スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
施主検査
2006 / 08 / 27 ( Sun )
工事が始まったら、施主検査のことも考えないとと思い、
当初は、マニュアル本でも買おうかと考えていたのですが、
やはり、分からないこととかあっても工事だけは進んでいくのは、不安ですよね。
第三者監理とまでいかなくても、第三者のアドバイスがあれば、安心できそう。

ということで、kikaさんの記事で紹介されていた「住まいの水先案内人」
「建築主デジカメチェックサービス」を申し込みました。
各工程の写真をデジカメで撮ってメールすると、チェックしていただいて、
問題があれば指摘してくださるサービスです。
何か困ったことや疑問に思うことがあれば、何でも電話やメールで
アドバイスが受けられます。
トラブルになったときは、専門家の立場からHMに対して意見を言ってくださるそうです。
第三者監理ほど仰々しくなく、費用もわずか¥27,000。

マニュアルがダウンロードできるのですが、
これがすごく内容が充実していて、
どこをチェックすればよいかが細かく書かれていて、
読むのが追いつかないぐらいの情報量。

まずは、図面類を送ると、耐震性、断熱性などなどのチェックシートを
送ってくれます。
我が家の場合は、基本的にすべて高得点で問題なさそうでした。
ただ、基礎伏図、基礎配筋図、壁量計算書がなかったので、
推定を含んだ判断のようです。
これらの図は、設計さんに言って、いただいておかないと。

とにかく、これで安心して施主検査ができそうです。

ちなみに、以前から気になっていた施主検査本も買ってみました。

マイホームを欠陥住宅にさせないチェックブック―建築記念アルバム
建築監理耐震診断協会
4765524817

各工程での写真をぺたぺた貼っていって、最終的には記念アルバムになるらしいです。
分かりやすそうですが、内容はちょっと少なめかな。
まだ、よく読んでませんが。
なにしろ、「住まいの水先案内人」のマニュアルがすごく充実していて、そちらの方で手いっぱい。
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 45 : 09 | 施主検査 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
♪ 今の気分で弾きたい曲ランキング
2006 / 08 / 27 ( Sun )
最近、テツさんのTB企画「弾きたい曲ランキング」
5位まで弾きたい曲ランキングを発表したばかりですが、
実はこのところ、この5曲はほとんど全く聴いていません。

飽きっぽいというか、もちろん今もランキングは変わらないですが、
最近のマイブームでの弾きたい曲ランキングを発表します。
「今の気分で弾きたい曲ランキング」といっても、
技術的に今弾けるという意味ではないですので、ご了承を。

1位 バッハ 主よ人の望みの喜びを(ピアノ編曲)

2位 モーツァルト ピアノソナタ11番 K331 

3位 バッハ シチリアーノ(ピアノ編曲)

4位 バッハ G線上のアリア(ピアノ編曲)

5位 ブルグミュラー アヴェマリア


バッハは、全部ピアノ編曲もの。
「主よ」はオルガン、「シチリアーノ」はフルート、「G線」はヴァイオリンですよね。
でも、この3曲、昔から聴いていたのに、
最近になってピアノ編曲で聴いて、その魅力を再認識しました。
やっぱり、ピアノの音が好きなのかなあ。
「シチリアーノ」に出だしが似ているモーツァルトのピアノ協奏曲23番第2楽章も好きですが、
こちらは、ピアノ協奏曲なので、弾きたいと言ってもねぇ。
モーツァルトK331は、第3楽章がトルコ行進曲のやつですね。
第1楽章が悲哀を感じさせて、たまらなく好きです。
ブルグのアヴェマリアは、気になる存在ですね。

今まで、ショパン&ベートーヴェンばかり聴いて来たので、
こちらの方もCD色々聴いてみたいなあと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 12 : 36 | ピアノ雑感 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
地鎮祭
2006 / 08 / 26 ( Sat )
地鎮祭は、HM紹介の神社にお願いしました。
boraboraさんの記事によると、地鎮祭を行う業者もあるみたいですが、
土地の神様に感謝するイベント、やっぱり本物の神主さんにやっていただきたい!
そこで、HMに確認、ちゃんと実在する神社で安心してお任せしました。

施主側の準備は、初穂料4万円だけ。
あとはすべて、神社とHMの方でやっていただきました。

というわけで、ほとんど何の準備もしないまま、
当日は、30分前に現地到着。
土地にはいつの間にか地縄が張られています。
地縄

もう営業さん、設計さん、工事関係者は集まっていて、
神主さんは、せっせと祭壇の準備にいそしんでいます。
手前側、鍬入れする砂山も出来てますね。
祭壇

参加者は、施主側が僕たち夫婦とpiyoneの両親、HM側が営業さん、設計さんと、
初顔合わせなのが、工事担当さん、工務店の監督さん、水道屋さん、
空調屋さん、地盤改良屋さん。
家の建設となると、実にさまざまな人がいるものですね。
朝から地鎮祭のために、ご苦労様です。

まず、お祓いして、神様をお呼びして、祝詞を奏上して。。。と進み、
施主にとってのメインイベントは何といっても穿初(うがちそめ)の儀。
施主が「えい、えい、えいっ!」という掛け声で、砂山に鍬を入れます。
鍬入れ

恥ずかしくて、あんまり大声は出せません。
続いて、piyoneも。
鍬入れ(piyone)

そして、関係者一人ずつ、二礼ニ拍手一礼で、玉串をお納めするのですが、
その間、神主さんがちゃんとテープで雅楽を流してくれるんです。
う~ん、雰囲気出ますね。
そして、神様に高神座にお戻りいただき、地鎮祭は終了。
その後、みんなで記念写真をパチッ!

工事関係者の皆さんに初顔合わせのご挨拶。
工事担当さん(いわゆる現場監督さん?)、元気な感じのいい方でした。
これからしつこいぐらいに、進捗聞きまくるかも。

地縄立会い。
地縄の位置が合ってるかどうかメジャーで確認。
水道屋さん、空調屋さん、地盤改良屋さんからそれぞれ説明。
「これから厳しくチェックさせていただきますよ」

そして、近隣の家にあいさつ周り。
正式な挨拶は、引っ越してからにしようと思い、
今回は施主としては何も用意せず、東急さんのご挨拶について回りました。
予想はしていたものの、やはり4軒中、2軒は留守。
翌朝、工事担当さんと伺って、4軒完了です。

さてさて、何はともあれ、工事が始まるわけです。
翌日から、さっそく、地盤改良工事!
一日で終わるそうだから、さっそく翌日から行かなきゃ。
これから大変そう。。。

後日談 その1
地鎮祭の間に肩や腕をかなり日焼けしていたことが判明。
油断してました!肩がヒリヒリ痛いです。

後日談 その2
初穂料って、表書きに「御初穂料」と書くらしいですね。
何も下調べしてなかったので、「御」つけ忘れました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

22 : 23 : 12 | 地鎮祭 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
草刈り終了
2006 / 08 / 22 ( Tue )
草刈りは、業者に頼んで、この通り。
草刈後

見事にきれいになりました(^^
刈り取った草は処分せず、庭の部分に積んでおいてもらいました。
あんなに伸び伸びだったのに、意外に少ないですよね。
あざ美さんのご提案のように、ぼかし(バクテリア)をかけて、
土の肥料にできたらと思っています。

そして、明日はいよいよ地鎮祭!
ついに、この日がやってきましたよ。
これが終わると、着工です。もう待ったなしですね。
現実に引き離されないよう、がんばってついていかねば。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 03 : 57 | 地鎮祭 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
人工大理石実験(2) サンウェーブ・センテナリオ
2006 / 08 / 18 ( Fri )
実験第2弾は、サンウェーブ・センテナリオのオリジナル人工大理石!

デュポンコリアンがいいのは分かったけど、
僕たちが考えているのは、サンウェーブのセンテナリオ。
サンウェーブでは、オリジナルの人工大理石になるので、
カレーでしみにならないかは、心配なところです。

さっそく、piyoneがサンウェーブにお願いして、
サンプルを送ってもらうよう手配してくれました。
1つだけ送られてくるかと思っていたら、
送られてきたのは、全種類セットヽ(゚ロ゚;)
注:センテナリオ用と書いてありました。ピットと材質に差があるかは不明
サンウェーブ大理石サンプル

デュポンに較べると、少しざらつき感があります。
サンウェーブ大理石

今回も3日3晩カレー漬け!(80時間耐久)
サンウェーブ カレーの汚れ

そして、乾いたティッシュでゴシゴシ。
サンウェーブ カレーをティッシュで拭く

う~ん、今回も見事に汚れが取れました。
デュポンに較べると、やや苦労しましたが、
これは表面がデュポンより粗いせいかもしれません。
というわけで、
サンウェーブ・センテナリオも耐カレー性は合格!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 16 : 55 | キッチン | トラックバック(1) | コメント(18) | page top↑
人工大理石実験(1) デュポン・コリアン
2006 / 08 / 17 ( Thu )
あざ美さんのブログで大好評だった人工大理石のカレー実験、僕たちもやってみました!
事の発端は、あざ美さんが以前に使われていたキッチンの人工大理石で、
カレーがしみになってしまった経験から、サンプルで実験してみようということでした。

まずは、あざ美さんも実験されたデュポン社のコリアン
この人工大理石、高級キッチンでよく使われています。
タカラの最高級グレードやアルノキッチンなどなど。
(詳細は、あざ美さんの記事参照)
このデュポンコリアン、とにかく、手触りがいいんです(´∀`)
すべすべしてて、病みつきになりますよ!(ちょっと危ないかも)
デュポンコリアン

それはさておき、あざ美さんのサンプルでは、全く問題なしでしたが、
僕たちのサンプルでは、どうでしょうか?

耐茶性
まずは、前座の日本茶から。
湯のみの底で輪じみを作って、一晩放置(18時間ぐらい)
乾燥して、こびりついてますね。
デュポンコリアンお茶のしみ

乾いたティッシュで拭いてみると。。。
デュポンコリアンお茶のしみをティッシュで拭く

見事なまでにきれいに元通りに!
我が家でも耐茶性は、合格です。

耐カレー性
次は、いよいよ主役のカレーが登場です。
デュポンコリアンカレー

あざ美さんの実験では24時間で問題なしという結果でしたので、
僕たちは、3日3晩、72時間耐久放置プレイを試してみました。
(ちなみに、あざ美さんほど、きれいなカレーのつけ方できませんでした...orz)
72時間後、やはり乾いたティッシュで拭いてみると、
デュポンコリアンカレーティッシュで拭く

これも見事なまでにきれいにふき取れました。
カレーなので、若干油分が残った感ありましたが、
あとは洗剤で洗い流せば、きれいさっぱり元通りです。
というわけで、耐カレー性も文句なく合格!

というわけで、デュポンコリアンは我が家でも良好な結果となりました。
このデュポンコリアンのサンプル、ちょうどよい大きさだし、
コースターや鍋しきがわりに今も重宝してますよ (´∀`)b

そして、次回、第2弾として、
サンウェーブの大理石サンプルでカレー実験やります!
乞うご期待!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 38 : 17 | キッチン | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
♪ アヴェマリア(4)
2006 / 08 / 16 ( Wed )
初めの4小節だけ、和音つけてみました。
先生チェック受けてないので、合ってるかどうか怪しいです。
アヴェマリア1

I-II7-V7-I で T-S-D-T ですね。
II7和音って、ハノン39番スケールの後のカデンツに出てきますよね。
はじめ、これって何だろう?と思ってました。
NaGISAさんにII7に第2ドミナント(ドミナントのドミナント)の機能があることを教えていただいて、
なるほどと思っていたのですが、
こんなところに出てくるとは!
実は、よく使われるんですね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 05 : 05 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
♪ アヴェマリア(3) 暗譜
2006 / 08 / 16 ( Wed )
ようやく、いい加減なレベルでの暗譜がほぼ完了。

というのも、前回の記事で書いた呼吸を意識した練習をしようとすると、
僕レベルの初心者では、譜面上の音符認識→鍵盤の位置確認の処理に
脳内のCPUタイムのほとんどが費やされて、
暗譜モードでないと、とても呼吸を意識した練習なんてできません(´Д`。)
(楽譜見ながら、これが出来る人=初見能力のある人、うらやましい!)

といっても、極めていい加減な暗譜なんですよ。
本当の意味での暗譜というのは、
すべての曲想記号やフレージングを含めた楽譜そのもののイメージが
そのまま、頭の中に入っている状態

だそうですが、そんなもん無理!!

というわけで、僕の暗譜は、鍵盤の位置のイメージで記憶しています。
音階がドなのかレなのか、とっさには思い出せません^^;
ただ、指に覚えこませるのは危険なので、
一応、パターンとして頭で記憶しています(いるつもりです。。。^^;)
コードネームが比較的分かりやすいものについては、
なんとなく、コードも印象付けて記憶しています。

こんないい加減な暗譜なので、
往々にして、勝手に作曲してしまいがちです。
曲想記号やフレージングなどは、楽譜見なくなると、とたんに適当になります。
本当は、ちゃんと楽譜見ながら、曲想もつけて演奏できるようになるか、
ちゃんと暗譜するかのどちらかでないと、いけないんでしょうけど。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 46 : 03 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
電気配線打ち合わせ
2006 / 08 / 14 ( Mon )
外観・内装打ち合わせの一週間後、長~い渋谷ショールームの打ち合わせ第2弾、
電気配線打ち合わせがありました。
これも、朝10時半から夕方まで。
またもや、駐車場3時間無料券3枚分、いただくことに。
駐車券9時間分
これで5000円分なんですよ。
さすが、渋谷は駐車場高っ!

電気配線打ち合わせで決定する項目は、
照明の位置
照明スイッチの位置
コンセントの位置・口数
TV回線
電話回線
LAN回線
といったところ。

こんなの、今の段階では到底決められない!
のですが、だいたいの予算額と工事計画を決めるために、
とりあえずのプランを着工までに決めておきたいとのこと。
上棟したら、正式にもう一度、ひとつひとつ現場確認して、正式決定だそうです。

とりあえず、打ち合わせの準備として、
パソコンで図面を書いて、家具の配置は考えておきました。
家具配置図

これをもとに、照明の配置、スイッチの位置、コンセントの配置などを決めていきます。
一つ一つここで説明するわけにはいかないですが、
最終的には、こんな図面が仕上がりました。
1F
電気配線1F
2F
電気配線2F

設計士さんがとりあえず作っていた案を修正していくので、
かなり分かりにくくなってしまっていますが、
照明は、○がシーリングライト、◎がダウンライト、●がスイッチ。
TTに○がついているのがコンセント。

後で変更可能ということで、かなり適当に決めてしまいました。
ポイントとしては。。。

電話やインターホンをユーティリティルームに設置
普通は、リビングに電話を置くケースが多いと思いますが、
できるだけリビングはおしゃれなインテリアで統一したいので、
電話やインターホン、SECOMのセキュリティターミナルは
ユーティリティに隠そうと思います。

電話、TV、LANは、1Fと2Fに1箇所ずつ
2Fは、セカンドリビングとして使用予定のフレックスに設置。
LANは、基本的に無線を利用する予定ですが(今も無線LAN使ってます)
階をまたぐとつながりにくいという話も聞きますので、
2Fにもポート設置しました。
現状のプランでは、2Fの子供部屋(2箇所)にも設置してしまっていますが、
LAN配線、結構高いらしいので、後で2F1箇所に減らすと思います。

ダウンライトを多用
安くすみそうなので、トイレなどに、ダウンライトを
多用してしまいました。
後ほど、おしゃれな壁付けライトなどに変更するかも。

200Vのコンセントは?
当初、家電コーナーに200Vコンセントが設置されていましたが、
必要なのでしょうか?
よく分からないので、なくしてしまいました。

というわけで、今のところかなり適当です(笑)
スイッチの高さとか、蛍スイッチとか全然考えていないし、
照明器具も選ばなくては。。。(これは、施主支給すると思います)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 41 : 50 | 照明・電気 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
草刈り
2006 / 08 / 10 ( Thu )
草刈りについては、ブログ仲間の方々から、あたたかいアドバイスをいただき、
ありがとうございました。

今週末は、夫婦二人がかりで鎌を片手に草と格闘するぞ!

と勢い込んでいましたが、
piyoneが見積りを取ってくれた業者のうち、
この分譲地推奨の外構業者さんがなんと1万円強でやってくれることになり、
結局、業者さんに頼むことにしました\(^o^)/

ちょっと、やってみたかった気もするのですが。。。
いやいや、人力では大変ですよね。
kikaさんの草刈機レンタル案も考えて、ググってみたのですが、
草刈機「まさお」ってのを発見。
命名がちょっと安易すぎないか!?

あざ美さんの「ぼかし」というバクテリアを使うのもいい案ですね。
こういう生ゴミ処理機は売ってますよね。
すごく興味があって、新居で使うことも検討しています。
今回の場合、分量が多そうだから、土に埋めきれるかというのと、
今後の地盤改良工事に支障がないかというのがちょっと心配ですが、
検討してみたいですね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 56 : 17 | 地鎮祭 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
♪ 弾きたい曲ランキング
2006 / 08 / 09 ( Wed )
「おとのく」のテツさんのトラバ企画「弾きたい曲ランキング」に乗っかって、
僕の弾きたい曲ランキングを発表したいと思います。

以前に「妄想曲リスト」の記事で思いっきり妄想しまくりましたが、
今回は、5位まで発表ということで、5曲に厳選するのもまた一興ですね。
皆さん、色々趣向をこらしていらっしゃるようですが、
僕は今回初参加なので、普通に「死ぬまでに弾きたい曲」というコンセプトでいきます。
それでは。。。

第1位  ショパン バラード4番
なんと、テツさんと一緒になってしまいましたが、本当好きですこの曲!
予兆を感じさせながら、少しずつ盛り上がっていって、
オクターブ連打で最高潮に達した後、一瞬の静寂、そして猛け狂う怒涛のコーダで終結!
なんて、美しい曲なんだって思います。

何人かのピアニストの演奏を聴きましたが、
最後を一気呵成に弾ききってしまうホロヴィッツの演奏が好きです。
今の先生もバラ4が好きで、最近、ワルシャワで勉強してこられたので、
是非、聴きたいですと言っているのですが、聴く機会がありません(T_T)
(発表会の講師演奏、あまり長いのはだめだそうで)

第2位 ベートーヴェン ピアノソナタ第14番 「月光」
3大ソナタは、全部大好きなのですが、どれが最も弾きたいかというと、月光ですね。
第3楽章は演奏によって個性がはっきりしていて、聴き比べが面白いです。
ホロヴィッツの強烈なクレッシェンドの演奏が印象的で一番好きですが、
最近はちょっと幻想的なブレンデルも同じぐらい気に入っています。
じんわりと心にしみわたるようなアラウも好きですね。
第1楽章は今までどれがいいのか、あまり差が分からなかったのですが、
最近、ケンプを聴いて、これだ!と思いましたね。
NaGISAさんのおすすめです)

第3位 シューベルト 即興曲 作品90-1
まさに、ruvhanaさんの影響です。
ruvhanaさんの記事を読むまでは、90-3以外、聴いたことなかったのですが、
今は、即興曲に完全にとりつかれました(笑)
全曲好きですが、ruvhanaさんが挑戦されている90-1が一番、魅力的だと思います。

第4位 ショパン ノクターン 13番
ショパンの中では、バラードとノクターンが好きですが、
ノクターンでは、何といっても、この13番です。
冒頭の主題が再現部では、装飾されて、すごくドラマティックな雰囲気
になるのがたまりません。
これを最大限ドラマティックに、ボリューム感たっぷり弾いてくれる
ニキタ・マガロフの演奏が一番好きです。
最後の方、どこまで、音が広がっていくんだろうって思います。

第5位 ショパン バラード1番
一時、ものすごく好きで、聴き比べた演奏の数も一番多いと思います。
やはり、上位5つには入れておかないとって思いました。
これも、やはりホロヴィッツが一番ですね。
まあ、バラ1といえば、ホロヴィッツの十八番中の十八番ですからね。
演奏聴いていて、この曲は研究し尽くしたんだろうなあって、
随所に感じられます。
あとは、ニキタ・マガロフや中村紘子さんの演奏も好きです。
中村さんのは、曲想の付け方がホロヴィッツにわりと似てますね。

こんな感じになりました。
また、何年後かにやると、だいぶ興味が変わってたりするのかなあ。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 46 : 13 | ピアノ雑感 | トラックバック(1) | コメント(16) | page top↑
草!
2006 / 08 / 08 ( Tue )
いよいよ、今月下旬の地鎮祭をやることに決定!
と、喜んでいたのも束の間、
ヤバい事態に!

土地に草がボウボウと生えまくってるんです!

土地の草

いやはや、重大なことを忘れていた!
というよりは、
草なんて、着工前に工事の人がなんとかしてくれるんじゃないの?
という勝手な甘い期待をしていたのがまずかった。
考えてみれば、自分たちの土地だし、
自分たちで管理しなければならなかったんですよね(反省)

それにしても、これじゃ、地鎮祭出来ないですよね。
何本か、手で抜いてみましたが、もはや無駄な抵抗って感じだし。

身長よりも伸びたこの草たちの前で、何となく記念写真撮ってみたり。。。(←オイオイ)
piyoneは、いちごを見つけて、かわいいと写真取ってたりするし。。。(←コラコラ)
土地のいちご
しばらく、現実逃避モードに。

しかし、何とかしなきゃ!
とりあえず、piyoneが何社か造園業者に草刈の見積りを取ってくれていますが、
色々な方のブログを拝見すると、ご自分でがんばって草刈された人が結構多いので、
ここはひとつ、僕たちも自分たちでやってみようかな
と妙な気合が入ってきています。

とりあえず、今週末、会社に休暇を申請(気合入ってるなあ)
まずは、ホームセンターで鎌を調達するかな。
piyoneも何だか、妙にやる気になってるみたいです。

しかし、今は草のことで頭がいっぱいですね。
HMとの打ち合わせ記録にも
「草 ご検討下さい」
と書かれてしまうし。。。(苦笑)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 05 : 45 | 地鎮祭 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
♪ ツェルニー20-6
2006 / 08 / 05 ( Sat )
最近、ツェルニー、そんなにうまく弾けてるわけではないですが、
中途半端に合格してしまうことが多く、録音が滞り気味。
ノーミスでなくても、先生はサクサク合格にしてしまうんですよ。
というわけで、録音がなかなか進みません(T_T)
今のところ、録音パスしている曲は、3番、5番。(一応、覚えてますよ)

そして、6番。
先生いわく、「私でも弾くのが怖いです」とのこと。
指がからまりそうとおっしゃってました。

ツェルニー20-6-1

ツェルニー20-6-2

確かに、弾いてみると、指がからまる、からまる。
昔の2槽式洗濯機で脱水した洗濯物のよう。
といっても、先生の弾くテンポと僕の弾くテンポでは雲泥の差ですけどね。
ここは、3連符攻略作戦で、ひたすら単調に繰り返して、練習あるのみですね。
しかし、これまた、録音パスする可能性高し(^_^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

02 : 07 : 07 | ピアノ練習記(ツェルニー) | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
聖夜のプレゼント
2006 / 08 / 04 ( Fri )
今日は、ずっと、プロフの写真に載せていた我が家の模型の話です。

去年の年末、メーカー選定もいよいよ大詰めに入っていた頃、
とある個人的事情で、家作り自体をあきらめかけていたことがありました。
せっかくここまで頑張ってきたのに、あきらめたくないなという思いもあり、
いったん、年内のHMとの打ち合わせを全部中止して、
お正月の間、冷静に今後のことを考えようと決めました。

東急さんとは、聖夜に打ち合わせが入っていたのですが、
事情を伝え、年明けに延期したいと伝えると、
営業のTさん、いつになく熱心に
「dyne様に是非、お渡ししたいものがありまして。
 どうしても、年内にお会いしたいのです。」

といって、譲りません。
その熱心さに負けて、結局、聖夜に打ち合わせを開くことになりました。

打ち合わせが始まり、ひととおりの説明が終わったあたりで、
設計士のSさんが、ヴィンテージモデルの模型らしきものを持って、
やってきました。
初めは、
単なる展示用の模型?こんなのもあったんだ。
ぐらいに思っていたら、よく見ると、
土地の形に見覚えが!。。。ひょっとして
僕たちのために、わざわざ、作ってくれたんだ!(*゚▽゚*)

「dyne様の事情をうかがって、私たちに何ができるだろうと
スタッフ一同、考えまして、よりイメージが湧きやすいようにと
模型を作ってみました。」

と、エリア営業部長さん。
スタッフさん何人かで、作ってくださったようです。
それから、僕たちの事情に配慮した契約内容にした提案まで
用意してくださっていました。

東急さん、あの心遣いには、結構、感激しましたよ!
これからも、よろしくお願いします。

というわけで、後半は、模型の写真をご紹介します。
これが、プロフ写真の拡大版。
模型1

実際に道路から見た目線では、こんな感じ。
模型2

上から見ると。。。
模型3

そして、南側(庭側)は。。。
この当時は、まだバルコニーをつける予定だったんですね。
窓の配置とかもだいぶ変わりました。
模型4

02 : 04 : 26 | メーカー選定 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
♪ アヴェマリア(2) ~ 呼吸
2006 / 08 / 03 ( Thu )
最近、ブルグミュラー25の「アヴェマリア」を初めて聴きましたが、
和音がきれいで、何て、いい曲なんだ~って思いました。
グノーから浮気してしまいそう(笑)
いつか弾いてみたいです。
ブルグ25CUPruvhanaさんが演奏してくださることになっているので、楽しみです(^^

さて、発表会で弾くことになったグノーのアヴェマリアですが、
譜読みはだいたい終了しているのですが、
いつも同じ和音を間違えて、先生に指摘されてしまうのです。
(それを譜読みが終わっていないと言うのですというツッコミもあるかと思いますが)
楽譜には、何度もその音に○が付けられていて、今回は色がついてました^^;

以前の「エリーゼのために」は、僕レベルでは、譜を見ながら演奏するのは
不可能な楽譜だったので、初めから完全暗譜で臨んでいたのですが、
この「アヴェマリア」は、なまじ読みやすいので(ハ長調ですし)
暗譜せずにだらだら演奏してきたので、間違いが直らないのかも。

今日は、「呼吸」について言われました。
「そろそろ、呼吸を意識して演奏して下さい」
演奏中の呼吸ってあまり意識したことないのですが、
習い始めた当初は、たぶん演奏中ずっと呼吸してなかったと思います。
バイエルの初めの方、曲が短いのは、初心者が呼吸停止で死ぬのを防ぐためだと思います。

最近は、曲が長いので、さすがに呼吸はしていますが、
未だにどこで吸うとかどこで吐くとかが分からないです。
ただ、呼吸は曲想表現に密接に結びついているようですね。
曲想表現はこれまで、いつも自分なりにやってきていますが、
本来は、弾きたい曲想に応じて、呼吸の仕方が決まって、
その呼吸で演奏することによって、自然と曲想が表現されるということなのかなと思います
ということは、先生の言わんとしていることは、どうやら、
「そろそろ、自分なりの曲想表現を付けてください」
ということに近いようです。

「エリーゼ」はかなり、弾きたい曲想が明確になってきていて、
CDの色々な演奏も合計すると500回以上は聴いているので、
かなり自分なりのイメージが固まってきています。
それならば、呼吸も固まってるのかなと、
レッスン後、家で呼吸を意識しながら、エリーゼを弾いてみたら、
確かに、無意識の間に、呼吸パターンも決まっていましたね。
(今頃、気づいたかって感じですが。。。^^;;;)

「アヴェマリア」の方はというと、いまいちモティベーションが上がってなくて、
だらだら弾いているので、あまり自分なりの曲想が確立してないんですよね。
今日は、そのことを見透かされたような先生の指摘でした。

実はイマイチ、モティベーションが上がっていない理由として、
アヴェマリアのCDの演奏を全く聴いていないというのもあります。
僕は、たいてい、CDで好きなピアニストがすごい目からうろこの演奏をして、
あんな風な表現をしてみたい!って思って、
モティベーションが上がるタイプなので。

これから、発表会に向けて、呼吸を意識して、練習していこうと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 58 : 40 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
♪ ツェルニー20-5
2006 / 08 / 02 ( Wed )
1番から4番までは、「125のパッセージ練習曲」からのピックアップでしたが、
5番と6番は、「第1課程練習曲」からのピックアップ。

ツェルニー20-5前半

今回は、スケールの旋律が入って、ちょっとメロディアスな感じ。
メゾスタッカート(スタッカートよりも長めに)が登場。
ふわっとした感じで打鍵してみました。

そして、7小節目。写真の赤い部分。
前回の記事でも登場した主和音の第2転回形(I2)と属七和音(V7)が結合して、
ドミナントを形成するパターン。

前回の記事でNaGISAさんコメントで丁寧に解説して下さいました。
それによると、

 第2転回形和音は、経過的な意味を持ち、通常は前後の和音と連結して1つの機能を持つ。
 Vの直前に置かれるI2は、常に後続するVとともに、1個のドミナント和音のようにみなされる。
 I2は必ず、Vよりも強い拍部に来る。

とのことでした。
NaGISAさん、ありがとうございました。

今まで、和音なんて、転回しても意味変わらないものかと思っていましたが、
転回形によって意味が異なることがあるんですね。

ところで、この赤い部分の右手部分。
ソドソミ の ソ→ド が4度音程で3→5(間隔が1個広い)
レソファレ の レ→ソ が4度音程で1→5(間隔が1個狭い)
という連続になっていて、ちょっと弾きにくいですが、
練習としてはうまくできてますね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 50 : 19 | ピアノ練習記(ツェルニー) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。