スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ メトロノーム
2007 / 06 / 29 ( Fri )
メトロノーム、買いました!
metronome.jpg

デジピで練習していた頃は、デジピの内蔵メトロを使ってました。
ところが、今は、グランドが1階、デジピが2階。
2階で内蔵メトロを鳴らしながら、1階で弾くと言うのも、
かなり無理ありますよね。
鳴らしたり、止めたり、速度変えたりするのに、
階段上り下りで、いい運動にはなりますが。。。笑

初めは、デジタルメトロにするつもりでした。
コンパクトだし、お値段的にも安いですし。
拍子の数も、5とか7とかまで付いているのも。
さらに拍子の数だけでなく、リズムパターンも選べて、
3連符のタタタ|タタタとか、タタタン|タタタンみたいなものまで
入っているのもあって、目からうろこ。
とても便利そうですよね。

ピアノでは使わないけど、バイオリンなどで、チューニングの時使う
チューナー機能がついているものにも、なにげに惹かれてしまったり。。。
(単純に面白そうという理由ですが)

ところが、デジタルのものはたいてい、ピッピッという音なので、
ピアノの音量に負けて、聴き取りにくくないかなというのがやや不安。
それに、レッスンではアナログのメトロを使うので、
アナログタイプにした方が違和感ないかな。
というわけで、アナログのタイプに。

先生から、拍子がついてないと意味がないと言われていたので、
拍子の設定ができるものということで、
YAMAHAのMP-80を楽天で購入。


アナログのタイプって、ぜんまいを巻くんですね(知りませんでした)
速度を変えるのに、真ん中の重しみたいなのを動かすのですが、
微調整があまりうまくいかない!(汗
その点、デジタルは音を鳴らしながら、1刻みで微調整できるから便利かも。
でも、チーン、カチッ、カチッのアナログ音はやっぱり、
メトロノームっぽくていいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 59 : 10 | ピアノ雑感 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
石膏ボード
2007 / 06 / 29 ( Fri )
ベーパーバリアが張り終わると、いよいよ石膏ボードですね!
石膏ボードが張られると、空間がきっちりと確定して、
一気に家の形が出来上がってきますね。

こちらは、2階のセカンドリビング。
sekkouboard_2F.jpg

天井には、空調の吹き出し口がきっちり正方形に切り取られています。
ダウンライトの部分も後ほど、切り取られます。
sekkouboard_kuchou.jpg

こちらは、1階のリビング。
1階は天井高2.7メートルのハイフレームなのですが、
石膏ボードはハイフレーム仕様で、途中で継ぐ必要はないようです。
sekkouboard_living.jpg

こちらは、リビングからピアノルームを見たところ。
sekkouboard_arch.jpg
ここのアーチ、実はちょっと後悔しています。
もともと、完全な円弧がよいと思っていたのですが、
間口が広いので、完全な円弧にすると、
Rをかなり大きくとらないと、両端がかなり下がってしまうということで、
大工さんの判断で、中心に直線部分を設けたようなのです。

現場監督さんが現場で、
「こんな風にしてみたのですが、どうでしょうか?
もし、円弧の方がよいのであれば、やり直しますよ。」

と、僕たちにきちんと確認してくださったのですが、
その時は、まあ、これでもいいかなと思えたので、
やり直すほどのことはないかと、これでOKしてしまいました。

ところが、実際に入居してみると、
デザイン的にやっぱり円弧の方がよかったかなと。。。
ミルクリークといえば、定番のアーチ。
楽しみにしていただけに、ほんのちょっとだけ後悔。
自分で決断したので、こればかりは、自己責任ですけどね。

こちらは、キッチン。
水周りは、緑色のボードを使うようですね。
耐水性のボードだったと思います(うろ覚え)
sekkouboard_kitchen.jpg

石膏ボードとはいえ、壁量計算書で耐力壁として計算されている部分については、
荷重をささえる構造の役割を果たしているので、あなどれません。
外壁合板同様、釘ピッチが外周で100mm、内部で200mm以下であることをチェック!
かなり、密に打ってくれている感じでした。
sekkouboard_kugipitch.jpg

この頃になると、施主検査もちょっと疲れ気味(笑
でも、これ以降は、もう隠れるものがほとんどないので、
入居後気づいてもなんとかなるものばかり。
これが最後のふんばりどころと思って、がんばりました。
(と言いつつ、その後も相変わらず、細かくチェックしてたかも。。。汗)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 19 : 43 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浴室設置
2007 / 06 / 26 ( Tue )
内部の設備では、まず初めに浴槽が搬入・設置されました。
浴室は、TOTOの「フロピア」です。
壁を含めてすべての設備品がTOTOによる設置工事になるので、
早い段階で設置してしまうようですね。

壁も浴槽も明るい感じがよかったので、白で統一。
bathroom_setup01.jpg

bathroom_setup02.jpg

ちゃんと、断熱仕様の風呂ふたもありますね。
bathroom_setup03.jpg

ランドリーパイプは、2本、浴槽の上に平行につけてもらいました。
ベランダなしの室内干しの予定なので、干す場所はふんだんに確保しないと。。。
(他にも、洗面所にホシ姫様、階段上がったところにホスクリーンを設置しています)
位置も予め指定しておいたので、ちゃんと、下地も入れてもらっています。
bathroom_setup04.jpg

工事終了後は、関係ない職人が入らないように、浴室はロックされてました。
この後、空調の吸い込み口を開ける工事が必要ですが。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 32 : 24 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
♪ 土浦交響楽団
2007 / 06 / 25 ( Mon )
近くのホールでアマオケの定期演奏会があったので、聴きに行って来ました。
今回は、土浦交響楽団の定期演奏会。
指揮は、直井大輔さん、ピアニストは、矢澤一彦さん。
曲目は、
ヴェルディ 歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
チャイコフスキー 交響曲第5番

お目当ては、ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番!
一度、生で聴いてみたかった一曲でした。
piyoneは、昔からこの曲が大好きで、以前にこの曲の演奏会ばかりを
聴き歩いたこともあるとか。。。
去年の年末に、第9嫌いのpiyoneを第9のコンサートに誘って、不評だったのですが、
今回はよしということで。。。^^\

そして、演奏の方はとてもすばらしかったです!
オーケストラもとてもきれいな響きを奏でていましたし、
ピアニストの矢澤さん、すごい表現力ですね。
体全体で音楽を作っているという感じに、入り込んでましたね。
特に、第2楽章。
オーケストラが完全に止まって、ピアノソロになるところ、
表現や間の取り方、すごくじ~んときました。
ある意味、この曲は、これぐらい入り込まないと演奏できなさそうな曲ですよね。
やっぱり、この曲、生で聴けてよかったです。

今回は、チャイコフスキーも楽しみにしていました。
といっても、恥ずかしながら、チャイコフスキーの交響曲は
「悲愴」しか聴いたことなかったので、
この曲を聞くのは初めてだったのですが、
悲愴はとても美しい曲だし、「悲愴」と並んでよく演奏される曲目だそうなので、
とても楽しみにしていました。
聴いてみて、終楽章で途中、眠りそうになりました(笑
いや、いい意味で。あまりに心地よい旋律なので。。。
(悲愴を聴いてても、よく寝そうになるのですが。。。)
終楽章の最後、とても美しい荘厳な終わり方でいいですね。
また、CDでじっくり聴いてみようと思います。

指揮者の直井さんも、アンコールの前にとても丁寧にご挨拶されていて、
お人柄のよさを感じました。
ピアニストの矢澤さんもスマイルがとても素敵でしたね。

今回は、前回のようなオバサン事件もなく、よかったです(笑
ラフマニノフ1楽章の初めのピアニッシモから少しずつクレッシェンドしてくるところ、
(のだめがフォルテで弾いていたあの部分)
とても好きな部分なので、あそこでやられたらどうしようかと
内心、かなり警戒してましたが。。。

まだまだ、今年はそのホールでも、色々コンサートあるみたいなので、
できるだけ、たくさん行きたいですね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 08 : 38 | クラシック | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ベーパーバリア
2007 / 06 / 24 ( Sun )
断熱材が詰め終わると、その上から
ベーパーバリア(気密防湿シート)を張ります。
半透明のビニールシートで、湿気を通さないようにできています。
壁から天井まですべて、すっぽり覆われてしまいます。
2Fvaporbarrier01.jpg

重なりは、100mm以上ないといけないので、ここは修正してもらいました。
2Fvaporbarrier_kasanari.jpg

空調の吹き出し口やダウンライトの部分もまず、
すっぽり覆ってしまってから、後で穴を開けるのですが、
空調の部分、少し切り過ぎて、断熱材が露出しているのが気になります。
ここは、気密テープで補修してくれました。
2Fvaporbarrier_yabure.jpg

窓枠の部分。細かい話ですが、微妙にすき間が空いてるようです。
もう少し、窓枠にかぶさるぐらい大きめに張ってはもらえないかなと。
2Fvaporbarrier_sukima.jpg

気にしすぎとは思いながらも、水先案内人さんに確認してみたら、
むしろ、すき間にまで丁寧に断熱材を詰め込んでくれているのでは?
という回答でしたが、やはり気になるものは気になります。
気になることを現場監督さんと下請け監督さんに話してみたら、
全部気密テープで貼ってくれることになりました。
2Fvaporbarrier_taping.jpg

気になるところだけでなく、全箇所やって下さるとは思ってもみなかったので、びっくり!
とても嬉しい対応でした。

ところで、ベーパーバリアの役割についてですが、
僕の考えでは、室内の湿気が壁内に入ると、
壁の中で冷やされて、壁体内結露を起こす可能性があるので、
それを防ぐというのが重要な役割かと思っていたのですが、
現場監督さんによると、むしろ合板から発生する水蒸気が室内に入り込まないようにする
役割を果たしているとのこと。

確かに、室内は空調と換気で湿度はかなり低いので、
室内から壁内に入る湿気はそんなに気にしなくてもよさそうですね。
それにしても、合板から水蒸気って、結構出てくるものなんですね。
外壁通気にしておいてよかったなあと思います。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 49 : 13 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1階断熱材
2007 / 06 / 24 ( Sun )
内装工事の過去記事。
断熱材のグラスウールが2階同様、1階もびっしり詰められました。

こちらは、キッチン。
換気扇のパイプが出ていますね。
1Fglasswool01.jpg

こちらは、リビング。
2箇所コードが出ているのは、ブラケットがつくところ。
1Fglasswool02.jpg

こちらは、玄関ホールにトイレ。
1Fglasswool03.jpg

一面、グラスウールだらけ。。。
粉が舞ったりするので、大工さんもマスク着用です。
僕たちも怖いので、マスクして施主検査してました。

濡らしたりして、実験してみようかなと思って、
一応、端切れを貰って帰ったものの、
入居したら、邪魔になって捨ててしまいました。。。orz

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 54 : 18 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トイレ、2つあるといいね
2007 / 06 / 20 ( Wed )
最近は、1階と2階の2箇所にトイレを作られる方が多いですよね。
我が家も2箇所にトイレを設けたのですが、
実は、家作りを始めた当初は
  トイレは1個あればいいんじゃない?
  面積もコストももったいないし。。。

などと考えていました。

piyoneは実家に2箇所あったので、便利というのを知っていて、
他の方のブログでも、家族が多いと重なった時に便利という話があったので、
2箇所設置することにしました。

入居してみて。。。
家族は2人だけなので、重なることはめったにないのですが、
リビングが1階、寝室は2階なので、確かに2階にもあると便利。

ただ、もっと便利だと思えるのは、来客があるとき。
来客に備えて、せっかくきれいに掃除をして、タオルも取り替えて、
ペーパーを三角に折ったりなんかして、万全の準備を整えた後に、
トイレ行きたくなったら、すごく嫌ですよね!

2箇所にあると、1階のトイレは前日に掃除をしておいて、
その後は使用禁止にしてしまえます。
お客さんが来られてからも、自分は2階のトイレが使えるので、
落ち着いて使えます。
お客様用トイレと従業員用トイレみたいな感じですね。
なかなか便利です。

でも、通常時は、両方とも暖房便座を常時つけておくのは、
電気代がもったいないので、
昼間は1階だけ、夜は2階だけを使うようにしています。
そして、我が家では、
使用可の状態をOPEN、使用不可の状態をCLOSEDと呼んでいます。
そのうち、お店のドアなどにかける、表がOPEN、裏がCLOSEDになっている
おしゃれなプレートを買ってきて、つけたいなと思っています(笑

皆さんはどんな風に使われているのでしょう?

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 46 : 14 | トイレ・洗面所・浴室 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
♪ 我が家でピアノオフ会(2)
2007 / 06 / 18 ( Mon )
ピアノオフ会の詳細報告です。

まずは、ケーキとコーヒーでおしゃべりタイム。
皆さん、初顔合わせでしたが、ブログではよく見知った間柄。
話題が尽きることもなく、不思議なぐらい打ち解けて、
和やかムードで話がはずみました^^

こちらがpiyoneの自家製チーズケーキ&バナナケーキ
pianooffkai04.jpg
小夏さんが持ってきてくださった美味しいチーズケーキもみんなでいただきましたが、
こちらは改めて、おみやげ紹介記事で、ご紹介します!

そして、いよいよ、ピアノタイム。
思い思いに弾きたい人が弾きたいときに、ピアノへ向かうスタイル。
まずは、ただしさんのワルツ7番で幕開け。

ただしさんの演奏、ネットでよく拝聴しておりましたが、
生で聴くと、迫力が違いますね!
とても力強いボリューム感のある演奏。
フォルテの時の、グランドから奏でられる音量がすごいです。
強弱、テンポも自在に操っておられて、とてもドラマチック。
独学2年でここまでの演奏をされるのには、ほんと感嘆に値します!
別れの曲戦場のメリークリスマスエリーゼモツソナK545などなど。。。
素敵なレパートリーの数々を披露してくださいましたが、
別れの曲は、近々発表会で弾かれるというだけあって、特にすばらしい演奏でした。
ただしさんの記事で聴けます。必聴!)

ただしさんの演奏、普通に冒頭から始まるのではなく、
適当に部分練習っぽいのから入って、いつの間にか始まってるんですよ。
終わった後も、アドリブっぽいのが入ったり、遊び心がありますね。
部分練習の中には、あの大曲のフレーズも。。。そのうち挑戦されるのかな。
いつも弾き終えた後、とても嬉しい表情を浮かべていらっしゃったのが印象的でした。

さて、次はruvhanaさん。
さすが、厳しい先生の下、とても丁寧で緻密な練習を積み上げて
こられたんだなあということが如実に分かる演奏。
ツェルニーやブルグミュラーの小品なども、とてもきっちりと完璧に弾かれていて、
レパートリーって、ここまでの完璧な演奏をできる曲のことを言うのですね。

リストの「波を渡るパオラの聖フランシス」(通称パオラ様)
いかにも大曲といった感じで、途中からみんな会話もやめて、聞き入ってました。
まさに渾身の演奏といった感じで、ruvhanaさんのピアノに対する熱意を感じました。

シューベルトの即興曲Op.90-1は、
ruvhanaさんのブログで知って、大好きになった曲なので、
予めリクエストさせていただいて、とても楽しみにしていました!
場面場面をきっちり考えて弾き分けられている感じで、
ストーリーを感じさせるとても素敵な演奏でした。
途中2度出てくる甘美な旋律もそれぞれ雰囲気を少し変えて演奏されていて、
さすがだなあと思いました。

そして、ラジオ体操
それぞれの体操の部分での表情のつけ方がすごくお上手。
この曲は、おそらくコソ練曲だと思うのですが、
コソ練曲にもこんな高い完成度を要求するあたり、
ruvhanaさんはピアノに対して、手を抜かないですよね。
その場でみんなで体操を始める。。。といったノリにはなりませんでしたが、
(というか、もはや振り付けは忘れてしまいましたが。。。)
隣の奥さんが「ラジオ体操、こんな時間にやってたかしら」と
不思議がっていたらしい(笑

そして、小夏さん。
最近、発表会で演奏されたばかりのブラームスの間奏曲Op.118-2
とてもしっとりとして、歌うような円熟した演奏、素敵でした。
小夏さん、歌わせるのがお得意ですよね。
これも、ただしさんの記事で聴けます。必聴!

バッハの曲もメドレーで色々、披露してくださいました。
今後僕も弾いてみたいと思っているメヌエットAnh.115も入っていたので、
参考にさせていただきました。
そして、ラジオ体操は、ruvhanaさんの楽譜を見ながら、初見でスラスラと。
楽譜見た瞬間に弾けるなんて、うらやましすぎです。

小夏さんは、選曲の際にご自身の年齢も考慮して選ばれているそうで、
弾きたい曲でも、もう少し年齢を経てからと考えている曲もあるそうですね。

そして、akko先生が途中から合流。
きちんとした演奏の準備ができていないとおっしゃっていたので、
弾いていただけないかと思っていましたが、
どうしても拝聴したかったので、お願いしてみたところ、
弾いてくださいました!

まずは、リストのため息
こんな素敵な響きが我が家のピアノから奏でられているのが何だか不思議です。
そして、ずっと拝聴したかったバラード4番をリクエスト。
それはそれはすばらしい演奏で、こんな間近で聴くことができて、
至福の時を過ごし、ただただ聴き入ってしまいました。
怒涛のコーダが終わったときは感動で、しばし放心状態に。

さらに、piyoneのリクエストに答えて、
ラフマニノフのヴォカリーズとドビュッシーの月の光まで
弾いていただきました。
今、目の前にあるピアノから、こんな名演奏が奏でられていたというのは、
今でも不思議な気分です。

そして、僕たちの演奏曲目ですが、
dyne
アヴェマリア(ブルグミュラー)
アヴェマリア(グノー)
ラルゴ(ヘンデル)
ベニスの舟歌(メンデルスゾーン)
エリーゼのために(ベートーヴェン)
piyone
花の歌(ランゲ)
月の光(ドビュッシー)
を弾かせていただきました。

皆さんの完璧な演奏に比べて、あまりにもひどい演奏で、かなり恥ずかしい思いをしました。
皆さんの演奏を聴いて、レパートリーというのは、
こんなに完成度を高めた状態で聴いていただくものだったのかと初めて知りました。

それに、うちのピアノは座ると譜面台の向こうに皆さんの顔が見えるという
かなり緊張しやすいシチュエーションにあるにもかかわらず、
皆さん、緊張をみじんも見せずに、ノーミスできっちりと演奏されるのには、
「ピアノ弾き」としての心構えが違うなあと感じさせられました。
皆さんのピアノに対する真剣な取り組み方に接することができて、
僕にとってはかなり大きな刺激を受けた有意義なオフ会でした。

そして、みんなで夕食。
豆腐の春巻きは、みーやさんのブログ記事で知ったメニュー。
とてもヘルシーで美味しいので、オススメです。
神戸風カレードリアは、フライングガーデンというファミレスのメニューのパクリ(笑
これも美味しいですよ。
北関東エリアの方は、一度、フライングガーデンでお試しください。
pianooffkai05.jpg

最後に、集合写真をパチリ!
皆さんの了解が得られたので、超縮小版でアップ。
pianooffkai02.jpg
pianooffkai03.jpg

今回は、皆さんにおすすめCDなどもお持ちいただいて、鑑賞したり、
クラシック談義をする時間を設けたかったのですが、
ピアノ弾きっこだけで精一杯でしたね。

今回は、僕にとっては、皆さんの素敵な演奏を拝聴し、
刺激を受けることができ、とても有意義なオフ会でした。
もっと真剣に取り組まなければ。。。と感じました。
これから僕が努力する間にも、皆さんもさらに努力されることと思うので、
追いつくことは永遠に不可能でしょうが、
次回には今の自分よりは少しでも成長した演奏ができるといいなあと思います。

次回記事では、皆さんよりいただいたお心遣いの品々をご紹介いたします。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 36 : 29 | 交流 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ダイニングセット
2007 / 06 / 11 ( Mon )
先日のピアノオフ会の記事で写真アップしたダイニングセット。
大塚家具オリジナルの「レーヌ」シリーズというものです。
raine_dining.jpg

当初から、リビングは明るい暖色系と決めていたので、
ダイニングセットは、オフホワイト(アイボリー)系クラシックで探していました。

候補に上がったのは、
イタリア製「デカペ」シリーズ(輸入:大塚家具)
イタリアっぽい、きりっとした直線的デザイン。
背、座面、ともに黄と緑の鮮やかな模様の布張り。
第一印象はこれが一番、希望にかなっていたのですが、
よく見ると、少しピンクがかっていたので、
リビング全体のテイストに合わなかったことと、
椅子の座面がやや高反発で疲れるのが難点。
ミルクリーク柏展示場で使われていました。

「リン・ホーリン」デザインシリーズ(輸入:大塚家具)
アメリカのデザイナーLynn Hollynデザインのシリーズ。
あまり華美な装飾ではないので、とても落ち着いた印象。
色合いは、これが一番ぴったりでした。
ミルクたっぷり入れたカフェオレの色!といえばいいのかな(笑
椅子もとても座りやすいし、僕はかなり気に入っていたのですが、
テーブルの高さが72センチと輸入にしては低い点、
piyoneがどうしても譲れませんでした。

イタリア製「モビルセディア」シリーズ(輸入:アピス
新御徒町の輸入家具屋アピスで見つけたかなり豪華な装飾の白いダイニングセット。
かなりド派手なエレガント系になってしまうので、
他のインテリアに比べて浮きまくりそうという懸念があったのですが、
piyoneは一目ぼれした様子で(笑)、一時は本気で考えてました。
この「モビルセディア」というのが、人名なのか、メーカー名なのか不明ですが、
同じ名前で、他にもセンスのよい家具がたくさん出ていました。

そして、最終的に選んだのが
「レーヌ」シリーズ(大塚家具オリジナル)
テイストはリンホーリンに似ていて、派手な装飾はなく、落ち着いた感じ。
色合いはリンホーリンよりやや赤みがかっていて、
正直、僕はリンホーリンの色合いの方が好きです。
椅子は座りやすく、テーブル高さも76センチとほどよい高さ。
背もたれが布張りじゃないので、張替えコストが安いのもありがたい。
お値段も他の候補と比べると、手が届きやすい。
といったところが、気に入った点。

ところが、当初、大塚の有明ショールームを回ったときには、
残念なことに、横幅が160センチまでしかなく、希望の180センチは在庫なし。
このシリーズは廃番に向かっているそうで、再生産も未定とのこと。

残念だなあと思っていたところ、たまたま横浜に行ったときに、
みなとみらいショールームを訪れてみたところ、
オーバルなら横幅210センチの在庫があることが判明!
有明の人も言ってくれればいいのに。。。と思いましたが、
みなとみらいの営業さんが何点か出して、色味のいいものを選んでいいですよ
とおっしゃって下さって、さっそく、その予定を決めました。

ところが。。。その前日、
kikaさんからとてもありがたい情報が舞い込んできたのです!
kikaさんのお宅に大塚家具のアウトレットのチラシが入るそうなのですが、
そこに、捜し求めていたレーヌの180センチの長方形のものが載っているとのこと。
以前から、kikaさんにはインテリアについて、色々相談に乗っていただいていたので、
これは、僕たちの探しているものではないかということで、
すぐにチラシのデジカメ写真をメールで送って下さったのでした。

そのメールを確認するや否や、次の瞬間、piyoneは受話器を手にして、
大塚アウトレットの番号をプッシュしてました(笑
というわけで、
翌日朝一番で行くので、なんとか取り置きをお願いして、
翌日、横浜のアウトレットに急行。
みなとみらいの営業さんにも連絡したら、
当日、アウトレットまで来てくださって、
とても丁寧に対応して下さり、
無事、希望のダイニングセットをゲットすることができました。

そもそも、大塚アウトレットの存在すら知らなかったし、
アウトレットは在庫リストから漏れているというところが盲点でした。
今このダイニングセットを手にしているのは、まさにkikaさんのおかげです!
kikaさん、ありがとうございました!

ダイニングセットひとつとっても、希望のものを手に入れるって、大変なものですね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 02 : 02 | 家具 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
♪ 我が家でピアノオフ会(1)
2007 / 06 / 06 ( Wed )
先週末は、我が家でピアノオフ会を開催!

ご参加いただいた方は、いつもお世話になっている
ソナチネに毛が生えた」のruvhanaさん
ピアノといつまでも」の小夏さん
ピアノの^ω^」のただしさん
そして、僕のピアノの先生でもある「muzyk akko fortepian plac」のakko先生にも
途中から合流していただきました。
ただしさんには、関西から夜行バスに乗って、はるばるいらしていただきました。

akko先生以外は、初めてお目にかかる方たちばかり。
僕にとっては、初ピアノオフで、お会いするまでは緊張しました。。。
最寄り駅まで車でお迎えにあがり、皆さんと初顔合わせ。
念のため、目印のツェルニーを小脇にかかえて。。。笑
皆さん、とても穏やかで礼儀正しい感じの方たちで、ほっと一安心。

ruvhanaさんは、とても落ち着いていて、やさしい感じで、
しっかりとした考えをお持ちの方。
小夏さんは、とても穏やかで礼儀正しい方で、
気品にあふれる方。
ただしさんは、自然体な感じがとても魅力的で、
きっちりとした気遣いのできる方。
akko先生も、いつもながら、すべてにおいて、
細やかな気配りをされる優しい先生。

皆さん全員が、とても気配りの出来るよい方ばかりで、
ほんとに和やかな雰囲気で、楽しいオフ会になりました(^^)/

pianooffkai01.jpg


盛りだくさんの内容だったので、3回に分けて書きます。
次回は、皆さんのすばらしいピアノ演奏など、オフ会の詳細を。
そして、最終回では、皆さんから色々お気遣いいただいて、
お心こもる素敵なプレゼントをたくさん頂戴してしまいましたので、
それらをご紹介します!

ruvhanaさん、小夏さん、ただしさん、akko先生、
遠いところ、お忙しいところ、参加していただいて、
ありがとうございました!

皆さんの了解が得られれば、人物入りの超縮小版画像(顔判別不可の)を
掲載しようと思うのですが、皆さんよろしいですか?

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 22 : 30 | 交流 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。