと窓際にスノーマンのライトだけ。
xmas12.jpg

まさに、飾りっけなし・・・(゜o゜;;
ま、来年こそは頑張ろうと思います。。。(^^;

リースをひっかけるためのフック。
一応、気密・断熱ドアのはずなので、穴を開けるのは不安ですね。
そこで、みーやさんのブログで知った3Mの「コマンドフック」という粘着性のものを利用してみました。
はがすときも、はがしやすいんだそうです。
屋内側にも使ってみました。
xmasdoor01.jpg

xmasdoor02.jpg

長くなってしまったので、クリスマス・ツリーは次回第3弾に!
クリスマスが終わらないうちには、アップします・・・Σ(゜ロ゜〃)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 56 : 11 | デコレーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Merry Christmas ! 第1弾
2007 / 12 / 20 ( Thu )
今年もまもなくクリスマスですね!
今年こそは、屋外のイルミネーションも挑戦したかったのですが、
準備する時間がなく、断念。
しかし、屋内はpiyoneが奮闘して、クリスマスモード一色になってます。

今日はそのクリスマス・デコレーション第1弾をご紹介!
まずは、我が家最大のショースペースといえば、
玄関入ったところの化粧手すりとコンソールまわり。
xmas02.jpg

サンタさんが出迎えてくれます。
このサンタは、実は紙でできているのですが、なんともかわいいですね。
xmas15.jpg

化粧手すりには、ヒイラギのガーランドをつけたくて、
ハンズやロフトでヒイラギのガーランドを探したのですが、
ガーランド(つる状に長いもの)って、意外と売ってないんですね。
売っているのはもっと短い枝状のものばかり。
仕方ないので、枝状のものをつないで、ごまかしたのがこの写真。
これでも、意外ときれいにできるものですね。
xmas03.jpg

ところが、後日、行きつけのホームセンターでガーランドを発見(灯台下暗し^^)
このガーランドは別のところに使っているので、後日ご紹介します。

階段やコンソールには、色々グッズを並べてみました。
piyoneの両親が35年も前にアメリカで買い揃えたものがほとんど。
xmas04.jpg
xmas05.jpg
xmas06.jpg
xmas07.jpg
xmas09.jpg

このサンタの靴下は、piyoneが幼い頃、
実際にサンタさんからプレゼントをいただくのに有効利用していたそうです。
そういえば最近は、特に何も入ってないですね。。。
xmas10.jpg

いろんな方からいただいたクリスマスカードもデコレーションに役立ちますね。
xmas08.jpg
xmas13.jpg

そして、クリスマスといえば、ポインセチア!
これも色々な方々からいただいたものばかり。。。
ありがとうございます!(この場を借りて御礼)
xmas14.jpg

そして、我が家唯一の階段ニッチ。
こちらもやはり、クリスマスモードです(キャンドルがないのですが)
xmas11.jpg

第2弾は、クリスマスツリーをメインにご紹介します!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 51 : 08 | デコレーション | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
♪ 発表会2007
2007 / 12 / 12 ( Wed )
先週、大人の発表会が無事終わりました!

今年の会場は、去年と同じホールで、ステージの前に客席があるタイプ。
でも、今年は去年ほどは緊張しなくてすみました。
今年に入って、オフ会に参加させていただいたり、
来客のたびに犠牲になっていただいたりして(笑
少しは度胸がついたのでしょうか。。。

さすがに自分の番が回ってくる直前は緊張しましたが、
不思議と指は震えませんでした。
とにかく、直前レッスンで言われた「深い打鍵」を心がけよう!
と、胸に誓って、演奏を開始したものの・・・
どれだけ強く打鍵したつもりでも、全然、音が聞こえない!(゜ロ゜;)

ホールだと、家で弾くのとは全然聞こえ方が違うんですね。
去年も同じホールなので、同じだったはずですが、
今年は家のグランドで爆音を鳴らして練習しているせいか、
家とのあまりの違いにパニックになってしまいました。
う~む、グラピ練習の落とし穴ですね。。。(-_-)

先生いわく、あのホールは十分聴こえる方なんだそうで。
ホールも小さめで、観客も少なめだったし、
普通はもっと吸われちゃって、聴こえないんだそうです。

家のグラピは先生のアドバイスでメインの蓋は閉めて練習しているのですが、
譜面台のところはいつも、開けてしまっていたんです。
譜面台の蓋も完全に閉めて、譜面台を蓋の上に載せるぐらいの方がよいそうですね。
ピアノにはちょっと気の毒ですが、やってみたら、少し音がマイルドになった気がします。
爆音に慣れてしまった耳を鍛えなおさないと!

happyoukai2007_01.jpg
聴衆が全然いないように見えますが、ちゃんとこの後ろにいました(笑

演奏は、ピアノルームに一応載せてあります(一週間ぐらい前から、こっそり)
メインテーマの後の速い部分、分からなくなってしまい、
思いっきり弾きなおししてしまいました。
その後のアルペジオは、僕にとってはトリプルアクセルなので、
やはり失敗しました。。。
その他、音はずしは数限りなく。。。
後半は少しリラックスできた気がするのですが、
後日反省会にて、やはり打鍵がまだまだ浅いし、抜くべきところが抜けてないとのご指摘。
今後の課題ですね。

今回はお楽しみ、akko先生の講師演奏もありました。
シューベルト作曲、リスト編曲のアヴェマリア
とても情感こもる素敵な演奏でした。
今回初めて、強く感じたのが、先生の演奏と生徒さんの演奏の音の響きの違い。
先生の演奏はすごい音量でホールの奥まで響いてくる感じで、
この辺りが打鍵の深さの差なんだろうなあと感じました。

発表会が終わり、ホールの外で先生や他の生徒さんと歓談。
akko先生の生徒は、今年は僕を入れて二人だけ。
もう一人の方は、今年は「ジュ・トゥ・ヴ」を音楽に乗って、
とても自然な感じで素敵に演奏されてました。

そして、いつもコメントを下さるなおりんさんがお子さんたちと一緒にいらして下さってました。
なおりんさんは、お子さんがakko先生のご指導を受けているので、
いつかお会いできるかなと思っていたので、実際にお会いできてうれしかったです。
きれいなお花までいただいてしまいました。ありがとうございます!
お会いしたら、とても気さくで話しやすい方。
音楽がとても好きな方なので、もっと時間があれば、色々お話したかったですね。
happyoukai2007_02.jpg

こちらは恒例の記念品。楽譜などが入れられそうなクリアホルダーでした。
ちなみに、去年までの記念品はコチラ
happyoukai2007_03.jpg

そして、その夜は久しぶりに家でたこ焼きパーティ!
まだ新居のダイニングテーブルで焼く勇気がなくて、IHの上で換気扇を回しながら焼きました。
家で焼くと、思う存分食べらるのがいいんですよね(何人前食べただろう。。。)
takoyaki_01.jpg
takoyaki_02.jpg

というわけで、たこ焼きパーティ発表会のご報告でした。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 24 : 16 | ピアノ発表会 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
kikaさんからの贈り物
2007 / 12 / 09 ( Sun )
家作りでお世話になっているkikaさんから、素敵な贈り物を頂戴しました。
なんと、kikaさんのお母様が手作りされた和の器の数々!
実際にお店に出されているというプロの技。
kikasan_utsuwa01.jpg

実は以前にお招きを受けたお礼に、我が家にお招きしようとしていたのですが、
kikaさんの今の状態では、遠出が難しいということで、
かえってお気遣いをいただく形になってしまいました。
こちらからお礼をすべきところだったのですが。。。

ほんとに、どれも素敵で、僕たちの好みにもぴったりなんですよ!
kikaさんはミルクリークの洋風な雰囲気に合わないのではと心配されていたのですが、
僕たちは何を隠そう、笠間や益子など近くの陶芸の里にまで遊びに行ってしまうほど、
和食器が大好きで、日頃からも頻繁に使っているので、
本当にうれしい贈り物でした。

僕たちの年齢や好みなどをkikaさんからお聞きになったうえで、
作っていただいたそうで、僕たちの好みにまさにぴったり。
最近の売れ筋にも沿ったデザインなんだそうですよ。

この夫婦茶碗、色合いがとてもいいですね(このブログカラーに似てますよね)
そして、こういう白い釉薬(?)の乗った感じ、味があって好きなんですよ。
kikasan_utsuwa02.jpg

こちらのコーヒーカップは、ちょっとkikaさんカラー?
青がとても澄んだ感じで、きれいですね。
洋食器のコーヒーカップは色々持っているのですが、和のものは欲しいと思いつつ、
持っていなかったので、うれしいですね。
kikasan_utsuwa03.jpg
ちなみに、ランチョンマットは、僕の父が描いたもの。
あわせてご紹介させていただきました。

この白いお皿も、上品な感じでいいですね。
真っ白ではなくて、少し濁った白なところが好みにぴったりだったりします。
(ミルクリークホワイトといったところでしょうか。。。笑)
形もなんとも、味がありますね。
こういうお皿、料理を真ん中に盛り付けるのに重宝しますよね。
kikasan_utsuwa04.jpg
ちなみに、このランチョンマットは、僕の母の作品です。
これも、あわせてご紹介させていただきました。

というわけで、どれも使うのがもったいないぐらいの素敵な作品ばかり。
kikaさん、kikaさんのお母様、素敵な贈り物をありがとうございました!

実は今日、ある用事で横浜に出かけて、kikaさんにもお会いする予定だったんですよ。
ところが、piyoneが風邪でダウンしてしまい、行けなくなってしまいました。
またの機会を楽しみにしたいと思います。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 56 : 51 | 交流 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
♪ 花の歌(3) 発表会2日前
2007 / 12 / 01 ( Sat )
今日は、発表会前の最終レッスンでした。

いつも、「打鍵が浅すぎ。もっと深く!」と言われているので、
腕の重みをしっかり乗せて、深く打鍵することを意識して日々練習して、
少しは深くなってきた気がしていたのですが、
それでも、浅かった。。。orz

「紙切れのように浅い」そうです
家で弾いてると十分音は大きく感じるのですが、
これではホールでは音が全然届かないそうですね。

ゆっくりゆっくり、一音一音確かめながら、弾こうという意識が必要とのこと。
特に弾きなれないピアノでは、初め飛ばして弾こうとすると、絶対失敗するんだそうです。
確かに、ゆっくり弾いてみようと意識するだけで、だいぶ弾くのが楽になりますね。
気の持ちよう!?マジックにかかった気分。
本番はゆっくり丁寧に引くことを心がけようと思います。

しかし今のところ、これでもか!っていうぐらいに指に力を入れて、
深く打鍵しないと、鳴らないんですよね。
これと脱力をうまく共存させるのって、かなり難しそうですね。

この「花の歌」は、とても勉強になったけど、さすがに背伸びしすぎました。
次は少し難易度を落として、しっかりきちんと弾ける練習をしたいと思っていたら、
先生はもっと感じていたようで、少し難易度を落とした曲をやるか、
きちんと指を動かす練習のために、ソナチネアルバムはどうかと提案されました。
前からソナチネは、やってみたかったのですが、
どんどん練習メニューが増えるのもどうかなと迷っていたぐらいなので、
これはいいきっかけだし、始めてみたいと思っています。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 36 : 26 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。