スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 今後のコンサート予定
2007 / 07 / 29 ( Sun )
今年は既に2度、コンサート行きましたが、生で聴くのはいいものですね。
今後も、チケット取得済のコンサートが3つ。
全部、このつくば界隈ですが、このエリアだけでも、意外に色々聴けるものですね。

中村紘子 トーク&コンサート
中村紘子さんの演奏、一度生で聴いてみたかったので、
こんな近くでコンサートあると知って、すかさずチケット取ってしまいました。
しかも、トークありというのが嬉しいですね。
演奏だけよりも、お話が聴ける方がより楽しめます。

今まで、聴きに行ったトークありのコンサートでは、
加羽沢美濃さんプレゼンツの3大ピアニストコンサートというのがありました。
加羽沢さんが司会進行を努めて、横山幸雄さん、青柳晋さん、近藤嘉宏さんの
3人のピアニストの演奏とトークが繰り広げられたのですが、
皆さん友達同士みたいなフランクなトークをされていて、
それぞれのお人柄が表れていて、楽しめました。
他には、宮谷理香さんのコンサートも、演奏の間に小さい頃の話などされていて、
面白かったですね。

話がそれしまいましたので、中村紘子さんに話を戻しますが(汗
演奏予定曲目がショパンの24のプレリュードというのが、また嬉しいです。
ショパンといえば、以前はエチュードやバラード、ノクターンをよく聴いていましたが、
最近はもっぱら、プレリュード。
色々な系統の珠玉の名品が凝集されていて、一曲が短いから飽きないし、いいですね。
遅ればせながら、プレリュードの魅力に開眼したかも^^
そんな珠玉の名曲を弾いてくださるのが楽しみです。

KEKレクチャー&コンサート「科学と音楽の饗宴」
学園都市つくばならではの企画という感じですが、
高エネルギー物理学研究所(KEK)の主催です。

第1部は、「宇宙と素粒子」の分かりやすいレクチャーだそうで。
一応、分野は違えど、仕事で物理に携わっている人間としては、
多少興味のあるところ。
まあ、分かりやすく説明してくれないと、
チンプンカンプンになること間違いなしですが。。。^^;

第2部は、伊藤恵さんのピアノ、大宮臨太郎さんのバイオリン、
横坂源さんのチェロのコンサート。
恥ずかしながら、浅学ゆえ、どなたも存じ上げませんでした。。。orz

曲目も初めて聴くものばかりで、音楽の幅も広がるかな。
何より、入場無料ってのが嬉しい!!!

上岡敏之指揮・ピアノ&ヴッパータール交響楽団
キンキン@ダイコク堂さんより教えていただき、さっそくチケットをゲットしました。
上岡敏之さんというのは、昨年末のN響の第9を指揮した方のようです。
そういえば、僕もテレビで少しだけ見ました。
ほんとは全部見たかったのですが、piyoneが第9嫌いなので。。。笑

曲目のお目当ては、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」。
クラシック聴き始めた頃は、交響曲を全楽章聴くというのは飽きて、
かなり辛かったのですが、
この曲だけは、全楽章聴いて、全く飽きることがなかったので、
色々な指揮者の演奏でよく聴いてました。
というわけで、一度は生で聴いてみたかったのです!
念願、かないそう。。。

そして、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番。
これもピアノ協奏曲では、有名な曲ですよね。
最近、ようやくピアノ協奏曲にも興味が出てきたところ。
とても、楽しみです!

こんな感じで、今年後半も生の音楽を堪能してきたいと思います!
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 45 : 40 | クラシック | トラックバック(1) | コメント(18) | page top↑
キッチン設置
2007 / 07 / 28 ( Sat )
今日は、サンウェーブのキッチン設置の様子を紹介します。
残念ながら、僕は現場に立ち会えませんでしたが(T_T)
piyoneの撮影した写真で。。。

レンジフードがついて、吊戸棚設置中。
開放的にしたかったので、フード手前(シンク部分)は、吊戸はなしです。
kitchensetup01.jpg

こちらは、収納キャビネット(幅1200)
これだけあれば、結構入ります。
kitchensetup02.jpg

シンクの部分もできています。
kitchensetup03.jpg

こちらは、食洗器を設置するところ。
kitchensetup04.jpg

キッチンのメイン部分、ほぼ完成。
奥はIHですが、IHはコンセントつなぐだけなので、施主支給しました。
kitchensetup11.jpg

そして、楽しみにしていたアイランドカウンターも設置。
kitchensetup05.jpg

傷つかないように、すっぽりダンボールで養生。
でも、サンウェーブの作業の方、汚れた手でベタベタ面材を触って、
そのまま養生されてしまったのが心配。
引渡し後、案の定、こびりついて取れない汚れがあったので、
これは後日、クレーム入れました。
kitchensetup12.jpg

カウンターのダンボールの下には、人工大理石のワークトップが!
楽しみ楽しみ。。。
kitchensetup13.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 24 : 34 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
♪ 発表会の曲
2007 / 07 / 23 ( Mon )
今年も年末にある大人の発表会に参加する予定。
そろそろ、曲を決めなくてはならない時期になりました。

ポピュラーでも弾きたい曲はたくさんあるのですが、
発表会の曲となると、かなりの期間きっちりとレッスンしていただけるので、
せっかくなら、クラシックの基本を少しでも教わりたいということで、
クラシックの中から選曲することにしました。

ところが、クラシックとなると、日頃聴いている曲といえば、
ショパンやベトソナ、モツソナなど、論外の難曲ばかり。。。汗
今のレベルで何を弾けばいいのだろう?

というわけで、今使っている全音の「ピアノ名曲100選初級編」の中から弾けそうな曲を
先生にピックアップしていただきました。
基本的には、難度Bの曲。
その中から候補に選んだのが、この3曲。
幻想曲「さくらさくら」
ユーモレスク
花の歌

幻想曲さくらは、以前に何かで聴いて、すごくカッコイイ曲!と思っていたので、
いつか弾いてみたかった曲ですが、楽譜見ると、かなりキツそう。
初めの部分、ほんの少し弾いてみて、これは無理っぽいなって思いました^^;
ちなみに、難度Cだったりします。。。(納得)
それに、この曲はクラシックなんだろうか。。。

ユーモレスクは、お気楽極楽な感じ(?)の主題部分は、
あまり好きじゃないんですが、
転調してからの切ない哀愁を帯びた旋律はなんとも言えず好きで、
これも以前から弾いてみたかった曲です。
この曲を第一候補で先生に話してみたのですが、
黒鍵が多くて、和音つかむのはかなり大変だそうで、
今のレベルでは、発表会にはキツいかもということでした。。。orz
「コソ練では、ドンドンやって下さい!」という嬉しい一言も(笑

というわけで、花の歌に挑戦することにしました。
いや、花の歌もかなりキツいことには全く変わりないんですが。。。
「今すぐ始めてください」とのこと。

ゆったりと歌う部分と、速いパッセージの部分と、
色々織り交ぜられていて、勉強になりそうですね。
その前に、本当に弾けるのかな。。。汗

「たまにとんでもない弾き方をする人がいるので。。。」
ということで、先日のレッスンでは確認の意味で冒頭数小節だけ弾いたのですが、
「許容範囲!」というこれまた微妙なお言葉をいただいてまいりました(笑

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 53 : 00 | ピアノ発表会 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
カーテン打ち合わせ(3)
2007 / 07 / 21 ( Sat )
リビングまわりは決定したので、次は1階の他の部分。

正面の窓は完全にシンメトリーにしたので、
カーテンも正面の窓すべて統一した方がきれい
というのが、コーディネータさんの意見。
北玄関で、トイレ、洗面所やシューズクローゼットなどが主なので、
外側はロールスクリーンで統一して、内側はレースでおしゃれに
という方針で行くことに。

ますは、piyoneが一目惚れしてしまったレース。
スイスのメーカー、フィスバ(FISBA)の製品。
大人向けの絵本のような、とても夢のあるデザイン!
なかなか他のメーカーでは見つけられないような絵柄ですね。
curtain_hall_fisba.jpg

とても素敵なんですが、お値段もかなりインパクトあり。
当初は寝室に入れたいと言っていたのですが、コスト的に窓一枚分で精一杯^^;
一面だけなら、タペストリーにするという案もコーディネータから出たのですが、
玄関ホールに採用することに。
玄関入った時には目線に入らないのですが、
お客さんがお手洗いに立たれる時には確実に目に入る場所なので、
これ選んでよかったです。

1階のトイレは、壁紙がアイビー柄なので、
レースもこのアイビーのものを選びました。
curtain_1Ftoilet_infini.jpg
ところが、下がり天井のため、ロールスクリーンをつけると、
レースはつけられないことが後日、判明。
このレースは不採用になりました。

次は2階に上がって、寝室。
寝室に選んだのは、リサ・ブレアのマグノリア。
curtain_bedroom_magnolia.jpg
かなり気に入っていたのですが、
次の打ち合わせでコストダウンのため、別のものに変更しました。
(変更後のものは、次回打ち合わせの記事で紹介します)

子供部屋は、壁紙にアイビーのボーダーを入れたので、
アイビー柄のレースにしました。
メーカーは、英国の老舗、サンダーソン(Sanderson)
販売元は、マナ(Manas)・トレーディング
curtain_childroom_sanderson.jpg

1階トイレの候補になったものより青みが強く、
ボーダーの色にぴったりマッチしています。
curtain_childroom_sanderson_boarder.jpg

最後に、フレックスルーム。
リビングは、白家具で明るめのテイストにしましたが、
セカンドリビングとして使うフレックスは、ダーク系にして、
重厚な趣を出したいと思っています。
それに合いそうなカーテンを探してみましたが、コレといったサンプルに出会わず、
サンゲツのカタログの中から決めました。
curtain_flex_sangetsu.jpg
次の打ち合わせで再考して、ぴったり来るものに出会えたので、
これは変更になりました。

これだけ決めるだけでも、意外と大変です。
ドレープだけでなく、レースやカーテンレールまで決めなくてはいけないので。。。
さらに、タッセルやフサカケも要りますよね。

タッセルは、コーディネータさんが「こんなの、どうでしょうか?」
と持ってきてくださったものがなんと、1本4000円!^^A
思わず、施主支給にしました。。。
後日、地元のカーテン屋で似たようなタッセルを10分の1の値段で手に入れました。
(もちろん、モノは全然違うんだと思いますが)
フサカケの方は安いのもあったのですが、勢いでこれも施主支給に。

第1回カーテン打ち合わせは、こんな感じで終了。
この時から3ヶ月間ほど、カーテン選びに奮闘することに。
まだまだ、カーテン記事は今後も続きます。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 54 : 01 | カーテン・インテリア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ 我が家でピアノオフ会(3)
2007 / 07 / 16 ( Mon )
だいぶ時間がたってしまい、時差ぼけ記事になってしまいましたが、
我が家でのピアノオフ会報告の最終回。
皆様よりいただいたお心づくしの品々をご紹介します!

こちらは、ruvhanaさんよりいただいたフォトフレーム。
4枚の写真はどれも、ruvhanaさんがわざわざ、
ピアノ雑誌を切り抜いたりなどして、ご用意下さったピアノにまつわる写真。
フレームの色も、うちのインテリアのテイストを想像して、
明るめの色を選んでくださったそうで、リビングの雰囲気にぴったりでした。
そんなお心遣いに感激です。
present_ruvhanasan01.jpg

突然ですが、ここで、クイズです!
Q1.この人物は、誰でしょう?
(ヒント:ピアノにまつわる重要人物です)

present_ruvhanasan02.jpg

Q2.この曲は何でしょう?
(ヒント:僕のよく知っている曲を選んでくださいました)

present_ruvhanasan03.jpg
答えは、そのうちコメントにて明らかになるでしょう。。。

こちらは、ただしさんよりいただいたフォトフレーム。
ガラスで透明感があり、シンプルでクールなデザイン。
モノクロなイメージが黒一色のピアノにもマッチしそう。。。
present_tadashisan02.jpg

そして、六本木アマンドのドーナツもいただきましたよ。
ぺろっとお腹に入ってしまいました。。。
present_tadashisan01.jpg

小夏さんからは、チーズケーキと、皆さんひとりひとりに生チョコをいただきました。
present_konatsusan01.jpg

チーズケーキは、一部デザートタイムに皆さんでいただきましたが、
うっかり写真を撮り忘れてしまったので、後ほど飾り付けてみました。
present_konatsusan02.jpg

そして、この生チョコ。
皆さん、メールやブログで絶賛されていましたが、
口の中でとろけるような感じで、ほんとに美味しかったです。
present_konatsusan03.jpg

akko先生からは、皆さんひとりひとりに茨城ならではのユニークな一品を頂戴しました。
その名も、納豆せんべい!(笑
present_akkosensei01.jpg
これいただいた時はあわただしくて、パッケージをよく見れなかったのですが、
あらためてよく見ると、これがなんとも味わい深いんです。
キティちゃんが水戸黄門になってるんですからね。。。

包装も納豆そっくりなんです。。。
中を開けてみると、こんな感じ。
袋を開けると、ぷ~んと納豆の香りが漂います。
present_akkosensei02.jpg

akko先生からは、そのほか、家庭菜園で取れた新たまねぎを頂戴し、
美味しくいただきました。

ruvhanaさん、ただしさん、小夏さん、akko先生、
色々、お心遣いをいただいて、素敵な品々を頂戴して、
本当にありがとうございました!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 28 : 40 | 交流 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
防草対策に悩む
2007 / 07 / 14 ( Sat )
今日は、リアルタイムでの悩みです。
アドバイスいただけたら、ありがたいです!
その悩みとは、家の周辺通路の防草対策!

東の道路に面した側は、既に防草シートを貼って、
白砂利をまいてあるので、問題なし。
(いずれ、詳細は記事にします)
east_bousou01.jpg

問題は西側の隣地境界の方。
こちらも油断していると、すぐに草が生えてきます!
west_kusa01.jpg

東側と同じように、防草シート+砂利作戦でいこうかと思ったのですが、
問題はこの汚水枡たち!
west_kusa02.jpg

方法は、色々考えられるのですが、まず、正攻法でやろうとすると、
枡の高さより数センチ土を掘り下げて、防草シートを敷く。
枡の部分だけシートをカットして、枡を露出させて、砂利を敷き詰め、
砂利の面がちょうど枡の高さになるようにする。

こうすれば、砂利の中に枡だ露出している状態になり、
仕上がりも一番きれいだし、正しいのでしょうけど、
とにかく面倒!(笑

枡と言っても、メンテの時ぐらいしか開ける必要なさそうだし、
現状の高さで防草シートを敷き、上に砂利を薄くまく。
枡を開けたくなった時は、防草シートごとガバっと持ち上げて、砂利をどける。

めんどくさがり屋の僕らしいアイデアですが、
「砂利だって重いんだし、そんなこと絶対できないよ」
と、piyoneが即却下!

現状の高さで防草シートを敷き、
枡の部分だけはカットしておいてから、上に砂利をまく。
いざとなったら、枡の場所の砂利を掘れば、枡が開けられる。

砂利をまいてしまうと、枡の場所が分からなくなりますね。
鉱脈を探すように、掘り当てるしかないか(笑
それとも、枡の場所だけ色つき砂利にするとか。
どうせなら、風水を考えて、黄色にするかな。
上歩いている間に、拡散しそうな気もしますが。。。

kikaさんのブログで知った、防草土を使う。
やはり数センチ掘り下げて、枡の高さまで防草土を入れて、
水をかけて固めてしまう。

これもいいかなと思って、ホームセンターで防草土を見てみたら、
結構高かったのと(砂利に比べて)、
袋の表面がやたら粉っぽくって、すっかり買う気が失せてしまいました(笑
(これぐらいでやる気失せてたら、DIYガーデニングはできませんね。。。汗)

今にして思えば、外構業者にモルタルで固めてもらっておけばよかったです。
皆さんは、枡のところの防草対策、どうされているのでしょう?

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 25 : 56 | DIY | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
カーテン打ち合わせ(2)
2007 / 07 / 14 ( Sat )
今日はいよいよ、第1回カーテン打ち合わせの内容について、書きます。

まずは、家のメインのテイストを決める必要があるので、
リビング・ダイニング&ピアノルームからですね。
リビングは、落ち着いた黄~緑のテイストと決めていたので、
初めに、イメージにぴったり来たのは、コレ!
curtain_piano_RisaBrair.jpg

メーカーは、リサ・ブレア(Risa Braire)
とても落ち着いた感じで、格調もあって、気に入りました。
でも、色はやや濃い目なので、全部の窓にこれをつけると、
少し重すぎるきらいも。。。

そこで、コーディネータさんのアドバイスで、
ピアノには重厚な感じが合うので、ピアノルームだけこれにして、
リビングとダイニングは別のものにしてはどうかということに。
ピアノルームは、リビングとつながっているけど、
そこだけ独立した空間ということで、少し雰囲気を変えた方が
面白味がありますしね。

そこで、リビングとダイニングに選んだのがコレ!
curtain_living_royalworcester.jpg

製造元は、イギリスの陶磁器メーカーのロイヤル・ウースター(Royal Worcester)で、
代理店は、キロニー(Kirony)
これなら、かなり明るい雰囲気のリビングになりそう。。。
写真では分かりにくいのですが、この生地、白い草花の織り柄が入っていて、
見る角度によっては、違った模様が浮かび上がってきれいです。

リビングは、ややエレガントな雰囲気を演出するために、
上にアーチギャザーのバランスをつけることに。
僕はシェードへの憧れもあって、どうしてもシェードをつけたかったので、
1箇所幅の狭い窓だけ、バルーンシェードにしました。

キッチンは、リビングの一部になっているので、
同じシリーズで柄の小さいものを採用して、プレーンシェードに。
curtain_kitchen_royalworcester.jpg


これで、リビングまわりは決定。
まだまだ、決めるところたくさんあります。
窓って、意外と多い!(笑
続きは次回に。。。

余談になりますが、今の今まで、リサ・ブレアって、
そういうデザイナーがいて、外国のメーカーなのかと思っていたのですが、
実は、日本のショップの名前だったんですね^^;
そのリサ・ブレアが書いたこの本!
素敵な窓の装飾がいっぱい紹介されていて、piyoneのお気に入りです。
4924618659ウインドウデザイン―窓からはじめるインテリア
リサブレア
トーソー出版 2005-11

by G-Tools

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 06 : 01 | カーテン・インテリア | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
カーテン打ち合わせ(1)
2007 / 07 / 13 ( Fri )
工事記事では、まもなく完工立会いという時期(竣工1ヶ月前)ですが、
この頃、渋谷のショールームでカーテン打ち合わせがありました。

入居前にカーテンを間に合わせるためには、すぐに決めなくては!
というかなりギリギリのタイミング。
渋谷のショールームには、国産から輸入物まで、
おしゃれなサンプルが所狭しと置いてあり、
カタログも各メーカーそろっているので、ほんとに楽しめます。

その日は、朝から晩までカーテン選びに奮闘!
なんとかファーストプランは出来上がったのですが、
ついつい、高いものに目が行ってしまい、見積もりがかなり高額に。。。(゚ロ゚;)

そんなわけで、施主支給も検討してみようと、
入居までにカーテンつけるのはあきらめて、
地元の輸入カーテン屋に同じ型番で相見積もりを取りました。

そのカーテン屋さん、とても誠実な対応をしてくれるお店で、
東急さんよりお安くできる自信ありますとおっしゃっていたのですが、
今回選んだものに関しては、東急の割引率が相当よかったのか、
どうしても高くなってしまうとのこと。

そのお店の店頭商品も素敵な柄で惹かれるものがたくさんあり、
入居後、実際に家でサンプルの柄合わせを2度もやっていただいたのですが、
最終的には、東急のものが気に入ってしまって、
メーカー支給で、入居後に取り付けてもらいました。

その間、本当に悩みに悩んだので、カーテンが全部ついたのは、
入居してから2ヶ月後のこと。
引越しのダンボールで作ったダンボールカーテンでしのいだ2ヶ月間は、結構大変でしたが、
そのおかげで選んだカーテンには、満足しています。

本当は、カーテン打ち合わせの内容について書きたかったのですが、
長くなってしまったので、内容は次回にまわします。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 13 : 02 | カーテン・インテリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
窓化粧枠
2007 / 07 / 08 ( Sun )
外壁の下地がつくと、アンダーセンのサッシに化粧枠がつきました。
窓の上に。。。
keshouwaku01.jpg

そして、下にも。。。
keshouwaku02.jpg

現場の人は、「モール」と呼ぶそうです。
厳密には上と下しかないので、枠とは言いがたいしね。

化粧枠がつくと、なんだか無味乾燥だった窓が
俄然オシャレになったように感じます。。。
え、感じませんか?

窓の全体像を見れば、感じるんだけどなあ。。。
と、全体が写っている写真を探したのですが、
当時はちょっとでも傷がないかと、虫眼鏡で見るように観察していたので、
細かいズーム写真ばかりでした^^;

そして、こちらは、再度、塗装をした後の写真。
keshouwaku_painted.jpg

どうしても、部材が納入されて、開封した直後は、色がはげてたりするので、
つけてから再塗装は必須。
レンガタイルに塗料が付着すると、取れないそうなので、
塗装はタイルを貼る前にやっておかなければなりません。
なので、しっかりチェックして、色がはげているところは、
塗りなおしてもらいました。

化粧枠は、北の正面、東の道路側、南の庭側は全箇所つけましたが、
西の隣地側にある窓(1箇所)だけは、家が建つと見えなくなるしということで、
コストダウンで、つけませんでした。
しかし今は、まだ家が建ってないので、まる見えなんですよね。
1箇所だけケチってるみたいなので、
つけておけばよかったかなあとも思いましたが、
もうすぐ家が建つので、問題なさそうです。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 35 : 06 | 外壁工事 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
外壁下地
2007 / 07 / 08 ( Sun )
入居して、はや半年が過ぎてしまいました。
工事記事のアップも、急ぎましょう

内装工事がどんどん進む中、並行して外壁も進んでました。
外壁はレンガタイルが貼られる予定ですが、
その前に下地ボードを張ります。
後ほど、このボード表面のレールにはめ込むように
レンガタイルを貼り付けていきます。
gaihekishitaji01.jpg

配管の出ているところは、穴があけられていますね。
gaihekishitaji02.jpg

これは、24時間換気の換気口だったかな。
ひょっとしたら、換気扇の方かも(汗
gaihekishitaji03.jpg

最後に、夜の施主検査ならではの一枚!
足場から屋根越しに見る満月!
きれいでしたね。。。
でも、足場なので、油断は禁物(笑
nightmoon_seshukensa.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 16 : 58 | 外壁工事 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
♪ プレインベンション30番
2007 / 07 / 04 ( Wed )
30番は、モーツァルトのメヌエット。
ついに、初モーツァルト!
略して、ハツモツ!
なんとなく、煮込むと美味しそう。。。
preinv30-1.jpg

この曲、途中で転調しまくりです。
転調は、聴く方としては大好き。。。なのですが、
弾く方としては、これがなかなか大変

僕の場合、ある程度暗譜状態でないと、スムーズに弾けないのですが、
こうも途中で♭がナチュラルに戻ったり、ナチュラルだったものが#になったりされると、
 このシは♭だったかな?
 このファは#だったっけ?

と、覚えきれません!
これって、調性感ないからでしょうね。
それぞれの調での音階の音が瞬時にイメージできるようになれば、
苦労しなくなるのでしょうか。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 57 : 53 | ピアノ練習記(ポリフォニー) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
♪ ツェルニー20-15
2007 / 07 / 03 ( Tue )
相変わらず、レッスン記事、サボりまくりですね
そういえば、ツェルニーも最近、書いてない気がするけど、
何番まで書いたっけと過去記事を確認したところ、
最新の過去記事が11番で、現在のレッスン曲が15番

12番、13番は既に忘却の彼方なので、省略ということで。。。^^A
14番はかなり嫌いな曲で、演奏も嫌々感まるだしで、
かなりひどい出来のまま、先生いわく「大負けのオマケ合格」・・・反省^^A

そして、15番。
今までとちょっと違う雰囲気だなと思ったら、
初めて、あの100番練習曲からのチョイス!100-19です。
今までずっと、1ページだったのが、見開き2ページに。
そういえば、100番は長いって聞きますね。
(2ページぐらいで長いとか言ってたら、怒られそうですが)
czerny20-15-01.jpg

さて、こういう曲はわりと好きなのですが。。。
弾き方は全然間違ってました^^;
ドドレミファソラシド~ ミーミーミー
と、思いっきり後半盛り上げて、ロマンたっぷりに弾いてましたが、
ツェルニーは時代的には古典派だそうで。。。
そういえば、ベートーヴェンのソナタを弾くための練習曲でしたよね。
(って、今頃気づくなという感じですが^^;)
拍をきっちり意識して、弾かなければならないそうです。
最後のミミミは、むしろ軽めにノンレガートで。

それから、スケールがつかめていないとのこと。
たとえば、ト長調スケールの部分。
ファ#の黒鍵に向けて、レミあたりから白鍵の前よりで打鍵しておくと、
自然に黒鍵も打鍵できます。
僕の場合は、ミまで白鍵の後ろの方で打鍵して、ファに来て慌てて、
黒鍵を打鍵しようとするので、かなり無理ありまくり。

それから、休符の間に次の音の準備をするのがまだ苦手。
音が飛ぶところで、間があいてしまいます。
ツェルニー20番は、音が飛ぶパターンの曲が多いそうなので、
しっかり練習するようにとのこと。
休符の意識がまだ足りない気がしますね。
片手練習が足りないかな。。。汗
ツェルニー20-15は、もう少し頑張ります。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 20 : 07 | ピアノ練習記(ツェルニー) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。