スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 花の歌(2) 発表会直前
2007 / 11 / 27 ( Tue )
発表会まで残すところ一週間。。。まさに秒読み状態!
後半の詳細な注意点のアップもまだでしたが、
今日は、これまでの大まかな流れと現在の状況をご報告。

1ヶ月ほど前、先生いわく、「危機的状態」に。
いずれ脱力奮闘記で本格的に触れようと思いますが、
以前から、間違った脱力を目指してしまって、
指先に力が入ってなくて、打鍵が定まらず、打鍵が浅くなる癖に悩まされているのです。
その結果、本来出すべき音が抜けまくり、音には重みがないし、スカスカの状態に。

このままではまずい!ということで、
とにかく楽譜通りの音をきちんと出す、深く重みを乗せて打鍵する
ということに全神経を集中して練習。
なんとか、ある程度しっかりと打鍵できるようにはなりましたが(全部ではないですが)、
今度は、オールフォルテの棒引きになってしまい、
全然歌えていない状態に!

しっかりと打鍵しなきゃと思うと、
途端に腕から手まで全部がガチガチに固くなってしまうようです。
これじゃ歌うどころじゃないですよね。
我ながら、柔軟性ゼロ。。。orz
きちんと脱力しつつ、押さえるべき鍵盤はきちんと押さえる。。。
これが、難しいんですよね!

意外と難しいのが冒頭部。
blumenlied01.jpg

左オクターブと右の和音がきちんと鳴らないと、響きに重みが出ません。
特に、左オクターブの低音が抜けやすいようです。
この音はこの和音のベースになるので、絶対に抜けてはいけないようです。
ドのオクターブの後、シ♭がかなり飛ぶので、焦って鳴らそうとするから、鳴らないんですよね。
しっかり深く重みを乗せて打鍵して、ペダル踏み替え後も音が残るように。
ここが決まると、確かにとても深い音色になって気持ちがいいのですが。。。

後半、きちんと歌わせないといけないですね。
「盛り上げて、スッと落とす」のがロマン派の極意なんだそうで。
rallのところもかなり思い切って、ゆっくりにして、ためた方がいいそうです。
blumenlied05.jpg

というわけで、現状をピアノルームにアップしました。
こんなんで発表会大丈夫かなという出来なのですが、
残り一週間、ちょっとでもましになるよう精進致します。。。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 32 : 12 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
竣工引渡し
2007 / 11 / 25 ( Sun )
入居後およそ一年にして、ついに、この記事を書くときが来ました!
感無量!って、ちょっと遅すぎですね。

ついに家作りが完成、東急さんから僕たちに家が引き渡されます。
待ち望んだこの瞬間!
。。。というよりも、最後の方、雑事で忙しすぎて、
なんだかあっという間にこの日が訪れたという感じですね。

引渡し前一週間は、竣工検査で指摘した部分の修正工事が行われ、
フェンスも数日前に無事解体されました。

引渡し当日。
営業さん、設計さん、現場監督さん、下請け監督さん、
そして水道や電気などの業者さんが勢ぞろいして、
我々を迎えてくれました。

実は当日ぎりぎりまで残工事が行われていました。
というのも、階段につけるODELICの照明が当初、
メーカーの納期の関係で間に合わないと言われていたのですが、
ODELICと直接交渉して、なんとか間に合うことになりました。
取り付けが引き渡し当日の朝というギリギリのタイミング。
電気屋さん、がんばってくれました。

そして、もう一つ。
ダイニングの照明の高さ調整は当日やることになっていました。
実際にその場に立ってみて、このぐらいと決めて、
現場監督さん、下請け監督さん2人で調整してもらいました。

竣工検査の指摘事項を1個1個確認して、
引渡しの書類にサインをします。
このアイランドカウンターがすっかり打ち合わせ用の机として使われていますね(笑
ちょうど高さ的にも立って使うには、ばっちり!
hikiwatashi01.jpg

鍵を渡されて、工事関係者はこれ以降入れなくなるという確認をしました。
工事用の鍵というのがあって、その鍵はどの家のドアでも入れるマスターキーなのですが、
施主用の鍵を一回入れてしまうと、二度とマスターキーでは開かなくなる
という見事な仕掛けがされているんです。
これだと、鍵を取り替える必要なくなりますからね。
実際に工事鍵で開くことを確認してから、施主用の鍵を入れた後、
再度、工事鍵を入れると今度は開かなくなるというのを目の前で実演してもらいました。

最後に、外で記念撮影!
hikiwatashi02.jpg

今まで皆さんどうも、ありがとうございました。
東急さんからのお祝いとして、ワインをいただきました。
僕たちからはお礼の気持ちとして、牛久にあるワインシャトーのワインケーキを差し上げました。
最後にこうして、非常に良好な関係で家作りを終えることが出来て、本当に良かったですね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 29 : 48 | 竣工 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
横浜で結婚記念日
2007 / 11 / 21 ( Wed )
少し前になりますが、11回目の結婚記念日に横浜に泊まってきました。
横浜は、新婚生活をスタートさせた思い出の場所でもあり、
みなとみらいの雰囲気がとても気に入っていて、
僕たちの「心のふるさと」になっています。
普段から、ショッピングで都心に出るよりは、
都心を通り越して、横浜まで行ってしまうことも多いぐらい。

去年は記念すべき10周年ということで、奮発して、
ランドマークのロイヤルパークホテルに泊まったところ、
とても楽しかったので、今年も横浜宿泊計画を立てることに。
wedding11th01.jpg

今年は、11年前、結婚式の日に泊まった思い出のある
インターコンチネンタルにしてみました。
このなんとも愛らしい形が特徴ですね。
wedding11th02.jpg

11年前にも思いましたが、このホテルのスタッフは本当に親切で感じがいいんですよ。
予算の関係上、観覧車が見える街側を予約していたのですが、
海側が空いていたそうで、海側にしてくれました(ラッキーです!)
wedding11th03.jpg

仕事を終えてから向かったので、着いたら夜。
窓からの眺めは最高です!
パシフィコ横浜に臨港パークが眼下に。
wedding11th05.jpg

そして、ベイブリッジも。
wedding11th06.jpg

いつもはどこかのレストランで食べるのですが、
今回はせっかくなので、聘珍茶寮の中華やサブウェイのサンドイッチなどを
テイクアウトしてきて、部屋で楽しみました。
Don't disturbのタブまで、こんな形になっていて、笑えますね。
wedding11th04.jpg

こちらは、翌朝撮った昼間の光景。
チェックアウトするのが惜しい。。。
wedding11th07.jpg
wedding11th08.jpg

独身時代(若かりし頃^^)、よくデートした臨港パークを久しぶりに散策。
海風が気持ちいいですね!
昔、カンカンと鳴らせる鐘みたいなのがあったような気がするのですが、見当たりませんでした。
みんな鳴らしすぎて、うるさいから撤去されちゃったのだろうか。。。
wedding11th09.jpg

お昼は、いつも行くQueen's Squareの一風堂のラーメン。やっぱり美味しい!
そういえば、前の晩、World Portersの桂花ラーメンで食べようとも思ったのですが、
こちらは他のラーメン屋に変わってしまったんですね。

スターバックスの入ってるTSUTAYAが出来ていたので、入ってみました。
これって、アメリカにはよくある、コーヒー飲みながら買ってない本でも読んでいいという
システムのお店なんでしょうか。
説明を探したのですが、はっきりそう書いてある記述は見つけられませんでした。
どうなんでしょう?
wedding11th10.jpg

本の売り場面積はさほど広くなかったのですが、
インテリア関係はなかなか充実してますね!
手前と向こうの2つのブロックがすべてインテリアの本なので。
読んでみたい本、たくさんありましたね。
コーヒー飲みながら読んでもいいのかな。。。
wedding11th11.jpg

そんなわけで、楽しい結婚記念日になりました。
去年は上棟立会い当日で、立会い終えてから横浜へ行き、
次の日も大塚家具の横浜店で一日を費やしてしまったりしていたのですが(笑
今年はゆっくりのんびりと過ごせました。

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

02 : 20 : 58 | おでかけ | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
♪ カッチーニのアヴェマリア
2007 / 11 / 18 ( Sun )
最近気になってしょうがない曲。
カッチーニのアヴェマリア!
avemaria_image01.jpg

カネボウのCMで使われている、もの悲しくて、とても美しい旋律の曲。
You Tubeで検索して、スラヴァのこの歌声に完全に魅了されてしまいました!
Caccini Ave Maria by Slava Kagan-Paley
スミ・ジョーさんのもいいですね。
Sumi Jo sings 'Ave Maria' by Caccini

このスラヴァさんという方、この曲を有名にした張本人のようですね。
Wikipediaによると、この曲は1990年代にこの方を含む何人かがCDを出すまで
録音や楽譜の存在も全く知られていなかったのだとか。。。
そのために、偽作説も浮上しているのだとか。。。
なんだか、謎めいていて、それはそれでいいですね。

こういうもの悲しい旋律、たまらなく好きなのです。
ピアノ譜もあるみたいなので、弾いてみたくなりました(コソ練するかな)
今度の発表会でも弾かれる方がいらっしゃるようなので、楽しみです。

スラヴァがいろんな作曲家の「アヴェマリア」を歌ったCDがあるようで、
思わず注文してしまいました。
グノーもシューベルトも入ってるみたいで、届くのがとても楽しみです。
B00005GXYAave maria
スラヴァ グノー
ビクターエンタテインメント 1995-11-22

by G-Tools

考えてみたら、これまで弾いた曲は声楽曲が多いことに気づきました。
グノーのアヴェマリアもそうですし、ヘンデルのラルゴもそうですね。
練習しているときは声楽版を聴くことはなかったのですが、
これをきっかけに、You tubeで検索して、声楽バージョンを聴いてみたら、
結構、曲のイメージ変わってきますね。
もう一度、これをベースに練習し直したい。
本来、レッスンしているときに原曲ぐらい聴いておけという話もあるのですが。。。汗

ところで、アヴェマリアつながりで。。。
グノーのアヴェマリアのピアノ編曲、
僕の弾いたのは、左手伴奏が8分音符で ドミソド ドミソド ドレファラ ドレファラ という 
単純な分散和音になっているものなのですが、
ネットで公開されている音源などでは、
平均律プレリュードそのものを伴奏にして、グノーの旋律を弾いているものをよく聴きます。
そういう楽譜もあるのかな。。。
どうやって弾いているんだろう?
右手を2声にしているんでしょうか。
難しいんでしょうけど、そっちの方が声楽のイメージにぴったり来ますね。
そんな風に弾いてみたいものです。
01 : 47 : 27 | クラシック | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ローン実行
2007 / 11 / 16 ( Fri )
引渡しに先立って。。。
HMに残金を全額支払わなければなりません( ̄□ ̄;)!!
当然、そんな金はないので、ローンを実行してもらうことになります。

審査は着工前に完了しているので、
ろうきんのローンセンターに行って、手続きをするだけ。
当日は、ろうきんの担当者のほかに、HM営業さん、そして登記を行う司法書士さんも同席。
借入額は以前書きましたが、35年固定で1500万、3年固定で1000万に分けて、
トータル2500万円!!!
ついに、大借金を抱えることに。。。( ´△`)

額面は2500万ですが、保証料他で100万弱もかかるので、
実際に入金されるのは、2400万。
そして、その場でHMの口座に振り込む手続きが行われます。
よく皆さんがおっしゃる、ほんの一瞬だけ大金持ちという状態ですね。

懸案の金利ですが、申し込んだ時からそんなには上がっていなかったので、一安心。
固定なので、この段階の金利が固定期間中はずっと適用されます。

あとは司法書士さんに登記手続きの委任状を書いたりして、手続きは終了。
せっかくなので、ローン担当者に繰り上げ返済のシステムなど色々、聞いておきました。
ろうきんは手数料なし(回数無制限)なので、今もちまちま、繰り上げしています^^

残金ですが、ローン分だけではまだ足りないので゚゚(´O`)°
その日のうちに所持金を振り込んで、
ようやく問題なく引渡しを受けられる手はずとなりました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 04 : 09 | 住宅ローン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ スタジオで 練習会
2007 / 11 / 11 ( Sun )
小夏さんにお誘いをいただいて、
ピアノ練習会に参加させていただきました(^o^)/
スタジオを借り切っての練習会。。。
一度参加してみたかったので、お誘いいただいて嬉しいですね。

参加者は、幹事の小夏さんの他、発起人のただしさん
ruvhanaさん
yokoさんとお子さんの子ミントちゃん、ちびミントちゃん。
yokoさんとお会いするのは初めて。
こむぎさんともお会いできる予定でしたが、来られなくなり、残念でした。
是非、次回にでもお会いしたいですね。

ピアノはShigeru Kawai。
skpianooffkai01.jpg

skpianooffkai02.jpg

皆さんいわく、とっても弾きやすくて、打てば響くようなピアノ!
僕は今までYAMAHAしか弾いたことなかったので、
メーカーによる感触の違いにびっくりしてしまって、
味わうどころではありませんでしたが。。。
皆さんは、色々経験豊富で弾きこなされていて、さすがですね!
今回もまた、皆さんのすばらしい演奏に完全に魅了されてまいりました。

小夏さんの歌うピアノも健在!
ブラームスがまた歌ってました。。。
新曲、月光ソナタ第一楽章、とても深い味わいのある音でじ~んと来ました。

ただしさんはますます表現に磨きがかかってますね。
ノクターン2番はもう完全に自分のものにされているという感じ。
今、僕が取り組んでいる「花の歌」も弾いていただけて、とても参考になりました。

ruvhanaさんは、前回聴けなかった(ですよね?)「華麗なる大円舞曲」
弾いていただけて、うれしかったです。
ruvhanaさんの「波を渡るパオラの聖フランシス」の演奏はやっぱりすごいですね!
こんな大曲を目の前で聴かせていただけるなんて、感動です。
子供の頃に弾かれたというソナチネなどをきちんと維持されてるのもさすが。

yokoさんは、ノクターン20番やワルツ7番、悲愴1楽章などなど、
レパートリー豊富でいらっしゃいます。
音色があまりにきれいで、思わずドキッとさせられる瞬間が多かったですね。

練習会では、皆さんの演奏から学ぶこと多いですね。
まずは、僕のごまかし演奏と違って、皆さん、きちんと打鍵して、
しっかりした音を出すという基本が出来ていらしゃること
(当然のことなのかもしれませんが)
きっと、各パーツを何度も丁寧に部分練習されているからなのだと思います。
人前演奏でも弾くことでいっぱいにならずに、
きちんと聴かせる演奏が出来るのもすごいです。
僕も皆さんを見習って、少しでも近づけるよう精進しなくては。。。と、
ピアノへのモティベーション上がりまくりです。

練習会の後は、第2部の食事会。
お酒を飲みながら、ピアノに情熱を注いでいる方々と
ピアノの話題を楽しめるって極上の幸せですね!
また是非参加させていただきたいです。
今度は、バドミントン&ピアノオフ会になるらしい(本当かな。。。笑)

僕のボロボロ演奏リスト
花の歌(ランゲ)
  初めにボロボロ演奏をしておけば、その後、開き直れるという作戦^^
アヴェマリア(グノー)
ベニスの舟歌(メンデルスゾーン)
ラルゴ(ヘンデル) 
  途中で忘れて再起不能になったので放棄(汗
エリーゼのために(ベートーヴェン)
ベニスの舟歌(メンデルスゾーン) 
  もう完全にネタが尽きたところに、ただしさん提案の録音タイム

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 18 : 02 | 交流 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。