スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ KEKレクチャー&コンサート
2007 / 09 / 15 ( Sat )
先週末は、高エネルギー加速器研究機構(KEK)が主催する
レクチャー&コンサート「科学と音楽の饗宴」に行ってきました。

第1部は、宇宙と素粒子の最前線についてのレクチャー。
クォーク、レプトン、ヒッグス場、標準理論、超ひも理論などなど。。。
講師の高柳雄一さんは、さすが長年NHKの科学解説委員を務めて
こられただけあって、説明するのがとてもお上手。
それでも、さすがにこの分野の話はかなり非現実的なスケールの話なので、
一般の方々に退屈しないように説明するのは難しそう。

こういう理論の詳細は、僕も全く理解不能ですが^^;
重力・電磁力・強い力・弱い力の4つの力の統一など、
まだまだ分からないことがたくさん残されているようですね。
大天才が現れて、完全な統一理論を作り上げたとしても、
またさらに新たな謎が出現するんだろうな。
19世紀の終わりに古典物理が完成した直後に、
マイケルソンの干渉実験や光電効果という不可思議な現象が現れて、
相対論や量子論が誕生したように。

そして、第2部はコンサート!
演奏は、伊藤恵さん(ピアノ)、大宮臨太郎さん(ヴァイオリン)、横坂源さん(チェロ)
曲目は、
シューマン 幻想小曲集Op.12より 「夕べに」「飛翔」
モーツァルト ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 K.301
J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007より 「プレリュード」
フォーレ エレジー Op.24
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 Op.49

交響曲やピアノ協奏曲などのオーケストラはよく聴いているのですが、
こういった小規模なものもなかなか楽しめますね。
最後のメンデルスゾーン、とても美しい曲でまた聴きたいなあ。
アンコールでは、このピアノ三重奏曲の第2楽章をもう一度、演奏されました。

これで終わりかと思ってたら、最後にお三方へのインタビューという
お楽しみがありました。^^)/
ピアニストの伊藤さんは、お兄様が物理学者だそうで、物理にもかかわりがおありだとか。
「私にとって、音楽が宇宙で音符が素粒子」というお言葉には、なるほどと思わされました。

KEKは、最近は仕事で行くこともありますが、
こういうコンサートを定期的に開いているとは知りませんでした。
今度もまた行ってみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

14 : 05 : 30 | クラシック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
札幌に行ってました
2007 / 09 / 14 ( Fri )
先週は、出張で札幌に行ってました。
sapporo01.jpg

札幌は夫婦ともに大好きな場所なので、
これまで旅行で4回も行っていて、今回で5回目なのです^^
実は、お気に入りの場所がありまして。
それは、千歳鶴ミュージアム
sapporo02.jpg

地下鉄バスセンター駅から南に少し歩いたところにある、
地酒「千歳鶴」の博物館です(入場無料)
ここでお酒の仕込み水に使っている湧き水が飲めるのですが、
口当たりがまろやかで、ほのかに甘い感じで、とても美味しいんです!
sapporo03.jpg

といっても、僕は結構鈍感なので、初めての時は一杯目では
全然違いが分かりませんでした^^;
(piyoneはすぐに美味しいを連発してたのですが。。。)
何杯か飲んでいるうちに、美味しさが分かって、
それからというもの、やみつきになって、最低10杯以上はガブ飲みしましたかねぇ。
水をここまで大量に飲むことないだろうなって言うぐらいに(笑

というわけで、今回もここに直行!
今回は、数杯しか飲みませんでしたが、空のペットボトルを売っているので、
それに詰めて、おみやげに持って帰りました。

お次の楽しみは札幌ラーメン!
このミュージアムの中に有名な店が2つ入ってます。
すみれ」と「てつや
sapporo04.jpg

確か、ここの仕込み水を使って調理していたはず。
「すみれ」の方がこってり系ですね。
どちらの店も大好きですが、今回は「すみれ」にしました。
(両方食べたかったけど。。。)
sapporo05.jpg

美味しい水に、美味しいラーメン、そして、
piyoneオススメの酒かすソフトクリームも楽しめて、
一石三鳥のおすすめスポットです^^

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行

01 : 10 : 04 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
♪ 中村紘子コンサート
2007 / 09 / 02 ( Sun )
中村紘子さんのコンサートに行ってきました!
場所は牛久の文化ホール。
実は牛久でやるのは今年で2回目なんだとか。。。(去年は知らなかったなあ)

トーク&コンサートということで、演奏だけでなく、
お話が聞けるのも楽しみにして行きました。
まずは、中村さんのトーク・・・
ではなく、牛久市長のつまらないトークで始まり。
結婚式の乾杯の音頭ならシャンパンの泡が消えてしまうぐらい
話長すぎの感ありましたが ( ̄ヘ ̄;)
スタインウェイの高級ピアノを導入してくれるような(キンキン@ダイコク堂さん情報
ピアノ芸術への理解のある市長のようなので、良しとしますか。

そして、待ちに待った中村紘子さんの登場(^^)/
本当にお話上手ですね。
チャイコフスキーコンクールの話からモーツァルトの曲の演奏法の話や、
モーツァルトイヤーの経済効果の話まで音楽にまつわる多彩な話題で
冗談を交えながらの軽妙なトークには本当に魅了されました。
また、モーツァルトの曲をラフマニノフ風・ショパン風に弾いたらどうなるかを
実演して下さったりと、ピアノ好きにとっては最高に楽しめる有意義なトークでした。

演奏曲目は
モーツァルト ピアノソナタ第11番 K.331「トルコ行進曲つき」
ショパン スケルツォ第2番
ショパン バラード第1番
ショパン 24の前奏曲から抜粋
       1番、?番、4番、7番(太田胃酸)、8番、15番(雨だれ)、16番
ショパン 練習曲 Op.10-12「革命」
という、かなり心躍る曲目ばかり。

びっくりするほど多彩な音色で、ダイナミックな表現。。。
生で聴くとさらにすばらしさが伝わってきますね。
トークの後の演奏ということもあって、とてもリラックスして聴けます。
「音楽を一緒に楽しみましょう」というのが伝わってくるような演奏ですね。

1曲目のモーツァルトはすごく繊細なタッチで小音量なのにびっくり。
当時の楽器を想定すると大音量で弾くべきではないんだそうですね。
でも、最後のトルコ行進曲だけは、トルコ軍がすさまじい音を立てながら
行軍する様子を表現するために、フォルテでガンガン弾くんだとか。
演奏者ご自身の曲解説があって、本当に楽しめました。

2曲目は、シューベルトの即興曲Op.142-3の予定だったのですが、
モーツァルトとの対比の意味でも、ショパンの方がいいでしょうか
というご判断で、スケ2に変更。
昼過ぎのこの時間にシューベルトで眠くなってもいけないのでというご配慮でした(笑
会場が眠そうに見えたでしょうか。。。

そして、休憩後は、バラ1。
これも予定外の演目だったのですが、以前からCDで聴いていた
中村さんのバラ1がとても好きでしたので、ラッキーでした!
ホロヴィッツのようにコーダに向けて、一気呵成にすごい勢いで
弾ききってしまうあたりが好きです。

プログラムにもあった「24の前奏曲」も楽しみでした。
全曲聴きたかったぐらいですが、予定外の曲も加わったため時間がなく、
有名曲だけの抜粋になりました。
4番や「雨だれ」など聴きたかった曲も入っていて、十分楽しめました。
20番、24番聴きたかったなあ。。。
最後の「革命」も予定外、というか、アンコール的位置づけなのかな。
これも、とても力強い革命でしびれましたね。

会場のマナーはいつもにもまして、過去最悪。
演奏中に物音が全く絶えることがないし、しゃべってるし、
途中で外に出て行く人はいるし。。。┐('~`;)┌
特にしゃべってる人、そんなに退屈だったら聴きに来なきゃいいのに。。。
別に人生において、クラシック聴かなきゃ生きていけないわけでもないんだから、
本当に聴きたい人だけが聴きに行けばいいと思いますね。

会場はそんなではありましたが、
とにかくすばらしい演奏、すばらしいトークで存分に音楽を楽しめた一日でした。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 52 : 29 | クラシック | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
クロス・塗装・ニッチ
2007 / 09 / 01 ( Sat )
内装工事、どんどん進めて行きましょう。

まずはクロスの張り込み
クロスが貼られると、部屋の雰囲気が一気に完成形に\(*^▽^*)/
こちらは、のりをつける機械?
wallpaperhanging01.jpg

クロス屋さん、こんな風に作業されてます。
腕がよくて、仕上がりとても上手でした。
継ぎ目なんて、真剣に探さないと分からないぐらい。
wallpaperhanging02.jpg

こちらは、唯一ボーダーをつけた子供部屋。
他の部屋は、完成後にじっくり一部屋ずつ紹介していきます。。。
wallpaperhanging03.jpg

お次は、塗装
化粧手すりがきれいに塗りあがってます。
悩んだ親柱の色も満足しています。
painting01.jpg

塗装屋さんもなかなか上手。
何度も上塗りしていくんですね。
painting02.jpg

扉や窓のケーシングもきっちり塗られています。
painting03.jpg

painting04.jpg

そして、階段のニッチもできています。
ダクトスペースのおかげでここにニッチを配置することができたので、
ダクトスペースに感謝ですね。
niche01.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 23 : 47 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。